感動・泣き

リンゴダイエットの効果と最新の「1食置き換え」のやり方を徹底紹介!

投稿日:

ダイエットに関心のある方だとリンゴダイエットについてもご存知ではないでしょうか。一時期爆発的な人気を見せたダイエット方法ですし、メディアにも取り上げられたことで多くの方がリンゴダイエットを実践していました。

現在では一時期ほどの勢いはないものの、リンゴダイエットにトライしているという方も未だにいます。ここでは、そんなリンゴダイエットの効果や最新のやり方などについてもご説明しますから興味がある方はぜひ参考にしてください。

1食置き換えリンゴダイエットのやり方と効果

リンゴダイエットと一口に言っても実際にはいろいろな方法がありますし、もともとのリンゴダイエットを自分なりにカスタマイズしてチャレンジしているような方もいます。ここでは、1食をリンゴにするという置き換えダイエットのやり方と効果についてご紹介します。

朝リンゴダイエットは消化負担を減らせます

朝リンゴダイエットとは朝食をリンゴに置き換えるだけという非常にシンプルなダイエット方法です。リンゴは1個のカロリーがだいたい150kcalくらいですし、朝食に置き換えるだけでかなりカロリーを減らすことが可能になるでしょう。ただ、朝リンゴダイエットの本当の魅力はそこではありません。

朝リンゴダイエットは消化負担を減らせるということが一つの魅力ですから覚えておきましょう。朝食をリンゴに置き換えることによって胃や腸に負担をかけませんし、疲れた内蔵を休めることも可能になります。

夜リンゴダイエットは摂取カロリーを制限できます

夜リンゴダイエットは夜の食事をリンゴに置き換えるというこちらもシンプルな方法となります。夜リンゴダイエットの魅力は摂取カロリーを制限できるということで、夜ご飯をリンゴにすることで大幅なカロリー減が可能になります。一般的には朝よりも夜にたくさんのカロリーを摂取することが多いですし、夜ご飯を低カロリーなリンゴに置き換えることには大きなダイエット効果があると考えられます。

他の食事で栄養バランスを整える必要があります

リンゴダイエットにトライするうえで注意すべきポイントとして、栄養バランスをほかの食事で整える必要があることが挙げられます。朝だけ、もしくは夜だけリンゴにするというダイエット方法ですが、これだと必要な栄養素をとることができません。確かにカロリー摂取を抑えることは可能になりますが、必要な栄養素が足りませんからほかの食事で栄養のバランスをとる必要があるのです。

朝食をリンゴだけにするのなら昼や夜には不足した栄養を補う必要がありますし、夜の場合も同様と言えるでしょう。もしどうしても食事で栄養を補うことができないという場合にはサプリメントで栄養を補給するという手もあります。

青りんごを食べるのがおすすめ

リンゴと言ってもいろいろなリンゴがありますし、ダイエットに使うのはどんなリンゴでもいいのかという疑問を持たれた方もおられるでしょう。以前はとりあえずリンゴであれば何でもよかったのですが、現在では青りんごを食べたほうが良いという認識になっています。そのため、リンゴダイエットにチャレンジしている方の多くが赤いリンゴではなく青りんごを食べているのです。

では、どうして青りんごなのかということですが、体に脂肪をつきにくくする効果があるといわれるプロシアニジンは青りんごのほうに若干多く含まれているようです。そのため、現在では赤いリンゴではなく青いリンゴを用いてダイエットをするのが主流となっています。

しっかりと皮ごと食べた方が効果が高い

リンゴダイエットでもう一つ大切なことがあるのですが、それは皮も一緒に食べるということです。リンゴダイエットをするときに果実だけを食べていたという方もおられるでしょうし、皮が苦手という方もおられるでしょうが、皮にはたくさんの栄養が含まれています。リンゴの皮はその成分のほとんどがりんごポリフェノールですし、抗酸化作用や老化防止、コレストロール減少などの働きがあるといわれています。美容効果も期待できるため皮ごと食べたほうがおススメです。

1食置き換えリンゴダイエットの驚くべき効果とは?

