感動・泣き

シミに効く化粧水の美容成分を紹介!選びかたとおすすめ商品

投稿日:

シミに悩む人は多いです。何とかならないものか考えてみますと、効果的な成分がある事が分かりました。そこで、その成分を使ったシミに効く化粧水の選び方やおすすめの商品をご紹介します。シミに悩む皆さま、シミを作りたくない皆さま、ご参考になさってください。

シミに効果的な成分

アルブチン

アルブチンはチロシナーゼの働きを抑えてメラニンが黒色化するのを防ぐという美白効果がありますので、様々な美白化粧品に使われている成分です。実はこのチロシナーゼが問題で、日焼けの原因になります。というのも、メラニンが酸化し黒色化してしまうと、日焼けの原因になるからです。

また、アルプチンは美白効果の他にシミ対策にもなります。しかし、シミがすでにできてしまっているという場合は、消すことはできませんが、それ以上濃くならないようにシミの生成を抑えるという事は出来る様です。

トラネキサム酸

シミの原因となるのは主にメラニンですが、トラネキサム酸はこのメラニンの生成を抑える働きがあり、ここのところ注目されています。例を挙げますと、そばかす、肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着という種類のシミに効果があるようです。このようなことから、トラネキサム酸はこういったシミに悩む人にとっては有り難い成分といえます。

シミのできるメカニズムとトラネキサム酸の働きについてお話しますと、まず紫外線を浴びると「メラノサイト」という細胞にメラニン色素生成の指令が出るのです。するとトラネキサム酸はこの段階で動きだし、「プロスタグランジン」というメラニン色素生成に関わる物質の働きを抑えますから、シミを予防します。

コウジ酸


コウジ酸は分子構造上肌に浸透しやすいので、メラニンの原因となる「メラノサイト」を直撃してメラニンができにくいようにすることが可能です。このようなところから、コウジ酸は美白化粧品に多く使われるのでしょう。どうも、このようにコウジ酸は安定したシミ対策の効力があるので、あらゆる美白成分の効果を見るための指標にもなっているそうです。

実はコウジ酸は日本古来に伝わる米麹から発見されました。それが1907年ですから、かなり昔のことです。そして、美白の研究が始まったのが1970年代で現在に至っています。その頃、お酒つくりの現場で働く杜氏の手がすべすべして白いということが話題になり、美白研究がスタートしたようです。

ビタミンC誘導体


ビタミンC誘導体とは、効酸化作用や美白などの効果のあるビタミンCが皮膚に浸透しやすくするために作られた成分です。そもそも、ビタミンCは成分自体がもろく壊れやすいので、そのままでは肌に浸透しにくい成分でしたが、ビタミンC誘導体が作られたために肌に浸透しやすくなり、美白効果のある化粧品等にも使われるようになったのです。化粧水には、水溶性のビタミンC誘導体が使われています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはアルプチンやその他の美白成分と比べると、10~100倍の効果があります。それでも、薬事法が規制緩和になった2001年まで使われなかったのは酸素や光や熱に対して弱いためでしたが、研究が積み重ねられて使えるようになりました。肌の刺激も少ない画期的な成分として、最近、注目されています。ハイドロキノンはイチゴ、麦芽、紅茶などにも含まれていますから、身近な存在でもあるのですが、化粧品の素材にするとシミ予防のみならず、シミを消す働きまで出来るようです。

プラセンタ

プラセンタには成長因子、ビタミン、ミネラルといった成分が含まれ、肌のターンオーバー(新陳代謝)を整えて、肌の潤いをサポートします。肌のくすみ、キメの粗さ、日焼けダメージがあるという人はプラセンタ配合の化粧品を使ってみると効果が期待できそうです。アンチエイジング効果にもなりますから、日焼けによるシミ対策にもおすすめできます。日焼けによるシミはうっかりとして作ってしまいがちですから、プラセンタを利用して気を付けるようにしましょう。

