感動・泣き

40代のお肌のためのファンデーションの選び方

投稿日:

40代に差し掛かると、30代とは違う肌の変化を感じることが多くなります。

基礎化粧品を年齢に合わせて変えていくように、ファンデーションも年齢に合わせて見直すのがおすすめです。

40代になったら実践したいスキンケアや、年齢に合わせたファンデーションの選び方を紹介します。

40代のお肌に必要なケアとは

20代から30代になったとき、今までに感じなかった肌の変化を感じるように、30代から40代にかけても肌の変化を感じることが増えていきます。これは誰でも起きることで、加齢による老化が原因です。

年齢とともにカラダの水分量が減っていくので、40代には40代にふさわしいケアが必要になります。今まさに40代の人、これから40代を迎えようとしている人に向けて、知っておくと役立つ40代に必要なスキンケアのポイントを紹介します。

毛穴をケアしたい

年齢とともにカラダの水分量が低下していくのは否めません。毎日念入りなスキンケアをしていても、肌の弾力や水分が低下していくこと、地球で暮らす以上重力には逆らえないので肌の弾力の低下にプラスして重力も手伝って皮膚が垂れ下がっていきます。

毛穴が目立つのも年齢サインの一つですが、39歳までは全然平気だったのに40歳になって突然毛穴が目立つようになるというよりも、徐々に老化が進んでいくので知らない間に肌にも変化が出ています。それに早く気づいて早めに対処できればいいのですが、何歳からという明確なラインがないため、ある日突然鏡を見ていて毛穴が目立つようになるのを痛感します。原因は乾燥ですが、毛穴ケアをすれば十分対処できます。

お肌にツヤを取り戻したい

カラダの水分量が低下しているので、若い頃は当たり前だった肌のツヤや弾力も年齢とともに少しずつ低下していきます。肌は年齢とともに変わっていくので、同じケアではそのうちつじつまが合わなくなってしまいます。足りなくなるものが増えるので、不足分を補うケアを意識することが大切です。

お肌のツヤが感じられないのもその原因のほとんどは乾燥です。乾燥を改善するには水分と潤いを与えることで対処できますが、肌の奥まで乾燥が進んでいると表面だけのケアでは十分な効果を実感できません。お肌のつやを取り戻したいなら、深層ケアが必要になります。

シミやくすみをケアしたい

年齢を重ねると基礎代謝も低下していきます。基礎代謝の低下は、肌のターンオーバーサイクルにも影響を与えます。若い頃は基礎代謝も高く肌のターンオーバーも正常なので、普通のスキンケアをして健康的な生活を送っていれば、シミやくすみなど気にならないものです。しかし年齢を重ねるにつれて基礎代謝が下がり、必然的に肌のターンオーバーもサイクルが遅くなってきます。

本来ならターンオーバーで、不要となった古い角質ははがれ落ちていくのですが、ターンオーバーがうまくいかなくなると古い角質が残ってしまいシミやくすみとなってしまいます。これを解消するには、肌のターンオーバーを正常に導くことが大切です。

40代のファンデーション選びの注意点

年齢サインはスキンケアでも対処できますが、スキンケアの効果が出るの少し先です。ケアを続けつつ年齢サインや悩みをカバーするには、ファンデーション選びが重要になります。40代からのファンデーション選びのコツや注意点を紹介します。

つやつや感の出るものを選ぶ

40代になるとどうしても肌の水分量が減ってきます。スキンケアや美容サプリで補っていても、20代や30代の肌とは違ってくるので、ファンデーションも年齢に合わせて選ぶようにしましょう。ファンデーションにも種類があり、テクスチャーや仕上がり感もそれぞれに違っています。

肌の水分量が低下しているので、30代向けのファンデーションではちょっと物足りなさを感じるようになります。乾燥によるシワやたるみも目立ってくるので、ファンデーションを塗ってもカバーしきれずシワに入り込み実年齢より老けた印象を与えてしまいます。40代からのファンデーションは、保湿力が高く美容液などを配合しているクリームタイプがおすすめです。

自肌の色とタイプを合わせる

ファンデーションは自分の肌の色に合わせて選びますので、自分に合う色味はだいたい把握しています。しかし40代になりシミやくすみが目立ってくると、元々の肌色よりもトーンが暗くなりがりです。年齢サインは顔だけでなく首やデコルテにも現れますので、ファンデーションの色選びは今の自分の肌色に合わせて選ぶようにしましょう。

