感動・泣き

おすすめの乳液と選び方!自分の肌質をチェックしてぴったりのものを選ぼう!

投稿日:

化粧水でお肌を保湿ケアした後に、お肌のフタをする目的で利用されることが多い、乳液。乳液はこのように、化粧水の後に行うスキンケアとして非常に重要な役割を持っており、乳液のケアを怠ると、すぐに化粧水が蒸発、化粧水にかけた時間が無駄になってしまうんです。

乳液には様々な種類がありますので、自分に合っている乳液を選ぶ事が大切。乳液は肌質によっても使うべきアイテムが異なりますので、色々と比較をして、使うアイテムを選ぶと良いでしょう。おすすめの乳液と合わせてご紹介します。

乳液について

皮脂が多いなら乳液が必要

皮脂量が多く、日頃から顔がテカることが多いという場合は特に、乳液は欠かせないアイテムです。乳液では逆にお肌がテカるのでは無いかと思われがちですが、それは反対。乳液によってしっかり保湿ケアをまとめないと、お肌から水分がどんどん失われていき、お肌を保湿しようと勝手に皮脂が分泌されるという、負の連鎖に陥るのです。

皮脂量が多ければ多いほど、インナードライ肌、乾燥肌の可能性が高いため、根本的なスキンケアの見直しが大切です。スキンケアをする際には化粧水だけでは無く、キチンと乳液を使って、皮脂量をコントロールする事が重要になります。乳液のべたつきが気になって使わないという方もいますが、乳液によっては、化粧水と同じようにサラッと使えるタイプもありますので、皮脂量をコントロールするためには欠かせません。

美容液とは含まれている成分も油の量も違う

乳液は美容液と同じに捉えられることもありますが、それは大きな間違いです。乳液と美容液に含まれて居る成分が違う事はもちろん、そもそも美容液と乳液では、油脂量も全く異なりますので、色々と比較すると、全く違うアイテムであるということが一目瞭然と言えるでしょう。

例えば美容液の場合は、コラーゲンやヒアルロン酸などを始め、各種美容液成分が配合されており、お肌に浸透しやすいよう、サラサラのテクスチャーになっている事がほとんどです。とろみのある美容液もありますが、基本的には美容液成分がキチンとお肌の奥まで届くように、余計な成分は一切加えず、皮脂量も少ない傾向にあります。

反対に乳液の場合は、基本的な目的が、化粧水を閉じ込めるためのフタとしての役割、肌の表面に潤いを与える役割を担っていますので、そこまで美容液成分にこだわりがありません。美容液成分が配合されているタイプももちろんありますが、そもそもの目的が異なりますので、肌にしっかりと密着するように、油脂の量も多めに作られていることがほとんどです。

美容クリームとの違いは油の違い

美容クリームと乳液も、同じアイテムと思われることがほとんどです。確かにどちらも基本的な目的は、潤いを閉じ込めることにありますが、クリームタイプと乳液は、そもそものテクスチャーが全く異なりますので、違うということは簡単に分かるでしょう。

美容クリームはその名の通り、クリーム状になっているスキンケアアイテムですので、お肌によりぴったりと密着できるように、油の量が多めに含まれています。べたっとするタイプも多く、塗っていますと主張するタイプが多いのも特徴です。

反対に乳液の場合は、クリームに比べると油の量が少なく、あくまで液体状のスキンケアアイテムです。さらさらとこぼれ落ちるタイプも多く、手のひらを使って染みこませるように使う事で、やっとお肌に密着できるタイプも多いでしょう。クリームに比べると気軽に使える、べたつきが少ないタイプですので、べたつきを避けたい方にはおすすめのアイテムです。

メイクの代わりにもなる

乳液にはいくつか種類がありますが、下地に使える乳液の場合、メイクの代わりとして利用可能です。肌色のテクスチャーとなっており、化粧下地として、BBクリーム感覚で使えるアイテムもあるでしょう。中には日焼け止め成分が含まれている乳液もありますので、ちょっとお出掛けをする際には、そうしたアイテムを塗るだけでも、見た目の印象が全く異なります。

すっぴんで出かけるよりも、キチンと潤いを補給しながら、お肌も紫外線やホコリなどから守りながらお出掛けを出来るタイプが、メイクの代わりになる乳液です。商品によっても異なりますが、クレンジングをせずとも通常の洗顔で落とせるタイプもありますので、気軽に使える点が魅力として重宝されています。

