感動・泣き

新生児の保湿はしっかり行わないと肌荒れの原因は感染症の原因にもなる!

投稿日:

新生児は保湿が不足しているので、保湿ケアを行い乾燥には注意しなければなりません。

赤ちゃんの肌という玉のような肌とも例えられていますが、実はまだまだ未熟な肌なので、保湿が足らない状態になりやすいのです。

新生児の保湿について

肌に傷をつけないように優しくすることが重要

新生児の肌は、とにかくまだまだ傷付きやすい状態です。そのため保湿を行うのも優しく行わなければすぐに傷付いてしまいます。そのためベビーオイルやベビーローションなどを付けるときにも、ママの肌と赤ちゃんの肌が軽く触れる程度で、強く擦らないようにしなければなりません。

保湿ケアはバリア機能をサポートするためなので、せっかく保湿ケアをしているのに、肌を傷めては大変です。赤ちゃんの肌は大人の肌とはまったく違い、とってもデリケートであることを忘れないようにしましょう。

2~3ヵ月くらいから保湿ケアが必要

赤ちゃんは生後3カ月ぐらいまでは、ママのお腹の中にいたときに受けたママのホルモンの影響が出やすい時期であり、皮脂が非常に多く出ます。そのため生後3カ月くらいまでに乳児脂漏性湿疹が発症しやすいとも言われています。発症した場合は2歳くらいまで続くこともありますが、多くは1歳を迎えるまでにだんだん治ってくることがほとんどです。

このように生後2~3カ月は脂性になりますが、それを過ぎるとだんだん乾燥するようになるため、しっかり保湿ケアがおすすめです。もちろん新生児からスタートしてもOKです。赤ちゃんの肌はまだまだ未熟であり、角質層が肌を守ることはできません。そのため、さまざまな成分や紫外線などから肌を守ってあげるためにも保湿ケアは重要なのです。

皮膚のバリア機能を維持するために保湿ケアは欠かせない

皮膚のバリア機能を維持するには保湿ケアが一番重要です。肌バリアは主に皮膜を含む角質層で行いますが、角質層には角質細胞がレンガのように積み合わさっています。そしてレンガとレンガの間をセラミドなどがくっつけている状態です。それによってしっかり肌の中の水分などを外に逃さず、肌の外からのいろいろな刺激から肌を守ります。

しかしこのような機能は、新生児や乳幼児はまだまだ未完成です。そのため皮膚バリア機能が整うまでは特に保湿ケアは重要なのです。この時期に保湿不足のまま放っておくと乳児ニキビが出来やすかったり、乳児湿疹が発症しやすくなります。またアトピーなどのアレルギーの引き金になったりすることもあるので注意するようにしましょう。

新生児の保湿の種類

ベビークリーム

ベビークリームはベビーオイルよりソフトですが、ベビーローションのように水分が多くないというものです。肌が割れたり、めくれるような重度の乾燥、ガサガサ肌のときにはベビークリームがおすすめです。またマッサージクリームとしても利用できます。

ただし油分が多いので、生後3カ月ぐらいまでの赤ちゃんは皮脂が特に多いのであまりおすすめできません。

ベビーローション

ベビーローションはベビークリームよりずっと水分量が多く、油分も薄くなっています。そのため新生児の赤ちゃんでも使用できます。肌に塗ったときにはとろりとしていても、すぐにサラッとするので、べたつきもなく汚れを引き寄せることもありません。ベビーローションが一番使いやすいと言われています。

ただしベビーローションは油分が少ないので、マッサージをしながら塗る程度で、マッサージクリームとしては向いていません。

ワセリン

ワセリンはベビークリームなどの代わりに使用する場合もありますが、ワセリン自体は肌あれなどを改善させるものではありません。毛穴に入り肌にしっかり膜を張るような効果があるため、肌を外敵から守ったり、肌の中の水分の蒸発を抑える効果があります。ただし水分補給効果はありません。

毛穴に蓋をする効果があるので、毛穴から汗が出ずに起こる汗疹などには逆効果です。またアトピー性皮膚炎などの場合は、毛穴を塞ぎ中で熱を持ってしまい逆に酷くなってしまうこともあるので注意しましょう。

ベビーパウダー

ベビーパウダーは昔から天花粉として赤ちゃんの汗疹予防などに使われてきたものです。パタパタお風呂上がりなどに汗かきやすいところにはたいてあげましょう。しかしあまり付けすぎると毛穴に詰まってしまい逆に汗疹の原因になったりします。保湿効果もある程度ありますが、ベビーローションほど高い保湿力はありません。

新生児の保湿をしてくれる商品

ベビーワセリン

ベビーワセリン 60g

赤ちゃんの保湿を守る「ベビーワセリン」。乾燥した赤ちゃんのお肌をサポートします。従来の白色ワセリンより柔らかく、赤ちゃんの肌に優しく塗りやすくなりました。皮膚だけでなく唇の乾燥もサポートします。香料、着色料、パラベンなどの添加物はフリーだから安心して使用できます。妊娠中のママの肌の保湿、唇ケアにも安心して使用できます。

おでこやほっぺなど、乾燥の気になるところに薄くのばしてあげましょう。枕や服などに触れやすい耳の上、下や、関節のくびれ部分などにも乾燥があれば塗ってあげます。他にもオムツかぶれ予防もおすすめです。

ベビーミルキーローション

赤ちゃんの保湿ケアに最適な「ベビーミルキーローション」。赤ちゃん専用だから安全に作れています。水分不足の赤ちゃんにとって、水分補給と保湿作用はとても重要ですが、この2つをこれ1本でクリアします。スーッと塗ってサラサラだから赤ちゃんも気持ち良さそうです。汗疹なども予防し、肌をいろいろなものから守ります。

しっかり保湿したいところは重ね塗りでOK。朝と夜毎日付けてあげましょう。香料、着色、パラベン、アルコール、鉱物油、合成界面活性剤などすべて無添加だからアレルギーに不安のある赤ちゃんでも安心して使用できます。

ピジョン ベビークリーム

【まとめ買い】ピジョン ベビークリーム 50g (0ヵ月~)×2個パック

お得なまとめ買い2本合わせて購入できる「ピジョン ベビークリーム」。グリセリンの他にも肌に優しいオリーブオイル、スクワラン、セラミド、ヒアルロン酸などさまざまな保湿成分が配合されています。べとつかないベビークリームなので、新生児からでも使えます。

弱酸性、着色・香料、パラベンなどの添加物はフリー。だから敏感肌赤ちゃんでも安心して使用できます。

パックスベビー ボディークリーム

パックスベビー ボディークリーム 50g

グリセリン、ホホバ種子油など配合の「パックスベビー ボディークリーム」。べとつかないから、安心して赤ちゃんに使えます。他にも、ローズマリー葉エキスやスクワランも配合。乾燥肌をしっかり改善してくれます。

まとめ

新生児の肌はまだまだ未完成であり、しっかり保湿ケアをして肌を守ってあげる必要があります。赤ちゃん用に作られた安全なベビーローションやベビークリームを使って、優しくスキンケアをしてあげましょう。

肌を守る機能がまだまだ未熟な赤ちゃんは、いろいろな細菌やウイルスからの感染症や、肌あれ防止のためにも保湿ケアはとても重要なことなのです。肌トラブルは赤ちゃんのストレスにもなるため、できるだけ予防が大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.