感動・泣き

コットンや綿素材がお肌に優しいって噂◎コットンや綿素材の魅力を徹底解説!

投稿日:

コットンは、色々な洋服などに使われています。それこそ赤ちゃんから高齢者の方など肌の弱い方でも安心して着る事ができる素材として知られており、はるか昔から幅広い年齢層に好まれ続けている素材です。もちろん日本国内だけではなく、世界中の方に愛用されているコットンですが、当たり前に生まれた直後から身近にありますので、コットンがどのような物なのか詳しく知らない方も多いと思います。

そこでこちらのページでは、コットン(綿・綿花)ってどんな素材なのか、また、コットンの素材が持つ特徴などについてご紹介していきます。これから赤ちゃんが生まれる方は、コットン製品の特徴などをしっかりと把握してからベビー用品を買いそろえるようにしましょう。

コットン(綿・綿花)とは?


こちらのページでは、コットン製品の特徴などをご紹介する前に、まずはコットン自体がどのような物なのかをご紹介します。コットン製品の原材料になる「コットン(綿)」の情報を詳しく知る事によって、コットン製品の特徴が見えてきますので、ぜひ目を通してください。

多年草の植物の綿花が原料

コットンがどのような物から作られているのかというと、多年草の植物である綿花が原材料になっております。コットン(綿)は、木綿植物の種子に付着している細かい綿毛から作らています。木綿植物を具体的にいうと、アオイ科の多年草の総称です。アオイ科の多年草は、クリーム色のとっても優しくキレイな花を咲かせる事でもしられております。

このクリーム色の花は、一日しか持たず、次の日には、赤い花の色に変化しますので、クリーム色の綿花を見られるのは非常に貴重な経験だといます。赤い綿花が落ちた後に大きな実ができるのですが、大きな実も時期がくると割れてきます。この大きな実が割れた中から出てくる真っ白な繊維がコットンの原材料になっているのです。

古くから使われている繊維素材

コットン(綿)は、近年になって盛んになったわけではありません。かなり昔から多くの方に愛用されてきたという歴史があります。元々のコットンの原材料となる綿花の原産はインドなのですが、インドからヨーロッパに行き来していたアラビアの商人がイタリアやスペインに伝え、そこからヨーロッパ各地に広がりをみせました。そのため、今では世界中でコットン製品の衣類などを見る事ができるのです。

また、コットンの歴史は諸説あるのですが、信憑性が高い物は、メキシコにあるテワカン渓谷から見つかった紀元前5500年の綿花です。そのため、最低でも紀元前5500年前から綿花は作られていることがわかっておりますので、なんと約7500年前から人間は、コットン(綿)の恩恵を受けていた事になります。

原料の綿花は色々な国で栽培されている

コットン(綿)は、原産国のインドだけでなく世界中で作られております。現在では、世界60カ国以上で綿花の栽培がおこなわれており、日本国内ではなく、世界中の方でも最も身近な繊維として流通しております。色々なアオイ科の多年草が原材料になっておりますので、コットンの品質自体は、産地や原材料になっている品種によって大きく異なっております。色々なコットン(綿)が作られておりますが、品質が高く希少とされているのが繊維長である物です。繊維長が長ければ長いほど良質なものといわれており、当然お値段も高くなっております。

作られる生地の種類が豊富

コットン(綿)は、世界各国で作られており、それぞれの特色を持っております。近年注目されているオーガニックコットンも色々な種類があり、オーガニックコットンと言われている生地の種類は、大きく分けると織り地である布帛と編み地であるニットの2種類に分けられております。

また、布帛とニット以外にも。作られている地域によって特色がでており、日本国内のオーガニックの産地によっても特色があります。日本国内で人気のあるオーガニックコットンは、ちりめんと言えば新潟県小千谷市になりますし、パイルならば愛媛県今治市、さらしなら静岡県浜松市など地域によって特色を活かした高品質のコットンを作り上げております。

コットンの服の特徴

aiさん(@i_iosca)がシェアした投稿


コットンの生地で作られた洋服は、赤ちゃんからご年配の方まで多くの世代で愛用されております。コットン生地の洋服が選ばれているのは、他の生地の洋服にない特色があるからです。コットン生地の洋服は、他の洋服と比べてどのような特色があるのでしょうか。こちらでは、コットン製品の洋服の特徴をご紹介します。

