感動・泣き

美白成分を把握すると自分に必要な成分がわかる!

投稿日:

美白成分はある程度知っておくことで、自分の肌が必要としている成分が分かるのではないでしょうか。人気の美白成分などのご紹介です。また美白成分を上手に取り入れる方法もご紹介しています。

美白成分の摂り方

乳液で肌から摂り入れる

美白を意識している人にとって、美白成分配合の化粧品はスキンケアには欠かせません。しかしその人の肌の状態によって、どのように美白成分を体内に吸収させるかはさまざまな方法があります。その中でも特に肌の乾燥が気になる人の場合、スキンケアでも乳液やクリームはとても重要です。

肌からの水分の蒸発を防ぐために、肌のふたをすることが必要であり、乳液やクリームはそのふたの役割を十分果たしてくれるのです。特にクリームはべたつきが気になるという人は乳液にしっかり美白成分が含まれているものを使用しましょう。もちろん化粧水からクリームまですべてに美白成分が入っている場合はもちろんベストです。

しかしすべてに配合されていなくても、乳液にしっかり配合されたものを使用すれば、美白効果はしっかり発揮されます。ただしオールインワンの場合は1つだけなので、そこにしっかり美白成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

サプリメントで体内に美白に必要な成分を摂り入れる

また、強い紫外線にあたる機会が多い夏や、1年中紫外線ケアをしっかり行いたい人、なかなか頑固なシミやくすみを何とかしたい人などの場合は、化粧品から美白成分を肌から吸収させるだけではなく、体の中からしっかり美白成分を取り入れると、より効果が高まります。

そのため強力な抗酸化パワーを持つ食品や、ビタミンCを含む食品を大量に食べることが必要となります。しかし食生活の中でそこまで十分の美白成分摂ることは難しいのが現実です。そのためサプリメントを上手に利用して、しっかり体内から美白ケアをしていくことも考えてみましょう。

化粧水やお風呂の入浴剤などで間接的に肌に美容効果

美白のためには、美白を意識したスキンケアやサプリを利用したいものです。しかしあまりスキンケアをしっかり行わない人、サプリをわざわざ飲むようなことはしたくないという人もいます。そのような人はできるだけ紫外線に当たらないように、紫外線を意識した生活をすることとともに、洗顔後には美白成分の配合された化粧水を使用したいものです。

しっかり美白効果が配合されている化粧水なら、それだけでも美白効果があります。ただし、使用したらすぐに効果が出るというものではありません。長く使うことで、肌のくすみやシミがだんだん薄くなります。また顔だけでなくデコルテや足、腕など紫外線の影響はいろいろなところに影響を及ぼすものです。

そこでお風呂に入れる入浴剤にも、美白成分が配合されているものを選べば全身で美白ケアができます。

クリームを塗って肌に即効性

できるだけシミやくすみを消したい、すぐに効果を感じたいという人は、化粧品の中でもクリームの使用をおすすめします。肌の角質層が荒れることで、肌の中の水分が蒸発しやすくなり、ますますシミやくすみはひどくなってしまうのです。クリームはそんな荒れた肌にふたをするようなもの。

しっかりふたをすることで肌内の水分の蒸発を防ぎ、乾燥肌を改善していきます。クリームでふたをされた肌は水分量が高まり、化粧品に配合された美白成分がしっかり肌細胞内で効果を発揮していくため、美白効果は早く見られるようになるのです。

美白成分を詳しく紹介

カモミラETでシミの元が作られることを防止

カモミラはハーブとして人気の植物で、効果は鎮静やリラックスというもので、心の安定も図ります。カモミラETは別名カミツレエキスとも言われており、花王の研究所によってカモミラから開発された成分なのです。そしてメラニンの生成を抑制する効果があり、高い美白作用が注目されています。

紫外線や何かの炎症などにより、メラノサイトという細胞がメラニン色素となりますが、これが定着してしまうとシミやくすみとなって、なかなか消えにくくなってしまいます。もちろん肌の再生によって、これらのシミは少しずつ排出されていきますが、大量にできてしまったメラニンはずっと残ってしまいます。そのためシミは予防が重要なのです。

