感動・泣き

幅広い年代に支持されるコスメデコルテの口紅のラインナップをご紹介!

投稿日:

口紅は顔の中でも、とても目立つポイント的なところです。口紅のカラーはその人のイメージを左右してしまうため、注意しなければならない部分でもあるのです。最大限自分を素敵に見せることができる反面、その逆もあります。

そのため、ただ好き嫌いで選ぶのではなく、合うか合わないかで選ぶことが大切なのです。また口紅の質により、がさついたイメージに見えたり、品の良いイメージに見えたりするため、口紅選びはとても大切。だからこそコスメデコルテの口紅が幅広い層で大人気なのです。

コスメデコルテの人気口紅

AQ MW ルージュ グロウ

コーセー コスメデコルテ AQ MW ルージュ グロウ RD453

唇につけたときの感覚はまるでとろけるような心地良さ。効果の高い保湿成分を豊富に配合し、唇に密着性の高い口紅です。唇の縦ジワもキレイに塗ることができ、シワシワ口紅を保湿成分によってふっくらさせていきます。

ヨレやにじみがなく、キレイに仕上がり、フローラルの香りが魅力的な女性を演出します。カラーは24色、品の良い色が揃っています。価格はお手頃の3,500円と、若い女性にもおすすめです。

AQ MW ルージュ シュープリーム

コスメデコルテ AQ MWルージュ シュープリーム<カラー:PK830>

肌になじみやすい生体類似成分であるエモリエント成分(リン脂質)を配合し、コスメデコルテの高い技術を実感することができる発色の美しい口紅です。また保湿成分であるムチン(植物性スクワラン)の減少をサポートする、粘膜成分もサポート。

金を微粒子にした「金コロイドパウダー」配合によって、見る方向によってパープルやゴールドに変化するパウダーを使用。ゴールドのパワーを利用し、輝きに高級感があります。また 細かなメッシュ構造によって水分の蒸散を抑え、にじみやヨレがなく、ツヤやかな質感を保つことができる高級口紅です。カラーは13色6,000円とちょっぴり高めとなっています。

AQ MW リップスティック

コスメデコルテ AQ MW リップスティック<RD474>

とてもクリーミィーなノリが、シワの増えた唇にもピッタリ。唇に馴染むなめらかさが色落ちも防ぎます。ハリのある若々しさを演出する大人のカラー4色から選べます。また3,500円と使いやすい価格となっています。40歳からの女性に人気のある口紅です。

AQ MW アール デ フルール

コスメデコルテ AQ MW アール デ フルール 全14色 RD411

若々しく、かわいらしいカラーが14色から選べます。ふっくらとしたハリと膨らみを感じさせる、ふっくら唇を演出することができます。フィット感やハリが高級口紅の魅力を実感できます。

またトリートメント効果が高く、口紅をつけながら唇ケアがしっかり行うことができるのです。また明るい色とツヤが長続きするロングラスティング効果によって、唇が引き締まって見えます。価格は少し高めの6,000円です。

AQ MW ルージュ グロウの人気ポイント

フローラル系香料入り

口紅の香りは意外と敏感に感じてしまいます。やはり鼻にも近く嫌いな香りはどうやっても我慢できません。逆にAQ MW ルージュ グロウのように本当にほんのりフローラル系の香りは、逆に無香料よりおすすめです。

無香料は香料が無添加であるだけで、口紅の原料のニオイが気になるものもあります。そのため無香料タイプより、ほんのりフローラル系の香りはおすすめなのです。

多くのカラーバリエーション

AQ MW ルージュ グロウのカラーはコスメデコルテの口紅の中でも一番カラーが多いタイプとなっています。また色合いも大人の女性に合った深みのあるタイプや、華やかで可愛らしい若い女子にピッタリの色など、幅広い女性に愛される24色が揃っています。

ぷっくり唇になる

コスメデコルテの口紅はどのシリーズもぷっくりハリのある唇を演出することができます。効果の高い保湿成分がタップリ含まれていることから、唇のハリがふっくらとしたイメージを作ります。AQ MW ルージュ グロウは24色あるため、明るい発色のタイプの方が、より膨らみを感じさせることができるでしょう。

AQ MW ルージュ グロウの人気カラー

PK857・lucky day

 

PK857はいわゆるベビーピンクで、かわいいイメージが若い女性に人気の高いカラーです。AQ MW ルージュ グロウは価格的にも、若い女性も購入しやすくなっています。グロスなどでツヤをより強く出すと、ますますかわいさもアップします。またナチュラルメイクにも無理のない色合いです。イエローベースの肌にピッタリです。

RD457・alluring kiss

RD457は健康的な赤ですが、ピンク系の赤なので、ブルーベースの肌にもピッタリの明るい唇を演出することができます。凜とした女性を演出するためにも利用できそうなカラーです。あまり染まり過ぎず上品にまとまった赤色に細かいラメが入り、きらっと輝きがアップします。

口紅を選ぶコツ

自分の肌のベースカラーを知る

口紅など色は、その人に合うか合わないかによってイメージは大きく変わります。その人にとって最大の魅力を引き出すためには、口紅の色と肌のベースカラーの相性をマッチさせることが必要です。そのため口紅選びのときには自分の肌のベースカラーを知っておきたいものです。

日本人の場合はブルーペースとイエローベースの2つのタイプに分かれます。そしてもともとブルーベースの人でも日焼けをすることで一時的にイエローベースに変わることもあります。そのため日焼けしている肌にピッタリの口紅が、冬にはいまひとつピンと来ないということもあります。

ブルーベースの人は透明感のある、いわゆる白い肌の人が多いと言われています。そしては明るい赤めの人が多いようです。このタイプの人はブルー系の色合いがピッタリです。ブルー系といっても青い口紅ということではなく、パープル系のタイプという意味なのです。

例えば赤でもピンクでも、パープルが混ざった色合いと、オレンジ系が混ざった色合いがあります。ブルーベースタイプは、パープル系を選ぶといいでしょう。また他にもシルバー系の薄いピンクもぴったりです。シルバー系というのはパール入りのものなどを刺します。その中でもオレンジ系よりパープル系を選ぶようにしましょう。

逆にイエローベースの人は、いわゆる黄色人種的な黄色みのある肌や日焼けした茶系の肌のことで、暖色系がおすすめです。シルバー系や白っぽいピンクより、オレンジ系の赤や、ベージュ、ピンクの方がピッタリしたイメージがあり、顔の色をキレイに見せてくれます。

BAに相談する

特にコスメデコルテの商品を購入するときには、店頭でBAに相談しながら口紅を選ぶと間違いありません。自分の肌の色を教えてくれるほか、iPadでたくさんの色を自分の唇にバーチャル的に乗せてくれます。そのためBAの意見だけでなく、自分の目で納得して、ぴったりと似合うカラーのものを選ぶことができます。ついでにファンデーションや頬紅、アイシャドーなどの色も相談できるので、いろいろ教えてもらいましょう。

まとめ

コスメデコルテの口紅についてのご紹介でしたが、まだまだ魅力はいっぱいあります。まず店舗に行って、1度自分にあった口紅を選び、使ってみれば今までの口紅との違いがはっきりするはずです。唇のシワが減り、柔らかくなってきたという実感もきっと得られることでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.