感動・泣き

「チアシード」のダイエット効果がスゴい!栄養素やおすすめのやり方などを紹介

投稿日:

チアシードと言えば世間で話題になっていますが、その成分や効果について完全に知っている人は少ないのではないでしょうか。そんなチアシードの全てを詳しく紹介しています。

チアシードとは?

チアシードという言葉を知っていますか。チアシードとは、最近日本でも注目を浴び始めているメキシコ産のスーパーフードです。

日本で購入するには高級で他の野菜と比べると高額となっていて中々手に入りにくいものですが、「チアシードと水さえあれば生きていける」といわれるくらいたくさんの栄養素をもっている世界最高の野菜ではないでしょうか。

「チアシード」はメキシコ原産のスーパーフード

チアシードとはメキシコ産のスパーフードと呼ばれているもので他にも南米のアルゼンチン・ボリビア・ペルー・エクアドルなど生産地は限られていて貴重な食材です。チアシードは今世紀最高の栄養素を持ち合わせていてたくさんの人が興味を持っていて販売もされています。チアシードとはチアという薄紫色をした花を咲かせて、さやの中に種が作られます。この種がチアシードとして集められて食べられます。

そもそもアメリカのインディアンには肥満体型の人がいなかったと言われていてその元となっていた食材がチアシードだったのではないでしょうか。それだけチアシードにはダイエット効果があり肥満にならない栄養素が含まれているます。チアシードを食べるにはオーガニック認定を受けているところから購入することをおすすめします。

チアシードには40%が食物繊維となっていて、膨張率10倍と水に入れると10倍近く大きく膨らんでそれを食べたときには10倍の満腹感を得ることができます。

少ない量で満腹感を得ることができるので、少ない栄養素ですむため肥満とは無縁の食材ではないでしょうか。こんな食材は世界の中でもチアシードだけではないかと思われるくらい栄養素の割には少ない量で済む食材なのがチアシードです。

カロリーはそこそこある

チアシードは健康食品としてテレビでも紹介されていますが、カロリーという面で考えるとどうなんでしょうか。チアシードのカロリーは10gに対して50kcalとなっていてバターやピーナッツの約半分のカロリーになります。

見た目以上にカロリーはやや高めと言えます。ただしチアシードは水で膨らましてから食べるものなのでそこまでカロリーが多いとはいえません。

水で10倍に膨らむ

チアシードには特長があり、そのまま食べるのではなく水で膨らまして食べるもので、約10倍の大きさになります。他の食材とはまったく違っていて水で膨らますという変わった使い方をします。水で膨らましてから食べるものなので、食べた後の満腹感もタオ章句剤とは大分違います。チアシードの1日の摂取量としては10g程度を10倍の水に入れてから膨らませれば完成です。

チアシードダイエットの基本

チアシードでダイエットをするに当たりどのようにして食べるのが美味しく食べられてダイエット効果があるのかを細かく見ていきます。チアシードにはたった1つだけ欠点があります。

その欠点に注意しながら置き換えダイエットをする方法について見ていきます。ダイエットに必要な栄養素だけではなく、生きていくために必要な栄養素も兼ね備えていて、スマートな体型で生きていける食材としては世界No.1の食材ではないでしょうか。

チアシードダイエットでは置き換えダイエットが基本

チアシードをダイエット食材として使うときに、水で膨らませてから食べるわけですが、その効果を最大限にする為に、食べ方が気になります。

かんでからしっかりと味わって食べるのとかまないで飲み込むのではどちらが栄養素を体内に吸収することができるかで考えると、噛んだ方がよさそうですがそうでもありません。

チアシードは噛んでも噛まないでも吸収できる栄養素の量は変わりません。チアシードの置き換えダイエットではしっかリと栄養を補給することができるので栄養面では問題ありません。満腹感もチアシードを水で膨らませてから食べてもある程度の満腹感がありますし、他の食材と一緒に食べるともっと満腹感も得られます。

