感動・泣き

テレビで話題!コーヒーダイエットのやり方・コーヒーを飲むタイミングはいつ?

投稿日:

色々な雑誌やSNSなどでも大人気となっている最新のダイエットがコーヒーダイエットです。大好きな方も多いコーヒーダイエットは、無理せずキレイにダイエットができると評判になっております。

新しいダイエットですので色々なやり方がありますのでどのコーヒーダイエットのやり方をチャレンジしたらよいか迷っている方もいらっしゃると思います。そこでこちらのページでは、コーヒーダイエットの正しいやり方やコーヒーそのものの効果などについてご紹介します。

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットに直ぐにでもチャレンジしようと思っている方にとっては一刻も早くチャレンジしたいと思われるかも知れませんが、まずは正しいコーヒーダイエットのやり方についてしっかりと理解する事が重要になります。色々なコーヒーダイエットのやり方がありますが、多くのコーヒーダイエットのやり方に共通している部分をご紹介します。

1日3杯のコーヒーを飲む

コーヒーダイエットの正しいやり方として覚えておいて欲しいのが、飲めば飲む程効果があらわれるといったタイプのダイエットではありません。コーヒーダイエットには適正な量という物がありますので、きちんと決められた量を守るのがポイントになります。

コーヒーダイエットで飲むべき量は1日3杯です。これ以上少ないとダイエット効果が薄くなりますし、3杯以上飲んでしまうと逆効果になってしまう恐れがあります。1日3杯を厳守してダイエットをするようにしてください。

ブラックで飲む

コーヒーダイエットでポイントになるのがブラックで飲むという事です。コーヒーをブラックで飲むのが苦手という方もいますが、ミルクや砂糖をいっぱい入れたいと思う方も多いと思います。最近では某コーヒーショップのように生クリームやハチミツなどを入れたいと思われる方もいますが、基本的にはブラックを飲むようにしてください。

インスタントでもOK

コーヒーダイエットで一つ朗報なのが、ブラックであれば豆からドリップしなくともインスタントのコーヒーでもOKという事です。忙しい時などにわざわざドリップして作成するのは大変だと思いますので、気軽にチャレンジできるインスタントコーヒーを用意しておくようにしてください。

コーヒーの健康効果

コーヒーダイエットをする際には、どのような効果が期待できるかをしっかりと確認しておく事が重要なポイントになります。こちらでは、コーヒーダイエットの効果について確認していきましょう。コーヒーダイエットの効果を事前に知っておけば、より前向きにコーヒーダイエットにチャレンジできると思います。

脂肪の分解を促進する効果

コーヒーダイエットというくらいですから、ダイエット効果があるのは大前提になります。コーヒーには脂肪の分解を促進させてくれる効果がります。これはコーヒーに含まれているカフェインが脂肪を燃焼する力を促進させてくれるからです。ダイエットなどでランニングや筋トレを行う際には事前にコーヒーを飲む事で脂肪燃焼効果を高める事ができますのでおすすめです。

利尿作用

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。カフェインによって尿が出やすくなると、女性の方に多いむくみを効果的に解消する事ができます。特にダイエット中はむくみやすくなっておりますのでダイエット中にはコーヒーを飲むのはおすすめです。

リラックス効果

コーヒーにはリラックス効果があります。コーヒーには匂いとカフェインの両方の効果によって効果的にリラックスする事ができます。他のダイエットの場合には、ストレスが溜まりやすいといったデメリットがありますが、コーヒーダイエットの場合にはリラックスしやすい状況になっておりますので成功しやすいダイエットだと言えます。

美肌効果

コーヒーには美肌効果が期待できる成分がしっかりと入っておりますので、キレイに体重を落とす事ができます。コーヒーの主成分となっているカフェインには、末梢の血管を拡張させる効果がありますので、血液の流れが良くなります。

血液の流れが良くなるという事は、新陳代謝が活発になるという事ですので、古いお肌から新しいお肌になるターンオーバーが正常になりますので、ダイエットをしているのに美肌効果が期待できてしまうのです。

目を覚ます作用

コーヒーには目を覚ます効果が期待できます。仕事中に眠くなってしまった時などの眠気覚ましに効果がありますので飲んでいる方も多いと思います。コーヒーの主成分のカフェインは睡眠物質のアデノシンに対して抵抗する効果があります。

疲れが溜まってくるにつれてどんどんと多くなるアデノシンに対して抵抗力のあるカフェインが沢山含まれているコーヒーは、目を覚ます作用に優れているのです。

コーヒーダイエットの効果をUPさせるコツ

コーヒーダイエットはそのまま行ってももちろん効果的なのですが、より効果的にダイエットをするためにはちょっとしたポイントがあります。これから効果的にコーヒーダイエットを行いたいというかは、コーヒーダイエットの効果をUPさせるコツをしっかりと理解し、実践するようにしてください。