シミに効く化粧水の選び方

価格帯を継続しやすいものにする

余りに高い価格のものですと、継続できない可能性があります。家族がいる場合、何かとお金が掛かる時期でしょうから、自分のみに掛けられないと考える人もいるでしょう。そう考えますと、高価なものでなく、適切な値段のものにしておいた方がこの先も継続的に使えますから便利なのです。美白のための化粧品は数多くありますが、中には継続しないと意味ないというようなものもありますから、よくご注意ください。

美容にいい成分が含まれているか確認


どんな成分が入っているか、気にしておいた方が良いです。美容に言い成分が含まれていないとなると、買う意味がありません。お店で買う場合は原料をよく見る、インターネットショッピングならば、電話やメールで相談室に聞くと言った対策ができます。電話等で聞く場合は、きちんとメモを取りながら聞くと分かりやすく、聞き逃しがなくて良いでしょう。このように、どんな成分が入っているのか、美容にいい成分なのかということは気にしないと良いものが買えないかもしれません。

シミに効く化粧水を紹介

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水 170mL【医薬部外品】

顔全体に潤いを与えつつ、シミの対策ができる薬用美白化粧水です。高浸透のビタミンC誘導体がメラニン生成を抑えて、シミ、そばかすができないような対策をしてくれています。角質の奥まで染みわたるビタミンC誘導体で柑橘系の香りもさわやかで評判も上々です。日差しをたくさん浴びてしまったという時に使ってみると良いでしょう。すでにできてしまったシミでも薄くなるかもしれません。

ケシミン浸透化粧水 しっとりもちもち シミを防ぐ

ケシミン浸透化粧水 しっとりもちもち シミを防ぐ 160ml

こちらの化粧水は、顔全体にありそうなまだ見えぬ敵であるシミ予備軍に挑む薬用化粧水です。ヒアルロン酸配合なので、しっとりもちもちの肌になることは期待できそうな感じですが、それだけではありません。ビタミンC誘導体が肌の奥の角質層の奥まで行き、メラニンの生成を抑えるということもできます。とろみがあり、しっとりするのでしっかり保湿してくれる化粧水です。

その上にプチプラですから、買い求めやすいですし、持続も可能でしょう。こちらの商品が、シミ対策が気になる人に人気が高いのも頷けます。

フィス 美白 化粧水

フィス 美白 化粧水 「 しみ くすみ 用」「 プラセンタ + コラーゲン 配合」200ml

こちらは、プラセンタ、ヒアルロン酸3種類、コラーゲン2種類が配合されていますから、キメ細かい美肌を目指すのにはちょうど良いでしょう。また、シミ、そばかすをケアしますから、気にしている人にとっては有り難いことになります。この商品を利用してくすみのない透明感のある素肌を目指すのもありです。

10年先を見据えて、研究の末にやっとできた作った人自身が満足できる化粧水です。まずは使って2週間、様子を見てみてください。

maina

maina 美白 保湿 エイジングケア 化粧水 120ml 【 医薬部外品 】

美白、保湿、エイジングケアのできるmainaは化粧水、乳液、エイジングクリーム、エイジングケアピーリングジェル等があります。気になるシミ、そばかすにはmainaの商品がおすすめです。潤いたっぷりの透明感のある肌に変わったという喜びの声が続々と賭せられています。

気になるシミが減ったという人もいますので、シミが出来てしまった人もあきらめずにmzinaを使ってみてください。mainaはシミがあっても、良い方向に導いてくれます。

まとめ

女性にとって、特に気になるシミについての話でしたが、ご理解頂けたでしょうか。シミが気になる場合は、シミに良いという成分の入っている化粧品を使ってみると良いでしょう。シミがすでにできてしまったという人も、これ以上ひどくならないようにケアすればこの先、薄くなってくれそうです。

また、シミに良いという商品はプチプラの商品が多いのですが、きちんとした成分が入っているものであれば、安心して使えますし、この先も持続して使えます。しっかりとお手入れをして、シミ、そばかす対策を怠らないようにして下さい。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.