感動・泣き

日焼け止めで肌荒れを防止したいなら原因を知ることが大事!

投稿日:

日焼け止めは紫外線対策として非常に効果的で、日焼けをしたくない方、紫外線からお肌を守り肌トラブルを起こしたくない方などに愛用されています。

近年では子供でも利用することが多い、紫外線が強い日は特に必需品とも言えるアイテムです。

そんな日焼け止めですが、この日焼け止めが原因で、肌荒れを引き起こすこともあります。

日焼けから肌を守る為に着用した筈が、反対にお肌を追い詰め、お肌に致命的なトラブルを引き起こすことに繋がり兼ねないのです。

お肌のトラブルを引き起こしてしまわないためにも、日焼け止めを使うとどうして肌が荒れるのか、理解する必要があるでしょう。

日焼け止めは自分に合っているアイテムを選ぶ事が大切な他にも、肌荒れが起きないようにする為の使い方のポイントがあります。

正しい日焼け止め対策を行って、紫外線からはもちろん、肌トラブルからお肌を守りましょう。

日焼け止めで肌荒れが起こる理由

日焼け止めの効力が強すぎる


日焼け止めは商品によって、効力が異なります。日焼け止めによっては紫外線をしっかりとカットすることだけを念頭において作った結果、肌に過度な負担がかかる商品もありますので、自分の肌質で耐えられるかどうか、きちんと確認する事が大切です。日焼け止めは紫外線カット率だけでは無く、どんな成分が含まれているのかも見て決めるようにしましょう。

日焼け止めをしっかり落としていない

日焼け止めをきちんと落とさずに寝てしまったなど、日焼け止めがお肌に残っている状態で長時間放置するのは、最もお肌に負担をかけるNG行為です。日焼け止めのほとんどが密着力が非常に高いため、長時間肌に付着したままでいると、お肌に大きな負担がかかり、毛穴詰まりを引き起こし、ニキビや吹き出物の原因を作ります。

日焼け止めによって落とす方法は異なりますが、石けんで簡単に落とせるタイプもあれば、メイクと同じようにクレンジングで落とさないといけないタイプもありますので、それぞれを比較することが重要です。日焼け止めは、フェイスラインやあごの部分などをつい落とし忘れることが多い為、落とし残しが無いように、丁寧にケアして下さい。

紫外線吸収剤が使用されている

心愛さん(@kokoro6797)がシェアした投稿

紫外線吸収剤が使用されている日焼け止めは多いですが、この紫外線吸収剤がお肌に負担をかけて、肌トラブルを引き起こすことも少なくありません。紫外線吸収剤は、紫外線をお肌まで到達させず、日焼け止めが全て紫外線を吸収してくれると言うタイプの日焼け止め成分ですが、非常に刺激が強いため、お肌が荒れてしまうことがあります。日焼け止めで肌荒れが起きるという方は特に、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを探してみて下さい。

もともと肌が弱い

敏感肌や乾燥肌、お子様のお肌など、元々肌がデリケートな方の場合は、日焼け止めそのものがお肌に合わず、肌荒れを引き起こす可能性があります。元々肌質が弱いという方は特に、日焼け止めを選ぶ際に、敏感肌、乾燥肌の方でも使えるような、低刺激日焼け止めを利用する事が重要です。

元々お肌が弱いという方の場合は、日焼け止めを落とす際のクレンジングの段階も注意が必要です。クレンジング剤に反応して肌荒れを起こすというケースも多い為、少しでも刺激を感じたら、すぐに洗いながして、皮膚科に相談しましょう。

日焼け止めで肌荒れが起こらないようにするために必要な事

保湿対応をして肌を乾燥させない

肌荒れを起こさないようにする為には、日焼け止め成分に負けない健やかなお肌を作ることがポイントです。日焼け止めを利用した後のお肌は特に、カサカサと乾燥していることが多い為、1にも2にも保湿ケアを行い、潤いを与えるようにして下さい。

日焼け止めによっては潤い成分が含まれているタイプもありますので、お肌の乾燥が気になるという方は、そうしたタイプを活用しても良いでしょう。お肌の乾燥を抑え、スキンケアをしながらUV対策する事が出来ます。

適量を守って使用する

日焼け止めは大量に使えば大量に効果があるという訳ではありません。大量に使ったところでお肌に負担になるだけですので、適量を守って使用しましょう。日焼け止めアイテムによってはこまめに塗り直しをするべきですので、毎回大量につけるのでは無く、少しずつ、必要に応じて補給するようにします。

肌に負担をかけない日焼け止めを選ぶ

お肌に負担をかけないような成分、お肌に負担をかけない低刺激タイプの日焼け止めを選ぶことも、重要なポイントです。日焼け止めによって配合されている成分も、お肌への付け心地も全く異なりますので、それぞれをよく比較して、お肌に負担がかからないタイプの日焼け止めを選びましょう。

しっかりと日焼け止めを落とす

日焼け止めは使い終わったらきちんと洗いながして、お肌に残らないようにする事が大切です。日焼け止めの落としそこねは、お肌に多大なる負担をかけますので、肌荒れの原因に繋がります。洗顔でもクレンジングでも、シートタイプでも良いので、日焼け止めが残らないようにケアしましょう。

人気のある日焼け止めクリームを紹介

紫外線対策&美白 「色白美人 ハーブホワイトフェアリークリーム」

紫外線対策&美白 「色白美人 ハーブホワイトフェアリークリーム」  <ホワイトファンデ&日焼け止め>

クリームタイプの日焼け止めで、非常にカバー力が高いタイプのアイテムになります。透明感のある美肌になりたいという方にピッタリで、まるでメイクをしているかのような、みずみずしい仕上がりになる点が特徴です。

パックスナチュロン UVクリーム

パックスナチュロン UVクリーム(日焼け止め) 45g SPF15/PA++

お肌に優しくベールを作り、紫外線から素肌を守るUVケアアイテムとして知られている日焼け止めです。合成の紫外線吸収剤や合成界面活性剤を利用していないお肌に優しいタイプですので、お肌がデリケートな方にもピッタリのアイテムになります。

ニベアサン クリームケア UVクリーム

ニベアサン クリームケア UVクリーム

付け心地しっとりなのにべたつかない、ニベアの中でも高人気を持つ、高保湿日焼け止めクリームです。化粧下地としても使えますので、潤いを補給しつつ、紫外線をカットしつつ、メイクを出来るでしょう。顔と体両方に使えるオールマイティタイプです。

日焼け止め アクアクリーム

日焼け止め アクアクリーム (SPF32 PA+++) 低刺激 敏感肌 顔 シミ対策 ビタミンC誘導体 男性 OK 下地OK [ uv アクア]

化粧下地としても活用出来る、ウォータープルーフ使用の日焼け止めです。低分子ヒアルロン酸や、ビタミンC、ビタミンE誘導体が配合されていますので、お肌に潤いを与えつつ、スキンケアをしながらUV対策が出来るでしょう。非常にのびの良いクリームで、軽くつけられる、敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめのアイテムです。

まとめ

日焼け止めはつければ美肌がキープされるという事では無く、正しく使う事で、紫外線をカットできるというアイテムになります。正しく利用をしないと、お肌に負担がかかってしまい、簡単に肌荒れを引き起こしてしまいますので注意が必要です。また、自分の肌質に合っているタイプを選ばないと、お肌にかゆみや赤み、ひりひりした感覚が表れることも多いでしょう。敏感肌などのデリケートな肌質な方は特に、成分を比較して、低刺激なタイプを使う事が重要です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.