乳液の効果について

肌を柔らかくする効果がある

乳液は使う事で、固まったお肌をほぐして柔らかくする効果がありますので、化粧水の後、必ず利用する事が大切です。肌が固まっている状態は、お肌の老化を進めるだけでは無く、肌トラブルが起きやすくなる傾向にありますので、お肌の柔軟性を高めるためにも、乳液を丁寧に使うように心がけましょう。乳液によっては、保湿成分も豊富に含まれて居るタイプがありますので、これ1つでスキンケアが完了する、と言うようなアイテムもあります。

紫外線を防ぐ

UVカット機能のある乳液の場合は、日焼け止め感覚で利用できますので、紫外線を防いで、日焼けを防止する効果があるでしょう。乳液によっても種類が異なりますので、UVカット効果のある乳液を1つ持っておくと、何かと便利に活用出来ます。少しお出掛けをするタイミングなどでも、こちらを塗っているか塗っていないかで、お肌へのダメージが全く変わるでしょう。

肌のキメを整えてくれる

化粧下地として使えるタイプの乳液の場合は特に、お肌のキメを整えて、それだけですっぴん風メイクの肌を完成させることも出来ます。商品によっても異なりますが、BBクリーム感覚で使えるタイプも多く、手軽にシミやソバカス、クマなどの肌トラブルを抑えて行くことが特徴です。大量に塗ることが無くとも、肌のきめを細かく整えてくれるでしょう。

水分を閉じ込めて肌の潤いを保つ

保湿乳液の場合は、化粧水の後に行うスキンケアアイテムとして、欠かせない存在です。化粧水だけでは簡単に蒸発してしまいますので、化粧水が蒸発する前に乳液を使う事で、キチンとお肌にフタをして、潤いを閉じ込め、潤い溢れる健やかな肌にする事が出来るでしょう。スキンケアの要と言っても過言ではありませんので、化粧水と乳液は、必ずセットで行う事を忘れないことが大切です。

肌質で考える乳液

ニキビ肌にはリチルリチン酸2Kを配合してあるものを選ぶ

ニキビ肌をどうにかしたいという場合は、リチルリチン酸2Kの成分が配合されている乳液を選ぶ事がおすすめ。こちらの成分は非常に高い抗菌作用、殺菌作用、抗炎症作用がありますので、ニキビで荒れてしまったお肌に効果を発揮し、ニキビに負けない健やかなお肌を作っていくでしょう。毎日利用する事で少しずつ効果を発揮し、再発するニキビやニキビ跡を改善していく働きが期待出来ます。

乾燥肌や敏感肌には無添加がおすすめ

乾燥肌や敏感肌の方の場合は、少しの刺激でかゆみが出たり、肌が赤くなってしまいますので、無添加のアイテムを使う事が大切です。乾燥肌や敏感肌の方に最も重要なのは、低刺激。アルコールや香料などの添加物は非常に刺激が強いため、こうしたデリケートはお肌の方には不向きな成分なのです。出来るだけ無添加の乳液を選ぶ事で、肌に負担無く、潤いだけを残して使う事が出来るでしょう。

また、敏感肌と乾燥肌の方は、いかに潤いを肌に補給できるかどうかも、肌質改善に大切なポイントです。刺激が少ない無添加タイプのアイテムを使う事はもちろんですが、保湿力が高いアイテムを合わせて活用することで、少しずつお肌に潤いが与えられ、気がついた時には肌質が改善している可能性があります。

混合肌には保湿効果の高いものを選ぶ

混合肌に悩んでいる方におすすめなのが、保湿効果の高い乳液になります。混合肌の方は、お肌の表面はテカリがある脂性肌状態ですが、お肌の内側は水分が足りていない乾燥肌状態です。そもそもお肌の表面ばかりテカる原因は、お肌の内側がお肌を潤わせようとして、皮脂を出すことが原因ですので、内部を保湿すれば解決していきます。

混合肌の場合は特に、保湿が重要なポイントです。超保湿タイプ、ちょうしっとりタイプなどを使ってちょうど良い場合も多いので、商品を比較して、成分を比較して、保湿を重視して乳液を選びましょう。

オイリー肌にはさっぱりタイプ

オイリー肌の場合は、潤いが足りている物の、皮脂が出て肌がテカっているタイプですので、潤いを与えすぎると、更にべたつく恐れがあります。潤いを与えながらもべたつきがほとんど無い、さっぱりタイプの乳液を使う事で、徐々にお肌のバランスが整い、オイリー肌を改善できるでしょう。

オイリー肌と混合肌は一見見分けが付きにくいですが、専門家に診断をしてもらえれば、簡単に肌質チェックを出来ます。乳液を選ぶ際には自分の肌質を知ることが必要不可欠ですので、自分の肌質が分からないという場合は、一度専門家に診てもらう事も1つの方法です。