メラノサイトからメラニン色素が生成されるときに、ケラチノサイトという物質がメラニン色素つくれというメイレイを送ります。この情報伝達にかかわるエドンドリセンという物質を抑制する効果がカモミラETにはあり、メラニン色素の生成を抑えることができるのです。

プラセンタエキスで新陳代謝を正常にして血行を良くする

プラセンタエキスは胎盤エキスのことですが、胎盤には小さな小さな胎児があっという間に赤ちゃんになるという、その驚異的な成長を支えている栄養素がすべて含まれている素晴らしいエキスとも言えるのです。そのため血行をしっかり高め、新陳代謝も高めてくれます。それによってシミやくすみも早く解消するようになるのです。

そしてプラセンタエキスにはもう一つ、メラニンが生成されるときに不可欠なチロシナーゼという酵素を抑制する働きもあるのです。つまりシミやくすみの予防と改善の両面からしっかり働いてくれるのです。

トラネキサム酸は炎症を抑える

トラネキサム酸はもともと喉の痛みなどを改善するために処方されていた薬品ですが、実はシミ治療にも使用されるようになりました。トラネキサム酸はメラニン色素となるメラノサイトという細胞を抑制する働きがあるのです。

またメラノサイトからメラニン色素がつくられるときにプロスタグランジンという成分が必要となりますが、この成分を抑制する働きもあるのです。そのためダブルでしっかり紫外線などによるシミ、くすみをつくらないように働きます。

ビタミンC誘導体でメラニンの生成プロセスを抑制

ビタミンCはコラーゲンの生成促進効果もあり、美肌ビタミンとも言われるほどの高い効果が期待されています。その上美白効果も知られています。体内でメラニン色素がつくられるときに必要となるチロシナーゼという酵素を抑制する働きがあるのです。それによってメラニン色素を減らすことができ、シミ、くすみの予防効果があるのです。

美白成分を含んだ乳液

DHC 濃密うるみ肌 薬用美白乳液 本体150ML

DHC 濃密うるみ肌 薬用美白乳液 本体150ML(医薬部外品)

美白ケアのための乳液「DHC 濃密うるみ肌 薬用美白乳液 本体150ML」。美白成分であるトラネキサム酸の効果を実感したい人におすすめです。他にもパワーヒアルロン酸やディープヒアルロン酸という2種類のヒアルロン酸配合で保湿も万全。他にも天然美白成分も配合。しっかり美白ケアをしたいと思っている人のための乳液です。

 

なめらか本舗 薬用美白乳液

なめらか本舗 薬用美白乳液 150ml

豆乳イソフラボンの効果をしっかり実感できる「なめらか本舗 薬用美白乳液」。豆乳イソフラボンによってしっとり、ふっくらした肌をつくります。また高純度アルブチンとの組みあわせでシミやくすみケアもバッチリです。無添加にもこだわっているので安全性の高い薬用美白乳液となっています。

 

肌研(ハダラボ) ヒアルロンUV 薬用美白乳液

肌研(ハダラボ) ヒアルロンUV 薬用美白乳液 38mL (医薬部外品)

UVカット作用、化粧下地、保湿効果、美白効果と4つの働きが詰まっている「肌研(ハダラボ) ヒアルロンUV 薬用美白乳液」。ビタミンC誘導体でシミ、くすみ予防、改善効果、ヒアルロン酸で健康肌をつくります。1年中紫外線ケアをしたい人にぴったりの美白乳液です。

 

肌研 白潤 薬用美白乳液

肌研 白潤 薬用美白乳液 140mL

美白、保湿でしっかりケアする「肌研 白潤 薬用美白乳液」。ヒアルロン酸、ナノ化ヒアルロン酸などさまざまな保湿成分と、アルプチンビタミンCリン酸Mgなどにより、徹底した保湿と美白を行います。

 

まとめ

さまざまな美白成分がありますが、それらをバランスよく配合したケア商品を上手に取り入れることで透明感のあるくすみのない肌をつくることができるはずです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.