感動・泣き

【秘密】女性に人気のヨガブラの効果!ヨガ以外での使い方とは?

投稿日:

手軽なダイエットメソッドとしてすっかり定着した感のあるヨガ。とくに若い女性を中心に人気のようですが、最近ではヨガの効果を最大限に引き出すためのウェアとしてヨガブラが注目されるようになってきています。ヨガブラを着けるとなぜ、ヨガの効果が高まるのでしょうか。一般的なブラジャーとは具体的にどの部分が違うのでしょうか。今回はヨガブラの秘密についてまとめました。

ヨガにおすすめのブラの種類

スポーツブラ

ランニングにも不可欠なスポーツブラ。大きな胸を持つ女性の場合、ヨガでも大きな胸が邪魔になり、余分なエネルギーを消費することになります。小さな胸の女性でも、普通のブラジャーでは胸が固定されず、ポーズをとることが難しくなります。 スポーツブラはバストを完璧に固定するので、余分な動きが少なくなり、ポージングの最中でも筋肉に負担をかける心配がなくなります。デザインも豊富で、一日の気分に合ったコーディネートを楽しむと気分が良くなり、ヨガをもっと楽しめるようになります。

カップ付きインナー

ここ数年、ブラジャーとインナーが一体化したいわゆる「カップ付きインナー」が流行しています。女性にとってはブラジャーをいちいち装着する手間が省けるだけでなく、インナーの内部でバストががっちりと固定されるため、カップ数の大きな女性でも胸の余分な揺れを気にする必要なく、ヨガのポージングに集中することができます。

インナーの内側はやわらかい素材でできているため、市販のブラジャーにあるように乳首がこすれて痛くなる心配もなく、大切なバストを保護することにもつながります。

ヨガ用ブラジャー・ヨガブラ

スポーツブラよりもヨガに特化したブラジャーをつくれないか、という発想から生まれたのがヨガブラです。ヨガのためにつくられたブラジャーだから、ヨガブラ。何ともわかりやすいネーミングですね。ヨガブラの見た目は、ごく普通のブラジャーに近いと言えるでしょう。バストをきっちり固定するためのワイヤーが強化されている分、スポーツブラに近い印象をもたれるかもしれません。実際に装着してみると非常に機能性にすぐれており、軽く着けただけで肩甲骨から背筋にかけての筋肉がぴんと引き伸ばされたような感覚になるのだそうです。それでいて窮屈な感じはまったくなく、日中に長い時間装着していても体に負担がかかることはありません。就寝用のナイトブラとして使用している女性も多いようです。

ヨガブラが女性に大人気の理由

食い込みのストレスがない

これは女性にしかわからないかもしれませんが、市販のブラジャーを長時間つけているとワイヤーや生地がバストに食い込んで、窮屈な感じになることがあります。その点、伸縮素材が使われているヨガブラならサイズにもある程度余裕がありますし、ワイヤーそのものも食い込みにくいようにできているため、ヨガの最中だけでなく、日中用や就寝用として長時間つけていてもほとんど違和感がありません。それでいてバストをきっちりと固定し、バスト本来のきれいなかたちを保ってくれるというのですから、まさに女性にとっての強い味方ですよね。

腹式呼吸がしやすい

健康の基本は腹式呼吸であると言われています。腹式呼吸は鼻呼吸や口呼吸と違い、体の内側から意識的に酸素を取り入れるメソッドのため、基礎代謝効率が飛躍的に向上し、ただ呼吸をするだけで脂肪が効率よく燃焼しやすくなります。また、腹式呼吸は普段からエネルギーを消費する呼吸法であるため、知らず知らずのうちにカロリーの消費量が増え、自然と痩せやすい体質に生まれ変わっていきます。ヨガブラは伸縮性のある素材によって腹式呼吸を促す構造となっており、装着するだけで筋肉が刺激され、腹式呼吸に移行しやすい体になっていくと言われています。

デザインが可愛い

ヨガブラも下着の一部なのですから、デザイン性は大切です。ここ数年はさらにバリエーションが増え、着脱しやすいフロントホックタイプやクロストップタイプなど、女性の幅広いニーズにこたえるアイテムがそろえられています。ヨガブラというとスポーツブラに近い印象があるかもしれませんが、実際にはファッション性にあふれ、アウターの肩口からほんの少しだけワイヤーをのぞかせて「見せブラ」としてアレンジするなど、工夫次第でオシャレに変身させることができます。

