感動・泣き

ヨガとピラティスの違いとは?目的によって自分に合ったものを選ぼう!

投稿日:

ヨガ ピラティスは、両方とも同じものではなく違うものですが、その違いを知らない人が多くいます。ヨガから派生したのがピラティスですが、本質的な考え方が異なるので一緒にすることができないものです。どちらがどのように違うか分からない人も多いので、詳しく説明していきたいと思います。

ヨガ・ピラティスそれぞれの目的

ヨガ ピラティスの違いを説明するときに1番わかりやすいのはそれぞれの目的の違いです。どちらの運動についても目的があります。その目的に沿った運動することになりますが、それぞれの目的があり違いがあるためこの目的を理解できればそれぞれの違いもわかるでしょう。

ヨガの目的は、体の健康だけでなく精神的なアプローチも行うのがヨガの目的となります。体の健康だけを鍛えるだけでなく精神的な鍛えも同時に行うのがヨガの目的になるでしょう。体と精神的なバランスを保つために行うのがヨガになります。これに対してピラティスは、精神的な面よりも肉体重視で行う運動です。

この違いが、ヨガ ピラティスも行った後にはっきり感じることになります。ヨガは、心の充実や幸せを最終的な目標と考えていますが、ピラティスは肉体を鍛えることを最終的な目標としておりピラティスを行った後は充実感も感じられることになるでしょう。最終的な目的も異なるので、この2つの運動はちがう運動になります。

精神的な安定を求めるヨガ

ヨガはピラティスと異なり、肉体の鍛錬だけを行うものではありません。ポーズのなかには、実際に体動かすものもありますが、停止した状態で精神的な充実や心のリフレッシュ行うポーズもあるので、ピラティスとは異なるものになるでしょう。心の充実や精神的な安定感を求めるなら、ピラティスよりもヨガも行うことをオススメします。どちらの運動をするかは目的により異なりますがヨガは、心と体の両方をリフレッシュしてくれるものです。

リハビリのために体幹を鍛えるピラティス

ピラティスは、体を鍛えることを中心に行う運動になるので、リハビリや体幹を鍛えることには向いています。特にリハビリをするために体幹を鍛えることができれば、体の内面的な筋肉や体を鍛えることができるので、ヨガをやるよりも向いていることになるでしょう。ピラティスは、ヨガから派生した運動ですが、基本的にはトレーニングの1種になるでしょう。そのためリハビリのための体幹を鍛えるようなトレーニングについてはピラティスが向いていることになりますね。

ヨガ・ピラティスそれぞれの特徴

ヨガ ピラティスの特徴は、それぞれが目指す最終的な目標が異なります。ヨガの特徴は、一言で言えば、体と一緒に心を鍛える運動になるでしょう。体の充実感と一緒に心の充実感を得ることができるため、ヨガを行う人がいます。ヨガは、心をリフレッシュすることや精神的な充実感を得るために向いている運動になります。

そのためヨガは心と体を鍛えるための運動です。ピラティスは、体を鍛える事を主な目的として行う運動です。体を鍛えるには筋肉を鍛えることや体幹を鍛えることなど運動の内容により鍛える部位が異なりますが、体を鍛えることを目的としているため、充実した気持ちを得ることができます。しかし、ヨガのような精神的な充実感や心をリフレッシュする気持ちを得る事は難しいでしょう。

リラックスできるヨガ

ヨガのポーズは、運動するポーズもありますが心をリラックスするために行うポーズが多いですね。体を動かすポーズであっても、呼吸法を大切に行い心と身体をリフレッシュすることができるのがヨガになります。ヨガをする人の中にはリラックスしたいためにヨガをする人もおり、ダイエットや体を鍛えるためにヨガをする以外にも目的があります。

ストレス発散のためにヨガをやることで、体だけでなく心の問題も解決できるでしょう。また、ヨガは、内面的な気持ちや心を鍛えるために行うことができるので、精神的に不安定な人であっても実践することで充実した精神を持つことができるでしょう。

