感動・泣き

ストレッチマットを使うメリット・選び方やおすすめ商品は!?

投稿日:

ストレッチをするときにマットを敷くメリットやどんなマットを選べばいいかを詳しく紹介しています。まずはマット選びをする前に参考にしてみましょう。かならず理にかなったマットを購入できます。

ストレッチマットって何?

ストレッチをすると健康的な体を作ることが出来ます。ストレッチを行うときにあったほうが便利なのがストレッチアットです。ストレッチをするときにストレッチマットはどんなものなのがあるのでしょうか。ストレッチマットは名前の通りストレッチ体操をするときに床に敷いて使うのがストレッチマットになります。ストレッチマットにもいろんな種類のマットがありますが、具体的にどんなストレッチを行うかは利用するマットで大きく変わってきます。ぜひ参考にされて利用してみてはどうでしょうか。

ストレッチマットの選び方

ストレッチマットの選び方を見つけるにはマットの実用性があるのかを見極めなければいけません。ストレッチマットがあれば、ストレッチを自宅の床の上で簡単に出来ます。床の上で行うストレッチにはいくつか種類があり、どういう目的でストレッチを行うかなどでも選ぶべきマットが変わってきます。素材重視のストレッチから、マットの厚みで選ぶことも出来ます。マットを使っているときはいいのですが使わないときに邪魔にならないマットとは、どんなマットを利用すればいいのか見ていきましょう。

素材で選ぶ

ストレッチマットを自分に合ったものを選ぶにはマットに使われている素材を見れば、自分に合ったマットを選んでいきましょう。間違った素材を選んでしまうと、のちのち後悔することになりかねません。そうならないようにするためにもマット選びをする時は、注意して選びましょう。滑りにくい素材を使っているストレッチマットを選んで好きな色を選べるようになっています。その中でどれだけ上位に進出できるかを見ていきます。

厚みで選ぶ

ストレットマットを使って運動をすると脚の負担を出来るだけ軽減させることが出来ます。ストレットマットには持ち運びが出来るマットから持ち運びには向かないようなマットまであります。マットには巻きタイプのストレッチマットから折りたたみ式のストレッチタイプまで揃っています。

厚みを重視するのであれば折りたたみ式のマットの方が厚めになっています。ただし折りたたみ式は収納場所が必要になるので部屋がある程度広くないと置いておくのに邪魔になります。ただしストレッチをするときにある程度の厚みがないとストレッチ中に痛みを感じたりしてしまいます。ストレッチをするときに必要な厚さというのは最低6mmはないと気持ちよいストレッチをすることが出来ません。

大きさで選ぶ

ストレッチをするときに厚さと同じくらい重要なのがマットの大きさです。自分の身体の大きさとあわせた大きさのマットを選ぶ必要があります。マットの大きさは重要で、小さすぎると折角のストレッチがうまく出来ないということになりかねません。出来るだけ大きなマットの方がいろんな種類のストレッチが出来ます。ストレッチマットの大きさは170cmから185cmと言うのが一般的となっていて大きくても185cmまでとなっています。

自分の身長を考えて170cmから185cmの中から選んでいきます。女性の場合は160cm前後というのが普通なので170cmのマットで充分に足ります。自分尾身長プラス10cm程度のマットを選ぶのが理想的ではないでしょうか。

収納方法で選ぶ

マットを選ぶときの条件として収納できるかどうかです。そのまま敷きっぱなしでよければ収納は考える必要はありませんが、一般的な部屋の広さであればコンパクトにたためて出来るだけ収納スペースを取らないマットを選んだ方が便利です。丸めるタイプのマットの場合は5mm程度のものがほとんどで厚さが必要な人はまるめタイプではなく折りたたみ式でできるだけ収納場所を取らないマットを選ぶと便利です。

収納スペースを出来るだけ小さくしたいという人は丸めるタイプのマットがオススメです。どんなタイプのマットを選ぶかは、実用性と収納面の両方を総合的に考えて選ぶ必要があります。

ストレッチマットを使って行うメリット

ストレッチを行うときに床のじかに寝てから行うのとストレッチマットを敷いてから行うのでは何が違うのでしょうか。マット無しでストレッチを行ってもいいように思えますが、毎日ストレッチを行うと考えるとマットがあったほうが便利ですしきれいなマットの上でストレッチができます。

床に直接寝てからストレッチをすると、どうしてもい痛みや怪我などの心配があります。また、アパートの2階などの場合は階下の住人に音がして煩いと言われてしまうことがあります。マットを強いていればそういったデメリットを解消することが出来ます。マットを敷いた場合のデメリットは、使わないときの収納場所という面では問題があります。ただし収納場所があれば、マットを使ってストレッチを行った方が効率的で他人の迷惑にもなりません。

