感動・泣き

膝ストレッチをして膝痛予防・改善!怪我しないストレッチとは?

投稿日:

膝の調子が悪いと思う人には見てから参考にしてもらいたい情報を紹介しています。膝の痛みの予防や痛みが発生したときにできるだけ膝をガードしてくれるサポーターやストレッチを紹介しています。

膝が痛む原因

毎日の生活の中でなにやら膝が痛くなってしまってどうにかして直らないかと思う人もいるのではないでしょうか。病院に行ってから湿布薬をもらってもいいのですが自然に直すことができればそれに越したことはありません。いろんな意味で膝の痛みが出ないようにすればいいのですが、どうしても膝の痛みを感じて何もできないようなことが起こると、膝をかばいながら行動してしまいます。そうならないようにするためには膝のストレッチが必要となります。

運動不足

日頃の運動不足が原因で膝に異常をきたしたりしてどうしたらいいのか、わからなくなるときがあります。そのときにどんなことをすれば膝の痛みを軽減できて何も考えずにデスクワークができるようにしたいものです。普段あまり運動をしていない人でも学生時代は運動部に入っていて活躍していたときというのがあります。

運動不足を解消するためにスポーツをすると体を維持しやすくなります。単なる運動不足と思って軽く考えているとあとでとんでもないしっぺ返しがされることになります。運動不足を解消する為にもストレッチをしてから予防することがおすすめです。

変形性膝関節症

変形性膝関節症という聞きなれない病気があります。年齢とともに関節の痛みに悩まされる原因でもあります。変形性膝関節症は年齢とともに間接が変形して神経が刺激されてから痛みを感じることで起きる症状です。この症状を予防するためにも日頃から運動することが重要です。ランニングなどができればいいのですが、そんな時間が取れないような場合は、自宅で簡単に出来るストレッチをすると予防にもなります。また、変形性膝関節症になってしまったときにはストレッチをすることで症状を改善することも出来ます。

ランナー膝

運動不足を解消するためにランニングを行う人が増えていますが、無理なランニングは膝をより痛めることにもなります。ランニングのし過ぎで膝に痛みを感じるようになるとランナー膝と言われる症状を発症します。ランナー膝を発症すると普段の生活を行っているときでも不自由になる可能性があります。ランナー膝の症状を軽減するためにもストレッチを行って膝への負担を解消して改善することができます。ランナー膝を発症してからストレッチをしても痛みが改善されますし、予防する意味でランニングとストレッチを併用することで膝を保護することができます。

ジャンパー膝

脚の曲げ伸ばしを繰り返して行っていくことで、膝に炎症を起こしてしまう症状がジャンパー膝と言われます。この症状はスポーツをやっている人によく起こる症状で、サッカーやバレーボールなど脚の曲げ伸ばしを頻繁に行うスポーツをする人が発症する症状です。ジャンパー膝が発症してしまうと、膝の皿の上下で激しい痛みを感じるようになって歩くときでも痛みを感じるほどひどい痛みを感じることがあります。このようなジャンパー膝を発症した場合は、軽い運動のストレッチをすることで症状を軽減できます。昔激しいスポーツをしていた人はストレッチをしてジャンパー膝を発症しないように予防することができます。

膝ストレッチの方法

膝のストレッチにはいろんな部位をストレッチすることで痛みの改善や予防ができます。膝とは関係がなさそうな股間接、ふくらはぎと膝の周りだけではなく足全体をほぐすことで膝の痛みの改善や予防することができます。それぞれのストレッチを詳しく紹介します。

股関節回し

膝関節を保護するために股関節回しというストレッチがあり、これはどんなストレッチなのでしょうか。股関節回しストレッチとは仰向けに寝てから両腕を肩の高さでまっすぐに広げます。被疑久を軽く立ててか内側に円を描くように回します。内回しと外回しを1回ずつ行います。次に腰と膝を使って大きく内回しと外回しを行います。誰でも簡単に出来る膝を保護するために行うストレッチです。

ふくらはぎのストレッチ

膝の痛みを改善するにはふくらはぎのストレッチをすることで膝の保護にもなります。膝を痛めている場合は症状の改善に役に立ちます。まずは膝の状態になり片膝を前に出します。前に伸ばした足のつま先を立ててからかかとに重心を置いていきます。床に両手をついて後ろ脚のかかとへと体重移動を行います。太ももの後ろ側の伸びを感じたらそのままの状態を30秒間保ちます。これでふくらはぎストレッチの完了です。

