感動・泣き

化粧下地と日焼け止めはセットで使う!今年の夏は時短でケアしよう◎

投稿日:

最近ではどんどんとメイクのアイテムも進化しておりたくさんの種類のものが販売されています。その中でも特に多くの人が興味を持っているのが美しい肌を作るためのアイテムです。やはり肌が白くて毛穴が目立たない状態になるととても清潔感があり美しくみえます。そういった肌にあこがれて肌作りを研究している人は多いです。肌作りでも特に大切になってくるのが化粧下地であり、化粧下地をきちんとするとメイクの仕上がりが変わってきます。

化粧下地について

Lisa Ebiharaさん(@lisa.ebihara)がシェアした投稿

メイクをする際、ファンデーションにこだわっている人は多いですが、実はファンデーションよりも化粧下地が大切です。スキンケアが終わったらファンデーションを付ける前に化粧下地を付けます。化粧下地はあまり色がついていないものも多く、化粧下地を付ける理由が良く分からずつける作業を面倒だと思っている人も多いです。しかし、メイクをするにあたって化粧下地をするかどうかでメイクの仕上がりは大きく違ってきます。

毛穴から出る余分な皮脂を抑えてくれる

毛所下地を付けることによって皮脂のコントロールができます。特に皮脂が出やすい人はメイクをしてもすぐに皮脂が出てしまい顔が脂っぽくなってしまうものです。皮脂の量が抑えられると肌がサラサラした状態が維持できます。

皮脂を抑えることで化粧が崩れることを防止

皮脂が抑えられるとメイクが崩れにくいです。メイクは皮脂が過剰分泌している場所から崩れていきます。下地をすることで皮脂が出にくくなりますからメイクを直せない状況でも皮脂でメイクが浮かずに済むのです。皮脂のコントロールができないと一日に何度もメイクを直すことが必要になります。しかし、化粧下地でしっかりと皮脂のコントロールができるようになると一日中メイク直しがなくてもファンデーションが崩れることなく過ごせるほど、化粧下地は効果があるものです。

コントロールカラーがあるものは肌色を調整

化粧下地の中にはピンクやグリーン、紫や黄色など様々な色があります。これがコントロールカラーと言われるものでこの色によって肌にファンデーションを乗せた時自然な肌色に仕上げるのに効果的です。私たちの肌はどうしても色ムラがありますからコントロールカラーを使うことで肌の色を均一にするとメイクの色が整ってファンデーションの色が映えます。

ファンデーションのノリを良くしてくれる

化粧下地を付ける前に肌を化粧水などで整えていますが、仕上げに化粧下地を付けることで肌がきれいに整います。特に下地を塗ると毛穴があり肌表面の凹凸が均一になるので肌の表面が整うのです。肌表面が整っているとファンデーションを塗っても平らなところに塗ることができるので仕上がりがきれいになります。

日焼け止めについて

nonさん(@iwaiiwainonpi)がシェアした投稿


美肌を作るためには日焼けを防ぐことが必要です。そのためには毎日の生活でメイクをする際にも日焼け止めを塗ることで肌へのダメージを軽減できます。

5つのタイプがある

日焼け止めは一般的な日焼け止め以外にもいろいろなタイプのものがあり、自分に合ったものを使うと効果的です。最近では美白効果のあるもの、化粧下地となるもの、保湿効果のあるもの、クリーム状やファンデーションタイプのものといったものもあるので従来のタイプを含めると5種類になります。どれも良いところがあり自分に合ったもの好みのテクスチャーのものを選ぶと使いやすく続けやすいです。

保湿効果があり肌乾燥を防ぐ

保湿は肌のケアとしてとても大切であり、肌のダメージを抑える効果があります。最近では保湿効果のある日焼け止めがあり、これは保湿成分があることでスキンケアをしながら日焼け止めができてとても便利です。乳液タイプのものが多いので、日焼け止めの固いテクスチャーが苦手な人でも使いやすいですし洗い流しやすくもあります。

紫外線から肌を守る

日焼け止めを付ける最大のメリットは紫外線から肌を守ることです。紫外線から肌を守るためにはSPFとPAを見ながら会っているものを選ぶ必要があります。数字や+の記号が多いほど効果があると思われがちですが、大きくなればそれだけ肌への負担がかかります。そこで必要以上に大きなものを使うのではなく適切なものを選ぶと肌への負担も少なくしっかりと肌を守ることができます。

化粧下地で日焼け止めの効果がある商品を紹介

毎日のメイクの際、化粧下地を付けることはとても大切です。しかしスキンケアとメイクでいろいろなものを肌に塗布すると肌への負担も大きくなりますし手間も大きくなります。そこで便利なのが日焼け止め効果のある化粧下地です。ここでは日焼け止め効果のある化粧下地を紹介していきます。

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++ 33g

ビオレ さらさらUV アクアリッチ 美白エッセンス SPF50+/PA++++はこの1つで日焼け止めと美白ができるとても便利なエッセンスです。化粧下地としての効果もあるので、これを塗布してからメイクをすることもできます。テクスチャーもさらさらとしており日焼け止めの固いものが苦手な人でも使いやすいです。素材もこだわって作られているので肌への負担も少なく敏感肌の人でも使えます。

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV (グリーン) (SPF25・PA++) 25g

エリクシール シュペリエル コントロールベースUVは化粧下地ですがUV効果もあるので日焼け止めとしても使えます。肌にしっかりと付着して肌の凹凸を消してくれるのでメイクの仕上がりがきれいです。とてもうす付きで肌に乗せている感覚もなくつけることができますが、しっかりと効果を発揮してくれます。少量で良く伸びるのでコストパフォーマンスも高いです。

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF50+ PA++++ しっとり

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF50+ PA++++ しっとり 30g

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF50+ PA++++ しっとりは化粧下地としても使える日焼け止めです。UV乳液なので日焼け止めですが乳液のようなテクスチャーで肌になじみやすいですし負担も少なく使えます。少量でしっかりと伸びますし肌へのべたつきもないです。ファンデーションを上から重ねても息苦しい感覚もなく土台をきれいに整えてくれます。乳液の香りも良くてとても使い心地が良いです。

ビオレUV 化粧下地UV 皮脂テカリ防止タイプ

ビオレUV 化粧下地UV 皮脂テカリ防止タイプ

ビオレUV 化粧下地UV 皮脂テカリ防止タイプはSPF50でしっかりと日焼け止めとしての効果を発揮しながらも下地としても優秀で皮脂を吸収してくれます。一日中付けて過ごしてもファンデーションがヨレたりムラができたりせずきれいです。汗にも強いので一日中しっかりと肌に付着して日焼け止めとしての効果を発揮してくれます。パールが配合されているのでしわが目立ちにくく下地としてもとても効果的です。

まとめ

毎日のメイクの中で化粧下地があるとないとではファンデーションの仕上がりが大きく違ってきます。面倒に思う人も多いですがきちんと下地をしてメイクをすると仕上がりも違いますし肌への負担も少ないです。日焼け止め効果のある化粧下地を使うとメイクをしながらきちんとUVケアができ紫外線による肌へのダメージも予防できます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.