身体の痛みを防ぐ

ストレッチをするときにマットを敷くのと敷かないときで大きく違うのがストレッチ最中の体の痛みがあります。毎日しないような場合はマットがなくても気にならないかもしれません。ただし毎日ストレッチを行うような場合は、マット無しでストレッチを行っていると痛みを感じてストレッチをやっている意味が薄れてしまいます。毎日床にマットを敷いてからストレッチを行ったほうがいろんな意味で便利ですし毎日やろうという意思が沸いてきます。

けがをすることが少なくなる

ストレッチを行っているときに怪我のリスクも考えなければおいけません。普段しないようなポーズを取ったりするので、思わぬ動きになってしまうことがあります。床の上で直接ストレッチを行っているとスベって壁に頭をぶつけたり柱にぶつけたりしてしまう可能性があります。マットをしていると、マットには滑り止めの効果もあり変わったポーズを取ったり難しいポーズを取ったときにすべることがありません、常にマットの上にいるので壁や柱などにぶつかる心配がありません。怪我の防止を考えるとマットを使ってストレッチをするメリットはあります。

汗で滑るのを防ぐ

ストレッチを行っていると汗をかきます。マット無しで直接床でストレッチを行っていると汗が床に落ちて滑ってしまいます。すべると自由にストレッチが出来なくなる可能性があり、うまく出来ないときがあります。そうならないようにするためにもストレッチ用マットを下に敷いて行うと汗をかいても滑りにくくやりたいストレッチが出来ます。ヨガの難しいポーズなどはすべると全くできないので、滑りにくいマットの上で行った方がやりやすくなります。

階下への騒音防止

ストレッチを行う自宅がアパートやマンションの場合、階下に部屋があるとストレッチをしているときの音が響かないようにしてから迷惑にならないようにしなければいけません。床の上でストレッチをしているとダイレクトに音が階下の部屋に響いてしまいます。防音対策としてストレッチマットを敷いてからストレッチをする方が音を気にしないで出来ます。

口コミ評価が高いストレッチマット

ストレッチを行うときにマットが必需品ということは分かりました。そこで人気の高いストレッチ用のマットを紹介します。いろんな意味でマットがあったほうが便利なので、たくさんの人に人気のマットを見てみましょう。気に入ったマットがあればストレッチをするときに使うと便利です。

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット mini EXP100 床面保護 衝撃吸収 滑り止め

ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット mini EXP100 床面保護 衝撃吸収 滑り止め
ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット mini EXP100というのがありますが、全身寝てからストレッチをするには長さが足りませんが、上半身だけとか下半身だけのストレッチをお粉時やマシンを設置するときに下に敷くと防音効果が高く階下の部屋に響くことはありません。自宅でもゆっくりとストレッチが出来ます。湯へ傷をつけないで床面を保護する機能も高く傷防止としては利用価値が高いマットです。

Syourself ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド・収納ケース付 厚さ10mm

Syourself ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド・収納ケース付 厚さ10mm(Pink)
Syourself ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド・収納ケース付は巻くタイプのマットなので収納スペースもあまり必要なく使わないときも簡単に直しておくことが出来ます。何よりも巻きタイプのマットとしては厚さが6mmとなっていて充分な厚さがあります。クッション性も高く防音効果もあります。収納用のケースも付いているので巻いてからケースに入れて直しておくことができます。

Kisstaker ヨガマット トレーニングマット tpe素材 滑り止め 折りたたみ 匂いなし 厚さ8mm グムバンド 収納ケース付き 幅広 軽量 耐久性 おしゃれ ストレッチマット [並行輸入品]

Kisstaker ヨガマット トレーニングマット tpe素材 滑り止め 折りたたみ 匂いなし 厚さ8mm グムバンド 収納ケース付き 幅広 軽量 耐久性 おしゃれ ストレッチマット (ブラック) [並行輸入品]
Kisstaker ヨガマット トレーニングマット派厚さが8mmとなっていてクッション性と防音性は申し分ありません。さらににおい梨の無臭のマットなので部屋においていても匂いがしません。すべり止めも付いているのでストレッチを行っているときにスベってできないことがありません。

まとめ

ストレッチを行うときに欠かせないのがマットです。どんなマットを使ったらいいのかを詳しく紹介しているので、マットを購入する前に読んでからどんなマットを購入するのがいいのかを勉強してみてはどうでしょうか。自分に合ったマット選びができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.