朝食でヨーグルトに混ぜて

チアシードを朝食に置き換えてから食べるとダイエット効果があります。そこでチアシードをヨーグルトとあわせて食べると無味・無臭のチアシードを美味しく食べらます。

チアシードとヨーグルトは相性が良くてヨーグルトにチアシードと果物を一緒に入れて混ぜ合わせて食べればおいしく食べられてダイエット効果が高くなります。

40度以上で栄養成分が壊れるので注意

ダイエット食材としてチアシードをおすすめの食材ですが、万能というわけではありません。チアシードにも欠点があって熱に弱いということです。40度以上の高温で熱すると栄養素が失われてしまうということです。チアシードは熱いものと野中に入れたり一緒に食べたりすると栄養素が失われてしまうので注意が必要です。

チアシードのダイエット効果のある栄養素

チアシードは現在合う中にの食材としては愛好の栄養価が高く、ダイエットにも向いている食材と言われています。チアシードに含まれている栄養はあまり知られていないなようで、詳しく栄養素について紹介していきます。

オメガ3脂肪酸

チアシードに含まれている栄養素の簡易オメガ3脂肪酸というものがあります。この栄養素にはどんな効果があるのでしょうか。聞きなれない名前なのでどんな効果があるのか気になります。

オメガ3脂肪酸とは魚類やナッツ類があります。そこにチアシードにも多く含まれています。α-リノレン酸、EPA、DHAがオメガ3脂肪酸といわれるもので、α-リノレン酸はアレルギー症状の緩和をしてくれます。EPAは細胞分裂や増殖にホルモン分泌に関与するエイコサノイドを合成してくれます。DHAはよく知られていて脳の細胞を活性化してくれる頭がよくなる成分だと世間では言われています。

アミノ酸

アミノ酸がチアシードには含まれていますが、アミノ酸は人の体を形成している2割に当たる部分がアミノ酸で形成されていて欠かせない栄養素です。アミノ酸には20種類ありそれぞれが欠かせない栄養素となっています。アミノ酸はたんぱく質を形成するために必要となる最小限の成分がアミノ酸となります。

チアシードが持っているアミノ酸には必修のアミノ酸といわれる9種のアミノ酸を全て含んでいる優れものです。その9種のアミノ酸とは、バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、トレオニンの9種になります。この9種のアミノ酸をチアシードには含まれているわけです。

ビタミンB

チアシードに含まれているのがビタミンB3です。ビタミンB3は血行の促進効果が高く、冷え性対策や血行不良、さらには二日酔いの解消に効果が発揮されます。ビタミンB3はトリトファンから合成されることになります。チアシードには数少ないビタミンB3となりますがなくてはならないような必要な成分です。

おすすめ商品

チアシードは珍しい食材で最近注目を浴びている食材なので、その中でチアシードは通販でいろんなものが販売されています。スーパーなどではあまり見かけませんが通販で販売されているチアシードの中でも選りすぐりのおすすめのチアシードを3つ紹介します。

nichie チアシード 300g

nichie チアシード 300g
nichie チアシード 300gはリーズナブルな料金設定になっていて1日10g食べても30日分あり充分にチアシードを味わってから栄養を補給することができます。チアシードをどんな食べ方をしたらいいのかなど、具体的な料理をいくつか紹介しているので、到着後すぐに食事の中に入れてから食べることができます。

LOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシード 250g

LOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシード 250g
LOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシードは250gとなっていて25日分のチアシードが用意されています。チアシードでも白のチアシードとなっていて白だけを食べたい場合はLOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシードがおすすめです。

LOHAStyle (ロハスタイル) 有機チアシード 250g

LOHAStyle (ロハスタイル) 有機チアシード 250g
LOHAStyle (ロハスタイル) 有機チアシードはLOHAStyle (ロハスタイル) 有機ホワイトチアシードの姉妹品で同じ250gとなっていて25日分のチアシードが用意されています。チアシードはマヤ民族やアステカ民族の時代から食べられています。アメリカのオーガニック認証を取得している高品質のチアシードなのが>LOHAStyle (ロハスタイル) 有機チアシードです。

まとめ

最近話題となっていて注目されているチアシードがありますが、そのチアシードにはどんな栄養素があってどんな効果があるのかを知らない人が多いのではないでしょうか?

チアシードがどこで生産されていてどのような効果があるのかがわかります。世界中にある食材の中でも高い栄養素を持っていてダイエット効果もある優れた食材がチアシードではないでしょうか!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.