感動・泣き

日焼け止めの効果を把握して紫外線に悩まない毎日を送ろう!

投稿日:

外出するときには、いつの季節でも、日焼け止めを使ってUV対策を行う必要があります。これを怠ると、今はよくても年を重ねてから紫外線の影響が出る可能性があるためです。いつまでもシミやシワのない若々しい美肌を保つためには、日頃から丁寧にUVケアを行いましょう。

ここでは、日焼け止めの特徴や効果について紹介したいと思います。日焼け止めについて理解をして、好みや肌質、環境に合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めについて

日焼け止めにもいろいろな種類があります。基本情報について理解し、日焼け止めについて知っておくとよいでしょう。

吸収剤を配合してある日焼け止め

日焼け止めを探している時、「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という表記を見たことはありませんか。紫外線吸収剤とは、その名の通り、紫外線を吸収することで、それを熱エネルギーに変えて、紫外線から皮膚を防ぐ効果があります。

紫外線吸収剤は、紫外線散乱剤に比べて紫外線を防ぐ効果が高いのですが、肌の表面で化学反応を起こしますので、肌への負担が大きくなります。肌の弱い人や敏感肌の人は、低刺激の紫外線吸収剤がおすすめです。日焼け止めにある表記には、注意してみることが大切です。

SPFとPAは基準として重要

よく目にする「SPF」「PA」の表記は、それぞれ「Sun Protection Factor」「Protection Grade of UVA」の略になります。

SPFは紫外線防御指数とも呼ばれますが、紫外線B波からの防御力を現しています。日焼け止めを使用した時に、使用しなかった場合と比較して、日焼けの影響が出る時間をどれくらい遅らせることができるかを示す数値です。勘違いしやすいのですが、効果の強さや高さではなく、防御力の数値ということを覚えておきましょう。

PAは、主に紫外線A波(UVA)の防止効果を現す目安の数値になり、「+」の多さで効果の高さを現します「+」「++」「+++」「++++」の4段階表記です。

日焼け止めのタイプは4タイプある

日焼け止めには、4つのタイプがあります。最もポピュラーなのが「クリームタイプ」です。保湿力が高く、乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。しっかり濡れて落ちにくい、化粧下地にも使えるタイプが多くなります。次に「ローションタイプ」は、一番肌にやさしいタイプです。敏感肌でも使いやすく、化粧水のようなテクスチャーで日常使いに。

「ジェルタイプ」は、塗布した時にベタツキ感がなくサラサラしています。日焼け止めのべたつきが気になる人におすすめのタイプです。透明で伸びがよく、清涼感もあり夏場向き、全身にも塗りやすい特徴があります。4つ目は「パウダータイプ」で、メイクの仕上げに上からのせることができるため、重ね塗りや化粧なおしにも便利なタイプです。肌にやさしく塗るだけで、手を汚すこともありません。

散乱剤を配合してある日焼け止め

先述した「紫外線吸収剤」と同様、日焼け止めに使われる「紫外線散乱剤」は、物理的に紫外線を反射させる成分となります。紫外線散乱剤は、紫外線を反射させることで日焼けから肌をガードします。肌に反射膜を作りますので、ほとんど紫外線の影響を受けません。「紫外線散乱材」が使われている商品は、天然成分のものがほとんどです。つまり、肌への負担が少ない商品ですので、肌が弱い人や、敏感肌の人におすすめの日焼け止めとなります。

日焼け止めの効果について

吉田南歩さん(@nanaho_yoshida)がシェアした投稿

日焼け止めの効果は、紫外線からの影響を防ぐことになりますが、日焼けを防ぎながら、いろいろな働きをします。日焼け止めの主な効果について紹介します。

肌が炎症するのを防止

紫外線をあびることで、肌にエネルギーが照射されることになり、皮膚の内側にある脂肪やタンパク質まで到達することで、細胞のおDNAに損傷を与えます。すると、肌は炎症反応を起こし、炎症部分は血管が膨らみ、皮膚が赤くなります。いわゆる「ヤケド状態」です。

