感動・泣き

足のストレッチ法を目的別に解説~足痩せ・柔軟~

投稿日:

足は血液の流れをよくし、リンパの流れについても筋肉を動かすことでサポートする器官となるので非常に重要な部分です。普段むくみやすいとか冷え性という方は足のストレッチを行う事で改善することもあります。

足をストレッチすると得られる効果

足をストレッチすると様々な事に効果を発揮してくれるので、どんなところにどのような効果があるのかを理解しておくと健康に活かすことも可能です。どのような効果があるのか、知識を深めていくことも重要になります。

下半身のむくみ解消

毎日歩いているという人やジョギングなどを行っている人は、ふくらはぎなどにもしっかり筋肉がついているはずです。足の筋肉は血液やリンパ液を心臓に送り返すためのサポート役ともなっています。

そのため、足のストレッチを行う事で血液の流れやリンパ液の流れを円滑にでき、それによって下半身の組む身を解消できるのです。むくみやすいという人や冷え性という方はストレッチを行う事で改善が見込めます。

便秘解消

足のストレッチを行う事で血液の流れがよくなると便秘にも効果が発揮されるようになります。血液が流れやすくなると小腸、大腸などの内臓に対しても血液がきれいに流れるようになるのです。

すると腸の蠕動運動が活発に行われるようになり、それまで便秘に悩んでいたという方も、調の蠕動運動によって毎日の快適なお通じが見込めるようにもなります。腸の蠕動運動が正常になると、血液のめぐりがさらによくなり、全身の代謝も高くなるので相乗効果を期待できるのです。

血流促進・代謝UP

心臓から送り出された血液は血管を通じて全身を巡ります。その時、心臓がポンプ役となっていますが、下半身に送り込まれた血液を心臓に送り返すサポート役となるのが足の筋肉です。

足の筋肉が衰え、利用されにくくなると血液のめぐりが悪くなりむくみなどが起ります。足の筋肉を動かし鍛えることで血液の流れを促進し、新陳代謝を向上させることができるのです。

足痩せに効果的なストレッチ法

代謝が悪いと痩せにくい体になりますが、足を動かすストレッチを行うことによって全身の代謝が向上し、それによって足痩せも可能となります。今何も運動らしい運動をしていないという人はストレッチを行うだけでもかなり足痩せに効果が得られると思います。

ストレッチは誰でもできる簡単なものですし、自宅でも楽に行う事が出来るのでマスターとしておくと美容にも健康にも利用出来るのです。腰痛や便秘、冷え性の解消にもつながりますので足のストレッチをしっかりマスターしておくことも必要なことになります。

椅子を使った足痩せストレッチ法

背もたれのある椅子に浅く座るか、背もたれがない場合には座っている部分に両手をのせて準備です。指を体の方向のむけて両手が向い合せになるようにし、背筋を伸ばしたままお尻をあげて椅子の前の方に体を落とします。

ひじが出来るだけ背中側、上方向に向くようにすると効果的なストレッチとなりますし、足にも力がぐっと入り足痩せに効果的です。体を落としていくときに背中を丸めない様に、肩を内側に巻くようにして行うのがコツとなります。

空気自転車漕ぎストレッチ法

サイクリングは有酸素運動になるので代謝を向上させるいい運動の一つです。でも屋外に自転車で行くのは面倒という人も多いので、この場合、室内で出来る自転車漕ぎストレッチがお勧めできます。

布団やマットなど、軟らかい物の上であおむけになり、両足を腰から上の方にあげてお尻、腰部分を両手で支えるようにして自転車漕ぎです。自転車に乗るような気持ちでペダルをこぐ動きを繰り返し行います。だいたい1日5分程度行うと足のいい運動になるようです。

片膝抱え足痩せストレッチ法

足の太ももはなるべくストレッチを行い血液を回りやすくし、代謝を向上させておくことが必要になります。初心者の方は正座し、身体を無理の無いように後ろに倒すストレッチから行う方が安心です。

ハムストリングス、腿の裏側の筋肉のストレッチは長座し、足を無理の無いように開き、片方の足をあぐらをかくようにまげて片方は伸ばします。伸ばした方の足を腕で掴み30秒程度キープ、これを両側行うと効果的です。足に手が届かないという人はタオルを利用して行う様にします。

体を柔らかくするための足のストレッチ

体が柔らかい人というのは太りにくく、また怪我をしにくくなりスポーツ選手などは柔軟性を持っていないと記録も伸びないといわれているほどです。スポーツ選手ではなくても体の柔軟性は血液の巡りや代謝に関わってくるので軟らかい方が痩せやすくなります。
体を柔らかくするためには日々、ストレッチなどを継続的に行う事が必要です。お風呂上がりにちょっと行うだけでも違ってきますので、毎日習慣づけるといいと思います。

