感動・泣き

やり方を掴めば綺麗に染まる!カラートリートメントでの白髪染めのやり方◎

投稿日:

年齢と共に増える白髪に悩まされる方は少なくありませんが、その白髪は実は、年齢だけが原因では無い可能性があります。若白髪の場合は特に、白髪の原因を考え、原因を改善していく事で、白髪が出来にくい環境を作りやすくなるでしょう。白髪が増えて困るという場合は特に、日頃の習慣を見直すことが大切です。

また、白髪染めをする時には、ちょっとしたポイントを抑えることも欠かせません。白髪染めをする時のポイントを抑えることで、色ムラ無く、綺麗に色を染められるでしょう。ヘアカラーをする際に抑えておくべきポイントや、ヘアカラーをする時におすすめの商品をご紹介します。

白髪が生える原因

過酸化水素の蓄積

白髪が生える原因の1つに、過酸化水素の蓄積があります。この過酸化水素が蓄積する事で、白髪を増やし、白髪が増加しやすくなるのです。

過酸化水素が蓄積する原因にはいくつかありますが、その内の代表例が、活性酸素。活性酸素は日常生活の様々な場面で蓄積していきますが、蓄積する事で体内で過酸化水素が発生し、白髪の原因になるのです。活性酸素は特に、ストレスを感じたり、疲労が蓄積すると発生しやすいので、まずは活性酸素の発生を抑え、過酸化水素の蓄積を防ぎましょう。

活性酸素は髪だけでは無く、健康にも被害を及ぼします。定期的にストレス発散、よく眠るようにして、規則正しい生活をすることで、活性酸素を防ぎ、髪だけでは無く、体の健康を守る事に繋がるでしょう。

色素幹細胞の損傷

髪の色を始め、体の色素を作り出している細胞に、色素幹細胞という細胞があります。この色素幹細胞が何らかの理由で損傷することで、毛の色が作れなくなってしまい、白髪が発生しやすくなるのです。色素幹細胞が損傷する理由は、加齢の他にも、細胞の酸化があげられます。細胞を活性化させるために、アンチエイジングケアを行うことで、色素幹細胞の損傷が改善し、白髪が発生しにくくなります。

アンチエイジングケアと言っても、特に特別な美容ケアをすれば良いということでは有りません。食事や睡眠、運動など、規則正しい生活を送ることが、酸化防止の重要なポイントです。

成長ホルモン不足

成長期にしか分泌されないと勘違いしている方も多い成長ホルモンですが、この成長ホルモンは、死ぬまで一生涯分泌されるホルモンです。この成長ホルモンの分泌量が減少することで、髪の毛に白髪が出来る事も多くなりますので、成長ホルモン不足を補うことが、重要なポイントと言えるでしょう。

成長ホルモン不足を補うためには、日頃の生活習慣の見直しが大切。規則正しい生活を送ることで成長ホルモンが分泌されやすくなる他、チロシンやアルニチンと言ったような成分を補給することが重要です。また、成長ホルモンを補給出来る成長ホルモン注射なども、選択肢の1つと言えるでしょう。

メラニン不足

しみそばかすの原因と考えられているメラニン。確かに過剰にメラニンが肌から吸収されると、しみそばかすの原因に繋がりますが、このメラニンこそが、髪の毛の黒色を作っていますので、メラニンが不足すると、白髪が出来やすくなります。メラニン不足を防ぐ為にも、太陽を適度に浴びたり、チロシンなどの成分を補給して、白髪対策をする事が重要です。

白髪染めをする時のポイント

Yukari Isoさん(@_yukariccari)がシェアした投稿

ヘアカラーをふんだんに使用して色ムラをなくす

白髪染めをする際には、色ムラが出ないように、ヘアカラーをタップリと使う事が大切ですついついけちって使ってしまう方も多いですが、けちって使ってしまうと綺麗に染まりませんので、髪の毛を覆い隠すほど、タップリとヘアカラーを使う事で、綺麗に染め上げることが出来るでしょう。髪の長さに関係なく、出来るだけタップリと活用する事が重要です。

