感動・泣き

大切なのは自分の髪質を理解すること!自分に合ったヘアジェルを選んで、理想のヘアスタイルに!

投稿日:

髪をセットする際に重宝されているアイテムの1つが、ヘアジェルです。ジェル状で髪馴染みが良く、しっかりとキープ出来る点が大きな魅力と言えるでしょう。他のスタイリング剤と比べると、白い粉が吹くことも無く、ナチュラルにキープ出来るアイテムが多いため、男性を始め、女性からも重宝されています。

そんな人気のヘアジェルですが、様々な商品が販売されていますので、自分に合っているタイプを選ぶ事が重要です。ヘアジェルを選ぶ時にはどんなポイントを抑えれば良いのか、おすすめのヘアジェルと合わせてご説明します。

ヘアジェルについて

Fruit GATHERINGさん(@fruitgathering.jp)がシェアした投稿

ハードジェルを選ぶとキープ力が高い

ヘアジェルは、ハードジェルを選ぶと、非常にキープ力が高いのが特徴です。髪の毛にしっかりと密着して、長時間髪型をキープ出来るでしょう。水で落とすまではかっちりと髪を固めるようなタイプもありますので、理想の髪型に応じて商品選びをすることで、長時間、あほ毛の一本出すことなく、かっちり固めていけます。

ハードジェルによっても異なりますが、さわり心地もべたつかず使えるタイプも多い為、ストレスフリーで使えるでしょう。肌にくっついてしまっても肌ストレスが少なく利用できるタイプが多いので、安心して活用出来ます。

短時間で髪をセットできる

ハードジェルの場合、ドライヤーなど使う事無く、手にジェルを出す、そのまま髪につけて髪を整える、終了、という3ステップで、髪型を作ることが可能です。髪型によっても異なりますが、短髪の方の場合は特に、苦労せずにササッと髪型キープが出来るでしょう。

オールバックなどの髪型の場合でも同じで、キープ力が強いアイテムの場合は、ジェルを手につけたらそのまま後ろにかき上げるだけで、一発で髪が決まります。何度も何度もやり直しをせずとも、まるでヘアピンで固定されているかのように、綺麗にまとめることが出来るのです。そのまま長時間、髪を洗いながすまで髪型がかっちり固定されるタイプも多い為、時短にぴったりのアイテムと言えるでしょう。

香りのあるヘアジェルもある

香りのあるヘアジェルもありますので、香水感覚でつけている方も少なくありません。香水と違ってほのかの香りをつけられますので、不快になるような事も無く心地よい香りをふりまけるでしょう。

もちろん、無香料タイプのジェルも多いですので、好みに合わせて選べるのも魅力です。香りがあるタイプが苦手という方は、無理せず無香料タイプを選ぶと、ストレスフリーで利用できるでしょう。香りのあるジェルと香りの無いジェル、選択肢があるのが、ヘアジェルの魅力です。

毛束を固めて艶を出し髪を綺麗に見せる

ヘアジェルは髪の毛束に対して利用できるタイプですので、毛束一つ一つを好みに合わせて固めて、ツヤを出し、髪の毛を綺麗に見せられる点が特徴です。ツヤ感のある毛束にすることで、髪に潤いを与え、セクシーさを与えられるとも言えるでしょう。

もちろんつけすぎると不自然になりますので、つけすぎには要注意。つけるバランスが適量で有れば、ヘアジェルは非常に強い味方になってくれますので、つける量は気持ち少なめくらいから始めてみて、様子を見ながらつけると良いでしょう。

ヘアジェルの選び方

🇯🇵marie ♡ osakaさん(@mariel.osaka)がシェアした投稿

ジェルで固めた髪の硬さで選ぶ

ヘアジェルによって、ソフトタイプもあればハードタイプもあります。ソフトタイプの場合、ソフトに髪をキープ出来ますが、髪質が硬い方の場合は、しっかりとキープ出来ない可能性があるのです。髪が硬い方はハードタイプを、髪が柔らかい方はソフトタイプを、というように、髪質に合わせて、利用するジェルのタイプを決めると良いでしょう。

もちろん髪質が柔らかい方が、ハードタイプを使ってはいけないということはありません。髪型によってはハードタイプでは無くと崩れてしまいますので、ハードタイプが1つ有れば何かと便利に活用出来ます。普段する事が多い髪型に合わせて、ジェルの固さを選んで見ると良いでしょう。

リラックス効果がある香りで選ぶ

ヘアジェルには香り付きのタイプも多いですが、リラックス効果がある香り付きのヘアジェルを使う事で、ほのかに好みの香りが香り、常にリラックスした状態で日々を過ごせるでしょう。香りには様々な種類があり、フレグランスやフルーツ、石けんなど、好みに合わせて選べます。もちろん香りが苦手という場合は、無香料タイプもありますので、自分の好みに合わせて香りをどうするか決める事がおすすめです。

髪の長さで選ぶ

髪の長さで選ぶ事も、ヘアジェルは重要なポイントになります。髪が長い場合、髪型によっても異なりますが、オールバックなどのキープ力が強い髪型にする場合は、ハードタイプを、毛束一つ一つにジェルを使って、ツヤ感のある髪型にしたいという場合は、ソフトタイプを使うと良いでしょう。

普段行う髪型によっても選ぶべきタイプは異なりますが、髪の長さによっても、こちらは大きく異なります。ソフトタイプとハードタイプ1つ一つ一つあれば、その日によってセットする事が出来ますので、上手く活用しましょう。

人気のあるヘアジェルの商品を紹介

柳屋 Jウルトラハードジェル

柳屋 Jウルトラハードジェル330g 2P

ジャンボサイズで大量に使える、コスパが非常に良い人気商品です。ウルトラハードジェルが一日中髪型をしっかりキープ。ノンオイリーで無香料ですので、整髪料特有のテカテカ感や、特有の香りがダメという方にもピッタリのアイテムです。

 

ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード

ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード 200g

無香料のスタイリングジェル。しっかりとキープをしてくれますが、ジェルタイプなので白い粉が吹くことも無く、リピーターが多い点も特徴です。

 

ルシード ヘアジェル スーパーハード

ルシード ヘアジェル スーパーハード 160g

朝にセットをしてから夜帰宅するまで、ずっと持続力が持続する、スーパーハードタイプのジェルです。髪質が固い方でも安心して使えるセット力が人気で、無香料な点もポイント。洗いながすときにはサッと落とせる簡単さも魅力と言えるでしょう。

 

ウーノ スーパーハード ジェル

ウーノ スーパーハード ジェル 180g

アンチオイリーで無香料、ナチュラルにキープ出来るハードジェルです。高いトリートメント効果もありますので、整髪料特有の髪の悩み、髪へのダメージもケアしながら利用できます。

 

まとめ

ヘアジェルを選ぶ際には、自分の髪質を始め、普段行う髪型などに合わせて選ぶようにすると、理想の髪型を作ることができるでしょう。キープ力やツヤ感など、ジェルにどの部分を求めるかによって、選ぶべきアイテムが異なります。ヘアジェルによっては、どの程度のキープ力で、どの程度のツヤ感が出るのかなど、本体に書かれていますので、比較して見ると良いでしょう。

またジェルによって、ジェルの香りが異なります。無香料タイプもあれば、香り付きで良い香りがするタイプまで幅広くありますので、こちらは好みに合わせて選ぶ事がおすすめです。好きな香りがあれば、その香りをつけることで、ストレスも軽減させることができるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.