膝の外側のストレッチ

膝の痛みを改善したり予防するための膝の外側のストレッチを行います。膝の外側を柔らかくするには。イスに座ります。膝の骨の少し上の硬い部分を親指で押します。力が足りない場合は両手の親指で押すと硬い膝の外側を柔らかくできます。

ひざ伸ばしストレッチ

膝の痛みを感じたら膝を伸ばすストレッチも効果的です。横になってから足を上に上げます。タオルを使って膝伸ばしストレッチを行います。脚にタオルを引っ掛けて両手で持ったタオルの両端を引っ張って膝とふくらはぎを伸ばしていきます。

お皿のストレッチ

膝の痛みを和らげたり膝の予防をする為にお皿のストレッチというものがあります。お皿のストレッチはお皿の周囲にある脛骨の前側に駕足といわれる部分、内側広筋・外側広筋・大腿四頭筋腱などを押していくことで皿周りの筋肉を解していきます。

膝ストレッチの注意点

膝のストレッチを行うときにいくつか注意しなければいけないことがあります。膝のストレッチをするときに重要なのがあせらずゆっくりと行います。膝のストレッチを尾kなっているときにはすぐに中止するなど様々な注意点があります。無理な膝のストレッチをしないようにしなければいけません。

反動をつけない

膝のストレッチをするときは勢いをつけて反動を活かしたストレッチは膝をいためる可能性があります。既に膝に痛みがある場合は特に注意が必要で膝の痛みがあるときのストレッチです。反動をつけた膝のストレッチを行うと逆に痛みを強めてしまう可能性があります。

ゆっくりとした動作で行う

膝のストレッチを行うときに反動をつけないで行うのと同じクリ注意しなければいけないのがゆっくりと行うことです。急いでやると膝を痛めてしまう可能性が高くなります。膝は敏感な場所なので充分に気をつけてから全てのストレッチをゆっくりと行うようにしましょう。

痛みがあるときは中止する

膝のストレッチをするときに注意しなければいけないのが既に膝を痛めているときです。膝の痛みを軽減するためにストレッチを行いますが、ストレッチの途中で膝に痛みを感じるようなときはすぐに中止して様子を見ましょう。無理に続けていくと膝をより痛めてしまう可能性があります。

膝の痛みを改善するおすすめアイテム

膝の痛みが続くだと、あらかじめ保護する必要があります。膝のストレッチをすることも重要ですがその前に膝のダメージを増さないようにするためにはサポーターを使って膝の胃負担を軽減させることも大切です。できるだけ普段の生活ではサポーターなどを使って膝を保護しましょう。膝を保護するのにおすすめのサポーターがあるので紹介します。

膝サポーター 関節靭帯保護 膝 サポーター 膝固定 膝保護 怪我防止 通気性 左右兼用 膝回り38㎝以下

膝サポーター 関節靭帯保護 膝 サポーター 膝固定 膝保護 怪我防止 通気性 左右兼用 膝回り38㎝以下
膝サポーター 関節靭帯保護 膝 サポーターは膝を保護するだけではなく膝への負担をやわらげてくれてクッション代わりの役目もしてくれます。左右関係なくどちらにも装着できるので1つあればどちらかの膝を痛めたときにはサポーターとしてつければ楽になります。

3M フツロ サポーター ひざ 日常使用 フリーサイズ

3M フツロ サポーター ひざ 日常使用 フリーサイズ 01039JN
膝全体をカバーするように巻くことで保護のい機能が高くなっています。3M フツロ サポーター ひざをつけていると膝が痛い人でも痛みを軽減して日常生活ができる程度まで抑えてくれます。サイズはフリーサイズである程度のサイズの違いでも利用できるようになっています。

バンテリンサポーター ひざ用 ブラック ゆったり大きめサイズ ひざ頭周囲 40~43cm

バンテリンサポーター ひざ用 ブラック ゆったり大きめサイズ ひざ頭周囲 40~43cm
膝の痛みをやわらげてくれるのがバンテリンサポーター ひざ用 ブラックです。こちらは40cmから42cmとゆったりサイズになっていてほとんどの人が装着できるようになっています。関節の動きをしっかりとサポートしてくれるサポーターでおすすめです。このサポーターは足の蹴りだしをスムーズにしてくれて膝の痛みを感じさせないような作りになっています。

まとめ

膝の痛みや症状などについて詳しく説明していて膝の痛みを和らげるために必要なストレッチをいくつか照会しているので、自分の膝の痛みに合ったストレッチを選んで実践してみましょう。膝の痛みをサポートしてくれるおすすめのサポーターをあわせて使うと膝をカバーしてくれます。何よりも膝を痛めないように予防することも重要でそのためのストレッチでもあります。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.