感動・泣き

アイライナーづかいでアイラインはこんなに落ちない!

投稿日:

パッチリとした大きな瞳、目力のある目元を演出してくれるアイラインは、女子のアイメイクに必須のアイテムとなっています。しかし、アイラインは他のメイクアイテムと比べても落ちやすい特徴があり、朝、頑張ってメイクしてもお昼の休憩時に鏡を見るとアイラインがにじんでパンダ目になっているということもあります。

せっかくキリッとしたアイラインを入れたのに時間とともにヨレたり、にじんだりしてはもったいないものです。アイラインは、引く前にひと手間かけたり、メイクの順番を変えたりするだけで、アイラインを落ちにくくすることができます。そこで、アイラインを落ちにくくするポイントや引き方のコツなどについて解説します。

アイラインが落ちないようにするには

パンダ目ということばが一般的に浸透しているように、アイラインがにじんだり落ちたりすることは日常的に起きてしまうことです。どんなに時間をかけて丁寧にアイラインを引いても、夕方まで持たないだけでなくお昼にはにじんでしまう経験は誰しもあるのではないでしょうか。

魅力的な目元を演出するために引いたアイラインをなるべく落ちないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。そこで、アイラインが落ちる原因や落ちないアイライナーのタイプ、プチプラコスメを使用するメリットやデメリットについて説明します。

アイラインが落ちる原因

アイラインは顔のなかでも最も動きが激しい目の部分につけるのでそのせいでアイラインが落ちやすいと考えている人が多いかもしれません。確かに摩擦や摩耗によって落ちることもありますが、それよりもアイラインが落ちる大きな原因があります。

肌は潤いを保ちながら外部からの刺激に耐え、新陳代謝を行うために皮脂や汗を出しています。時間とともにアイラインが落ちやすくなるのは、皮脂や汗が原因となることが多いのです。また、乳液やクリームなどの基礎化粧品、リキッドファンデーションなどのベースメイクに含まれる油分と混じることでも落ちやすくなります。

1番落ちないのはウォータープルーフのリキッドタイプ

アイライナーには、初心者でも扱いが簡単なペンシルタイプをはじめとして、ジェルタイプ、リキッドタイプ、パウダータイプなど、さまざまな種類があります。それぞれの特徴によってナチュラルに仕上げたり、しっかりとした発色で目元をくっきりと見せたりすることができます。

ウォータープルーフタイプのアイライナーは、シリコンが主成分で防水加工されており水分に強いと言われています。汗や水、涙で濡れてもアイラインが落ちにくいため、海やプールに出かける際にもおすすめです。肌への密着度が高い分、クレンジングに手間がかかることがあることも覚えておきましょう。

プチプラはダメなの?

最近は100均をはじめとして、さまざまなプチプラコスメが人気となっています。リーズナブルな価格だけでなく種類の多いメイクアイテムやカラーバリエーションが多いことでも知られており、中高生だけでなく大人の女性にも数多くのリピーターがいます。

プチプラコスメであっても効果や機能の面で著しく劣っているということはなく、落ちにくいアイライナーを探すこともできます。ただ、価格を安くするために化学成分や添加物が含まれているものも多いため、肌トラブルを起こさないように購入前の成分チェックは忘れないようにしましょう。

アイラインを引く前にすること

アイライナーにはテクスチュアや使い勝手の違いによってさまざまな種類があります。目の形状や理想とする目元に近づけることができる自分に合ったものを選ぶ必要がありますが、価格が高いからといってアイラインが落ちないという保証はありません。

アイライナーは使い方ひとつで落ちやすくも落ちにくくもなるものです。特に、アイラインを引く前のちょっとした手間がアイラインを長持ちさせることにつながります。アイメイクの時間は少々長くなりますが、何度もメイク直しすることを考えれば苦にならないはずです。そこで、アイラインを引く前に行っておくことで長持ちさせるテクニックについて説明します。

