感動・泣き

ファンデーションが崩れないベースメイクの作り方と選び方

投稿日:

忙しい朝に時間をかけてしっかりメイクしたはずなのに、時間が経つとメイクが崩れる。こうなるとせっかくの苦労も水の泡です。仕方なくメイク直しをしますが、ちょっと面倒ではありませんか?メイクが崩れるのはベースマイクがきちんとできていない可能性があります。

ファンデーションが崩れてしまう原因

ファンデーションが崩れる原因はいくつかあります。どんなに時間をかけてメイクをしても、崩れる原因を解消しないままではメイク崩れは防げません。

メイクが崩れたらそのままにはしておけませんのでメイク直しをしますが、毎日ではちょっとうんざりしてしまいますよね。なぜメイクが崩れてしまうのかその原因を確かめ、原因を改善すれば面倒なメイク直しから開放されます。

崩れやすい原因は「肌質」

メイク崩れの一番の原因は皮脂です。皮脂はお肌の潤いを守るために欠かせないものですが、出過ぎるとベタ付きます。どんなにきちんとメイクをしても、時間が経って皮脂がたくさん出てしまうとメイクが崩れてしまいます。

皮脂はメイク崩れだけでなく、テカリの原因にもなるので見た目にもテカっているのがわかります。脂性肌の人は通常よりも皮脂の分泌が多いので、メイクが崩れやすくなります。

ファンデーションが崩れやすい肌は「脂性肌」

肌質は生まれつきという部分もありますが、スキンケアや生活習慣、食生活の影響を受けやすいので、生まれつきではなくほかの要因があって脂性肌になってしまうこともあります。

通常よりも皮脂の分泌量が多いので、メイクをしても皮脂の分泌が多いとメイクが崩れやすくなります。脂性肌の人はスキンケアや生活習慣の改善で、皮脂の分泌量をコントロールする必要があります。

逆に「乾燥肌」も崩れやすい?

毎日メイク直しが必要なくらい皮脂の分泌量が多いと、自分は脂性肌と思ってしまいます。しかしこの場合多くの人が実は乾燥肌だったというケースも珍しくないのです。肌が乾燥すると外部刺激を受けやすくなるので、肌自信が乾燥から守るために皮脂の分泌量を増やします。

乾燥が改善されれば皮脂の分泌量も落ち着いてきますが、自分は脂性肌と思い込んでいるとスキンケア自体が間違っていることに気づけません。脂性肌と思っていたら、実は乾燥肌だったという人は少なくないのです。

ファンデーションが崩れないベースメイク選びとポイント

メイクは肌質に応じてスキンケアやファンデーション選びがちがます。自分の肌質を知り、肌に合った化粧下地やファンデーションを選ぶようにしましょう。ベースメイクから間違えるとメイク崩れを起こしやすいので、メイクの基本や基礎をもう一度見直すことも大切です。メイク崩れを防ぐためのポイントを紹介します。

「水分」コントロール

kotonoさん(@kotono_h2)がシェアした投稿


ベースメイクを選ぶときは、水分コントロール効果があるものを選びましょう。皮脂の分泌は完全には止められませんが、水分をコントロールする化粧下地を使うと、皮脂が分泌されてもそれを吸収して広げないようにします。ファンデーションを塗る前に、水分コントロール効果のある下地を使うとメイク崩れを防げます。

脂性肌の方のベースメイクの選び方

脂性肌は皮脂の分泌量が多いので、洗顔してもしばらくすると皮脂が浮いてきてベタつきます。黙っていても皮脂が出てくるので、皮脂をコントロールする化粧下地を使いましょう。ファンデーションに油分を多く含むものを選ぶと、皮脂と混ざってメイク崩れしやすくなります。

皮脂が出てくるので、油分の少ないパウダーファンデーションがおすすめです。ベースメイクとパウダーが皮脂を吸着するので、メイク崩れしにくくなります。

乾燥肌の方のベースメイクの選び方

乾燥肌は肌の水分も油分も不足しているので、カサカサの状態です。しかし肌が乾燥から守るために皮脂を多めに分泌させるので、乾燥肌なのにベタつくという矛盾が生じます。乾燥肌には潤いと油分が必要です。

化粧下地には保湿力の高いものを選び、ファンデーションは油分の多いリキッドやクリームがおすすめです。下地もファンデーションも、保湿力の高い美容成分を配合しているものがいいでしょう。

