感動・泣き

国立病院ダイエットってどんなもの?話題の最新ダイエット法を伝授

投稿日:

「国立病院ダイエット」のポイント!

世の中には様々なタイプのダイエットがありますが、それぞれ特徴が異なっています。カロリーに関して制限を設けるタイプの実行方法がありますが、同様にカロリーの摂取を抑える点で似ているのが国立病院ダイエットです。海外で考案されたダイエット法ですが、その後日本でも知られるようになり、ダイエット法の1つとして実行されるようになりました。

この方法では、確実にダイエットを成功させていくために、いくつか実行をする際に覚えておきたいポイントというものがあります。通常ダイエットでは正しい方法で実行しなければ確実なダイエット効果を得ることが難しくなってしまいます。国立病院ダイエットを実行する方も同じように、ポイントをしっかりと理解してからスタートさせることが大切です。そこでポイントについて説明していきたいと思います。

1日目のメニューから始める

国立病院ダイエットでは毎日食べるメニューはあらかじめ決まっています。このダイエットを開始する場合は、1日目のメニューから必ず始めていくことが必要です。1日目では3食必ず食べますが、どの食事でもゆで卵を食べます。また野菜を多く食べるようになっています。

人参、きゅうり、トマトは毎日食べる

野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、またローカロリーなためダイエット中でも安心して食べることができるものです。このダイエット法では野菜の中でも人参、きゅうり、トマトを毎日必ず食べるようになっています。同じ食材を食べるため、習慣にしやすいメリットがあります。

アルコール、イモ類は食べない

このダイエット法でも食べてはいけない食材がありますが、アルコールは口にしてはいけないようになっています。アルコール好きな方には辛いですが、ダイエット中は避けなければなりません。またデンプンを多く含むイモ類も食べてはいけないようになっています。

コーヒーはブラックで、食事以外での水分摂取は控える

コーヒーが好きな方は多いですが、国立病院ダイエットではノーカロリーなので飲んでも問題ありません。しかしミルクや砂糖はカロリーがあるため、これらを入れずにブラックで飲むようにします。またむくみの原因になる過剰な水分摂取を避けるため、食事以外で水分を摂ることも控えなければなりません。

トーストはご飯に、茹で卵は豆腐や納豆に換えてもOK

日本人にとってご飯は重要な主食ですが、このダイエット法では通常はトーストとなっています。しかしトーストをご飯に換えても問題はありません。また多く登場してくる茹で卵ですが、この食品も同じようにたんぱく質を多く含む豆腐や納豆に変更しても基本的に問題ありません。

このダイエットのメリットとは

カロリー制限を基礎とした国立病院ダイエットでは、様々な点でのメリットが感じられます。特に今後もダイエットを継続的に行っていけるようなメリットが多いのが特徴的です。具体的にはどういった点でのメリットがあるのでしょうか。

リバウンドをしにくくなる

ダイエット法によってはリバウンドを引き起こしてしまうことがあります。特に絶食などを行う方法では起こりやすいものです。国立病院ダイエットでは1日3食を基本としているため、体の防御反応であるリバウンドを引き起こす心配がありません。

短期間で効果が得られる

国立病院ダイエットは1日3食必ず食べますが、摂取カロリーを低く抑えることができます。そのため確実にダイエットを行っていくことができますし、短期間で見た目での変化を感じることができます。そのため、モチベーションをキープすることができます。

摂取カロリーを抑えることができることに加え、食事を毎日きちんと行うため、ストレスを感じることがありません。そのため断念することなく実行を継続していくことが十分に可能です。短期間で効果が得られ、また継続して行っていけるため、成功しやすいダイエットといえるでしょう。

食に対しての意識が変わる

毎日きちんと食事をしますし、また野菜もしっかり食べるため、ヘルシーさも感じることができるのがこのダイエットのメリットとなっています。健康的な食事をしながら痩せていくため、食に対して正しい意識を持っていくことができます。

このダイエットでは必要以上に食べ過ぎるといったことがないため、今までいかに多くの食事をしてきたのかがよくわかることでしょう。それによって今後も過剰なカロリー摂取をしないように心掛けていくこともできます。

実は海外?名前の由来は?

国立病院ダイエットという名称のこのダイエットですが、この名称だけを見ると何となく国立病院で考案された、患者さん向けのダイエットメニューと勘違いをしてしまう方も結構多いものです。しかし実際にはこのダイエットは日本国内の病院で考案されたものではなく、海外で実は始まったダイエット方法なのです。

そこでまずこのダイエットの詳細について説明してみたいと思います。これを知ることによって、自分にとって実行しやすいダイエット方法なのか、検討していきやすいことでしょう。

デンマーク国立病院考案のダイエット

国立病院ダイエットは毎日きちんと正しく食事をしながら痩せていくというダイエット法ですが、この方法は実は日本で考案されたものではありません。これはデンマークが発祥とされています。正しくはデンマークにある国立病院が考案した方法なのです。

この国立病院ダイエットという名前で日本国内では知られていますが、この他にマヨグイニット法ダイエットとも言われています。どちらも同じ方法を指しています。この方法ではトーストを食べることになっていますが、日本国内ではトーストだけではなく、日本人向けのアレンジとしてご飯に変更してもいいなど、形を変えて実行いている方もいます。

