感動・泣き

【意外】食パンダイエットで痩せられる理由!おすすめレシピも紹介!

投稿日:

砂糖やバター、小麦粉など、様々な材料を入れて作られるパンは、どうしてもカロリーが高くなりがちなので、ダイエットには不向きと思って居る方が少なくありません。もちろん、高カロリーなパンもたくさんありますが、反対に、ダイエットに最適な低カロリーで美味しいパンもたくさんありますので、一概に決めつけないことが重要です。

パンダイエットのやり方そのものは、そこまで複雑ではありません。ですが、事前にやり方を確認しないと、反対に太ってしまうような事もあります。パンダイエットをする際には、パンの種類や、ちょっとしたポイントを抑えましょう。パンダイエットを成功させるためには、こんな工夫をすることが大切です。

食パンダイエットについて

ご飯よりもカロリーが低い

パンは以外にも、ご飯よりもカロリーが低いことで知られています。パンの種類によっても異なりますが、食パン一枚で有れば、白いご飯お茶碗一杯分に比べて、半分以下のカロリーとなる事も少なくありません。食パンを2枚食べたとしても、ご飯のお茶碗一杯分に満たない事も多いので、実は、ダイエットには最適な主食と言えます。

食パンの上にバターやジャムをつけるかどうか、合わせて何か飲むかどうかによっても異なってきますが、朝ご飯はパン派の方とお米派の方が居れば、断然痩せやすい食事はパン派です。カロリーの部分を単純に気にするのであれば、お米よりも断然パンを食べるべきでしょう。

朝や昼に食パンを食べるほうが効果的

パンダイエットをする際には、朝や昼など、これから活動をするタイミングで食べることがおすすめです。パンは短時間でエネルギーに切り替わりやすい食べ物ですので、朝お出掛けの前や昼の活動時間帯中に食べる事で、食べた物がすぐにエネルギーに代わり、消費できるでしょう。夜に食べても問題はありませんが、せっかくエネルギー効率をアップさせるのであれば、朝昼時間帯に食べてみて下さい。

先に食パンより野菜を食べることで血糖値の上昇を防ぐ

食パンダイエットをする際には、食パンだけを食べるのでは無く、サラダなどの野菜を食べてから、パンを食べる事を習慣づけていきましょう。野菜を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、ダイエット効果を高めることが出来ます。

野菜に限らずこちらはお米の時にもそうですが、パンの場合は特に、食べた物がすぐにエネルギーに変わるほど、瞬発力が高い食材ですので、血糖値も上がりやすくなるのが特徴です。血糖値が上がりやすくなると、脂肪も燃焼をしにくくなり、代謝がダウンする可能性が高いので、ちょっとした野菜を食べてから、パンを食べるという順番を身につけてみて下さい。

野菜やタンパク質など不足しているものも合わせて食べることが重要

パン単体で食べるのでは無く、野菜や、タンパク質など、不足している栄養価を合わせて摂取することが、パンダイエットにおいて非常に重要なポイントです。パンダイエットはどうしても、パン単体を食べて行うという方が多く、その結果、栄養が足りずに、美容と健康に悪影響が表れるという方が多いでしょう。

パンダイエットと言っても、パンだけを食べるのでは無く、主食をパンにして、その他の必要な食材もきちんと摂取する事が大切です。野菜やタンパク質などは特に、意識的に摂取をしないと不足しがちですので、注意をしましょう。

食パンダイエットにおすすめの食パンレシピ

大豆粉&全粒粉食パンで食物繊維やタンパク質も同時摂れる

大豆粉と全粒粉を使った食パンは、小麦粉で作られた通常の食パンとは違って、食物繊維にゃタンパク質も同時に摂る事が出来ます。食物繊維やタンパク質をその他の食材で摂らずとも、タップリと摂取することが出来ますので、各種健康効果やダイエット効果を得られるのです。

大豆粉や全粒粉を使った食パンは、ベーカリーで売られている事もあります。ですが、販売をしていないところも多いですので、思い切って、自分で作るのも1つの方法です。ホームベーカリーなどがあれば、手軽にパンを作れますので、小麦粉をこうした他の粉に比べてチャレンジしてみることをおすすめします。

