感動・泣き

ガサガサ肌はこう治す!肌の特徴と原因から見る乾燥肌対策とは?

投稿日:

季節の変わり目は秋、冬にガサガサの肌になってしまう乾燥肌。肌の表面が荒れて、場合によっては皮がむけたり、ニキビができたりするなど、多くの肌トラブルに悩むことも多いため何かと面倒です。

気候の変化による一時的なものであればあまり問題はありませんが、肌質や生活習慣、間違ったスキンケアなどが原因で乾燥肌になる場合は、正しいケアをしなくてはなりません。そこで、ガサガサ肌にならないよう肌の特徴や原因から乾燥肌対策について考えてみましょう。

肌のガサガサは乾燥肌!?肌タイプ診断

吉田南歩さん(@nanaho_yoshida)がシェアした投稿


空気が乾燥する秋、冬になると肌が乾燥してガサガサになってしまうことが多くなります。温度、湿度ともに低下することによって肌の水分や潤いが奪われ、肌はどうしてもかさついてしまいがちです。

そんなとき、スキンケアで保湿することが大切ですが、自分の肌質にあったスキンケアでなければ肌への負担となってしまうこともあります。カサカサ乾燥肌の対応には、まず自分の肌がどのようなタイプかをよく理解するよう心掛けましょう。

あなたはどれ?肌タイプは大きく4タイプ

肌は、大別すると「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」の4つのタイプに分けることができます。自分の肌がどのタイプなのかを知らないと間違ったスキンケアでさらに肌の状態を悪化させることもあります。

肌タイプを見極める方法はいたって簡単で、化粧水だけをつけた後にツッパリを感じる時間や場所によって肌タイプを診断することができます。

普通肌の特徴

普通肌は、分泌される皮脂の量が少なめから普通で、水分が多く脂っぽくないため、しっとりとしてみずみずしいのが特徴となります。

キメが細かく整っていて、潤いがあり健康的な肌色をしており、季節や体調などによる肌トラブルの影響を受けにくいタイプの肌と言えるでしょう。

脂性肌の特徴

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれ、4つの肌タイプのなかでも比較的自覚することができる肌のタイプであるとともに肌トラブルが深刻化しやすいものでもあります。

何らかの原因で皮脂分泌が過剰になっている状態ですが、乾燥肌と対極の関係であるわけではなく、脂性肌でも乾燥することがあるので注意が必要です。脂性肌の主な原因には、食生活や生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなどがあげられます。

乾燥肌の特徴

乾燥肌は、分泌される皮脂の量が少ないだけでなく角質細胞間脂質や天然保湿因子なども減少した状態のことを指します。肌の表面の潤いがなく柔軟性がないためもろくなるという特徴もあります。

場合によっては白い粉をふいたような状態になったり、アトピー性皮膚炎を発症したりすることもあります。肌のバリア機能が著しく低下しているため、正しいスキンケアなどの対策が必要となります。

混合肌の特徴

混合肌は顔の部分によって肌のタイプが異なるのが特徴で、決して珍しい肌質ではなく、特に日本人のほとんどは混合肌と言われています。

「Tゾーンはテカるほど脂性肌なのにあごやほほは乾燥する」「季節によって肌質が変化する」という自覚症状を感じる人も多く、TゾーンとUゾーンでケアの仕方を変えなくてはならないことも多いようです。

肌がガサガサ!乾燥肌になる原因

吉田南歩さん(@nanaho_yoshida)がシェアした投稿


エアコンや紫外線の影響を受けても乾燥肌になることがあります。また、季節の変わり目には肌の調子を崩すことも多く、一時的なものと捉えている方も多いでしょう。

しかし、乾燥肌の原因には、外的刺激要因や気候の変化だけでなく、間違ったスキンケアや乱れた生活習慣・食習慣、加齢など、さまざまなものが考えられます。

間違ったスキンケア

乾燥肌であると自覚している人は、保湿しようと化粧水を大量に使用する傾向があります。確かに肌に水分は必要ですが、保水力が低下している乾燥肌に化粧水を補給するだけでは水分を保持することができません。

保水力を高めるケアをしたうえで、水分を閉じ込めるために乳液やクリームなどで肌に蓋をしてキープすることも大切です。

生活や食習慣の乱れ

乾燥肌の方にとって、保湿効果の高いスキンケアをすることはもちろん大切なことですが、乾燥肌の原因に生活習慣や食習慣の乱れが含まれている場合には、それを改善しないと根本的には乾燥肌の問題を解消することはできません。

