感動・泣き

日焼け止めを敏感肌に使用する時には配合されている成分をしっかり把握することが大事!

投稿日:

敏感肌とは、紫外線や化粧品、洗顔料など、外的刺激を受けることで、肌が敏感になったり、肌荒れを起こしてしまうようなデリケートな肌のことを指します。

普通の人が使用して問題ないスキンケア用品を使っても、かゆみやかぶれ、痛みのような症状が出てしまいますので、敏感肌用の化粧品を使用する必要があります。

敏感肌に使用できる日焼け止めを選ぶためには、まず敏感肌について理解を深めることが大切です。ここでは、敏感肌の特徴や原因、日焼け止めについて紹介します。

どのような商品を選べばいいかわからないという人は、ぜひ参考にして、お肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

敏感肌について

敏感肌の特徴は、化粧品や洗剤を使用した際に、赤みが出て、ヒリヒリしたり肌荒れを起こします。敏感肌が起こる原因は様々です。では、どのような原因があるか見てみましょう。

肌バリア機能が低下している

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層で構成されていますが、一番外側にある表皮は、紫外線やほこり、細菌のような外敵刺激から守る役割があります。これを肌バリア機能といい、乾燥が原因で、この肌バリア機能が低下することで敏感肌を引き起こします。

バリア機能がバランスを崩したり、うまく働くなることで敏感肌になりますが、症状が進行してしまうと、かゆみがひどくなったり、皮膚炎になるなど、様々な肌トラブルへと進行してしまいますので、十分に注意が必要です。

もともとの体質が影響していることもある

敏感肌は、もともとの体質が影響して、引き起こされることもあります。生まれつき肌が弱い、あるいはアレルギー体質の場合には、敏感肌になる可能性があります。

小さい頃からかぶれの症状が出たり、アトピーだったという場合には、生まれつき肌が弱いために、敏感肌になりやすいということがありえます。アレルギー体質の場合には、ある特定の成分にのみ、かゆみや炎症、腫れを引き起こしますので、アレルゲンを遠ざけることで、治療や予防がしやすいものと考えられます。両親がアレルギー体質、食べ物やホコリでじんま疹が出る、花粉症、ぜんそくになった経験がある、という人は、まず皮膚科でアレルゲンを特定し、治療について相談するようにしましょう。

生活習慣の乱れが原因

現代人は、何かと生活習慣が乱れがちです。バランスの悪い食生活、睡眠不足、過剰なストレスや疲労、部屋が汚れている、カフェインやアルコールの過剰摂取、喫煙などの乱れが原因で、体調を崩したり、お肌の負担になり、敏感肌を引き起こすことがあります。肌の状態が良くならないという人は、生活習慣を見直すようにしましょう。

例えば、睡眠不足の人の場合、健康な肌が作られるために必要な成長ホルモンの分泌が減少し、肌荒れに影響している可能性があります。また、過剰なストレスや疲労が溜まってしまうと、免疫力が低下して肌荒れを起こします。生活習慣が乱れることが原因という場合には、規則正しい生活を心がけることで、改善する可能性が高くなります。改善されることで、健康な肌の生成に必要なホルモンが分泌され、ターンオーバーが促され、少しずつ肌が健康を取り戻します。

外部からの刺激に対して肌が弱い

お肌が乾燥して肌が弱っていて、外部からの刺激に過敏に反応してしまうことで、敏感肌になっている可能性もあります。乾燥だけではなく、衣服のこすれや、自分の髪の毛が当たるだけでも反応することがあります。また、シャンプーのすすぎ不足で残っている場合、洗顔後の髪の生え際など、洗い残しにも注意が必要です。

日焼け止めで敏感肌でも使用できるものについて

敏感肌用の日焼け止めは、選び方に注意が必要です。日焼けはしたくないけれど、効果の高いものは肌荒れを起こしてしまう、そんな不安を抱えている人も多いと思います。では、敏感肌の人が日焼け止めを選ぶ時のポイントについて考えてみましょう。

無香料や無着色は敏感肌には欠かせない対応

 

敏感肌の場合、できるだけ刺激の少ないタイプの日焼け止めの使用がおすすめです。無香料や無着色、パラベンフリーといった、肌の刺激になりにくい日焼け止めを選ぶようにしましょう。特に肌が敏感だという場合には、使用前に二の腕など目立たない部位で、パッチテストを行うようにしてください。

低刺激の紫外線吸収剤であれば紫外線を吸収しながら肌への影響を減少

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という表記を日焼け止めに見かけたことがあると思います。紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収して、熱などの別のエネルギーに変え、紫外線からの皮膚への影響を防ぐ働きがあります。一方、紫外線散乱剤とは、物理的に紫外線を反射させる成分となります。

紫外線吸収剤は、紫外線散乱剤よりも紫外線を防ぐ効果が高く、肌の表面で化学反応を起こしている状態になり、肌への負担も大きくなります。敏感肌には、低刺激の紫外線吸収剤を選ぶようにしましょう。紫外線散乱剤だと、紫外線を吸収せず反射のみですので、紫外線からの影響を受けやすくなります。低刺激の紫外線吸収剤なら、紫外線を吸収しながらも、肌への影響を軽減する役割がありますので、肌を焼きたくないという敏感肌の人にもおすすめです。

