感動・泣き

おデブ女子のウエディングドレスの選び方!おすすめの結婚式の衣装とは?

投稿日:

結婚式で着るウェディングドレスは、女性にとって幼い頃からの大きな憧れであり、ずっと夢見続けてきた人生で最高の衣装です。生涯で最も女性が輝くドレスであり、羨望の目の的となること間違いないです。

しかし、太っていることが悩みのおデブ女子にはウェディングドレス選びにも大変な苦労があるもの。式までにダイエットも間に合うはずもなく、どうにかして体型をカバーできるドレスを選ぼうとすることでしょう。おデブさんはおデブさんなりのドレスの選び方があり、それさえ押さえれば体型のコンプレックスをカバーできる素敵なウェディングドレスに出会うことができます。

デブでもOK!ウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスは、シルエットによって「プリンセスライン」「Aライン」「エンパイアライン」「マーメイドライン」「スレンダーライン」「ドルマンスリープ」などの種類に分けられます。体にジャストフィットするマーメイドラインやスレンダーライン、エンパイアラインなどは太った方には不向きと言えます。

おデブ女子には、タプタプの二の腕、背が低くてずんぐりむっくりとしたスタイル、ラフランスのような下半身ぽっちゃりなど、さまざまな悩みがあります。コンプレックス満載の体型にぴったりと合うウェディングドレスを選ぶにはどのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

 

Aラインデザインを選ぶ

太った男性がスーツを選ぶ際に基本となるのがA型です。ドレスにも同様にAラインと呼ばれる種類があり、アルフェベットのAの形のように上半身から裾にかけて徐々に広がるようなシルエットが大きな特徴となっています。

ふんわりとした柔らかいイメージで上品さをアピールすることができるAラインのウェディングドレスは、ウエストに切り替えがないため、縦の流れを強調して身長を高く見せてくれる効果があります。

腰回りや太ももなど、洋ナシ体型と呼ばれる下半身デブでお悩みの方は、体型を上手にカバーしながら美しく見えるAラインのデザインを選ぶことをおすすめします。上半身は細さを強調しているので全体のシルエットとして寸胴に見えることもありません。

上半身がフィットしているデザインを選ぶ

胸が大きい、肩幅が広いなど上半身に大黄な特徴がなければ、上半身がフィットしているタイプのデザインを選ぶとおデブ体型をカバーすることができます。

おデブ女子のほとんどは、ウエストから下、お腹周りやお尻、太ももなどの太さが目立つものです。上半身がフィットしたドレスで、下半身に向かって広がっていくようなデザインであれば、メリハリがきいてみえるので全体的な太さが気にならなくなります。

Aラインやプリンセスラインなど、重心が下に集まるタイプのドレスは、上半身を小さく華奢にみせてくれるので、下半身よりも上半身が注目されやすくなります。

肩・胸元を思い切って見せる

太っているからといって胸元や袖口、ウエストなどがギチギチにタイトになっているタイプのものを選ぶと、パツパツではじけそうなイメージとなってしまいます。バスクやV字の切り替えなどでウエストをスッキリ見せるとともに、柔らかい素材で裾にかけて広がるボリューミーなスカートにすると上半身が小さく見えます。

太っている人は肌を露出することを嫌がる傾向があり、全て衣装で包み込むようなタイプを選ぶことがありますが、膨張色である白が基本となるウェディングドレスで全体を覆い隠すとさらに太って見えます。ぜい肉が比較的目立たない肩や胸元の部分は思い切って見せるようにするとメリハリがききます。特にVネックは首が長く見え、デコルテや肩周りをすっきりと見せる効果があります。

人気のAラインウェディングドレス

ウエストの位置が実際よりも高く、上半身から下半身に向かってゆるやかに広がっていくシルエットで有名なAライン。特に下半身太りが気になる方にとっては一番見せたくない部分をふんわりとカバーすることができる人気のスタイルとなっています。

ドレスは昔からスカート部分に針金などを入れて広がったようなシルエットをつくっていたものであることから、ウエストから裾にかけて大きく広がっていても不自然さはありません。おデブ女子にも人気のAラインのウェディングドレスの選び方について説明します。

濃い色合い

結婚式では純白のウェディングドレスとともにお色直しでカラードレスを着用するのが一般的です。白が基本のウェディングドレスも、生地の種類やレースなどの装飾によって見た目のシルエットや色合いが変わります。装飾性が高いドレスは全体的に太って見えることがあるとともに、レースの部分が多すぎてもぜい肉が目立ってしまうことがあるので注意が必要です。

カラードレスの場合は、グリーン、ネイビー、ブルーなど引き締め効果があるダーク系を選ぶことがポイントとなります。結婚式ではビビットなレッド系や鮮やかなパステル系が人気ですが、太って見えることが多いので、濃い色合いのものを選ぶようにしましょう。

