感動・泣き

前髪のワックスの付け方&セット力が強いおすすめアイテム!

投稿日:

ワックスの付け方というのは実はある程度のルールがあり、それらを知らないで自己流でこなしていた人はワックスの本当の能力を発揮できていない可能性があります。

特に、前髪をセットする時のワックスの使い方は間違っている人が非常に多いので再確認していただきたいです。今回は前髪のワックスの付け方とおすすめワックスを紹介します。

束感を出せる前髪アレンジ法


束感を出すためにはいくつか方法がありますが、その方法の一つがワックスです。しかし、ワックスを使ったとしても正しい使い方ができていないと効果が半減なので、有効な方法を先に紹介させていただきます。

ストレートアイロンを前髪にかける

前髪は扱いにくいと感じる方が非常に多く、大量のワックスを使って無理矢理好きな髪型に固定している方が多いですが、本来ならばそのような使い方はしてはいけません。大量のワックスはむしろ前髪割れが発生するので推奨できないのです。

大量のワックスを使うくらいならば、ストレートアイロンを使って軽くスタイリングしてしまいましょう。ストレートアイロンは挟む内側の熱を使うので火傷をする危険性も非常に少なく、数秒でカールがつけられますので使い勝手は抜群です。

女性の方は使っていることが多いのですが男性は使わない人が圧倒的に多いので、前髪が長く気になっているという方はストレートアイロンを購入して使ってみましょう。サイズが気になるという方はミニサイズの商品もありますので、そちらを購入すると良いでしょう。コードレスタイプもありますので、出張が多いという方はそちらの方が使い勝手は上となります。

ちなみに、ストレートアイロンを使う場合は前髪を乾かすのが基本でありますが、根元は流したい方向とは逆側に乾かすことと分け目を消すことを意識してください。温度は120~140度あたりが推奨されますが、人によっては乾燥気味の髪質になっている方もいるので、その場合は使わない方が良いです。オーバードライ状態になるとパサパサ髪になってばらつきが悪化します。

後ろ髪・両側・トップの順番で付ける


ワックスは気になる部分にたっぷりと使う方が多いのですが、基本的に多めのワックスを使ってもらいたいのは髪の毛の量が多く後ろ髪であり、前髪は最後になります。順番としては後ろ髪、両サイド、トップとなります。つまり、前髪は最後になると言うことです。前髪は余ったワックスをつける程度でも、しっかりと乾いているのならば十分効果が出るので、大量にワックスをつける必要はありません。

手のひらに残ったワックスを使って手ぐしで軽く流れを整えた後に、指先を使って前髪の中間くらいから毛先に束を作っていきましょう。それだけで十分効果が出てきます。つけすぎるとべたつきが目立って不自然に見えるので要注意です。また、ワックスは根元からつけると思いっきり別れてしまうので中間からつけた方がいいでしょう。

ワックスを手全体になじませる

また、ワックスを使うときは必ず伸ばすことが重要になります。量についてはその人の髪の毛の量や長さによって変わるので、意見が異なってくる部分ではありますが、「必ず伸ばす」という部分はもはや必須かのように多くの方が指摘しているので、透明になるまでよ~く伸ばす癖をつけてください。

手のひらを使うことになるので手のひら全体にのばすことも重要ですが、前髪をセットする時は指を駆使することになりますので、指の間にまでなじませたほうが良いでしょう。前髪のセットが格段に楽になりますので、しっかりと伸ばしてください。

ただし、必要以上にワックスをとってしまうとワックスの重みで髪型が崩れる可能性すらありますので、多すぎるのは危険です。最初のうちは適している量がわからないでしょうが、だいたい1円玉よりもちょっと大きめな分量をとって伸ばして使っていき、そこから適量を探るようにしてください。

ワックスを使った前髪セットの方法


それでは具体的にワックスを使った前髪のセット方法に入っていきましょう。前髪によって使い方が異なりますので、自分好みの髪型に合わせた使い方を覚える必要があります。

センターパート

センターパートはただ単に真ん中分けをしているだけと感じている人が多いですが、センターパート用のヘアカットが必要なので、まずは自分の髪型をセンターパート向けにしてください。そこがスタートラインです。

その後は、セットに以降するのですがワックスの出番はそこまでありません。まずは、左右に分けた毛先をドライヤーで乾かして癖をつけてください。根元はまだ乾かしません。ある程度毛先に癖をつけ終わったら全体を乾かして理想の髪型に近づけます。こうして暖まった髪の毛にワックスを使って固定するようにしましょう。

シースルーバング

女性に多いシースルーバングもワックスが重要になる髪型です。しかし、このシースルーバングを自然な形に仕上げたい場合はある程度のテクニックが必要なので、自宅でセットできるようになるのはちょっと大変です。

シースルーバングを可愛くするためには束感があるカールをいかに作るのかがポイントとなりますが、そのためにはマジックカーラーやワックスが重要になるのです。方法としてはマジックカーラーで前髪を巻いてドライヤーで温め、丸みをつけたのならばひとつまみずつ自分のつけたい束感でワックスを使っていきましょう。

斜め前髪

斜め前髪は比較的簡単にできる髪型ですが、時間がたつと簡単に崩れてしまう人も多く朝と帰りでは髪型が違うという方も多くなっております。ここでのポイントはヘアワックスの量です。つけすぎるほど髪の毛が重くなるのでセットしても簡単に崩れるようになります。

斜め前髪のセットをする前に、根元に水をかけて手でほぐし、流したい方向にドライヤーを当てて乾かすことを推奨します。その後はロールブラシやカーラーを使って前髪の毛先を内側に巻くようにしてドライヤーを使いカールをつけましょう。ヘアアイロンでもかまいません。そこまで仕上げたあとは、毛先に少しだけワックスを使って斜めに持ち上げてください。

束感が出せるおすすめヘアワックス


それでは束感が出しやすいおすすめのヘアワックスを紹介いたします。ワックスはいろんなメーカーからかなりの数が売られていますので自分好みのワックスを探すことが重要です。

ナンバースリー デューサー ハード ワックス 5 【ヘアワックス】 80g 【3個セット】

ナンバースリー デューサー ハード ワックス 5 【ヘアワックス】 80g 【3個セット】
前髪をビシッと決めたい人向けのハードワックスです。軽さやボリュームが出せるタイプではありませんので注意してください。ただし、セット能力が高めなので気に入った髪型を簡単に作ることができます。

プレジューム ワックス 3 90g

プレジューム ワックス 3 90g
こちらのワックスはボリュームを抑えてつや出しが可能なワックスです。ちょっとしたアレンジも簡単にこなせるワックスなので、スタイリングで色々と楽しみたい人にも重宝されています。

シークレット ナチュラルアロマワックス フリーズ 45g

シークレット ナチュラルアロマワックス フリーズ 45g
こちらは化学合成油脂は一切使っていないオーガニックケアワックスで、毛束感をしっかりとセットした形で作ることもできます。オーガニック系ワックスも種類は増えていますが、セット力の高さは好評なので前髪をいじりたい方以外にもお勧めできます。

ワックスの使い方を覚えましょう


ワックスのみを使って髪型を整える方法もありますが、ある程度しっかりとした形にしたい場合はワックス以外のものを使うことも重要です。合わせ技とすることで理想とする髪型もキープできるようになりますので、さまざまな使い方があると考えましょう。

特に、前髪はいじりすぎてワックスがつきすぎてしまい、重くなってセットが崩れるパターンが多いので、量を調整する気持ちを持って使うようにしてください。少ない量で問題なくセットできるのならば、料金的にもお得ですので節約のつもりで実戦してみることをおすすめします。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.