乳液の選び方に関して

保湿成分が配合されているものを選ぶ

保湿成分が配合されている乳液を選ぶ事で、お肌の表面にもしっかりと潤いを与えながらスキンケアが出来ます。保湿成分には色々な種類がありますが、肌質に合わせて保湿成分の配合されたアイテムを使う事で、自然と潤い溢れる素肌に導くことが出来るでしょう。お肌によっては合わない保湿成分もありますので、成分をよく比較することが大切です。

また、保湿成分は大量に配合されていれば良いかというと、そんな事はありません。保湿成分にも色々とあり、大量に入って居ると、それぞれの成分の相性が悪く、あまり望んだ効果を手に入れられないという場合もあります。保湿成分が大量に入っているタイプを選ぶというよりも、どんな保湿成分が入っているのか、配合されている保湿成分の質を、それぞれ比較して見ることが大切です。

継続性を維持するために価格の安いものを選ぶ

乳液は毎日使う物ですので、高すぎて購入できないとなっては意味がありません。家計を苦しめない程度の価格のアイテムを選ぶ事で、無理せず続けられますので、含まれている成分や効果以前に、継続して使う事が出来るかどうかを念頭に置いて、商品比較を行いましょう。

同じ乳液でも、購入する場所によって値段が異なります。ネットやドラッグストア、購入できる場所の選択肢が増えているからこそ、出来るだけ安い物を買う為に、時間をかけて商品比較することが大切です。全く同じ商品が、購入する場所に違いによって、倍以上の金額差で販売されていることもあります。

油分が少なめのものを選ぶ

乳液は多少油分が含まれているくらいの、油分が少ないさっぱりと使えるタイプを選ぶ事がおすすめです。油分が多く含まれていると、肌がべたつき、肌のストレスに繋がります。肌トラブルに繋がることも多いため、特にこだわりが無い場合は、油分が少なめの乳液を選ぶ事がおすすめです。

乳液でおすすめな商品を紹介

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) とてもしっとり

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) とてもしっとり [医薬部外品]

ソフィーナグレイスから発売された、高保湿乳液です。その名の通りとてもしっとりした保湿力が魅力のアイテムで、高い保湿力を持ちながらも、美白有効成分配合で、透明感のある素肌へと導いてくれるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

ソフィーナグレイス 高保湿UV乳液(美白)しっとり SPF50+ PA++++

ソフィーナ グレイス 高保湿UV乳液<美白>SPF50+ PA++++(しっとり)+ソフィーナグレイス化粧水美白ミニ付 [医薬部外品]

SPF50+、PA++++という、最強のUV効果を持つアイテムで有りながら、乳液として潤いを与える事が出来る商品です。ソフィーナグレイスから発売されたアイテムで、50代からの素肌を若々しく、美しく導くとして、中高年に特に人気のアイテムになります。

 

d プログラム バイタルアクト エマルジョン R

d プログラム バイタルアクト エマルジョン R (薬用乳液) 100mL 【医薬部外品】

乾燥によってお肌のシワやハリが気になると言う方におすすめの、医薬部外品乳液です。薬用乳液として非常に高い保湿力を持ちますが、敏感肌の方でも使えるように、成分にこだわりを持って作られていますので、安心して使う事が出来るでしょう。使い心地滑らかなエアリーミルク処方で、他の乳液とはひと味違ったさわり心地が魅力です。

 

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) しっとり

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) しっとり [医薬部外品]

ソフィーナグレイスから発売されている、高保湿乳液です。美白効果が非常に高い医薬部会品として重宝されており、しっとりとした保湿力のみならず、使い続ける事で、肌のくすみを無くし、ぷるぷるのハリのある素肌へと導いていく点が特徴です。

 

まとめ

乳液は同じようにみえて、それぞれ成分や油分、価格なども全く異なります。肌質に合わせたアイテムを選ぶ事ももちろん大切ですが、どんなに優秀なアイテムでも、高すぎて続けられなければ意味がありませんので、出来るだけ価格帯も念頭に置きながら、使うアイテムを選びましょう。

また、美容クリームと乳液、美容液と乳液は、同じに見られがちですが、全く違う物です。片方つければOKと言う事では無い場合も多いため、それぞれの効果が効能をよくチェックした上で、利用するアイテムを選ぶ事が重要です。もちろん、それ1つで事足りると言うようなオールインワンタイプもあります。そう言ったタイプの場合は、重ね塗りなどすると反対に肌トラブルに繋がってしまう恐れがありますので、重ね塗りなどしないように注意しましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.