ファンデーションが崩れないベースメイクの塗り方

メイクをするにも正しい順番があります。基本はスキンケアの後に化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーです。順番を守ることも大切ですが、使い方や塗るタイミングなども重要です。メイク崩れを起こさないための、ベースメイクを紹介します。

ファンデーションが崩れないベースメイクの塗り方の基本

洗顔後基礎ケアをしてから、最初につけるのが化粧下地です。肌質や悩みに合わせたものを選びましょう。化粧下地を塗ったら完全に肌になじませるのがポイントです。化粧下地をつけてすぐにファンデーションを付けるのはNGです。朝は慌ただしく時間に追われるので、急いでしまいがちですがこれもメイク崩れの原因となってしまいます。

化粧下地をつけたらハンドプレスで、完全に肌になじませるようにします。どうしても時間がなく完全になじませられない場合は、表面だけティッシュを当てて軽く油分をオフします。オフしすぎると下地が落ちてしまうので、優しく肌に触れる程度でOKです。油分が残っているところにファンデーションを塗ると、ほぼ100%の確率でメイク崩れを起こします。しっかりとなじませ表面に油分が残っていない状態でファンデーションを塗りましょう。

パウダーファンデーションの場合の塗り方

パウダーファンデーションは、コンパクトについているスポンジで塗るのが一般的です。他にはパフやブラシで付ける方法があります。何で塗るかによっても仕上がりは変わってきます。スポンジにファンデーションを付けたら、顔の中心から塗り始め、外側に伸ばしていくイメージで塗っていきます。力を入れてこすらなくても、軽くなでるようにすればムラなくきれいに仕上がります。パフは揉み込むようなイメージで肌になじませます。

ブラシはくるくると軽くなじませるので、とても軽く自然に仕上がります。ブラシにパウダーを付けるとき、たっぷりつくので一旦手の甲で余分なパウダーを落としてから付けるとムラにならず、キレイに仕上がります。

リキッドファンデーションの場合の塗り方

リキッドは指で付ける方がなじませやすいので、最初は指でつけていきましょう。頬・フェイスライン・Tゾーン・小鼻の周り・顎の順番につけるのがおすすめです。指でなじませたら仕上げにスポンジやパフで全体を均一に整えます。リキッドならシリコンパフを使ってみてください。なじませやすく、とてもキレイに仕上がります。

おすすめ商品

メイク崩れしにくいメークを目指すために、持っていると便利な商品を紹介します。

お肌の保湿と栄養補給もできる【BB7クリーム】

BB7クリーム

BBクリームはカバー力の高さでも定評があります。1つで化粧下地・保湿・肌に必要な栄養を与えるなど多機能なところもポイントです。肌を守りキメを整えるなど、メイクしているのにスキンケアをしてくれるのも魅力です。カバー力が高いので、薄付きでも気になるところをしっかりとカバーしてくれます。

ピタッと密着、崩れないミネラル成分配合【モイストラボ BBミネラルプレストパウダー 01 (ナチュラルベージュ)】

モイストラボ BBミネラルプレストパウダー 01 (ナチュラルベージュ)

さっとひと塗りするだけでベースメイクが完成するスグレモノです。密着力の高いミネラルブレストパウダーが、皮脂を吸着してメイク崩れを防いでくれると評判です。光を拡散するパウダーを配合しているので、毛穴を一瞬で隠してくれます。しっかりと肌に密着するので、メイクが長時間持つのも嬉しいところです。美容成分を配合しているので、メイクしている間中肌を乾燥から守ってくれます。

肌が深呼吸できる&UV防止効果【スーパーサンシールドEXSPF50+・PA++++ 22g】

スーパーサンシールドEXSPF50+・PA++++ 22g

紫外線は肌を乾燥させる原因の一つです。メイクの仕方も大切ですが、メイク崩れの原因となる肌の乾燥を防ぐには、日焼け止めが欠かせません。日焼け止めの多くは肌が呼吸していない用な圧迫感がありますが、スーパーサンシールドEXはSPF50なのに肌が呼吸できるのを実感できる軽いつけ心地です。低刺激のウォータープルーフだから、皮脂や汗にも強くファンデーションの前に塗っておくとメイク崩れを防いでくれます。

まとめ

ファンデーションの種類とベースメイクを見直すことで、メイク崩れを防ぎ面倒なメイク直しが不要になります。何度もメイクし直さずに済むので気分的にも楽になります。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.