感動・泣き

リキッドアイライナーの選び方とアイラインの描き方

投稿日:

メイクのなかでも顔の印象を左右するアイメイクはとても重要なものです。なかでも、ラインの太さや引き方によって、たれ目メイク、つり目メイク、切れ長目メイクなどが自在にできるアイライナーは、魅力的な目元を演出するための必須アイテムと言えるでしょう。

アイライナーには、ペンシル、パウダー、ジェルなどの種類がありますが、なかでも発色がよくくっきりとしたラインが長持ちするリキッドアイライナーに注目が集まっています。そこで、リキッドアイライナーの特徴や選び方、目の形状別のラインの描き方などについて解説します。

リキッドアイライナーの特徴は?

アイライナーにはテクスチュアや筆先の形状の違いなどによってさまざまな種類があります。初心者向きのアイライナーもありますが、使い慣れるのに少し時間がかかるものの発色や吸着性に優れたリキッドアイライナーは高い人気があります。

汗や皮脂、涙などによってヨレたりにじんだりすることの多いアイライナーのなかで、描かれた美しいラインが落ちることなく長持ちすることも人気の理由です。そこで、リキッドアイライナーの特徴やメリットについて説明します。

細い線も太い線も描ける

さまざまな種類があるアイライナーのなかで初心者向けとされているのがペンシルタイプです。鉛筆のように削り出すタイプとカートリッジ式繰り出しタイプがありますが、いずれにしてもまぶたに触れる先端部分の太さは決まっているため、太いラインを描きたい場合には塗り重ねる必要があります。

リキッドアイライナーの筆先はフェルトや筆ペンのような形状になっており、筆の角度や押し付ける力加減を調節することで細い線でも太い線でも自在に描くことができます。

しっかりしたラインが描ける

リキッドアイライナーの最大の特徴は、発色、吸着性に優れているため肌とのコントラストを明確にしながら、はっきり、くっきりとしたラインを描くことができるという点にあります。

まつ毛が密集しているように多く見せることができるとともに、目のフレームをしっかりとしたラインで縁取りすることができるため、目を大きく見せることが可能です。

発色がよい

リキッドアイライナーはその名の通り液体のアイライナーであるため、艶やかでくっきりとした発色が大きな特徴となります。

ぼんやりとした柔らかな目元ではなく、キリッとした目元を演出するのに向いています。また、速乾性や吸着性に優れているため、すぐに重ね塗りすることができることからさらに艶やかな目元をつくることができます。

リキッドアイライナーの選び方

リキッドアイライナーは、発色や吸着性がよく、汗や涙によってにじんだり落ちたりしにくいことで知られています。また、肌とのコントラストをはっきりつけることができるためくっきりとしたラインを引くことができます。

リキッドアイライナーには、筆先の形状や防水効果の有無、美容成分配合の有無などによってもさまざまな種類があります。そこで、リキッドアイライナーを選ぶ際にポイントとすべきことについて説明します。

フェルトタイプと毛筆タイプがある

リキッドライナーの筆先にはフェルトタイプ、毛筆タイプがあり、それぞれに特徴があります。フェルトタイプのものは筆の先端が割れないため常に一定した太さのラインを引くことができます。また、硬めなので線がぶれにくく特に一重まぶたの方に向いています。

筆先が毛筆タイプのものは、筆の角度や押し付ける力加減によって細い線、太い線を自在に描くことができます。目の際の細いラインや目尻の跳ね上げラインを描くのにも向いており、初心者でも扱いやすいという特徴があります。

落ちにくいウォータープルーフがおすすめ

アイラインは、汗や涙、油分などの影響を受けやすい目元に使用するため、にじみやすく知らない間にパンダ目になってしまうことがあります。

ウォータープルーフタイプであれば水分や油分にも強いため、1日に何度もメイク直しする手間を省くことができます。オフするのに専用のクレンジング剤が必要なタイプとお湯だけで落とせるタイプがあり、使い勝手で選ぶこともできます。

美容成分配合のものを選ぼう

目元のなかでもまぶたは特に皮膚が薄くデリケートな部分です。化学成分が配合されたコスメや摩擦などによって肌トラブルが起きやすい場所であり、アイメイクアイテム選びは慎重に行う必要があります。

アイラインは他のメイクアイテムと同様に朝ラインを引いて夕方オフするものです。毎日繰り返される作業であり、デリケートは肌をいたわるためにはヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が配合されたアイライナーを使用した方がいいでしょう。