脳と身体を活発にするピラティス

体を鍛えることを目的としているピラティスは、体の筋肉や体幹だけなく交感神経を呼吸法によりよくしてくれます。この呼吸法によって頭を活性化させることができるので脳を活発にさせることができます。この呼吸法は、ヨガの腹式呼吸とは異なり胸式呼吸を行います。この呼吸法により脳を活発にすることができます。ピラティスは、鍛える場所がヨガとは異なります。

目的によって選ぶヨガorピラティス

ヨガ ピラティスは、運動を行う目的が異なるので、目的によって選ぶことができますね。ヨガを行うのに向いているのは、体を鍛えるだけでなく心の安定を求める目的があればヨガになります。心がゆったりとリラックスできるので、ヨガがピッタリの運動になるでしょう。ピラティスは、脳の活性化を行いますが本来の目的は肉体を鍛錬することです。

強い筋肉を維持することを考えている人はピラティスを行いましょう。目的によってどちらかを行うかきめて運動をしましょう。目的の異なる運動では、当初の目標とは異なる結果になってしまいます。

ヨガは心と身体をコントロールしたい人向け

身体を鍛えるだけでなく、心も鍛えたいと考えている人はヨガを行いましょう。ヨガは、心と身体を同時に鍛えることができるので、心の鍛錬も行いたい人に向いています。強い筋肉を作る事はできませんが、心と身体をコントロールしたい人に向いている運動方法になるでしょう。

ピラティスは体幹を鍛えたい人向け

ピラティスは、その目的を強い筋肉を作ることに該当するので、体の鍛錬をする目的として向いています。最近では細マッチョの言葉があるように筋肉を増やすだけでなく内面的な筋肉と言われる体幹を鍛えることができる運動です。体幹を鍛えたいと考えている人は、ピラティスが向いている運動になります。目的によりヨガ ピラティスを使い分けましょう。

ヨガ・ピラティスを学べるおすすめ書籍

ヨガ ピラティスは目的が異なる運動ですが、どちらもやってみたいと言う人も多いです。そこで両者の違いを理解して両方の運動をしてみましょう。そのためには必要な知識を勉強するのも両者の違いを理解するために必要なことですね。ヨガ ピラティスについて勉強できる書籍を紹介していきます。これらの書籍で違いを理解して正しい運動を体験してみてください。

症状別 ヨガ&ピラティスの教科書―50歳からはじめる

症状別 ヨガ&ピラティスの教科書―50歳からはじめる

体が疲れやすい人や体調がすぐれない人が読んでもらいたい本です。ヨガ ピラティスの入門書として人気のある書籍で、両方のエクササイズの違いがわかりやすく解説されています。症状に合わせたポーズができるので、何歳からでもチャレンジできる嬉しい入門書です。

キレイになるピラティス [DVD付] (白夜ムック)

キレイになるピラティス [DVD付] (白夜ムック)

心と体のバランスを鍛えることができるポーズが掲載されています。 DVDが付いていることで実際にそのポーズを映像化して確認できるのも嬉しい魅力です。体の芯から筋力を鍛えていくので、綺麗になることができるピラティスのポーズも掲載されています。内緒できれいな体にシェイプアップできる1冊です。

これ1冊できちんとわかるヨガ

これ1冊できちんとわかるヨガ

ヨガ初心者にオススメの1冊です。こちらの書籍はこれからヨガを始めようとしている人、初心者コースのレッスンを受けてそのおさらいをしてみたい人、ヨガの基本や知識を勉強したい人に適した書籍になります。効果的で正しいヨガを行いたい人に情報の詰まった1冊です。 90種類あるポーズが掲載されており、完成までのポーズのプロセスもポイント付きで紹介されています。ひとりで行いたいヨガレッスンに利用してみましょう。

まとめ

ヨガ ピラティスは、本質的な目的が異なるので、それぞれの違いを理解してトレーニングに励みましょう。ピラティスはヨガから発生しているため似ているところもありますが、心と体のバランスを考えてトレーニングをしたいならヨガが向いています。反対に体を鍛えることや筋肉を理解してトレーニングに励みましょう。

ピラティスはヨガから発生しているため似ているところもありますが、心と体のバランスを考えてトレーニングをしたいならヨガが向いています。反対に体を鍛えることや筋肉体幹を重視したいならピラティスがオススメです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.