綿棒で目元の油分を落としておく

アイラインをはじめとするメイク崩れに大きく関係しているのが皮脂や汗、油分です。皮膚が薄くよく動くまぶたの部分は皮脂分泌も多く、頬などに比べるとメイク崩れしやすくなります。特に油分が残っていると時間の経過とともにアイラインがにじみ、気づかないうちに見苦しいパンダ目になってしまうことがあります。

アイラインを引く前には、目の周りに付着している油分、水分などをきちんと拭き取っておく必要があります。コットンや綿棒を使って油分を拭き取りますが、コットンは小さな綿のカスが残ってしまうことがあるため、細かい所もピンポイントで拭き取ることができる綿棒の方がいいでしょう。皮膚が薄い目元なので、ゴシゴシと摩擦するのではなく優しく拭き取るようにするのがポイントとなります。

目元にフェイスパウダーをのせる

油分や水分によってアイラインが落ちやすくなるのであれば、それらに強い粉状のパウダーをのせることで落ちにくくする方法もあります。なかでもフェイスパウダーは皮脂を吸着する性質があるため、目元にのせておくと油分を抑えて編リンが落ちにくくしてくれます。

ポイントはマスカラを使用する前にパウダーをのせておくことです。アイラインだけでなくアイシャドウとのなじみもよく1日中サラサラの肌でアイラインも落ちにくくなります。つけすぎると目元が粉っぽくなるので薄めにつけるようにしましょう。

アイシャドウベースで崩れにくく

アイラインの引き方には、アイラインを引いてからアイシャドウを塗る、アイシャドウを塗ってからアイラインを引くという2つの方法があります。どちらの方法でもやり方が間違っていなければ、アイラインだけを引くよりもにじみにくくなります。

アイシャドウベースで崩れにくくするには、ベースとなる薄めのアイシャドウを塗ってからアイラインを引きます。その後に濃い色のアイシャドウを塗ると最初に塗ったアイシャドウが化粧下地のような役割を果たしてくれるため、アイラインがなじみやすく落ちにくくなります。

アイラインを引いたあとにすること&引き方のコツ

アイラインは皮脂や汗、涙や油分などによって落ちやすくなるため、アイラインを引く前に皮膚を拭き取っておくことが大切です。また、フェイスパウダーやアイシャドウの力を借りて落ちにくくする方法もあります。

一方でアイラインを引いた後に行うことで落ちにくくするコツもあり、メイクの順番を変えたり、専用のメイクアイテムを使用したりすることによってアイラインが落ちにくくなります。そこで、アイラインを引いた後にすることや落ちにくくなるアイラインの引き方について説明します。

アイラインの上にアイシャドウを重ねる

アイラインをにじみにくくするためにアイシャドウの効果を利用する方法もあります。普段はアイラインとアイシャドウが混じらないように、アイラインを先に引いてから重ねないようにアイシャドウを塗ることが多いでしょうが、あえてアイシャドウを重ねることでにじみにくくなります。

これはアイシャドウのパウダー成分がアイラインのカバーになることを目的とするものであり、アイラインを塗った後にアイシャドウを重ねて塗ることで普段よりもアイラインを落ちにくくすることができます。

アイライナーコートを使おう

アイラインを落ちにくくするために、専用のメイクアイテムを活用する方法もあります。アイライナーコートはアイラインを塗った後に重ね塗りすることによって、アイライナーをコーティングして油分や水分の影響を受けにくくするものです。

アイラインを引き終えた後にアイライナーコートを塗ると格段ににじみにくくなります。朝メイクして夕方までメイク直ししなくてもパンダ目になることはありません。100均などのプチプラコスメでリーズナブルに購入できるのも魅力です。