米粉パンはカロリーが小麦よりも低くてアミノ酸も含んでいる

お米の粉で作られた米粉のパン、米粉パンは、通常の小麦で付くったパンよりも更にカロリーが少なく、アミノ酸も含んでいるのが特徴です。通常の小麦のパンと異なり、少し甘みがある優しいお味が魅力ですが、不足しがちなアミノ酸も一緒に摂る事が出来ますので、栄養価も気にするという方にピッタリのパンです。

全粒粉100%食パンで糖質をカットして血糖値の上昇を抑える

全粒粉100%の食パンであれば、糖質をカットすることが出来ますので、パンを食べることで発生しやすい、血糖値の上昇を抑えられます。野菜から食べずとも、急激な血糖値の上昇を防げる為、持ち運びでサンドイッチなどにして食べても、美味しく安心して食べられるでしょう。

全粒粉の食パンは通常の食パンに比べて、味わいや食感も特徴があります。一度食べたら病みつきになる方も多いタイプの食パンですので、まずは一度試食をしてみたり、試しに購入してみることが大切です。

もち麦パンでもちもち食感

もちもちとした触感が楽しいもち麦パンも、パンダイエットを行う上でおすすめの種類です。もちもちと噛み応えもバツグンのパンで、満腹感を得やすく、お腹がふくれやすい点が特徴です。もち麦パンならではの香ばしく優しい風味が魅力になります。

食パンダイエットに欠かせない食パンを紹介

ふすまパン フスボン プレーンブレッド

ふすまパン フスボン プレーンブレッド 5枚切

カラーリングの香ばしさも可愛らしい、ふすまパンは、食パンダイエットにおすすめのパンです。ぷレーンタイプを始め、各種工夫を凝らした種類違いのパンも販売されていますので、お好みで好きなパンを選ぶと良いでしょう。

 

低糖工房 小麦ふすま使用の低糖質食パン 4斤

低糖工房 小麦ふすま使用の低糖質食パン 4斤 1袋6枚入り

100グラムあたりに糖質が4.8グラムという、低糖質食パンとして人気が高いのがこちらの食パンです。低糖質タイプのスイーツ販売でもおなじみの、低糖工房が販売している食パンで、糖質をギリギリまでカットしているにも関わらず、満足感タップリ、美味しい食パンを食べる事が出来るでしょう。

 

低糖工房 低糖質大豆食パン低糖工房 低糖質デニッシュ食パン 1斤【1枚251kcal・糖質2.3g】【糖質制限中・ダイエット中の方に!】

こちらも低糖工房が送る低糖質タイプの食パンとして人気が高い商品です。大豆を使って作られた大豆食パンで、通常の食パンに比べて低糖質な事を始め、大豆食パンにありがちな青臭さなど、独特の癖を全て無くした、味わい深い一品として知られています。

 

全粒粉 食パン

ライ麦全粒100%パン・・・混じりけなし、ライ麦全粒粉が100%で、酸味が少なく、とても食べやすいパンが実現しました。Rye whole grain 100% bread 黑麥全麥100%

天然酵母を使って作られた、焦げ茶色が特徴の食パンです。小麦の粉を皮ごとすって作られた、栄養価たっぷりの食パンで、卵、牛乳、バターは不使用、今まで食べたことが無いような天然酵母食パンを食べることが出来るでしょう。そのまま食べても美味しいですが、サンドイッチなどに加工をしても美味しく食べられます。

 

まとめ

食パンを食べて行う食パンダイエットは、手軽に行なえる分、ちょっとしたやり方を間違えると、何のダイエット効果も得られませんので注意が必要です。食パンを食べる前には必ず、野菜を摂取することを始め、不足しがちな栄養価を、きちんと他の食材で補うように、食事のメニューを考えましょう。

また、利用する食パンの種類も考える事が大切です。一口に食パンと言えども、小麦粉で作られた通常タイプの食パンもあれば、全粒粉や大豆粉など、各種様々な栄養素を含んだ粉で作られている食パンも多数有ります。いずれもよく比較をすることで、食パンダイエットを成功させられますので、自分に合っているタイプの食パンを選びましょう。

食パンダイエットは、食パンを大量にたべて良いと言う訳ではありません。あくまで、お米では無く食パンを主食にして行うというダイエットですので、やり方は間違えないようにすることが大切です。食パンだけを食べるという事が無いように、食パンダイエットと言えども、食事内容を良く見返して、パンダイエットの計画を練って見てください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.