メニューが最初から決まっているので悩む必要がない

別名マヨグイニットダイエット法と言われている国立病院ダイエットですが、大きな特徴として2週間の期間、決められたメニューを必ず食べるというお約束があります。2週間の間は決められたもの以外は食べてはいけないのが原則となっているため、ストイックな方法だと感じる方もいるかもしれません。

しかしメニューがあらかじめ決められているため、食べるものに迷うことがありませんし、決まったものを食べるために他に面倒なことをする必要がなく、簡単にダイエットを実行したい方には特に向いている方法となっています。決まった内容の食事を淡々と行い、2週間継続すれば終了するため楽な方法と感じられることでしょう。

簡単なメニューで始めやすい

ダイエット法の中には決まりが多く、また食事をする際に食べてはいけないものが多くあったり、また用意するのが面倒に感じてしまうものもあります。その点このダイエット法は茹で卵や数種類の野菜など、メニューが簡単で用意するのが楽な点も嬉しいポイントです。

日常的に料理をしない方でも始めることができますし、仕事などで忙しい方であっても取り組みやすい方法だといえます。また自宅以外で食事をしなければならない場合でも、この方法ならメニューを崩す必要がありません。

最新の方法について

国立病院ダイエットも日本で注目された当初から時間を経過した現在、内容が進化しているといえます。より一層健康的に実行することができ、美しく痩せたい方には特にピッタリの内容となっています。最新の国立病院ダイエットですが、いくつかの点で変化が見られます。

これからこのダイエットを始めてみようと思った方は是非最新版の方法の情報を知り、チャレンジしてみてください。それではどういった点が具体的に変更になっているのでしょうか。

1日1200㎉にする

最新版の国立病院ダイエットではトータルの摂取カロリーがアップし、1日1200㎉は確保するようになりました。以前よりも摂取してもいいカロリーが上がったため、空腹感を感じにくくなり、多く食事をしないと満足できない、つい過食をしてしまう方でも取り組みやすくなりました。

またカロリーの点の上昇に伴い、栄養面での改善もみられ、より健康的で美しく痩せていくことが期待できるようになっています。以前の国立病院ダイエットで失敗してしまった方も、再度最新版でチャレンジしてみることをお勧めします。

パンは食パン以外でもOK

従来の方法であればパンが基本となっていました。またパンもトーストだけではなく、イングリッシュマフィンやバケットなどでも代用可能となっています。しかし日常的にあまりパンを食べない方にとってご飯が食べられないとストレスを感じてしまう方もいることでしょう。

最新版ではカロリーの点を考慮に入れながらご飯を食べてもよくなりました。日ごろ和食を食べるという方も、このダイエット法をストレスを感じることなくチャレンジすることができます。

卵料理はさまざまな調理方法でOK

従来の方法では卵が頻繁に登場しましたが、ただ調理法は1種類で、茹で卵のみとなっていました。そのため食事が単調になり、ストイックすぎて脱落してしまう方もいました。しかし最新版になり、卵に関しても変更がありました。

最新版では卵の調理方法については、カロリーが多い油脂は使用を避けますが、この条件さえクリアすればどんな卵料理でも基本的に問題なく食べることが可能です。そのため食事にバリエーションを持たせることができます。

いろんなフルーツを食べることが可能に

これまでの国立病院ダイエットでは、基本的にグレープフルーツのみとなっていました。そのためグレープフルーツが苦手な方、また酸味の強いフルーツは好きではないといった方にとって辛い方法でもありました。

しかし最新版の方法では従来のグレープフルーツのみの指示からバナナやリンゴ、いちごに変更が可能になりました。そのため自分の好きなフルーツを選択したり、また気分によって変えたりすることができるようになっています。

おすすめの本

国立病院ダイエットを始めてみたいという方には、関連する本を一冊用意し、じっくりと読んでから開始するのもお勧めです。またダイエットを開始してから停滞期に入った時など、モチベーションを上げるために書籍の力を借りてみるのもいいのではないでしょうか。そこでお勧めしたい書籍について選択してみました。

新国立病院ダイエット―2週間で無理なくヤセる! (レディブティックシリーズ (1891))

新国立病院ダイエット―2週間で無理なくヤセる! (レディブティックシリーズ (1891))
最新版の国立病院ダイエットの本となっています。従来の内容をアレンジし、楽しくおいしくチャレンジすることができるように工夫されています。健康にいい病院食を利用したダイエット法ですが、詳細を知らなかった方にも一度読んでいただきたい内容となっています。

毎日の食事のカロリーガイド

毎日の食事のカロリーガイド
食事に関するカロリーを知りたいという方にもおすすめな一冊です。最新版の国立病院ダイエットでは食品の変更が可能になっていますが、カロリーを考慮に入れながら上手に変更をしていく必要があります。より一層楽しくこのダイエットを行っていきたい方には特にピッタリな書籍となっています。

日本食品成分表2017 七訂 本表編

日本食品成分表2017 七訂 本表編
健康的に、また美しくダイエットを行っていく際に食品に含まれる成分は知っておきたいところでしょう。それぞれの食品のカロリーだけではなく、成分の計算もできるようになっています。

まとめ

国立病院ダイエットも進化をしており、従来の方法からより楽しく、また健康的に実行していくことができるようになりました。病院で考案された安心な方法でダイエットを成功に導くために、正しい知識を持つことが何よりも大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.