感動・泣き

ミカンダイエットは誰でも続けやすい簡単ダイエット!具体的な方法まとめ

投稿日:

寒い冬の果物としてみかんがイメージされやすいですが、最近では割と年中手に入りやすくなっている果物です。そんなみかんを使ったダイエットが注目されています。

では、実際どんなダイエットなのでしょうか。気になるミカンダイエットについて紹介しますので、ミカンダイエットってどんな事なのか疑問に思っている方の参考になれれば幸いです。

ミカンダイエットの効果なやり方

ミカンダイエットとは、単純にミカンを食べればいいと思っていませんか?実は、きちんとしたみかんの食べ方をすることで、ダイエット効果につながります。

では、どんなやり方なのでしょうか。ミカンダイエットの効果的なやり方をいくつか挙げていきますので、もしも、みかんでダイエットを始めたいと思っているなら、参考にされると良いでしょう。

ミカンダイエットは毎食前にミカンを1個ずつ食べるダイエット法

みかんは果物ですので、食後のスイーツにと思いがちですが、ミカンダイエットでのみかんを食べるタイミングは、食前に食べる事がダイエット効果があり大事となります。食前に食べると、ミカンの食物繊維の働きによって満腹感を得て、後に続く食事の量を減らすことができます。

ミカンの白いスジや薄皮を除去しないのがポイント

みかんを皮をむいた後に、実についている白い筋、気になってどうしても取りたくなります。しかし、みかんでダイエットするなら、白い筋を取ってはいけません。と言うのも、白い筋の部分にダイエット効果のある成分が多く含まれているからです。ですので、取らずにそのまま食べましょう。

ミカンダイエットは夜だけでもOK

夕飯前に何かおやつを食べたくなります。そのおやつをみかんに変えるだけで、ダイエット効果が上がります。それは、夕飯は朝食や昼食よりも重たいのもが食べたくなるため、夕飯前にみかんを食べると、効果的な成分も摂取しつつ、満腹感で食べる量を抑えられるからです。

1日3個を目安に

みかんを食べるとダイエットになるからといって、一日に何個も食べても意味がありません。やはり食べるタイミングも大事となります。みかんを食べるのは、朝食前、昼食前、夕飯前の一日三個としましょう。

ミカンダイエットの驚くべき効果

普段何気なく食べているみかんには、ダイエットに効果のある様々な成分が含まれています。みかんをベストなタイミングで効率よく取ることで、ダイエット効果を上げることができます。では、実際みかんにはどのような成分が含まれているのでしょうか。含まれている成分を紹介します。

ペクチンによるコレステロールの抑制効果

みかんには、ペクチンという食物繊維が豊富に含まれています。ペクチンには、食物の脂肪を吸収しやすくする胆汁酸やコレステロールの吸収を防ぐ効果があり、吸収を防ぐことによって、コレステロール値を下げる良い効果があります。

ダイエット効果や疲労回復が期待できるクエン酸も豊富

みかんに多くのクエン酸が含まれています。クエン酸は、人間のエネルギーを作り出すクエン酸回路と密接に関わりがあります。

代謝が上がらない、疲れが取れないなどの場合は、クエン酸回路に必要なクエン酸が不足していることがあげられます。クエン酸を摂取することで、クエン酸回路が体が円滑に回るようになり、代謝が良くなるのと同時に、疲労回復効果もあるのです。

老廃物を吸着して体外で排出する効果のある不溶性食物繊維

つい、取ってしまいがちなみかんの白い筋や実についている薄皮には、不溶性食物繊維がたくさん含まれています。みかんに含まれている不溶性食物繊維は、セルロースとリグニンと呼ばれる食物繊維です。
このセルロースとリグニンは、腸内の有害物質を体の外へ排出させる整腸作用があります。

みかんを食べる事で、老廃物を排出して便秘を改善を促すことができるのではないでしょうか。

新陳代謝を高めるビタミンC

みかんに含まれるビタミンCには、皮膚や粘膜、骨などに必要なコラーゲンを作る手助けをします。更に鉄分やカルシウムなどのミネラルの吸収を促す効果があります。お肌にトラブルなどを抱えている場合、ビタミンCが効果的に働き、皮膚の代謝を高めてくれます。