ミネラルタイプのものを選ぶと肌を刺激しない

肌に負担をかけずに紫外線予防ができる日焼け止めとして、ミネラルタイプのものがあります。通常の紫外線吸収剤が配合された日焼け止めは、SPFが高くなるほど肌にかかる負担が大きくなり、乾燥してしまいます。

ミネラルタイプは、天然由来成分(ノンケミカル)のミネラルで紫外線をブロックしますので、肌への負担を少なくします。敏感肌の人は、日焼け止めだけではなく、化粧下地やパウダーなども、ノンケミカル・ミネラルコスメが低刺激でおすすめです。

日焼け止めスプレーの人気のある商品を紹介

一般的には、日焼け止めといえばクリームタイプやミルクタイプをイメージされるでしょう。日焼け止めスプレーは、クリームタイプなどの特徴であるベタつきもなく、肌へなじみやすいため、おすすめの日焼け止めの1つです。手が汚れることなく紫外線予防ができ、シュッとふりかけるだけですので、忙しい朝でも簡単にケアできます。

また、メイクの上からでも顔にスプレーできるものや、髪の毛につける商品も登場していますので、日焼けが気になる方におすすめです。では、日焼け止めスプレーの人気商品について紹介しましょう。

ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー

ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー 250g

ナヴィス リシャンお徳用UVスプレーは、おでかけ前に、シュッとひとふきするだけの、お得用簡単日焼け止めスプレーです。国内最高値の紫外線カット率で、SPF50+PA++++の日焼け止めとなっています。

スプレーしても白くなりませんので、髪の紫外線予防にも使用できます。ノンアルコール、無着色、パラベンフリーで、全身に使用しても安心の日焼け止めです。コスパもよく、毎日たっぷり使用できるのもGOOD。爽やかな石鹸の香り。

パラソーラ エッセンスインUVカットスプレーEX

パラソーラ エッセンスインUVカットスプレーEX 50G

パラソーラ エッセンスインUVカットスプレーEXは、ピンクフローラルの香りが持続性アップ、香りで汗・においが気にならない、簡単UVカット日焼け止めスプレーです。SPF50+ PA++++、国内最高級基準のUVカット効果で深紫外線もブロックします。

ナノヒアルロン酸・ナノコラーゲン・高浸透型ビタミンC誘導体・セラミド・アミノ酸・コエンザイムQ10・ローヤルゼリーエキス・ハイビスカス花エキス・ザクロ果実エキス・カミツレエキスの肌にやさしい10種類の美容液成分を配合。白浮きしませんので、髪やメイクの上からでも使用できます。緑茶エキス・汗吸着パウダー・ベタつき抑制成分配合で、いつまでもサラサラ素肌を保ちます。ウォータープルーフタイプ、無着色、無鉱物油、無タール系色素。

ディーアール ハーバルガーデンSPFスプレー SPF22

ディーアール ハーバルガーデンSPFスプレー SPF22 150ml 150mL

ディーアール ハーバルガーデンSPFスプレー SPF22は、UV & ハーブの1本で2つの機能を持ち、小さいお子さんにもおすすめのUVカットスプレーです。「子供と出かける時に、日焼け止めクリームと虫よけスプレーをつけるのが面倒」というママの声から生まれた商品で、肌にやさしい日焼け止めスプレーと、ハーブスプレーが一緒になった機能性日焼け止めスプレーとなっています。

無着色・無鉱物油・パラベンフリー・合成香料不使用で、顔やボディなど全身に使用でき、髪の毛やメイクの上からも使用可能。お肌にやさしい弱酸性です。SPF22 PA+++で、しっかり紫外線ケアしてくれます。紫外線吸収剤が肌につきにくくなっており、日焼け止めクリームのようなベタつきを抑え、お肌の負担を軽減しています。天然ハーブ由来成分シトロネラール、ハッカ油を配合し、さらに、保湿成分(レモングラス油・ヒアルロン酸・グリセリン・温泉水)も配合。この温泉水は、島根県の斐伊川の清流を望み、山に囲まれた古湯で、湯治場として深く親しまれている湯村温泉水を使用。

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレーキングサイズ SPF50+ PA++++

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレーキングサイズ SPF50+ PA++++ 300g

ビベッケの全身まるごとサラサラUVスプレーキングサイズは、顔・ボディ・髪に使用ができ、サラサラで白くならない日焼け止めスプレーです。無添加処方(無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー)。メイク崩れ防止成分配合し、メイクの上からでも使用できます。ウォータープルーフタイプ。

まとめ

敏感肌とは、肌のバリア機能の低下、体質、生活習慣の乱れなどが原因で起こります。日焼け止めを選ぶ際には、できるだけ肌に負担がかからない成分のものを選び、低刺激の紫外線吸収剤が入っている、または、ミネラルタイプの日焼け止めがおすすめです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.