感動・泣き

美白乳液は自分の肌の環境に合っているものを選ぶことがポイント!

投稿日:

化粧水や美容液、クリームなど、美白効果のある化粧品は数多くあります。中でも美白乳液は人気があるアイテムですが、種類が多すぎて、どのように選べばよいのかわからないという方も少なくありません。

ここでは、美白乳液の商品の種類や、商品を選ぶ時に気をつけたいポイントについて、おすすめ美白乳液アイテムも交えて紹介したいと思います。いつも適当に選んでいるという方も、ポイントを押さえて自分の肌に合うものを選ぶようにしましょう。

美白乳液の種類

お肌のシミは、メラニンが過剰に分泌されてしまうことで発生してしまいます。その原因には、紫外線の影響、活性酸素による影響などが考えられます。その影響によってできてしまったシミを改善するために、美白効果の高い乳液を選ぶ必要があります。

美白を手にいれるためにも、しっかり確認しておきましょう。では、美白乳液の種類について見てみましょう。

美白乳液で美白に有効な成分を含む

美白を目的とするのであれば、美白効果のある成分を含む商品を選ぶ必要があります。美白効果のある成分は、メラニンを作る過程において抑制するものと、すでにできてしまったメラニンを薄くするもの、この大きく2種類に分かれています。

美白の敵、メラニンを作る過程で抑制する成分には、「アルブチン」「ハイドロキノン」「エラグ酸」「ルシノール」「カモミラET」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」などがあります。厳密には、すべて少しずつ異なる働きをするのですが、大きい目的としては同じです。チロシナーゼの働きを抑える、または分解させる働きがあり、黒色メラニンの生成を阻止してくれます。

できてしまったメラニンを薄くする成分には、「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」があります。ビタミンC誘導体は、壊れやすいビタミンCを誘導体にすることで安定させたものです。ハイドロキノンは、肌の漂白剤と称されるほど、美白効果が高い成分ではありますが、刺激が強いこともあり、市販の乳液には低濃度で配合されていることがほとんどです。この2つの成分は、できてしまったメラニンを薄くする効果に加えて、メラニンの組成を阻止する効果も備えていますので、美白になくてはならない存在であると言えます。

ティント乳液でベースメイクの効果を含む

ティント乳液とは、通常の乳液の成分に、ベースメイクの成分がプラスされたものをいいます。そのため、色は乳白色ではなく、うっすら肌色がついたものが多く、化粧品の刺激からお肌を保護したり、化粧品のノリや持ちをよくしてくれます。

UV乳液で紫外線をカットする効果を含む

UV効果のある美白乳液は、通常の乳液の成分に、紫外線をカットする成分や、メラニンの合成を抑える成分がプラスされているものをいいます。肌トラブルの元である紫外線をカットし、美白成分が配合されていますので、肌トラブルを防ぎながら、しっかり紫外線からも守ってくれる働きがあります。乳液というよりは、日焼け止めのイメージが強い商品が多く、保湿乳液よりは、保湿効果が若干弱い傾向にあります。一般的に、日中の紫外線対策用に使われる化粧品になります。

保湿乳液で肌の保湿優先

通常、「乳液」と呼ばれる商品は、「保湿乳液」のことを意味しています。油分と保湿成分を中心に作られているため、肌の保湿と美白ケアを両方叶えてくれる乳液となります。化粧水の後、お肌にふたをして水分の蒸発を防ぎますので、肌のみずみずしさを1日キープしながら、ハリと弾力のあるお肌へと導いてくれます。

透き通るような美しい肌を目指すのであれば、お肌に水分蒸発を防ぐためのふたをするために、夜のスキンケア後に使用する乳液を美白乳液にすることをおすすめします。朝のスキンケアに関しては、好みでUV乳液や、ティント乳液を組み合わせるとよいでしょう。

美白乳液を選ぶ時のポイント

美肌乳液を選ぶ時のポイントについて考えてみましょう。

乾燥肌は脂分が多いものを選ぶ

乾燥肌の人には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿成分がたっぷり配合されている美白乳液がおすすめです。また、お肌の水分を逃さないでふたをするためには、脂分も多いものがよいでしょう。肌の表面にしっかり膜を張り、水分を閉じ込めてくれる効果があります。夏場の使用の場合でも、さっぱりタイプの乳液がありますので、ベタつきが苦手な人はいろいろな商品をチェックしてみてください。

混合肌の場合は自分の肌の状況を見極めて使い分ける

混合肌とは、あごや頬は乾燥しているのに、おでこや鼻はテカテカしているというように、顔のパーツによってタイプの異なる肌が混在している状態のお肌をさします。

混合肌に合う乳液を選ぶためには、自分の肌質について理解することが先決です。その時点の肌の状況を見極めた上で、きちんと対応できる商品を使い分けるようにしましょう。顔の部位によって異なる乳液を使うという方法もおすすめです。

脂性肌の場合は脂分が押さえてある物を選ぶ

脂性肌であっても、スキンケアには乳液がおすすめです。水分をきちんと保持するためにも、乳液は欠かせない化粧品です。さっぱり系のテクスチャを選ぶことでベタつかずにしっかり保湿をすることができます。おすすめは、脂分が控えめの乳液、あるいは、皮脂コントロール効果のある成分が入った乳液を選ぶとよいでしょう。

美白乳液のおすすめを紹介

キュレル 美白ケア

【20日間トライアルセット】キュレル 美白ケア(化粧水30ml+乳液30ml)

キュレル 美白ケアは、紫外線によるシミ、そばかすを防ぐ、乾燥肌・敏感肌用のしっとり潤う化粧水と、しっとり肌に馴染む乳液のミニセットです。美白有効成分配合で、透明感あふれる潤い肌に整えてくれます。内容量 各30ml。

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリームは、顔全体のシミ対策に使える薬用美白クリームです。プラセンタの力で薬用美白とエイジングのWケアを実現。プラセンタはメラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを予防、透明感のあるお肌へと導きます。国産のプラセンタエキスを贅沢に配合しました。内容量55g。

オルビス(ORBIS) オルビスユー ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー

オルビス(ORBIS) オルビスユー ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー 30g 美白*ジェルクリーム [医薬部外品]

オルビス(ORBIS) オルビスユー ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャーは、保湿もハリケアも美白ケアも気になる、そんなワガママなリクエストに応える美白ジェルクリームです。トラネキサム酸と、濃密なうるおいを叶える浸透型コラーゲン、菩提樹エキスを贅沢に配合。夜のお手入れの際にいつもの保湿液の代わりに使用するだけで、ワンランク上のお肌へ。内容量30g。

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) しっとり

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) しっとり [医薬部外品]

ソフィーナグレイス 高保湿乳液(美白) しっとりは、持続性セラミドケア処方で、乾燥して乱れがちな角層細胞間の潤い保持層を蜜にして、お肌を整えます。くすみのない、潤いのあるハリ肌へ導きます。内容量60g。

まとめ

美白乳液には、美白効果をはじめ、保湿効果、紫外線カット、化粧下地といった種類別に分かれています。自分の肌質に合った美白乳液を選ぶためには、その時の肌質を見極め、最適な成分が入った美白乳液を選ぶことがポイントになります。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.