感動・泣き

身体を柔らかくするストレッチの方法!なぜ私の身体はこんなに硬い?

投稿日:

体が硬くなる本当の原因や体を柔らかくすることでどんな良いことがおきるかを詳しく紹介しています。体が硬いのは年齢のせいと思っている人は一度読むと年齢と体が硬いのは関係がないということが分かります。

身体が硬くなってしまう原因

いつのまにか体が硬くなってしまって若いときは出来ていたような体勢ができなくなってしまったということはありませんか。知らないうちに体が硬くなってしまって柔軟性がなくなってしまうときがあります。その原因にはいくつか考えられて、肉体的に問題がある場合だけではなく、ストレスや普段の姿勢が悪いので体が硬くなることがあります。他にも、内蔵機能の低下が原因で身体が硬くなることもあります。

姿勢が悪い

体が硬くなる原因として姿勢が悪いからと言うこともあります。ではなぜ姿勢が悪いと体が硬くなるのでしょうか。姿勢が悪いということは重心がずれていたり、体幹が思っている以上にずれてしまっているときによく起こります。身体が硬くなる原因として老化をあげる人がいますが、決して老化が原因ではありません。

若いころ使っていた筋肉を使わなくなることで硬くなり柔軟性がなくなるのです。体感を鍛える前に体の柔軟性を高めるところから始めないと意外な怪我に繋がります。まずはストレッチをしてから柔軟性を高める必要があります。柔軟性を高めれば自然に姿勢もよくなります。普段デスクワークを行っているような人は特に注意が必要です。

ストレスが多い

身体が硬くなる原因として考えられるのがストレスです。ストレスで身体が硬くなることを信じられない人もいるかもしれませんが、ストレスは体の柔軟性と深く関わっています。人には自律神経というものがあり、生活をしているときに体のスイッチをオンにしたりオフにしたりしています。体のスイッチをオンにするのが交感神経でオフにするのが副交感神経です。過剰なストレスがかかりすぎると交感神経が働き常にオンの状態が続きます。オンの状態が続くと筋肉が硬くなります。これがストレスによる筋肉の好調で体が硬くなる仕組みです。

内臓機能が低下している

筋肉が硬くなる症状と内臓機能の低下が関係しているときもあります。筋肉と内臓とは関係がなさそうですが、内蔵機能が低下するとその周りの筋肉が硬くなり柔軟性がなくなります。たとえば胃の働きが悪くなると肩甲骨下辺りの筋肉が硬くなり柔軟性がなくなります。これが内臓の機能が低下したときにおきる筋肉の硬直です。

身体が柔らかくなるメリット

体が硬くなると悪い症状がいくつも発症してしまいます。内臓の疾患なども体の固さで分かるときがあります。年齢に関係なく体が柔らかいといろんな意味で健康体になり、筋肉の柔軟性があれば健康な体を維持できているということが分かります。身体が柔らかいときにどんな良いことがあるのでしょうか。体の柔軟性と関係がなさそうなことにも影響してきます。身体が柔らかいと与える影響でプラスに働く症状を紹介します。

血行が良くなる

体が柔らかいと一番からだが敏感に反応するのが血行がよくなることです。体が硬いと血行は悪くなります。血行がよくなるということは身体全体に酸素や栄養素を運ぶ力が大きくなっていろんな意味も含め健康体でいられます。内臓の活動も活発になりますし、頭髪に関しては頭皮に良い影響を与えて髪の毛の潤いなどにも好影響をもたらします。血流がよくなるということはいいことばかりが起こります。そう考えると血流をよくするには体の柔軟性を高めることが一番だということです。

むくみが改善される

年齢とともに脚などにむくみを感じる女性が増えています。仕事でのストレスなども影響していてストレスが体を硬くしてしまってむくみを発生させています。体が硬くなると血流が悪くなることは分かりました。血流が悪くなると血液に夜栄養素の搬送だけではなく老廃物の搬送も悪くなります。

それだけではなくリンパの流れも悪くなります。搬送能力が落ちるということは老廃物が各所に溜まってしまうということです。溜まってしまった老廃物によりむくみが発生します。むくみを解消するには血流をよくしてリンパの働きを活性化させる必要があります。そこで必要なのが筋肉の柔軟性です。ストレッチなどで体を柔らかくすることで血流がよくなりむくみも改善されます。