しばらくは衣類を着たり、シャワーを浴びたり、何かに触れるとひどい痛みを感じて、寝返りを打つこともつらい状態が続きます。日焼け止めは、このような症状を引き起こす炎症を防止します。ヤケドを起こさせないためにも、きちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

肌に影響のある紫外線をブロック

日焼け止めの本質は、化学的な作用(紫外線吸収剤)と、物理的な作用(紫外線散乱剤)で、紫外線のエネルギーが日焼け止め成分の中へ移り、紫外線が弱められて、吸収してエネルギー熱として放出、あるいは、紫外線を皮膚の表面から反射させます。日焼け止めは、この2種類の成分によって作られています。肌に様々な影響を与える紫外線をブロックすることで、肌トラブルを防いでくれます。

日焼けが肌にもたらす影響を防止してくれる

日焼け止めをしっかりぬり、紫外線ケアをすることで、日焼け後の炎症をはじめ、シミ、そばかす、乾燥、免疫力低下など、ひどい場合には皮膚がんや白内障にまで及ぶ、紫外線による影響を防止してくれます。

人は、紫外線を大量に浴びると細胞のDNAに傷がつき、通常であれば修復される細胞が、過度の紫外線を浴びてしまうと、遺伝子が正常に回復されなくなり、傷がついた状態のまま細胞分裂を繰り返し、ある日突然変異を起こして皮膚がんを発症してします原因となる可能性があります。紫外線は、身体に様々なトラブルを引き起こしますので、ケアを怠らないように心がけましょう。

ジェルタイプの日焼け止めで人気のある商品を紹介

ジェルタイプの人気の日焼け止め商品を紹介します。

紫外線予報 UVジェルN

紫外線予報 UVジェルN 250g

紫外線予報 UVジェルNは、デリケートな子供の肌にも使えるUVジェルです。石鹸で簡単に落とすことができますので、大切な肌をゴシゴシする必要がないため、お肌に負担を与えません。無色素・無香料・無鉱物油・ノンパラベン・ノンアルコール。軽いつけ心地のみずみずしい透明ジェルで、カサつくお肌のうるおいをしっかり守ります。

 

アリィー エクストラUVジェル

【限定】アリィー エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)プルメリアの香り

アリィー エクストラUVジェルは、付けた瞬間から花の香りが広がり、気になる汗の匂いと調和して心地良い香りが続く日焼け止めジェルです。肌への密着性を高めるスキンフィット技術により、高い撥水性とUVカット効果が持続、日常からスポーツ、レジャーにまで対応。ウォータープルーフタイプ。洗顔料やボディソープで落とすことができます。SPF50+・PA++++。

 

ピアベルピア ラベンダージェルUV

ピアベルピア ラベンダージェルUV 80ml

ピアベルピア ラベンダージェルUVは、UVケア商品のイメージが変わる、無油分のラベンダーUVジェルです。配合された紫外線散乱剤が、肌の上で紫外線を乱反射。肌のことを第一に考えられたUVケアジェルです。無油分なので、ベタつきなし、心地良いつけ心地です。石鹸でオフができ、肌への負担も少なく、赤ちゃんにもおすすめ。顔、ボディに。

 

ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェルタイプ

ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェルタイプ

ビオレUV アクアリッチウォータリー ジェルタイプは、みずみずしいのに、汗・水に強く、落ちにくい肌にとどます耐久型のUVジェルです。UVカット成分を含んだベールが、肌表面をピタッと密着、すきなくカバーして、肌にとどまります。気持ち良い使い心地で、強力紫外線カットを実現。SPF50+・PA++++。スーパーウォータープルーフ。いつもの石鹸、洗顔料、ボディウォッシュで簡単にオフできます。化粧下地にも。

 

まとめ

紫外線の影響から肌を守る日焼け止めは、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤を使用して作られます。効果はSPFやPAの数値によって表され、クリームやジェル、パウダーなどのタイプに分かれています。日焼け止めの効果を把握して、正しい紫外線ケアを行いましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.