感動・泣き

糖質制限ダイエットに野菜は効果的?正しい食べ物の選び方とは

投稿日:

糖質制限ダイエットというのは、知っている人の方が多いかもしれませんが、知らない人も中にはいると思われます。実際、効果としてはかなり高いものです。ダイエットと言ったら、食べないようにすることが言われていますが、実際のところは違います。

ダイエットの意味は、健康的な体を維持することであって、無理をして食べないで体重を減らすということではありません。では、この糖質制限ダイエットというのは一体何をするのでしょうか。その他にもいろいろなことについて知っていきましょう。

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとは何かをまずは知っていきましょう。文字通り糖質を制限することによって実現できるダイエット方法ですが、これについて詳しく理解していきましょう。

糖質について知ろう

糖質と言えば、砂糖なんかに含まれているものである、お米やパンにも糖質は含まれていることはちょっと調べればわかることです。ちなみに、糖質というのは、厳密には食べ物の中の栄養素から食物繊維を除いたものです。食物繊維の量が多ければそれだけ糖分は少なく、逆であれば糖質は多くなるということになります。

この糖質は、人間の体の活動を助けるための働きをしてくれます。また、人間の身体に吸収されることによって、最終的には中性脂肪となって緊急事態に備えるような働きも持っているのです。角砂糖があれば何か月も生きることができるというのはあながち嘘ではないというわけです。生命維持にとって糖質は大事な役割を果たしているわけです。

具体的に何をすればいい?

実際に何をすれば良いのかということですが、これは単純で糖質摂取をする量を調整するだけです。最大のポイントは、糖質を全く摂らないのではなくて、少量でも摂っておくということです。全く摂らないでいると、身体が動かなくなってしまうような肉体的なトラブルを招いてしまう可能性があるのです。目安としては、1日20グラム、最大でも50グラム程度にしておきたいところです。

この食事の制限に関してですが、脂質とたんぱく質に関しては制限が特にありません。ですから、糖質以外はある程度好きに食べてしまっても構わないのです。それこそ、おなか一杯のささみ肉を食べるというのもアリです。問題は糖質の摂り過ぎになりますから、ささみのように脂質も糖質もないようなものであれば特に問題はありません。

効果はどのくらいで出る?

多くの方が気になるのは、やはりどのくらいで効果がでるのかということでしょう。痩せることを考えたときにはその効果は大きいと言われています。下手に何も食べないよりも、体が痩せやすい体質に変わっていくこともあって、試した人からの評判も上々だと言われているのです。

効果が出るまでの期間についてですが、これは元々肥えている人であればあるほど効果が高いと言われています。糖質を制限することによって、脂質とたんぱく質が燃焼するためであり、それによって高い痩せ効果が期待できるわけです。ちなみに、早い人であれば1週間もあれば十分に効果があると言われているのです。遅くとも1か月も続ければかなりの効果を得ることができるとみても良いでしょう。

糖質制限と野菜

糖質制限ダイエットにおいて、健康面を考えたときには摂取したいと言えるのが野菜です。ですが、野菜ならばすべてオッケーというわけではありません。では、どのような野菜ならば良いのでしょう。糖質制限と野菜について知っていきましょう。

ダイエット成功の切り札

糖質制限ダイエットに限らず、ダイエットの大敵はやはり空腹でしょう。その空腹に立ち向かうことができるのが野菜なのです。緑の葉物野菜であれば、おなか一杯食べても問題ないくらいにたくさん食べることができます。ですから、おなかがすいた、どうしても食べ物を食べたいという気分になることを防いでくれるのです。だからこそ、ダイエット成功の切り札と言えるわけです。

糖質が低い

糖質の多い野菜というのは確かにあります。ですが、ここでは糖質が低い野菜について紹介します。まず。レタス、キャベツ、小松菜、せり、ホウレンソウ、春菊、モロヘイヤ、水菜、明日葉、三つ葉、白菜、青梗菜おといった葉物野菜全般です。その他の野菜については、にら、大根、生姜、あさつき、パセリ、カブ、シソ、たけのこ、ししとう、さやいんげん、みょうが、那須、セロリ、キュウリ、カリフラワー、グリーンアスパラ、ピーマン、ブロッコリー、おくらなどになります。こうした野菜であれば、普通に食べることができます。好きな野菜があればおなかがすいたときに積極的に食べるようにすると良いでしょう。