斜めライン

ウェディングドレスはプリーツやギャザーが多く使用されており、基本的に縦のシルエットが美しく出るようにデザインされています。痩せ型、普通体型の人であれば身長が高くすっきりとして見えるものですが、太っている方にとっては、逆に横幅が強調されてずんぐりむっくりに見えてしまいます。

ドレスのなかには、斜めのラインを強調したデザインを施したものもあります。斜めのラインが強調されることで体型がカバーできるとともに、大きな斜めラインの装飾がスカートをより広がったように見せてくれます。

ジャストウエストのデザイン

上半身にボリュームがあるタイプの方はあえてウエストがしっかりとマークされたデザインのドレスがおすすめです。下に向かって広がるドレスは場合によっては、寸胴のようなイメージになりがちです。ウエストのくびれをみせることでメリハリのあるラインを見せることができます。

下半身に大きな悩みがある場合は、ウエストを上の位置にすると下半身の太さが目立ってしまうので、少しでもくびれのあるウエストでメリハリが出せるようにジャストウエストのデザインのものを選ぶようにするといいでしょう。

おデブ女子でも似合うおすすめのウェディングドレス

最近のネットショッピングでは、さまざまなバリエーションが豊富ななかから自分に合ったウェディングドレスも選ぶことができます。レンタルで済ませることが多いウェディングドレスですが、おデブ女子の方にとってはぴったりと合うドレスを選ぶのは大変です。

外国人サイズが基本となったドレスも数多くあり、太った体型でも美しいシルエットを崩さずに着ることができます。結婚式や二次会などで着ることができるおデブ女子でも似合うおすすめのウェディングドレスを紹介します。

(アンダブル) AnW ウェディング ドレス 二次会 プリンセス ビスチェ 肩 出し ウエディング 結婚式

(アンダブル) AnW ウェディング ドレス 二次会 プリンセス ビスチェ 肩 出し ウエディング 結婚式 (3.L)
タックを寄せたボリュームのあるスカート、ふんわりとした胸周りなど余裕があっておデブ女子でも安心して着ることができるウェディングドレスです。豪華な花の刺繍があしらわれており、ウエストも美しいラインで体にフィットするようにつくられています。

3サイズから選べてLサイズは胸囲87センチ、ウエスト70センチと余裕があります。パニエをスカート下に着用することによって、しっかり広がりより華やかに見せることができます。

オフショルダー ウエディングドレス レースアップ Aライン 純白 花嫁衣装 [並行輸入品]

オフショルダー ウエディングドレス レースアップ Aライン 純白 花嫁衣装 [並行輸入品]

首周りやデコルテ、肩をしっかりと見せるオフショルダーデザインのウェディングドレスです。上半身の肌をしっかりと見せることで下半身をカバーすることができます。並行輸入品で外国人に合わせたサイズとなっているため、Lサイズは胸囲90センチ、ウエスト73センチとおデブ女子でも安心して着られます。

パニエを着なくてもふんわりと広がったシルエットを楽しむことができます。腕周りにも余裕があり、背中のひもを使って5センチほど調整ができるのも魅力と言えるでしょう。

ウェディングドレス ベルライン ビスチェタイプ 編上げ 純白

https://www.amazon.co.jp/美穂屋-ウェディングドレス-ベルライン-ビスチェタイプ-編上げ-純白/dp/B019X97JKM/
日本人の体型に合うビスチェタイプのベルラインドレスです。首周り、デコルテ、腕が全て露出するタイプなので、上半身太りが気にならない方に向いています。スカート部分もシンプルな装飾で太目な下半身をしっかりとカバーしてくれるタイプです。

細部の装飾も華やかで、特徴的な美しい背中の編み上げひもを調節することで10センチ程度調節することができます。Aラインをさらに強調したい方はパニエを下に付けるとボリューム、ラインを美しく出すことができるでしょう。

まとめ

女性なら一生に一度は着てみたいウェディングドレスですが、おデブ女子のなかには美しいシルエットとは無縁だと諦めている方も多いようです。

しかし、ウェディングドレスを古くから着用する習慣のある欧米では、肥満に悩む女性がたくさんいるにもかかわらず、皆ドレスを着ています。おデブ女子であっても、選ぶポイントさえ押さえれば、ウェディングドレスを美しく着こなすことができるのです。

おデブ女子に人気なのは、上半身がキュッとしまっていて裾にむかってゆるやかに広がっていくAライン。上半身、下半身の太り方などによって自分に合ったドレスを選ぶことができます。ネットではおデブ女子にもおすすめのリーズナブルなウェディングも数多くあるので、本番前のお試しにもおすすめです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.