感動・泣き

肌に優しい化粧下地の選び方・おすすめのアイテム!人気が高いのは?

投稿日:

メイクをする際には順序がありますが、基礎化粧品でしっかりと肌に保湿を与えた次の段階で使用するのが化粧下地です。ベースとなるアイテムですが、この下地を使用した後にファンデーションを使っていきます。

ただ日常的に使っている方の中には下地の目的をあまり知らないことも多いものです。また下地を使うことなくファンデーションをつけている方も多いものです。そのため下地は比較的軽視されがちです。

化粧下地は実際にはいろんな効果や目的があり、また工夫をすることでより美しい肌にしていくことができます。これらについて改めて知ることで下地をしっかりとしてからファンデーションをつけようと思うことでしょう。そこで下地に関するこういった点について説明をしていこうと思います。

肌に優しい下地の選び方

化粧下地はファンデーションをつける前の段階で使用するものですが、それだけに肌への刺激を与えやすくなります。化粧下地を選ぶ段階では肌に優しい商品をじっくりと選んでいくことが大切です。

数多くある商品の中でどのような点を考慮に入れて下地を選択していったらいいのでしょうか。この点について詳しく説明をしていこうと思います。

紫外線散乱剤が使われているかどうか

化粧下地の多くは肌を紫外線から保護する効果を含めているものです。紫外線を浴びてしまうと肌の老化を促進してしまいますし、またしみの原因にもなってしまいます。肌に対する悪影響が大きいため、紫外線を浴びないような下地を選択しなければなりません。

紫外線をカットする効果がある成分では紫外線吸収剤と散乱剤があります。紫外線吸収剤はケミカル名成分であり、肌への負担が大きいものです。刺激や痛み、しみの原因など悪影響があるため、この成分を含んでいない下地を選択しなければなりません。

紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が配合されている下地は肌への悪影響がありませんし、またしっかりと紫外線をカットする効果を持っています。下地を選択する際には、まずは紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用しているタイプを選ぶことが大切です。

無添加のものを選ぶ

コスメには多くの添加物が配合されています。添加物は商品の腐敗の防止などがありますが、添加物の中には肌に刺激を与えたり、しみなどの原因となってしまうものもあります。そのためできるだけ添加物が配合されていない商品を選ぶようにしなければなりません。

化粧下地の中にはケミカルな添加物ではなく、植物成分によって商品の酸化などを防止しているものもあります。こういった商品なら添加物による肌への刺激を防ぐため、毎日使用しても安心です。

ニキビ肌におすすめの化粧下地の選び方

化粧下地はファンデーションがきれいにつくため、また紫外線防止の目的などのために必ず使用をしたいものです。しかし中にはニキビができている方もいます。ニキビができている肌につけても安全な化粧下地を選択しなければなりません。

ニキビ肌はちょっとした刺激によって症状が悪化してしまいます。そのため下地の選択では慎重にならなければなりません。そこでニキビ肌でも安心な化粧下地の選択について説明をしたいと思います。

ノンコメドジェニック処方のもの

にきびができていると毛穴の部分にアクネ菌が繁殖しており、毛穴がふさがっています。そのため、下地を選択する際には、アクネ菌のえさとなる成分が配合されていないもの、また毛穴をふさがない成分でできていることが重要になります。

ノンコメドジェニック処方の化粧品はアクネ菌のえさになる成分は配合されていないため、ニキビの症状を悪化させることができません。また毛穴をふさがないため、症状の改善を促すことができます。そのためニキビ肌の方はノンコメドジェニック処方の下地を必ず選択するようにしてください。

炎症を抑える成分が配合されているもの

ニキビが悪化していくと赤くなったり、炎症が起こってしまっています。また場合によってはかゆみや痛みを生じてしまうことがあります。ニキビができている肌に下地をつける場合には、炎症を抑える成分が配合されている下地を選択することが大切です。

炎症を抑える成分が入っていれば、ニキビの症状を悪化させることもありませんし、かゆみを増強させることがありません。ただ炎症があまりにも大きい場合には、ニキビの治療を最優先するようにしなければなりません。