ヨガ以外のヨガブラの効果

姿勢の改善

連日のデスクワークなどの影響で、現代人のおよそ7割以上は慢性的な猫背であると言われています。女性にとっても、同じ姿勢を長時間つづけることはバストのゆがみにもつながるため決して良いことではありません。ヨガブラには姿勢矯正効果があるため、装着するだけで体の筋肉が引っ張られ、バストが本来の美しいかたちに保たれやすくなります。バストだけでなく、腰や骨盤のラインの矯正にもつながるため、猫背解消のためにヨガブラの着用を積極的に勧める整形外科医も多いようです。

骨盤のゆがみが改善される

普段はあまり意識されることがないかもしれませんが、バストの筋肉と骨盤をささえる筋肉はつながっています。つまり、ヨガブラによって日常的にバストを美しく保つことは骨盤や背骨のゆがみを矯正することにもつながるのです。とくに胸の大きな女性の場合、バストの重みは必然的に体の土台である腰や骨盤に過度な負担をかけることになります。これに連日のデスクワークがくわわれば自分から腰痛を引き起こしているようなものなので、自分に合ったヨガブラを日頃から着用し、ボディラインを正しいかたちに保つ必要があるのです。

寝ている時の横流れ防止

バストの大きな女性の悩みとして、「寝ている間にバストのかたちがくずれる」という声があります。仰向けで寝た場合は重力の影響でバストが横に流されたようになってしまいますし、横向きで寝たとしてもバストのかたちが大きくくずれてしまいます。うつぶせではバストを直接つぶすようなもので、とても安眠はできません。就寝用としてヨガブラを着けることによりバストがきっちりと固定され、仰向けの状態でも重力に流されずにバストの形を美しく保つことができます。

まとめ

もともとはヨガエクササイズ用として開発されたヨガブラですが、最近では就寝用として利用する女性も増えてきています。デザイン性も抜群なので、デートの際に見せブラとして彼氏をドキッとさせるのも面白いかもしれませんね。

手軽なダイエットメソッドとしてすっかり定着した感のあるヨガ。とくに若い女性を中心に人気のようですが、最近ではヨガの効果を最大限に引き出すためのウェアとしてヨガブラが注目されるようになってきています。ヨガブラを着けるとなぜ、ヨガの効果が高まるのでしょうか。一般的なブラジャーとは具体的にどの部分が違うのでしょうか。今回はヨガブラの秘密についてまとめました。

ヨガにおすすめのブラの種類

スポーツブラ

ランニングにも不可欠なスポーツブラ。大きな胸を持つ女性の場合、ヨガでも大きな胸が邪魔になり、余分なエネルギーを消費することになります。小さな胸の女性でも、普通のブラジャーでは胸が固定されず、ポーズをとることが難しくなります。 スポーツブラはバストを完璧に固定するので、余分な動きが少なくなり、ポージングの最中でも筋肉に負担をかける心配がなくなります。デザインも豊富で、一日の気分に合ったコーディネートを楽しむと気分が良くなり、ヨガをもっと楽しめるようになります。

カップ付きインナー

ここ数年、ブラジャーとインナーが一体化したいわゆる「カップ付きインナー」が流行しています。女性にとってはブラジャーをいちいち装着する手間が省けるだけでなく、インナーの内部でバストががっちりと固定されるため、カップ数の大きな女性でも胸の余分な揺れを気にする必要なく、ヨガのポージングに集中することができます。インナーの内側はやわらかい素材でできているため、市販のブラジャーにあるように乳首がこすれて痛くなる心配もなく、大切なバストを保護することにもつながります。

ヨガ用ブラジャー・ヨガブラ

スポーツブラよりもヨガに特化したブラジャーをつくれないか、という発想から生まれたのがヨガブラです。ヨガのためにつくられたブラジャーだから、ヨガブラ。何ともわかりやすいネーミングですね。ヨガブラの見た目は、ごく普通のブラジャーに近いと言えるでしょう。バストをきっちり固定するためのワイヤーが強化されている分、スポーツブラに近い印象をもたれるかもしれません。実際に装着してみると非常に機能性にすぐれており、軽く着けただけで肩甲骨から背筋にかけての筋肉がぴんと引き伸ばされたような感覚になるのだそうです。それでいて窮屈な感じはまったくなく、日中に長い時間装着していても体に負担がかかることはありません。就寝用のナイトブラとして使用している女性も多いようです。