脂肪燃焼の効率を上げるシネフリン

みかんには特に外側の皮の部分にシネフリンと呼ばれる成分が多く含まれています。シネフリンとは、脂肪の燃焼を手助けして、リンパーゼと呼ばれる脂肪を分解する成分の活性化を促してくれます。とはいえ、なかなか外皮を生で食べようとするのは難しいことでしょう。そのような場合には、みかんをまるごと焼いて食べる焼きみかんがおすすめです。そうすることで効率よくシネフリンを摂取することができます。

ミカンダイエットの注意するポイント

みかんを食べるだけの手軽なミカンダイエットですが、いくつか気をつけなければならないポイントあります。ここでは、注意するポイントを挙げていきますので、これからミカンダイエットを始めようとしているなら、事前に確認しておきましょう。

ミカンを食事に置き換えることはできない

みかんを食べることによってダイエットの効果を得ることができます。しかし、みかんだけ食べていれば良いのでしょうか?無理なダイエットで体を壊しては意味がありませんし、健康的に自然にダイエットを行う上で妨げとなります。

みかんはあくまで一日三食の食前に食べるとによって、ダイエット効果が発揮されます。きちんと栄養バランスの取れた食事を食べる前提で、ミカンダイエットを行いましょう。

成果が出るまで時間がかかるのがポイント

ミカンダイエットは、すぐに効果が出るダイエット法ではありません。毎日一日3回食前にみかんを食べ続けることで、無理なく自然に痩せる効果があります。気楽に気長に続けてみてはいかがでしょう。ストレスもなく続けることができるのではないでしょうか。

内皮を剥いて食べるとペクチンの摂取量が減る

みかんを美味しく食べようとして、つい内側の皮を取って食べてしまいがちです。しかし、ダイエットをするなら、取らずに食べましょう。なぜなら、内側の皮部分にはペクチンやシネフリンと呼ばれるダイエットに必要な成分が豊富に含まれているからです。

必ず食前にミカンを食べるように!

一日三回みかんを食べれば、ミカンダイエットになると考えていませんか?ミカンダイエットとは、みかんを食べるタイミングも大事となります。みかんを食べるタイミングは、食前に食べましょう。そうすることで、おなかが膨らみ食事の量も減らせ、更におなかの調子を整えてくれて、お通じも良くなります。

寝る前に食べるのもよくありません。糖分を吸収してダイエットとは逆効果になりますので注意してください。

食べ過ぎはお腹を壊すリスクが・・

いくらダイエットのためとはいえ、みかんを食べ過ぎるのはよくありません。というのも、みかんは水分も多く、食べ過ぎるとおなかを壊す原因になるからです。また、手や顔がみかんのようにオレンジ色になる柑皮症になることもありますので、みかんを食べる際には適量を召し上がってください。

美味しいミカンをしっかりと選ぶ

せっかくがんばってダイエットを行うのですから、せめてダイエットに使うみかんは美味しいものを選んだ方が、長続きするのではないでしょうか。色味が濃いオレンジで、形は平べったく、弾力のある物が美味しいとされています。また、大きさも大物よりも小ぶりの物の方がハズレが少ないので、買うときにチェックしてみましょう。

しかし、実はダイエット効果があるシネフリンは、青いみかんの方が多く含まれているので、敢えて青いみかんを選択しても良いかもしれません。

ダイエット以外の効果

ミカンダイエットは、もちろんダイエットが目的のダイエット法ではありますが、みかんを食べることで、ダイエット以外の様々な効果ももたらします。では、どんな効果があるのか、いくつか挙げていきます。

ビタミンCによる免疫力の向上

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンで、みかんもそうですが野菜や他の果物に含まれている成分です。体内で様々な効果をもたらすビタミンCは、免疫物質の生成にも必要な栄養素です。ビタミンCを摂取すると、免疫力が高まり病気の予防対策にもなります。