白すぎると顔だけ浮いてしまいますし、濃すぎると首と顔の色の違いがはっきりするのでどちらも不自然な印象を与えます。顔色だけでなく、首やデコルテとのバランスも考えて選ぶのがおすすめです。

カバー力の高い薄付きファンデーションを

年齢サインが出始めるとそれを隠そうと、ついつい厚塗りになってしまいます。厚塗りをするとシワに入り込み余計にシワが目立ってしまいます。ファンデーションはカバー力の高いものを選び、厚塗りしなくても薄付きで仕上げるよう意識してください。

40代の方のファンデーション選びのNG例

40代のファンデーション選びも、ポイントを押さえておくと失敗せずに済みます。しかし年齢や自分の肌に合ったファンデーションを選んでも、使い方を間違えると残念な印象を与えてしまいます。40代のファンデーションでよくあるNGを紹介します。

とことん厚塗り・全塗り

欠点を隠したいと思うと、つい厚塗りになってしまいがちです。厚塗すればシミやくすみは隠せるかもしれませんが、シワ溝にファンデーションが入り込み、余計にシワをくっきりと目立たせてしまいます。厚塗りは不自然に見えるのでおすすめできません。

顔全体にくすみやシワ、シミがあると全部隠したくなるので、ファンデーションを隅から隅まで顔全体に塗ってしまいがちです。顔全体にファンデーションを塗ってしまうと、フェイスラインの陰影がなくなりのっぺりとした印象を与えてしまいます。顔も大きく見えるのでいいことはありません。ファンデーションを塗るときは全体にベタ塗りするのではなく、中心に塗りそれを外側に広げ伸ばすイメージで塗っていくとフェイスラインの陰影を消さずに済むので自然に仕上がります。

フェイスパウダーは極力控える

フェイスパウダーはメイクの仕上げに便利ですが、40代以降は粉っぽくなったり艶が消えたりするので使わない方がいいかもしれません。使うときは粉っぽくならないよう、少量にしておくといいでしょう。

シミやくすみを隠すために濃い色をチョイス

欠点を隠したいために地肌よりも濃い色を選ぶのもよくあるNGです。濃い色を選ぶと首やデコルテとの違いで不自然です。明るいとカバーできない印象ですが、下地やコントロールカラーをプラスすれば、透明感が出て肌がキレイに見えます。

おすすめ商品

40代から使いたいおすすめのファンデーションや、おすすめ書籍を紹介します。

ハリと透明感を叶える美容液ファンデーション【MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 25ml (オークル)】

MacchiaLabel 薬用クリアエステヴェール 25ml (オークル)

68種類の美容液成分を配合した、美容液のようなファンデーションです。年齢とともに気になり出す黄ぐすみに着目し、黄ぐすみ解消に役立つマロニエエキスを配合しています。伸びがよくメイク崩れしにくいのもポイントです。メイクしながらスキンケアができて、カバー力が高いから厚塗りせずに済みます。

40歳からは「若く見せる」がポイント【老けの原因はメイク! ? 40歳からの若見えメイク塾】

老けの原因はメイク! ? 40歳からの若見えメイク塾

今までなんとなくメイクしていたという人は、40代になるとなんとなくが通用しなくなります。メイクの仕方がよくわからないなら、本で学べばいいのです。40代のメイクに役立つ情報が満載です。

乾燥・肌あれ・ニキビ跡をカバー【アユーラ (AYURA) fサインディフェンス スキンケアパクト 〈パウダーファンデーション〉 レフィル (詰替用) 120 ナチュラルベージュ】

アユーラ (AYURA) fサインディフェンス スキンケアパクト 〈パウダーファンデーション〉 レフィル (詰替用) 120 ナチュラルベージュ

パウダーファンデーションなのに粉っぽくならず、伸びがいいのでとても使いやすいです。肌の凹凸やくすみもしっかりとカバーできます。SPF15・PA++だから日常使いにも便利です。スキンケアパウダーを配合しているから、乾燥や肌荒れが気になる肌を整えふんわりと仕上げてくれます。

まとめ

40代からは好みよりも、肌に合わせたファンデーション選びが重要となってきます。塗り方なども工夫すれば、いくつになっても若々しい印象を与えることができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.