ヨガブラが女性に大人気の理由

食い込みのストレスがない

これは女性にしかわからないかもしれませんが、市販のブラジャーを長時間つけているとワイヤーや生地がバストに食い込んで、窮屈な感じになることがあります。その点、伸縮素材が使われているヨガブラならサイズにもある程度余裕がありますし、ワイヤーそのものも食い込みにくいようにできているため、ヨガの最中だけでなく、日中用や就寝用として長時間つけていてもほとんど違和感がありません。それでいてバストをきっちりと固定し、バスト本来のきれいなかたちを保ってくれるというのですから、まさに女性にとっての強い味方ですよね。

腹式呼吸がしやすい

健康の基本は腹式呼吸であると言われています。腹式呼吸は鼻呼吸や口呼吸と違い、体の内側から意識的に酸素を取り入れるメソッドのため、基礎代謝効率が飛躍的に向上し、ただ呼吸をするだけで脂肪が効率よく燃焼しやすくなります。また、腹式呼吸は普段からエネルギーを消費する呼吸法であるため、知らず知らずのうちにカロリーの消費量が増え、自然と痩せやすい体質に生まれ変わっていきます。ヨガブラは伸縮性のある素材によって腹式呼吸を促す構造となっており、装着するだけで筋肉が刺激され、腹式呼吸に移行しやすい体になっていくと言われています。

デザインが可愛い

ヨガブラも下着の一部なのですから、デザイン性は大切です。ここ数年はさらにバリエーションが増え、着脱しやすいフロントホックタイプやクロストップタイプなど、女性の幅広いニーズにこたえるアイテムがそろえられています。ヨガブラというとスポーツブラに近い印象があるかもしれませんが、実際にはファッション性にあふれ、アウターの肩口からほんの少しだけワイヤーをのぞかせて「見せブラ」としてアレンジするなど、工夫次第でオシャレに変身させることができます。

ヨガ以外のヨガブラの効果

姿勢の改善

連日のデスクワークなどの影響で、現代人のおよそ7割以上は慢性的な猫背であると言われています。女性にとっても、同じ姿勢を長時間つづけることはバストのゆがみにもつながるため決して良いことではありません。ヨガブラには姿勢矯正効果があるため、装着するだけで体の筋肉が引っ張られ、バストが本来の美しいかたちに保たれやすくなります。バストだけでなく、腰や骨盤のラインの矯正にもつながるため、猫背解消のためにヨガブラの着用を積極的に勧める整形外科医も多いようです。

骨盤のゆがみが改善される

普段はあまり意識されることがないかもしれませんが、バストの筋肉と骨盤をささえる筋肉はつながっています。つまり、ヨガブラによって日常的にバストを美しく保つことは骨盤や背骨のゆがみを矯正することにもつながるのです。とくに胸の大きな女性の場合、バストの重みは必然的に体の土台である腰や骨盤に過度な負担をかけることになります。これに連日のデスクワークがくわわれば自分から腰痛を引き起こしているようなものなので、自分に合ったヨガブラを日頃から着用し、ボディラインを正しいかたちに保つ必要があるのです。

寝ている時の横流れ防止

バストの大きな女性の悩みとして、「寝ている間にバストのかたちがくずれる」という声があります。仰向けで寝た場合は重力の影響でバストが横に流されたようになってしまいますし、横向きで寝たとしてもバストのかたちが大きくくずれてしまいます。うつぶせではバストを直接つぶすようなもので、とても安眠はできません。就寝用としてヨガブラを着けることによりバストがきっちりと固定され、仰向けの状態でも重力に流されずにバストの形を美しく保つことができます。

まとめ

もともとはヨガエクササイズ用として開発されたヨガブラですが、最近では就寝用として利用する女性も増えてきています。デザイン性も抜群なので、デートの際に見せブラとして彼氏をドキッとさせるのも面白いかもしれませんね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.