ビタミンCによるシミやそばかすを予防する美白効果

ビタミンCは、皮膚に大切なコラーゲンの生成を助ける作用があります。摂取することで、皮膚の代謝につながり、気になるシミやソバカスへの効果だけでなく美白効果も期待できます。

肩こり、頭痛、眼精疲労の解消に効果的

柑橘類にはリモネンと呼ばれる成分が多く含まれています。リモネンは、血行促進効果があり、摂取すると冷え性の方や肩こり、頭痛や眼精疲労に効果的があります。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維による便秘解消

みかんの中には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類の食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は、水に溶けにくい繊維で、胃や腸の中で水を吸収して膨張し、腸を刺激することでお通じを良くする作用があります。

水溶性食物繊維は、水に溶けやすい繊維で、腸内に留まり不要なものや消化中の食べ物を包み込んでを排出する働きがあります。その作用で、血糖値上昇を抑えられ、満腹中枢刺激の効果もあります。この二つの食物繊維の効果により、便通が良くなり、便秘を改善することができます。

ヘスペリジンによる血管年齢を若返らせる効果

みかんにはヘスペリジンと呼ばれる成分が含まれています。ヘスペリジンとは、血管を強化させることができ、血管年齢を若返りに良い効果がありますので、みかんを食べることで内側から健康になれる要素があります。

最近ブームになっている焼きミカンダイエット

普通にミカンダイエットするよりも、焼きミカンでミカンダイエットをすることが注目を集めています。では、焼きミカンとは、どのようなに作るのでしょうか。また、その効果も気になります。

ここでは、焼きミカンの作り方や効果、注意するポイントについて紹介しますので、参考にされると良いでしょう。

フライパンやコンロで焼いたミカンを食前に1個食べる

焼きミカンの作り方は、至って簡単です。家にあるトースターや魚焼きのグリル、フライパンなどで焦げ目がつく程焼くだけで出来上がります。これだけで丸ごと食べられるみかんになりますが、外皮を食べることに抵抗があるのでしたら、中身だけでも効果はありますので、皮を無理して食べなくても良いでしょう。

温かいので冷え性の方にもおすすめ

冷え性の方には、口にする食べ物も冷えた物を食べれば、体が冷えて寒く感じてしまうかもしれません。しかし、焼きミカンにすると、甘みも栄養価も増しますし、何より冷たさを感じませんので、美味しくいただけるのではないでしょうか。

ミカンを焼く事で栄養が高まる!

みかんを焼くと、皮に含まれているビタミンCやヘスペリジンなどの成分が実の方まで浸透するので、普通に食べるよりも効果がアップします。

薄皮まで食べる事ができますので無駄なく栄養素を取り入れよう

みかんには、シネフリンと呼ばれる成分が含まれています。シネフリンは、みかんの身の部分よりも皮の部分に含まれていますので、丸ごと食べることでより効果が上がります。

皮を食べるなら安心できるミカンを食べるか野菜洗剤でしっかりと洗おう

みかんを焼いて皮ごと丸ごと食べることは、もしも、農薬を使って栽培されたみかんであれば、農薬も体内に入れることになります。できるだけ、無農薬のみかんを選ぶようにしましょう。

無農薬みかんが難しい場合は、40℃のお湯で湯通しする、もしくは野菜洗剤や食器用洗剤でしっかり良く洗うことをおすすめします。

まとめ

ミカンダイエットは、みかんに含まれる様々な成分によって、ダイエット効果をもたらします。単純にダイエットに特化しているわけではなく、便秘改善や美肌効果、免疫力強化や肩こり、眼精疲労回復などなど、みかんを食べることでプラスの効果があります。また、誰でも買える手軽な果物であることも大事なポイントです。

なんとなくダイエットしてみようと考えているなら、まずは手近なミカンダイエットで試してみるのも良いかもしれません。すぐには効果が発揮されませんが、みかんを一日三回美味しく食べるだけですので、無理なく長く続けることができるのではないでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.