感動・泣き

保湿効果の高い化粧下地を使用して肌の状態を良くする事が美容に欠かせない!

投稿日:

メイクをする際にはスキンケアが終わったら化粧下地を付けるのが一般的です。最近では下地がなくても使えるBBクリームやCCクリーム、下地の役割を果たしてくれるスキンケア用品などもあり下地の必要性を理解していない人も増えています。

下地の手間が面倒だと思っている人もいますが、この下地の作業があるとないとでは肌への影響も違いますし、メイクの仕上がりも違うのです。

化粧下地について

メイクをする際、下地を付ける作業があるとないとでは作業の時間も違いますし必要な道具の数も違ってくるのでメイク用品にかかる費用も違ってきます。そのためなくせるものならば無くしてしまいたいと思っている人も少なくないです。しかし、化粧下地にもきちんと意味があります。

肌の赤みやくすみをカバー

メイクをすることで私たちの肌は均一な色味の肌に仕上がりますが、どうしてもメイクをしていない状態の肌は赤みやくすみがあり肌の色が均一ではないです。

その状態から均一の状態にするために必要となるのが化粧下地であり、下地を塗るだけでも肌の色味が大幅に整ってきます。ちょっとした作業なのですが、このひと手間が仕上がりの美しい美肌を作るための大事な作業なのです。

メイクの崩れを防止

メイクをした際、どうしても長時間のメイクをすると皮脂が分泌してきたり汗をかいたり乾燥をしたりするためにメイクが崩れてきてしまいます。化粧下地を付けているとしっかりときれいにメイクが肌にフィットしてくれるのでファンデーションが寄れてしまったり粉をふいたりすることを予防することができます。

下地を付けていることでファンデーションが毛穴に入っていくことを防ぐことができるので、メイクが崩れにくくなるだけでなくメイクを落とすときにもきれいに落としやすくなります。

皮脂によるテカリを防止

皮脂が分泌してくるとメイクが崩れるだけでなく肌がテカってしまうものです。そうするとどうしてもメイクをしているのに肌が汚く見えてしまいます。下地を付けていると肌の乾燥も防げるために皮脂が過剰分泌するのを抑制するのに効果的です。

メイクをして乾燥しやすくなると皮脂が分泌しやすい人もいますし日常的に皮脂が分泌しやすい人もいます。どちらの人にとっても皮脂の分泌が抑えられるとメイクのテカリが抑えられて効果的です。

ファンデーションのノリが良くなる

ファンデーションの前に下地を付けることで肌の凹凸をカバーすることができます。そうするとファンデーションは肌に凹凸がない状態で塗布するために肌になじみやすくなりますしノリもとても良い状態になるのです。

ファンデーションを塗布して肌を均一にするためにはファンデーションで毛穴をふさぐ必要があり、これは肌にも負担が大きくなります。そこで下地を付けることはファンデーションで肌を傷つけないためにも効果的です。

保湿力の高い化粧下地のポイント

化粧下地を付ける際には何でもいいわけではなくやはり肌に良いものがあります。肌に良いものを選ばなければ下地を付けても意味がないです。そこで下地を選ぶためのポイントを紹介していきます。

ファンデーションが吸い付くような潤い肌

ファンデーションがきれいにつくために化粧下地があるといっても過言ではないです。そのためファンデーションが吸い付きやすくするためには肌に水分量が必要になります。

肌はどうしても凹凸がありますからきれいに密着するためには水分が必要です。そこで水分量が多い保湿力のある化粧下地を選んだ方が肌に密着してきれいな肌に仕上がります。

肌の透明感を作り出す

下地の保湿力が高いと肌のダメージが少ないです。そのため肌がきれいな状態を維持できるのでくすみがない素肌が作れます。くすみがなければファンデーションの色もきれいに反映されて透明感のある肌が作れるのです。