運動の30分前に飲む

コーヒーダイエットを行っている方は、ちょっとした有酸素運動などと併用して行う事で効果を二倍にも三倍にも高める事ができますが、コーヒーを飲むタイミングとしては、運動の30分前に飲むのがおすすめです。実はコーヒーには、脳を興奮させアドレナリンの分泌を活発にする作用があります。

運動をする30分前に飲むと、このアドレナリンが豊富な状態から運動する事ができますので、脂肪細胞内の脂肪分解によって血液中に脂肪酸が放出された状態という最も脂肪燃焼がしやすい状態から運動をはじめる事ができます。その為、短期間でもしっかりと脂肪燃焼効果が期待できるというわけです。

ブラックで飲む

コーヒーダイエットにチャレンジする場合には、コーヒーはブラックに限ります。なぜブラックでなければいけないのかというと、コーヒーに含まれているカフェインは砂糖を入れると効果が減少してしまうためです。

砂糖の量によっては、カフェインの効果を現象させてしまう上に、余分なカロリーを増やしてしまうといった事もありますのでなるべくブラックで飲むようにし、どうしても無理という方は微糖でコーヒーを飲むようにしてください。

熱湯でコーヒーを入れない

コーヒーを飲む方はお湯をしっかりと沸かしてからコーヒーを注ぐと思いますが、コーヒーダイエットにチャレンジする方の場合には、熱湯ではなく80度くらいの熱湯前のお湯を使うようにしてください。なぜ熱湯ではいけないのかというと、脂肪燃焼効果を持っているクロロゲン酸というポリフェノールが熱湯ですと失われやすいためです。より脂肪燃焼効果を高めたいという場合には、熱湯はNGなのです。

間隔を開けて飲む

コーヒーダイエットは、間隔を開けて飲むのがポイントになります。コーヒーが持っているカフェインなどの脂肪燃焼効果は、4時間から6時間と言われております。その為、4時間から6時間程度の間を空けて飲む事によってトータル的に長い時間コーヒーダイエットの効果を得る事ができます。1日3杯を目安に毎日飲む事が重要になりますので、自分なりのタイムスケジュールを組んで飲むようにしてください。

空腹時には飲まない

空腹時にコーヒーを飲んでしまうと、胃の中はコーヒーに含まれているカフェインの作用によって胃酸を分泌し始めます。胃の中に食べた物が入っている場合には、非常に効果的にする食べた物を消化する事ができるので助かるのですが、空腹の場合には、胃の中が空っぽの状態です。

胃の中が空の状態で胃酸だけが大量に分泌されてしまいますので、胃の粘膜層が直接強い酸に攻撃される事になります。その結果、胃の粘膜層が胃酸によって傷ついてしまい胃が荒れてしまいます。酷い場合には、強い胃痛がするケースもあります。

コーヒーダイエットをする時の注意事項

コーヒーダイエットは非常に効果的なダイエットになっておりますが、しっかりと注意点を理解した上でレンジすることによって失敗するリスクを下げる事ができますし、余計なトラブルを事前に回避する事ができます。こちらでは、事前にしっかりと覚えておいて欲しいコーヒーダイエットの注意事項についてご紹介します。

飲みすぎない

コーヒーダイエットで絶対に覚えておいて欲しい注意事項は、くれぐれもコーヒーを飲みすぎないという事です。コーヒーを飲み過ぎてしまうと、ダイエットにおいて絶対に必要な質の高い睡眠を取る事が出来なくなってしまったり、カフェインの過剰摂取が原因で、コルチゾールというストレスホルモンが増加してしまい、脳に糖分を欲しいという信号を送ったり、筋肉が分解されてしまい逆に太りやすくなってしまうリスクがあります。

就寝間際は避ける

仕事などでタイムスケジュールがずれてしまうと、コーヒーダイエットの時間がずれこんでしまう可能性があります。しかし、眠る前にコーヒーを飲んでしまうと眠れなくなってしまったり、たとえ眠れたとしても睡眠の質を著しく落としてしまうような可能性があります。ダイエットには質の高い睡眠は必須ですので、眠る前にコーヒーを飲まないようにしてください。

妊娠中は避ける

コーヒーダイエットは妊娠中はしてはいけません。コーヒーにふくまれているカフェインには、中枢神経を刺激する効果がありますので、興奮してしまったり、不安になってしまったり、不眠症、震え、心拍数の増加などの妊婦の方のリスクになる作用が起こるリスクがあります。

また、消化器系に悪影響が起こると吐き気や下痢などを引き起こすようなリスクもあります。そのため、妊娠中はコーヒーダイエットは禁物です。

おいしく飲めるおすすめコーヒー

コーヒーダイエットにチャレンジする為には、毎日3杯のコーヒーを飲み続ける必要があります。その為、出来るだけ美味しいコーヒーを飲むようにする事が、長く無理なく続けられるポイントになります。これまでコーヒーにあまり興味が無かったという方もコーヒーダイエットにチャレンジする機会により美味しいコーヒーをみつけてみてください。