目の形別アイラインの描き方

アイラインの基本的な引き方については、ネットや雑誌でさまざまな情報が提供されています。それだけ自分の顔に合ったアイラインの引き方に不安があるという女性が多いのでしょう。

同じリキッドアイライナーを使用するにしても一重、二重、奥二重の違いによってラインの描き方は変えなくてはなりません。そこで、目の形状別のアイラインの描き方のコツについて説明します。

一重

一重の方は、目のフレームがはっきりとしないため目元がぼやけてしまいがちです。まぶたの重さでまつ毛の生え際が埋もれてしまうことも多く、細いラインだけではパッチリとした目元がつくれないこともあります。

まつ毛とまつ毛の間をしっかり埋めてフレーム取りをすることとともに目尻を強調したラインを描くことが必要です。また、ブラックは引き締め効果があることから目がさらに小さく見えるため、ブラウン系を選んだ方がいいでしょう。

奥二重

奥二重は、二重のラインがまぶたに埋もれて見えない形状であるため、一重と同じように目元がぼんやりとなりやすいという特徴があります。

二重のラインの溝を埋めるようにアイラインを引くと二重が完全につぶれてしまうため、二重の幅いっぱいに引かないこと、また、目の際を細めに、目尻に向かっては太く長いラインを描くようにすると二重を強調することができるでしょう。

二重

二重の方はアイラインがはっきりしているため、アイラインで盛ることよりもアイラインを使用することできつい目元にならないようにすることの方が大切です。

特に二重の間の溝を埋めてしまうとアイラインを強調し過ぎて、きついイメージになってしまうため注意が必要です。まつ毛の間を埋める、目の際に細く描くというアイラインの基本だけ守っていれば魅力的な目元をつくることができるでしょう。

おすすめ商品

さまざまなアイライナーのなかでもリキッドタイプのアイライナーは、発色がよく水分や皮脂の影響を受けてヨレたりにじんだりすることがないと評判です。

そこで、ネットでも人気となっている美しいラインを1日中キープできるウォータープルーフタイプのリキッドアイライナーをいくつか紹介しましょう。

amoore アイライナー リキッドアイライナー 防水 ブラック

amoore アイライナー リキッドアイライナー 防水 ブラック

0.1ミリという超極細の筆先が大きな特徴で、ただ細いだけでなくしなやかで程よいコシがあるため、細い線から太い線まで自在に描くことができます。まつ毛の間を埋めるのにも目尻に跳ね上げラインをつくるのにも扱いやすく、初心者でも失敗が少ないアイライナーと言えるでしょう。

汗や皮脂、涙などでにじむことがないウォータープルーフタイプでありながら、お湯で簡単に落とせるので目元に負担をかけることもありません。また、つけるたびに美容成分でケアできるのも魅力です。

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー BK999 0.5mL

扱いやすい筆ペンタイプのリキッドアイライナーで、繊細なラインでもくっきりとしたラインでも自在に描くことができます。筆先が細いだけでなく適度なしなりやコシがあるため、太いラインを描くのも簡単です。

速乾性や吸着性に優れているため、ラインを引いて瞬きをしてもヨレることがなく、重ね塗りも素早くできます。涙や皮脂、油分などでにじんだり落ちたりすることがなく、普段使っている洗顔フォームなどで簡単に落とすことができるのも大きな魅力となっています。

DASODA リキッドアイライナー(ブラウン)0.55ml

DASODA リキッドアイライナー(ブラウン)0.55ml

ナチュラルメイクや柔らかく優し気な目元を作る際にぴったりなブラウン系のリキッドアイライナーです。ブルー顔料を隠し味として配合しているため、印象的できれいな瞳に見せることができます。

しっかりとした発色と濃さ、そして長持ちすることでも定評があります。速乾性、吸着性に優れており、朝から夜までつけていてもにじんでパンダ目になることもありません。また、ウォータープルーフタイプなのにお湯だけで簡単にオフすることができます。

まとめ

女性の顔を魅力的に演出するアイメイク。特にパッチリとした大きな瞳や訴えかけるような目力のある目元は男性にも受けがいいものでしょう。顔全体のイメージを左右するアイメイクのなかでも特に重要な役割を果たすのがアイライナーです。

ペンシルタイプやパウダータイプなどさまざまな種類がありますが、なかでも発色や吸着性に優れ、1日中にじんだりヨレたりすることのないリキッドアイライナーは人気となっています。選び方のポイントや基本的なラインの引き方を知って魅力的な目元を演出しましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.