目のキワは細めに目尻はしっかりめに引く

目頭や黒目の上の部分は、目のなかでも動きが激しく皮脂分泌も盛んであるため、その部分にアイラインをしっかりと塗ると崩れやすくなります。また、涙袋がはっきりとしているひとや一重まぶたの人は、目頭からくっきりとした太いラインを引くとぼやけやすくなります。

アイラインの使い方の基本であるまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引き、目尻のみはっきりとしたラインを引くと目元の存在感を適度に強調することができるだけでなく、アイラインが落ちにくくなります。涙の影響を受けやすい目の際は細いラインにとどめておくこともポイントです。

おすすめ商品

アイライナーには、リキッド、ペンシル、パウダー、ジェルなどのテクスチュアに違いによってさまざまな種類があり、発色や吸着性、ナチュラル系やビビット系などによって自分に合ったものを選ぶことができます。しかし、一番の問題はせっかくのアイメイクがにじんだり落ちたりしてしまうことです。

皮脂や水分などが原因でアイラインがヨレたりにじんだりすることになるため、防水加工が施されたウォータープルーフタイプのアイライナーはアイラインを長持ちさせるために効果的です。そこで、ネットでも人気のウォータープルーフタイプのアイライナーを紹介します。

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック

ヒロインメイクSP スムースリキッドアイライナースーパーキープ01/漆黒ブラック 0.4ml (お湯落ちタイプ)

肌への密着性が高いだけでなく、涙や汗、皮脂にも負けずに美しいアイラインを長時間キープすることができます。0.1ミリの極細筆を採用しており、細いラインや目尻のハネも自由に描くことができるため、アイライナーに慣れていない方、不器用な方にもおすすめです。

深い漆黒でツヤのある目元を演出することができ、染料が使用されていないため肌に色素沈着する心配もありません。にじみにくく落ちにくいウコータープルーフタイプのアイライナーでありながら、クレンジングはお湯だけでOKという扱いやすさも人気の秘密です。

ミゼルエディリキッドアイライナーSWPブラック

ミゼルエディリキッドアイライナーSWPブラック

汗や水に強く発色、吸着性に優れているだけでなく摩擦にも強いため、水に濡れたりこすったりしてもアイラインが落ちることがありません。発色抜群のリキッドタイプのアイライナーでつけてすぐに乾くのでアイメイクの時間短縮にもなります。

3種類の保湿美容成分が配合されているため、アイラインによる肌トラブルをしっかりと防いでくれます。また、0.1ミリの極細筆を採用しているため、1本1本くっきりとしたラインを引くことができるのも魅力です。肌に優しいカーボンブラック採用で肌に優しいのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

アヴァンセ ジョリエ ジョリエ ブラック(リキッドアイライナー) ウォータープルーフ

独自処方の高分子ポリマーが配合されており、涙や汗でにじむことがなくいつまでも艶やかな目元をキープすることができるアイライナーです。カーボンブラックを採用しているため、色素沈着が心配なインサイドラインにも安心して使用することができます。

0.1ミリの極細毛でありながらしっかりとしたコシがあるブラシであるため、初心者にも最適。速乾性に優れているためすぐに重ね塗りすることもできます。1日中美しいアイラインをしっかりとキープしてくれる密着性に優れていますが、手持ちの洗顔フォームで簡単に落とせるというのも大きな魅力です。

まとめ

可愛らしいたれ目、小悪魔的なキャットライン、切れ長クールビューティ、などなりたい目元に限りなく近づけてくれるアイライナーは、アイメイクに欠かせないものです。しかし、目元は皮脂や水分、汗などの影響を受けやすい部分でもあり、時間とともにアイラインがにじんだり落ちたりして無残なパンダ目になってしまうこともあります。

アイライナーは、つける前にちょっとした下準備をしておくこと、いつもとはメイクの順番を変えてみること、ラインの引き方やアイシャドウ、フェイスパウダーと併用することなどによって、落ちにくくすることができます。ちょっとしたポイントやコツを知って、いつものアイライナーで1日中持たせられるようにしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.