ケガが少なくなる

老人がちょっとしたことで転んだりして怪我をしやすくなります。これは廊下が原因で起こることでしょうか。見た目は老化が原因のように見えますが老人でも怪我をしにくい人もいます。老人に怪我が多いのは筋肉が硬くなってしまって可動範囲が狭くなりちょっとした無理な動作で怪我をしてしまいます。体が硬くなると老人だけではなく若い人でも怪我をしやすくなります。そう考えると常に体を柔らかくしていることで怪我をしにくくなるということです。

簡単にできる体を柔らかくするストレッチ

身体が柔らかいと全てにおいていいことばかりだということが分かりました。では、身体が硬い人が柔らかくするには何をすればいいのでしょうか。ちょっとした運動をするだけで見違えるほど体が柔らかくなります。体が柔らかくなる簡単なストレッチを紹介します。

息を吐きながら前屈

誰でも簡単にできる体を柔らかくする方を紹介します。学生時代体育のときに準備運動としてよく行っていた前屈は、体を柔らかくするためには最適なストレッチです。前に体を倒していくだけの簡単なストレッチです。これだと年齢に関係なく出来ます。他だし前屈をするときに呼吸法には注意が必要で。前屈をするときに息を吐きながら前屈をします。これが一番効果的な体を柔らかくする前屈です。

猫のポーズ

年齢とともに悩まされるのが腰痛です。腰痛対策をするのに一番簡単にできて効果があるのが猫のポーズです。猫が背伸びをするときに行うポーズをすると体が柔らかくなり腰痛予防にもなります。今腰痛で悩んでいる人が行うと腰痛が改善されます。簡単なストレッチですが、腰の負担を軽減させることができるストレッチです。

猫のポーズをすることで背骨が硬くなっています。背中ではなく背骨です。背骨を柔らかくすることが出来るのが猫のポーズなのです。猫が背伸びをするときに取るポーズは以外に理にかなっているようです。

お尻のストレッチ

お尻の筋肉が硬くなると腰痛やタレ尻の大きな要因になります。年齢とともにお尻は下がってしまってお知りの筋肉が硬くなると腰痛や股関節が硬くなり柔軟性がなくなります。お尻を柔らかくするのに簡単なストレッチがあります。まずは床に座ってから左ひざの上に右足を外側に開いて乗せます。そしてお腹を突き出すようにして胸を張ります。これを両方行います。たったこれだけでお尻の筋肉をほぐして柔らかくしてくれます。お尻が柔らかく出来れば腰痛改善にもなりますし、股関節も柔らかくなり可動範囲が広がります。

身体が硬い人向けのおすすめストレッチ本

体を柔らかくするにはストレッチが重要で、ストレッチをするだけで簡単に体が柔らかくなります。どんなストレッチをすれば体が柔らかくなるかはいろんな本が販売されているので本を読んで勉強すると、その日からストレッチを実践して筋肉をほぐして全身を柔らかく出来ます。体を柔らかくするストレッチ本を紹介します。体が硬い人は一度読んでみると勉強になります。

体が硬い人のための柔軟講座 (趣味どきっ!)

体が硬い人のための柔軟講座 (趣味どきっ!)
猫背や肩こりなどいろんなことで悩んでいるひとが読むとどんな所でも硬くなった部位を柔らかくすることが出来る本が体が硬い人のための柔軟講座です。日々悩んでいるからだの硬いッ分似合ったストレッチが見つかります。前屈が出来なくなった、開脚が出来なくなったなどという悩みに全て答えることが出来る、ストレッチがあります。

カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ

カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ
写真をメインで荒田を柔らかくするストレッチを紹介しているのがカチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチという本です。表紙がかわいらしく女性がすきそうな本で10秒という短時間で出来る体を柔らかくするストレッチとなると読んでみたくなります。
身体をやわらかくするためにどこの筋肉をどのようにしてストレッチをすればいいのかが分かります。非常に分かりやすい写真と文章による説明がされています。

硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ

硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ
硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチという本があり、体が肩人が無意識に使いやすい筋肉を使ってしますという代償動作をさせないで硬くなっている筋肉を使うようにすることで柔らかくするというちょっと変わったストレッチです。

まとめ

体が硬くなった人が読むと、硬くなった原因がわかり、身体が固い部分を簡単なストレッチで柔らかくすることが出来る方法を詳しく紹介しています。体が硬い原因を知って初めてどんなストレッチをすればいいのかが分かります。体が硬いとどんなことが起こるのかもわかるのでストレッチはしたくないという人が読めば考えが変わるので読んでみましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.