こちらでは、美味しくてリーズナブルというコストパフォーマンスに長けたコーヒーをご紹介しますので、ご自身のコーヒー選びの参考にしてください。

楽らくすらリズムCAFE(カフェ) 60袋入り

楽らくすらリズムCAFE(カフェ) 60袋入り

楽らくすらリズムから発売されているコーヒーは、一般的なコーヒーではなく、ダイエット成分が豊富に含まれているコーヒーダイエット用に開発されたコーヒーになります。

生姜科ハーブのカルダモンが加えられておりますので、一般のコーヒーよりもかなりのみやすくなっている上に、ガルシニアエキスによる脂肪燃焼効果が高くなっております。美味しく効果的にダイエットをしたいという方におすすめのコーヒーになっております。

ファイン メタ・コーヒー 60杯分

ファイン メタ・コーヒー 60杯分

ファインから発売されているファイン メタ・コーヒーは、60杯分で1,400円程度で買えてしまうという非常にリーズナブルでコストパフォーマンスの優れたコーヒーです。

毎日3杯飲みますので、このリーズナブルさは非常に大きなメリットだと言えます。L-ヒスチジンやクロロゲン酸、カテキン、L-カルニチンなどのダイエット成分が含まれておりますので、より効果的なダイエットを行う事ができます。

ユーワ コレウスフォルスコリダイエットコーヒーブラック3g×30包

ユーワ コレウスフォルスコリダイエットコーヒーブラック3g×30包

ユーワから発売されているコレウスフォルスコリダイエットコーヒーブラックは、コーヒーダイエット用にコーヒーになります。糖質ゼロですので、糖質制限ダイエットや炭水化物ダイエットの方にも愛用されているコーヒーになります。

従来のコーヒー成分に加えてL-カルニチンやBCAA、水溶性食物繊維などが含まれておりますので、脂肪燃焼しやすく、デトックス効果も期待できるようになっております。少々クセのある風味がありますが、ハマる人が続出の大人気ダイエットコーヒーになります。

フィットライフコーヒー 30包

フィットライフコーヒー 30包

ミル総本社から発売しているフィットライフコーヒーは、一杯にバナナ9本分の食物繊維が入っている特定保健用食品にカテゴライズされるコーヒーです。フィットライフコーヒーに含まれている食物繊維は、糖の吸収を穏やかにしてくれますので、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。糖尿病や生活習慣病の予防などにも効果的な健康的なコーヒーになっております。

ライオンコーヒー バニラマカダミア 198g(粉)

ライオンコーヒー バニラマカダミア 198g(粉)

ライオンコーヒーから発売されているバニラマカダミアは、アメリカでも1864年以来、長く愛され続けている定番のコーヒーです。硬水と軟水でまったく印象の異なるコーヒーになりますので、ミネラルウォーターなどを使って飲み比べなどもおすすめです。お値段もリーズナブルですので、コーヒーダイエットの強い味方になってくれます。

コーヒーの病気に対する効果

コーヒーはダイエットに最適なアイテムですが、ダイエット以外にも様々な病期に対して効果的な力を持っております。こちらでは、コーヒーはどのような病期に対して効果があるのかをご紹介し、ダイエットをしながらお得に病期予防が出来る事を知ってほしいと思います。

肝臓によい

コーヒーは肝機能を高める効果が期待できます。その為、痛風や肝機能障害、糖尿病などの生活習慣病に効果がある事がわかっております。

うつ病に効果

コーヒーは現代人の病として有名なうつ病に効果がある事がわかっております。コーヒーには、神経伝達物質を分泌するドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどを活発に分泌する効果がある為です。ただし、早く完治したいからといって大量に飲み続けるのは逆効果になります。

ガンの予防

コーヒーには、癌を抑制する効果があります。コーヒーには、クロロゲン酸など抗酸化物質が多く含まれておりますので、ガン細胞がガン癌になるのを防いでいるのです。

2型糖尿病の予防

肥満が原因で起こる2型糖尿病の予防にもコーヒーは効果があります。コーヒーダイエットの効果でもあるカフェインによる脂肪燃焼効果の促進によって炭水化物が利用されにくくなりますので2型糖尿病の原因となる肥満を防ぐことができるためです。

パーキンソン病やアルツハイマーの予防

コーヒーにはパーキンソン病やアルツハイマーの予防の効果が期待できます。パーキンソン病は、ドーパミンを生成する神経細胞が変化する事で起きるのですが、コーヒーのカフェインを服用することによって、ドーパミン神経細胞を保護する為にパーキンソン病を予防する事ができます。

また、アルツハイマーは、コーヒーを1日3杯から4杯飲む事によって発症リスクを65パーセントも落とす事が出来るようになっております。

まとめ

コーヒーダイエットは、非常に簡単なダイエットですが、長期的に行う事によってダイエット効果が期待できます。また、コーヒーダイエットの際のコーヒーにはダイエット効果以外にも様々な効果が期待できますので、より健康的な身体を作り上げる事ができ、成人病をはじめとした病気にかかりにくくする事ができます。ただし、きちんと正しい方法でコーヒーダイエットを行わないと効果がない所が逆効果になってしまう恐れもありますので要注意です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.