染まりやすい髪の根元は後から対応

髪の毛の根本は色が入りやすい部分ですので、ヘアカラーをする際に一番に塗ってしまうと、他部分と色が変わってしまう可能性があります。均等に色を染めるためにも、出来るだけ染まりやすい髪の根元は後から染め、他の部分から髪の毛を染めるようにしましょう。

ヘアカラーをする前に髪から水分をしっかりとる

ヘアカラーをする際には、必ず髪の毛を乾燥させた状態で、水分をしっかりとってから行う事が大切です。髪の毛が濡れていると水分がカラーの浸透を妨げ、上手く色が入らない上に、色ムラが出来る可能性があります。綺麗に染める為にも、ヘアカラーをする前は必ず、髪を乾かした状態で行いましょう。

また、ヘアワックスなどの整髪料を始め、汚れが付いている状態もNGです。髪の毛に綺麗に色が入らない原因となりますので、キチンと髪を洗ってから、乾かして、ヘアカラーを行って下さい。

お風呂場で染めると片付けが楽

ヘアカラーは染めた後、非常に汚い水が大量に出ますので、お風呂場で染めると、片付けが簡単です。お風呂場以外で染める際は、床や壁などにカラー剤が染みないように気を付けながら染める必要がありますが、そう言った手間もなく染めることが出来るでしょう。

カラートリートメントで人気のある白髪染めの商品を紹介

シュワルツコフ カラースペシャリスト 白髪染め N6 ナチュラルブラウン

シュワルツコフ カラースペシャリスト 白髪染め N6 ナチュラルブラウン

高浸透テクノロジーを採用する事で、髪一本一本をキチンと染め、深みのある美しいカラーに仕上げる一品です。染め上がり艶やかに、さわり心地バツグンの、輝くような美しい髪をゲット出来ます。

 

白髪染め 利尻 カラートリートメント ブラック

白髪染め 利尻 カラートリートメント ブラック2本セット

北海道の利尻昆布を活用した、自然派由来のエキスを採用。髪にしっかりと浸透し、髪を潤い溢れる艶やかな状態に導きながら、しっかり理想のカラーに染めていきます。鉱物油やパラベンを使用しない無添加アイテムで、傷みやすいカラーリングも、ダメージを最小限に留めるのが特徴です。

 

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ 6 ダークブラウン

サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ 6 ダークブラウン 100g (白髪用)

放置時間5分。髪一本一本を丁寧に染めていく、ヘアマニキュア・スピーディです。ツバキオイル配合で、髪をタップリと保湿し、艶やかな髪をゲット出来るでしょう。生え際や分け目も綺麗に塗れる、専用クシが付いていますので、セルフカラーが苦手な方も安心。

ROOT VANISH ヘアカラートリートメント

 

ROOT VANISH ヘアカラートリートメント|ダークブラウン (髪と頭皮に優しい白髪染め・22種類の植物エキス配合)

 

髪表面にしっかりと付着して、髪の毛をコーティングしながらカラーリングを行う、マニキュアタイプのヘアトリートメントになります。髪へのこだわりが強い、ハリウッドセレブ御用達のカラリストが監修。第53回モンドセレクションにおいて金賞を受賞した、世界が認めるハイクオリティアイテムとして知られています。

 

まとめ

白髪に悩んだ際には、ヘアカラーで染める他にも、白髪の根本原因を見つけ出して、ケアする事も重要です。白髪は次から次に生えて来ますので、根本からケアをしていかないと、どんどん白髪が増えていくでしょう。

ヘアカラーの方法にも様々な種類がありますので、それぞれ比較することが大切です。セルフカラーが始めてな方は特に、技術が無くとも染められる、手軽に使えるタイプを選びましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.