乾燥肌を守るほどの優れている保湿

メイクをすることはどうしても肌が乾燥する原因になってしまいます。また一年を通じて私たちの肌は乾燥しやすいですし、乾燥によってダメージを受けてしまうものです。そこでトラブルを回避するためにも日常的に保湿は気を付ける必要があります。

化粧下地を保湿力の高いものにすると肌のバリアをしていることになり肌内部の保湿をすることができることはもちろんですが、外部からダメージを与えることを予防するのにも効果的です。

乾燥を防止して一日中しっとりとした肌にする

乾燥しない肌はメイクが崩れにくいですし一日中きれいな状態が維持できます。メイク直しをしなくても十分メイクが崩れずきれいに保てるという人は肌の水分量が高いだけでなく使っている化粧下地が保水力が高いと考えられるものです。メイクをしている肌がかゆいと感じてしまってもかきむしることはできないです。そのため一日中しっかりと水分量が維持できる化粧下地を持っていると肌へのダメージも少なくかゆみを感じることなく過ごせます。

保湿の後の下地に最適な商品

保湿をしてから化粧下地を使うことで下地もしっかりと効果が発揮できますしメイクが崩れにくく一日中きれいな状態が維持できます。そのためにはスキンケア用品と同じくらい化粧下地選びは大切です。ここでは下地としておすすめのものを紹介していきます。

プリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止下地 SPF15 PA++

プリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止下地 SPF15 PA++ 25g

プリマヴィスタの下地は肌がとてもきれいに仕上がるとしてとても人気があるものです。商品コンセプトとしてマイナス5歳肌というのを掲げており肌年齢が5歳も若く仕上がることを目指しています。

下地を塗布することでしっかりとメイクを乗せることができ、粉がふいたりカサカサになったりすることも予防できます。使い方も決して難しくなく全体にムラなく伸ばすだけで完成しますが乾燥が気になる部分は軽く押さえて馴染ませると効果的です。

フルメーク ウォッシャブル ベース

フルメーク ウォッシャブル ベース 35g×36個

フルメーク ウォッシャブル ベースは化粧下地として使用すると肌の上にしているメイクをお湯で洗い落とすことができるという画期的な商品です。みずみずしく伸びの良い化粧下地が肌にしっかりと密着してくれるのでファンデーションや口紅、アイシャドウの発色も良くきれいに仕上がります。水になじむことがなく、お湯にしか反応しない下地であるためにお湯で洗うとメイクがすべてきれいに落ちてくれるのでメイクを落とす際にも肌への負担が少ないです。

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 01

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 01

顔の赤みが気になる人はブルー系の化粧下地を使うと赤みを消すことができます。とはいえ初めて使う際は青いベースを付けるということに抵抗を感じる人も多いです。部分的に使うということもできますから、リーズナブルなものを一つ用意しておくと使い勝手が良く手軽に使うことができます。セザンヌはリーズナブルですが品質も高くコストパフォーマンスもとても高いです。肌全体に使うこともできますし、赤みが気になる部分のみに使うこともできます。

江原道 メイクアップ カラーベース グリーン

江原道 メイクアップ カラーベース グリーン

江原道のベースは肌のくすみや色むら、毛穴といったほとんどの肌の悩みをカバーしてくれるベースです。肌の色を均一に整えてくれてなおかつ肌とファンデーションをきれいにつなげてくれるので素肌っぽい仕上がりにしてくれます。

特に肌の色村が気になる人はグリーンの化粧下地を使うことで肌の色味が整いますが、全体に使うだけでなく気になる部分にピンポイントで使うことも可能です。全体の化粧下地と別にピンポイントで使ったり全体に使ったり肌の状態いよって使い分けができます。

まとめ

化粧下地のひと手間だけで肌の仕上がりは格段に大きく変わります。肌の見た目は清潔感や年齢に大きく影響するものであり、第一印象も変わってくるものです。せっかくならば少しでも美しく清潔感があり若く見えたいですから化粧下地をきちんと選び肌が美しく見えるよう、そしてスキンケアができるように自分に合った下地を選ぶようにしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.