感動・泣き

糖尿病の人がする食事制限のコツ!糖質を取らないおすすめの食品も紹介

投稿日:

生活習慣病の一つとして知られているのが糖尿病です。糖尿病に罹患すると、糖質制限を余儀なくされ、重たい合併症に悩むこともあります。糖尿病は発症してしまうと、治療することは難しい病気です。

若い世代でも糖尿病に罹患することがあるので、早いうちから食事制限する必要があります。今回は、糖尿病を罹患している人の食事制限のコツや、糖尿病にならないための食事制限について紹介していきます。

まずは糖尿病の基本を知ろう

なぜ、糖尿病になる?

私達が生命維持をするために、体にあるブドウ糖が使用されています。ブドウ糖がないとエネルギー源が絶たれてしまうため、糖質を摂取することは大切です。問題なのは、必要以上に糖質を取ってしまうことです。血糖値を下げる働きとしてインスリンの分泌があります。

インスリンの働きによって血糖値が正常な値を保つことができますが、過剰に糖質を取ってインスリン分泌が過剰になるとバランスが崩れてしまうのです。インスリンが十分に血糖値を下げることができなくなり、糖尿病になってしまいます。

糖尿病になりやすい人の特徴

糖尿病は糖質の過剰摂取によって起こりやすい病気なので、甘いものが好きな人が罹患しやすいと思われがちです。しかし、実際に糖尿病になっている人を見ると甘いものが好きな人ばかりではありません。偏った食生活をしている人、運動不足の人、睡眠バランスが崩れている人など、生活習慣が乱れているのが一般的です。生活習慣病と言われている所以でもあり、乱れた生活を送っている人は注意が必要です。誰にでもなりうる可能性があります。

糖尿病の自覚症状

糖尿病であることに対して自覚症状はほとんどありません。そのため、糖尿病に罹患していることに気付かず、どんどん状況を悪化させてしまうこともあるのです。糖尿病の人は、自分が糖尿病であることを疑って病院で検査を受けるよりも、人間ドックなどで判明する場合が多いのも特徴になります。糖尿病のリスクに備えるためには、日頃から定期的に健康診断を受けることが大切です。特に中年以降は罹患率が高くなるので注意しましょう。

放っておくとどうなる?

糖尿病はサイレントキラーという別名があるように、自覚症状がないまま進行していく病気です。糖尿病をそのまま放置している状態が続くと、腎臓に大きな負担を与えてしまい重大な合併症を引き起こすことがあります。糖尿病と診断された後は適切な治療をすることで症状を軽減することは可能です。問題なのは、糖尿病であることに気付かず、症状を悪化させてしまった場合です。糖尿病の怖さは、悪化したときの合併症にあることを覚えておきましょう。

糖尿病の食事制限のポイント

必要なエネルギー量を把握する

糖尿病で気をつけないといけないのは、エネルギー量を把握することです。特に糖質を過剰摂取すると糖尿病の罹患率が上がるため、糖質の摂取量の把握は必要になります。一回の食事でどれだけのエネルギー源を体に蓄えているのか、また運動によって消費しているエネルギー量を把握することも大切です。エネルギー量を把握することは、糖尿病に備えるだけでなく、ダイエットの面からも効果が期待されます。

食事の回数は減らさない

糖尿病の場合は、一日に必要なエネルギー量を計算し、三回の食事分で割るのが基本になります。食事制限を行っても、食事の回数は減らさないのが基本です。急に食事をすると血糖値が上がりすぎるため、食事の回数を増やして血糖値の上昇を緩やかにさせることが目的になります。また食事を取るときの時間帯に関しても、夜の遅い時間は消化に悪いため避ける必要があります。食事制限をする場合は、食事の回数についても考えましょう。

栄養のバランスは整える

糖尿病の食事制限は、栄養のバランスが整っている食事をすることがポイントです。体にいいからと言って、栄養価の高い食材ばかりを取るのは注意が必要です。糖尿病だからと言って食べてはいけないものがあるわけではありません。糖質も摂取を控えることが大切なのであって、まったく摂取しないわけではないので注意が必要です。ただし、高血圧になっている場合は、減塩が必要になります。塩分の取りすぎには気をつけましょう。