ドレッシングも意識しよう

食べ方は別になんでも良いです。ただし、ドレッシングを使うのであれば、それにも目を向けましょう。調理方法によっては野菜は糖質が多くなってしまいますから、その時には塩を振るなどしてみると良いでしょう。ドレッシングにも糖質はありますから、使いたいならば低糖のものを選ぶことを意識してみると良いでしょう。

病気も予防出来る

糖質制限ダイエットは、身体を痩せやすい体、健康的な体に作り替えることができます。ですから、当然健康にとってプラスなのですが、そこに野菜のパワーが加わることによって、さらに病気予防の効果も期待が持てるわけです。もちろん、万能ではないにせよ、ビタミンやミネラルが満点の野菜をしっかり食べる習慣が身に付けば、免疫力豊富な体を作り上げることができるはずです。

糖質制限の食材選び

もしも糖質制限で苦しんでいるとしたら、食べ物をしっかりと選ぶことが大事です。もちろん、少しずつ食事の習慣を変えていくことも継続をするためには大事なことです。では、どのようにして食材を選ぶのが良いでしょう。

段階を分けて選ぶ

糖質制限の食事というのは、段階を分けて選ぶことが大事です。人の体というものは個人差がありますから、すべての人が全く同じ食生活に即座に切り替えることができるということはまずありません。その人の食生活の環境を一気に変えてしまうことで、多大なストレスを与えてしまう可能性もあるのです。さらには、リバウンドや暴飲暴食にもなる可能性があります。ですから、段階をしっかりと踏んでから食事を選ぶことが大事になります。糖質制限というものをライフスタイルとして定着させるために、無理のない範囲から徐々に始めていくことが良いでしょう。ごはんの量も徐々に減らしていく、糖質をゆっくりとカットしていくという方法を選ぶのが良いかと思われます。

食べても良い肉とは

糖質制限をしているとき、実は肉を食べても良いのです。加工品でなければ特に気にすることはありません。牛肉全般、鶏肉全般、豚肉全般、羊肉、馬肉、ジビエ、エビやカニ、魚類全般、イカ、タコ、鶏や魚の卵などです。魚も肉も好きなだけ食べることができるというのは嬉しいものです。ちなみに、油に関してですが、良質な脂を摂取することを意識したいです。特に青魚の油は良質ですから、そこも意識してみると良いでしょう。

ちなみに、食べても良いと言っても、カロリーや脂質を気にするのであれば、やはり脂質の少ない肉を食べることを考えてみると良いでしょう。好きなものを食べることができるのが魅力の糖質制限ダイエットなのですが、摂取カロリーが消費カロリーを超えないようにすることが大事となります。

おすすめの魚

魚というのは、実に脂っこいイメージもあると思いますが、実は不飽和脂肪酸というもので、脂肪になりにくい脂です。糖質制限中には、脂質の吸収されやすい体質になっていますから、気になるのであれば、大根と一緒に焼き魚をすると良いでしょう。それから、青魚を選ぶと、DHAやEPAが含まれていてさらに体にも良いのです。

おすすめの野菜や果物

糖質制限ダイエットにおいて、野菜として食べるのであれば、ベーシックなレタスやきゃべつ、そしてホウレンソウといった葉物野菜全般を選ぶのが良いでしょう。ちなみに、もしも果物を選ぶのならば、アボガドや梅といったものを選ぶのが良いでしょう。特にアボガドは1個全部食べても糖質は1.5グラムという破格の果物です。満足度も十分です。

まとめ

糖質制限ダイエットにおいて、もっとも大事だとされるのは生活習慣です。食べ物からあらゆるところにおいてしっかりと気を使ってあげることが大事です。うまく利用をして糖質制限ダイエットを成功させましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.