感動・泣き

糖質制限中に頭痛が起きるのはなぜ?ダイエット成功に導く秘訣とは

投稿日:

糖質制限を行うことによって、いろんな効果が期待できます。糖質を制限すると、脂肪が減りやすくなってダイエットにつながることもありますし、その他にも健康にとって良い効果が期待できると言います。ですが、糖質制限を行うことによって、頭痛が起こることもあると言います。その原因、そしてダイエットを成功させるにはどのような点をおさえるのが良いのでしょう。

糖質制限時に頭痛が起きる原因

糖質制限をしていると頭痛が起こることがあると言います。その原因は、果たしてどこにあるのでしょうか。しっかりと理解をしておくことはとても大切なのです。

ビタミン不足

糖質制限を行った場合、ビタミンが不足する可能性が出てきます。それまで食べていたものがあって、それをやめたとしたら、別のところから栄養を引っ張ってくることになると思いますが、結局糖質制限のための食べ物でそれをカバーできない可能性が出てくるわけです。実際、糖質制限は糖質が多く含まれるものを避けるということですから、たくさん食べられないということはありませんし、野菜も食べて良いですから、そのようなケースに陥ることはあまりありません。それでも、可能性としては十分に考えられますから気を付けたいところです。

ミネラル不足

ビタミンと同じように、ミネラルも不足してしまうことがあります。これは、糖質制限を極端に行ってしまった場合、食事にも偏りが生まれてしまい、結果として人間の体にとって必ず必要になるミネラルが不足してしまうというわけです。頭痛の他にも色々と体にとって良くない影響が出る可能性がありますから、十分に気を付けなければなりません。

水分不足

糖質制限を行う目的といったら、糖尿病の治療でないならば、ダイエットが目的となることが多いはずです。本来であれば、糖質制限を行っていれば順調にダイエットが実現できるはずですが、それに加えて大量に汗をかいて水分を減らしてウエイトを落とそうという、ボクシング的な発想をする人もいるみたいデス。ですが、これはあくまでも一時的に行うものでありますし、普通の人が行うと命の危険すらあると言われているのです。水分不足だと、頭痛はもちろん、吐き気やめまいなども起こる可能性がありますから、水分補給は適度に行っておいた方が良いのです。

摂取する食事の量が少ない

頭痛というのは、食べる食事の量が少ない場合も起こりうる可能性があります。糖質制限というのは、そもそも糖質のある食事を食べない、あるいはその量を選ぶというものです。ですから、摂取する食事の量が少ないということは、間違った制限であることを知っているのであれば起こらないことなのです。

もちろん、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が下回っている場合はNGですから、食べる量を減らす必要性も時にはあるのは確かです。それでも、どうしても食べたらダメと勘違いしてしまい、食事を減らすことによって頭痛が出てしまうことがあるとのことです。

正しい糖質制限とは

糖質制限と言っても、やみくもに行って良いものではありません。きっちりと中身を理解して行わなければ良い結果にはつながらないのです。では、この正しい糖質制限というのは一体どのようなものなのでしょう。

糖質摂取量を減らす

正しい糖質制限というのは、糖質摂取量を減らすということです。よく勘違いしてしまうのが、食べなければ良いということです。結果的に糖質を避けることができれば、別に何を食べても問題はありません。パンやごはんといった、糖質の多いものは極力避ける必要はありますが、その代わりに糖質制限というのは、肉類を食べても問題はありません。

鶏のささみや豚肉、牛肉だって食べることができます。野菜だって葉物野菜、例えばキャベツやレタスも食べることができます。そして、おなか一杯食べてももちろん良いです。摂取カロリーの分の運動をする必要はあります。摂取カロリーが消費カロリーを超えてはダメですから、その恐れがある場合は当然運動をした方が良いです。とにかく食べ物の選択の中に、糖質が少ないものを選ぶことを意識しましょう。1日の摂取量は20グラムから50グラム程度に留められるのが理想的です。

たんぱく質を意識的に摂取

糖質制限の際には、たんぱく質を意識的に摂取することを心がけましょう。糖質制限の場合には、糖質を減らす分たんぱく質で補う必要性が出てきます。ですから、たんぱく質を積極的に摂らなければなりません。1日あたりにおけるたんぱく質の摂取目安は、男性が50グラムから60グラム、女性の場合は40グラムから50グラムとなっていますが、糖質制限をしているのであれば、これでは足りません。糖質制限ダイエットをしている人がたんぱく質を制限してしまうと、カロリーが不足してしまい、他の場面で不都合が生じます。

ちなみに、糖質制限においては、肉や魚はいくらでも食べることができるようになっています。それでは、たんぱく質を過剰摂取した場合には、どのような影響が出るのかについて見てみましょう。肝臓や腎臓に負担がかかる、太る、 尿路結石、腸内環境の乱れなどがあります。

カプサイシンやLカルニチンを含む食材を食べる

カプサイシンやLカルニチンを食べることによって、血行を促進してくれる効果を得ることができます。血行が促されることによって、基礎体温の上昇、そして新陳代謝のアップが期待できます。また、カプサイシンには、血糖値の上昇を抑える効果があり、摂取した糖質がインシュリンにより脂肪に変えられるのを防ぐことができるのです。

必須脂肪酸を摂取

必須脂肪酸には、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸といった2つの脂肪酸があります。このうちの不飽和脂肪酸は、心臓、脳、循環器系、皮膚といった組織に必要な栄養源を供給します。また、コレステロールをコントロールする役割もあるのです。そして、不飽和脂肪酸は人間の命にとって極めて重有な成分であることから、必須脂肪酸と呼ばれているのです。ただ、人間の体からは作ることができないため食事からの摂取が重要になるわけです。

糖質制限時に読んでおきたい本

糖質制限を行う場合に、読んでおきたい本があります。そうした本について紹介していきます。ぜひ読んでみてほしいです。

帰宅して10分で作れる 糖質制限やせる夜ごはん (芸文ムック)

帰宅して10分で作れる 糖質制限やせる夜ごはん (芸文ムック)

全てのレシピが10分以内で作れる、包丁・まな板いらずで作れる、作り置きの必要なし、1皿で満腹になれる、洗い物が少ない、どこにでも売っているもので作れる、野菜もしっかり食べることができるというとても有用な糖質制限に使えるレシピ本です。

人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書)

人類最強の「糖質制限」論 ケトン体を味方にして痩せる、健康になる (SB新書)

糖質制限にトライをしてみたけども、今一歩どうしても踏み出せない、トライしてみたけども、リバウンドしてしまったという人、なかなか成功させるのが難しい糖質制限です。やはり炭水化物が好きな人にとってはなかなかダイエットへの道を踏み出すというのは難しいのです。平均的な日本人は摂取カロリーの6割以上を炭水化物から得ているのです。そんな炭水化物が好きな人にとって効果的な糖質制限論を紹介した一冊となっています。

一生健康!糖質オフ!が分かる本

一生健康!糖質オフ!が分かる本

糖質制限について、知っていると見せかけてあまり知らないという人は多いのではないでしょうか。そんな人にとっては、この本は糖質制限の20の常識について知ることができます。痩せるためには何を食べたら良いのかといったことをはじめとした内容について知ることができるのです。糖質オフと言っても、具体的にどうしたら良いのか悩んでいるという人にとって、最高のバイブルになるはずです。

まとめ

糖質制限というのは、中身を知ってみるととてもシンプルなものであることが分かります。色んなポイントを押さえてしっかりと糖質制限を成功させてほしいものです。そのために、しっかりとここでの内容をまずは理解してみてほしいものです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.