タンパク質やオメガ3系脂肪酸、ビタミンやミネラルを豊富に摂取するとともに、睡眠不足やストレス解消、喫煙などの悪要因を解消することも大切なこととなります。

加齢

皮膚の表皮には角質細胞がきめ細かく並ぶとともに豊富な細胞間脂質を満たすことで、健やかな肌を保つことができます。また、分泌される皮脂が汗と混じることによってクリーム状のバリアとなって外界からの刺激から守ってくれています。

しかし、加齢とともにこれらの肌の保護機能は衰えるため、セラミドなどの角質細胞間脂質の減少などによって乾燥肌に悩まされることになります。アンチエイジング効果の高いスキンケアによって肌のバリア機能を高めることも乾燥肌の解消に必要です。

気候や紫外線などの外部刺激

乾燥肌は、もともと肌質としてもっているもの、生活習慣や食習慣を影響を受けるもののほかに、気候や紫外線などの外部刺激が要因となって起こるものもあります。

気温、湿度が低下する秋、冬になると乾燥肌が激しくなるということもありますが、コラーゲンを破壊し肌のハリを奪うことによって水分が保持できなくなる紫外線も大きな影響があることがわかっています。日頃から紫外線対策をすることが求められますが、日焼け止めによってはより乾燥を悪化させることもあるため、注意が必要です。

ガサガサ肌、乾燥肌対策

一般的なスキンケアだけでは、すぐに肌が乾燥して粉をふいてしまうこともある乾燥肌。見た目が悪いだけでなくメイクなどにも支障があるため、日頃からできる対策を続けることが大切です。

入浴で体をしっかりと温めること、保湿をメインとしたスキンケア、生活習慣の見直しなどをポイントとして乾燥肌対策について考えてみましょう。

お風呂ではしっかり体を温める

kiraさん(@tada12yoshi22)がシェアした投稿


血行が悪くなるとさまざまな組織で必要となる酸素や栄養分が不足するため、肌のターンオーバーにも悪影響を与えることがあります。お風呂ではしっかりと体を温めて血行を促進するように心掛けましょう。

熱すぎるお風呂、添加物が配合された石鹸やナイロンタオルなどの使用は避け、入浴後にはオイルやローションを使って顔だけでなく体全体の保湿に心掛けるようにするといいでしょう。

化粧水やクリームでしっかり保湿

Mamiさん(@mamirin_nyanyo)がシェアした投稿


乾燥肌には保湿が重要となるため、洗顔後や入浴後は、たっぷりと化粧水で水分を補給しましょう。化粧水だけでは、すぐに乾燥してしまうので化粧水をつけた後に、美容液やクリーム、オイルなどで皮膚に蓋をして保湿を維持することも大切です。

さまざまな種類の保湿クリームが販売されていますが、ワセリンやセラミドなどを配合したものが乾燥肌の方に向いていると言えるでしょう。

保湿で治らないときは生活習慣の見直しも

自分の肌のタイプをよく理解したら乾燥肌にあったスキンケアをすることが大切です。タンパク質やビタミンなどの栄養素をしっかりと摂取して、肌の保水力を向上できるような環境をさまざまな面から整えていきながら、モイスチャー成分を豊富に含むスキンケアに心掛けましょう。

スキンケアだけで肌の状態が改善できない場合は、十分に睡眠時間を確保してストレスを溜め込まないように生活習慣を見直すことも大切です。

赤みやブツブツ、酷い乾燥は病院でお薬をもらう方法も

スキンケアや食生活、生活習慣の見直しでほとんどの乾燥肌は改善されます。しかし、肌の表面がただ乾燥するだけでなく、ブツブツとして吹き出物や赤みなどの症状がある場合には、スキンケアが逆効果になることもあります。

何らかの皮膚疾患であることも考えられるため、皮膚科医を受診して内服薬や外用薬を処方してもらうことも考えなくてならないでしょう。

まとめ
ガサガサ肌となってハリやキメの細かさが失われた乾燥肌は、メイクにも支障があり悩みの種となります。スキンケアで対処することが大切ですが、まずは自分の肌質タイプのチェックをして、肌に合った正しいケアをするように心掛けましょう。

乾燥肌の改善には、間違ったスキンケアのほか、食習慣や生活習慣などの原因も考えられるため、さまざまな視点から乾燥肌の原因や対策を考えることが大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.