吸水性が高い

コットン製の洋服の特徴で最も有名なのが、「吸水性が高い」という事です。コットン(綿)は、他の生地よりもとっても微細な繊維という特徴があり、非常に吸水性が高くなっております。その為、コットン(綿)の内側と外側で温度に差がでると内側の水分を吸収し、吸収した水分を外側へ発散する性質があります。

つまりコットン製の洋服を着ている場合、熱い時には熱や水分を体から吸収し、洋服の外に吐き出してくれますので他の洋服よりも涼しくなる事ができるのです。梅雨の時期や夏などに汗をかいても、効果的に外部に発散させてくれますので非常に過ごしやすくなります。また、コットン(綿)は、非常に通気性のよい素愛ですので、夏にはぴったりの素材です。汗をかきやすい赤ちゃんにおすすめの素材と言えます。

保温性にも優れている

先ほどとは正反対の特徴になってしまうのですが、コットン(綿)には、「保温性にも優れている」という特徴もあります。コットン(綿)は、繊維の中心部が庭にお水を撒く時に使うホースのように空洞の造りになっておりますので、熱が伝わりにくく外に熱を逃がしにくいといった特徴がありますので、保湿性に優れております。

また、コットン(綿)には、よりがありますので、パイルを立てたり、布地を起毛したりすることによって、コットン(綿)の繊維の内部に空気を大量に保存する事ができます。洋服の保温性に関しては、布地が含む事ができる空気の量が大きく関係しております。コットン(綿)は、他の生地と比べて多くの空気をしっかりと蓄える事ができますので、気温の低い冬でも暖かく着られるといった効果が期待できるのです。

体臭を抑える

これはあまり知られていないかも知れませんが、コットン(綿)には、「体臭を抑える」といった効果も期待できます。コットン(綿)には、非常に吸水性が高いという特徴がありますので、両脇にかいた汗を吸収し、発散してくれますので臭い菌の増殖を抑えてくれます。汗をかきやすい日などは、コットン(綿)で作られた代えの服を用意しておき、頃合いを見計らって交換すると、より体臭を抑える事ができます。

コットン(綿)のデメリット

メリットの多いコットン(綿)ですが、やはりデメリットも多少あります。コットン(綿)のデメリットは、縮みやすいという事です。洗濯をしている時に洗い方を注意していないと縮んでしまって着られなくなってしまう事もあります。特に赤ちゃんが着ているベビー服の場合には、どうしても縮みやすいので注意してください。

他にも、コットン(綿)が原材料の洋服は、シワができやすかったり、従来の化学繊維で作られた洋服と比べて乾くのに時間がかかるといったデメリットもあります。乾かす時間を短縮しようと長時間日光や紫外線にあててしまうと生地が傷んでしまったり、黄ばみが出るなどもありますので、取り扱いが難しい生地になっております。

口コミで人気のコットン綿棒

コットン(綿)が使われているのは、何も洋服だけではありません。みなさんの身近でも色々なアイテムがコットン(綿)が使われております。今回は、その中でも特に利用頻度の多い綿棒の売れ筋商品をご紹介します。

ジョンソン 綿棒 200本入

ジョンソン 綿棒 200本入
ジョンソンベビーから発売されている「ジョンソン 綿棒 」は、天然コットンを100パーセント使っている定番の綿棒になります。敏感肌の方でも安心して使える高品質の綿棒になります。他のメーカーの綿棒よりもお値段は少し高くなっておりますが、コストパフォーマンスも高目です。

[Amazonブランド]Presto! 2WAY黒綿棒 200本x8個

[Amazonブランド]Presto! 2WAY黒綿棒 200本x8個
Presto!(プレスト)から発売されている「2WAY黒綿棒 200本x8個」は、耳掃除をした時などにとれた耳垢がわかりやすい黒色をしている綿棒になります。綿棒の先がスパイラル型と標準型の2WAYタイプですので状況によって使い分ける事ができます。

セレナ オーガニック綿棒 180本

セレナ オーガニック綿棒 180本
セレナから発売されている「オーガニック綿棒 180本」は、農薬や化学肥料を使用していない綿から作られた完全オーガニックな綿棒になります。抗菌剤が入っておりませんので、敏感肌の方や赤ちゃんにも安心して使う事ができます。

まとめ

昔から人間の生活に欠かす事ができなかったコットン(綿)は、化学製品の多い現代においても需要が減る事はありません。特にお肌が敏感な方であったり、赤ちゃんなどに安心して使う事が出来る素材として貴重です。メリットの多い素材ですが、少ないですがデメリットもありますので、しっかりと理解した上で選ぶようにしてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.