糖尿病の食事制限で気を付けること

焦って食べない

糖尿病になっている場合は、急激な血糖値の増加に注意する必要があります。血液中の糖質が上がるのは、早食いをも原因の一つです。焦って早く食べてしまうと、血糖値が上がるため、ゆっくり噛んで食べることも必要です。

また焦って食べると食べる量が増えてしまうため、必要以上に食べてカロリーが増えてしまいます。スマホを触る、テレビを見ながら食べるなど、ながら食事も消化に悪いので注意しましょう。

食品を計量して記録に残す

糖尿病に罹患している場合は、食品を計量して記録に残すことも大切です。記録に残すことによって自分がどれくらいのエネルギーを摂取しているのか把握することができます。糖尿病と診断された後は、食事制限を行うのが基本です。また、糖分や炭水化物などの糖質は特に注意しましょう。

お菓子や清涼飲料水は控える

お菓子や清涼飲料水には多くの糖質が含まれています。間食として取ることも多いお菓子ですが、一日の食事リズムで見るとお菓子は不要です。甘いものを我慢していると、ストレスが溜まって暴食に走ることもあるので、我慢ができない場合はチートデイを設けるのも方法の一つです。お菓子や清涼飲料水を摂取する場合は、できるだけ糖質カットされているものを選んで摂取するようにしましょう。

濃い味の食事は控える

糖尿病に罹患している場合、濃い味の食事はできるだけ避けるようにしましょう。糖尿病と言えば糖質の摂取が厳禁というイメージがありますが。塩分の取りすぎも糖尿病には悪影響です。濃い味付けの食事には多くの塩分が使用されており、辛さをカバーするために砂糖も多く使用されています。使用されている食材の糖質が少なくても、味付けが濃くなってしまうと意味がありません。

糖尿病の食事制限におすすめの食品

【糖質制限は国産大豆100%全粒粉の手造り麺】 冷凍生麺タイプ 大豆まるごと元気麺 80gx20玉入

【低糖質なら国産大豆100%全粒粉の手造り麺】 冷凍生麺タイプ 大豆まるごと元気麺 80gx20玉入

 

糖尿病の食事制限では、糖質の少ない食材を取るのが基本になります。麺類は多くの炭水化物を含んでいるため、糖質の多い食品にカテゴライズされます。しかし、この商品は炭水化物の主となる小麦粉の代わりに、大豆が使用されているので、大幅に糖質がカットされている麺です。麺料理として食べることができるので、糖質を抑えたい人におすすめです。

糖尿病性腎症食(エネルギー200Kcal たんぱく9g 塩分1.7g カリウム500mg)商品名:カロリーたんぱく調整食(12食セット)

糖尿病性腎症食(エネルギー200Kcal たんぱく9g 塩分1.7g カリウム500mg)商品名:カロリーたんぱく調整食(12食セット)

 

糖尿病性腎臓食として販売されており、糖尿病の人が安心して食べることができる栄養バランスになっています。糖質はもちろんのこと、塩分も大幅にカットされているのが特徴です。日によってメニューが大きく変わるため、食味を楽しむことができます。カロリー制限もできるので、ダイエットをしている人にもおすすめです。

味の素 パルスイート カロリーゼロ液体タイプ 350g ×3セット

 

糖尿病の食事制限は、砂糖や炭水化物の摂取を控える必要があります。甘いものを控えますが、この商品は糖質がない甘味料です。自分でスイーツを作るときに、砂糖の代わりに使用することができます。また、コーヒーなどの飲料に使用することで甘みを増やすことも可能です。糖質制限をしているとき、所持しておきたい食品の一つになります。

まとめ

いかがでしたか?糖尿病は、誰でも発症する可能性がある病気です。自覚症状がないまま、進行することも多いので、定期的に健康診断を受けて体の状態を把握する必要もあります。

また、食事制限をするときは、極端な食事制限を避けてバランスのよい食事を心がける必要もあります。糖尿病は防げる病気であり、罹患しても悪化を防ぐことができる病気です。取り返しがつかない状態にならないためにも、早めの対応を心がけましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.