股関節のストレッチ法

真っすぐ前方向に目線を置き、背筋を伸ばし片方の足は前に曲げながら後ろ足を後ろに、なるべく真っすぐに伸ばす姿勢、これが股関節のストレッチです。伸ばした脚の後ろ側が伸びていることを理解しながら行います。骨盤を視線と同じように前方向に向けて、背筋を伸ばして腰を落とすのがコツです。この姿勢を30秒程度キープし、両足行います。

ふくらはぎのストレッチ法

ふくらはぎは血液を心臓に送り返すサポート役として大きな働きをしているところです。ふくらはぎをよく伸ばしておくと、血液、リンパ液の流れがよくなり体も柔軟になりますし、ダイエット効果もあります。

両手と両足を肩幅くらいに開いて手を床に付き、膝を伸ばし、片方の足をもう片方の膝にのせておすようなイメージで10秒から20秒くらいキープです。ふくらはぎ、膝の裏から下部分がきれいに伸びているか確認しながら行います。両足、それぞれ行って終了です。

股開きのストレッチ法

股関節を開くにはあぐらの姿勢が一番効果的ですが、四股ストレッチとよく似たようなストレッチが股関節に効果的といわれています。足の裏をあわせるように胡坐の姿勢をとり、出来る範囲でいいので足を手間によせて姿勢よく準備です。

背筋を伸ばしたままでゆっくり体を前に倒します。背筋が伸びている状態で頭を足につけるというよりも、お腹を床につけるというイメージで行う事がポイントです。

おすすめ商品

足のストレッチを楽しく、効果的に行うグッズ等も今とても多くなっています。簡単に利用でき、誰でも足や体のストレッチを正しくできるグッズが多いようです。

日々、グッズを利用することで楽しくストレッチ出来るようになるのでストレッチ、トレーニンググッズを利用するという事も一つの方法となります。どのようなものが自分にあっているか、目的に合うかを考えて購入事がポイントです。

FLOVA マッサージスティック

FLOVA マッサージスティック マッサージローラー ブラック フォームローラー 腹筋トレーニング 筋膜リリース ローリング スティック トリガーポイント
筋肉痛の改善や血液の流れを改善する目的で設計されているのがFLOVA マッサージスティックと呼ばれるグッズで、簡単にマッサージやストレッチサポートが出来ます。コンパクトなグッズとなっているので場所をとらない事も魅力です。

このスティックを利用すると足裏や背中等手が届きにくい場所をマッサージすることができますし、ストレッチ効果も高いグッズとなっています。体幹トレーニング、ストレッチ、ヨガなどにも活用できる優れものです。

MARNUR ストレッチボール

MARNUR マッサージボール ストレッチボール トリガーポイント 筋膜リリース トレーニング 背中 肩こり 腰 ふくらはぎ 足裏 ツボ押しグッズ 2で1組み合わせ
小さいボールのようなイメージのマッサージボール、これが2個セットになっている商品がMARNUR ストレッチボール、今注目の商品となっています。トリガーポイントと呼ばれる筋膜のこりを解消するために作られた商品です。

首、足裏、腰等全身に、楽に利用することができ、幅広い年齢層の方々が利用されています。ボールを足裏等においてごろごろ転がすようにマッサージしたり、ボールを床におき、その上に背中、腰が来るようにして利用しても気持ちがよく、筋肉をほぐすことができるので活用範囲がかなり広いと思います。

トレーニングチューブ ストレッチ 用

トレーニングチューブ セット エクササイズ フィットネスチューブ 5階段負荷 最大約14kg負荷可能 ダイエット/筋トレ ストレッチ 用
トレーニングにチューブを利用する方も多くなっていますが、トレーニングと共にストレッチができるチューブがトレーニングチューブ ストレッチ 用です。金属製のカラビナとカラビナリングもついてくるので安心してトレーニングやストレッチが出来ます。

腕、肩、ヒップ、太ももなどのトレーニングができるようになっていますし、持ち運びにも困らない商品なので、どこにいてもトレーニングやストレッチが可能です。運動が楽しくなるグッズの一つといえます。

まとめ

足を動かすという事が健康にも美容にもいいと理解されている人が多いのですが、忙しくなかなか運動できないという人も多いです。ストレッチなら自宅でも出張先でもどこでもできますし、習慣にするとしないほうが気持ち悪いと感じてきます。

身体が柔軟性をもてば血液のめぐりもよくなり、代謝も向上、痩せやすい体にできるのです。グッズなどを利用して楽しく、毎日ストレッチができるようになると身体が変わっていく実感もでてきます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.