刺激が少ない・無香料のもの

化粧下地はファンデーションの前に使用するため、肌に直接影響を与えてしまいます。そのため、刺激を感じにくい商品を選択することが大切です。商品の中には低刺激タイプをうたっているものがあります。こういった商品なら刺激やかゆみを生じる心配がありません。

化粧下地に香料が配合されているものがありますが、下地には香料は必要ないものです。そのため無香料タイプを選ぶことが大切です。香料の中には肌に刺激を与えてしまうものもあります。そのため最初から無香料タイプを選べば不安がありません。

人気が高い肌に優しい化粧下地

化粧下地は今ではいろんな商品が販売されており、どんな商品を選択したらいいのかわからない方も多いものです。また下地を使ったことがないので良くわからない方もいることでしょう。

そんな方でも安心して使用することができる化粧下地をご紹介したいと思います。是非一度しようしてみてはいかがでしょうか。

オルナ オーガニック 化粧下地 「 顔 用 保湿 日焼け止め ノンケミカル 」「 SPF50 + PA ++++」「 毛穴 にきび*1 くずれ防止 」「 無添加*2 合成着色料 合成香料フリー 」「 コラーゲン 3種+ ヒアルロン酸 4種+ ビタミンC 4種*3+ セラミド*4配合」25g

オルナ オーガニック 化粧下地 BBクリーム「 顔 用 保湿 日焼け止め ノンケミカル 」「 SPF50 + PA ++++」「 毛穴 にきび*1 皮脂くずれ防止 」「 無添加*2 合成着色料 合成香料フリー 」「 コラーゲン 3種+ ヒアルロン酸 4種+ ビタミンC 4種*3+ セラミド*4配合」25g

香料や紫外線吸収剤不使用など、6つの無添加を実現した肌に優しい処方になっている化粧下地です。毛穴が大きく目立っている肌もしっかりと隠し、フラットな状態にしてくれます。そのためファンデーションがきれいにつきます。

ナチュラルベージュで日本人の肌になじみ、また肌の赤みやしみなどもしっかりと隠してくれます。安全性と十分な降下を希望する方にはぴったりの商品です。

d プログラム アレルバリア エッセンス BB ナチュラル (SPF40・PA+++) 40mL

d プログラム アレルバリア エッセンス BB ナチュラル (SPF40・PA+++) 40mL

パラベンやアルコール不使用、紫外線吸収剤も不使用となっており、低刺激で敏感肌の方でも安心して使用することができます。肌の赤みを隠すだけではなく、BB効果によってファンデーションのような強いカバー力も持っています。

肌の赤みなどがなかなかファンデーションだけでは隠せない方には特に押す勧めです。安全性と高いカバー力を希望している方には十分な満足感を与えてくれます。

NOV ノブ UVシールドEX SPF50+ PA++++ 30g

NOV ノブ UVシールドEX SPF50+ PA++++ 30g

ニキビ肌の方でも安心して使用できる処方となっており、同時に紫外線カット効果が高いため、紫外線によって刺激を受けやすい方の肌もしっかりと保護してくれます。ヒアルロン酸など保湿成分が高いものが配合されており、乾燥しやすい方の肌でも安心して使用することができます。

毛穴が大きい方でも自然に毛穴をふさぎ、ファンデーションによる毛穴落ちを防止してくれます。ふんわりとした仕上がりになるため、より自然な肌にしていきたい方には満足していただけることでしょう。

EPORASHE UVデイクリーム&ベース(無添加UV・化粧下地) SPF45 PA++

EPORASHE UVデイクリーム&ベース(無添加UV・化粧下地) SPF45 PA++

化粧下地だけではなく、肌色の補正、紫外線カット機能など、複数の効果を持っており、これ1本だけで年間を通して使用することができます。特に紫外線量が高い夏の時期でも十分に紫外線から肌を保護することができます。

天然色素や保湿効果に優れた成分など、自然由来の成分によって肌への刺激を感じない処方になっています。汗にも崩れにくく、どんな場面でも化粧崩れする心配がありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。化粧下地は単にファンデーション前に使用するだけではなく、肌をより美しく見せたり紫外線から肌を守るなど複数の効果を持っています。また適切な選択をすることによって、肌に負担を与えることがありませんし、むしろ使用することで美肌のために役立たせることができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.