ここでは1食をリンゴに置き換えるダイエットでどのような効果を得られるのかについてご説明したいと思います。たった1食をリンゴに置き換えるだけのダイエットですが、驚くような効果が得られるようですから覚えておきましょう。

女性に多い便秘を効果的に解消してくれます

便秘は多くの女性が悩んでいますが、便秘を解消するために便秘薬を服用すると今度はお腹が緩くなってしまうこともあります。そうしたことから便秘薬の服用はなるべくしたくないと考えている女性は多いでしょうが、そのような方にこそリンゴがおススメです。リンゴに含まれる成分は便秘を効果的に解消してくれますから、便秘薬などを服用せずとも自然な形で便秘を改善できます。これは女性にとって嬉しいメリットでしょう。

りんごポリフェノールが血流を良くし代謝を上げる効果があります

りんごポリフェノールは血流を良くする効果が期待できます。血流が良くなれば全身を血液が巡ってくれますし、代謝のアップにも繋がります。代謝がアップするということは脂肪も燃焼しやすくなるということですし、ダイエット効果も高くなるということです。

りんごポリフェノールの働きによってアンチエイジング効果が期待できます

アンチエイジングにはポリフェノールが効果的という話を耳にしたことがある方は多いでしょうが、りんごポリフェノールもアンチエイジング効果が期待できます。いつまでも若くありたいと考えるのは女性として当然のことでしょうし、若さを保つために涙ぐましい努力をしている方もおられるでしょう。リンゴダイエットなら体重を落としながらアンチエイジング効果も狙うことができます。

りんごポリフェノールには美白効果もあります

りんごポリフェノールには美白の効果も期待できます。透き通るような透明感ある肌を手に入れたいと考えている女性は多いでしょうが、りんごポリフェノールならそれも可能となるでしょう。リンゴダイエットで痩せながら美白肌も手に入ります。

置き換えてもお腹が減りにくいので無理なく続けられます

一般的な置き換えダイエットはローカロリーな酵素ジュース、スムージーなどと置き換えることが多いのですが、これではどうしてもお腹が空いてしまいます。結局間食をしてしまうことも多いのですが、リンゴダイエットだと腹持ちが良いためそのようなことも少ないです。お腹が減りにくいためムリなく続けることができますし、これもリンゴダイエットならではの魅力と言えるでしょう。

りんごポリフェノールは脂肪の吸収を抑え太りにくい体を作ってくれます

脂肪の吸収を抑えるという効果もりんごポリフェノールにはあります。さまざまな美容効果があるりんごポリフェノールには脂肪吸収を防ぐ効果もありますから、そのため効果的に痩せることが可能になります。

3日間プチ断食リンゴダイエットのやり方と効果

3日間プチ断食リンゴダイエットは最近はやり出したダイエット方法の一つです。近年では断食、ファスティングがブームとなっていますが、ファスティングとリンゴダイエットが合体した最新のダイエットと言っても過言ではないでしょう。ここでは3日間プチ断食リンゴダイエットのやり方と効果についてご説明します。

3日間の食事は全てリンゴと水かコーヒーで生活するプチ断食

この方法は3日間かけて行いますが、その間の食事はすべてリンゴと水、もしくはコーヒーなどになります。1日3食のうち2食はリンゴにする必要がありますから覚えておきましょう。残りの1食はおかゆなど消化に良いものを選択すれば問題ありません。これで3日間過ごすことになります。

リンゴを食べれるだけ食べる

リンゴは食べれるだけ食べて大丈夫です。リンゴそのものはローカロリーですからお腹いっぱい食べたとしてもそれが脂肪になることはありませんし、栄養価も高いですからたくさん食べることに問題はありません。

皮ごとすりおろして食べるのがおすすめ

そのまま食べても良いのですが、皮ごとすりおろして食べるのがおススメです。このほうが美味しく食べられますし、含まれている成分を無駄にすることもありませんからぜひ試してみましょう。

リバウンドに注意

このダイエットを行う上で注意しないといけないのはリバウンドです。どのようなダイエットでもリバウンドは起こりえるのですが、リンゴダイエットでもリバウンドしてしまうことは多々ありますから注意が必要です。リバウンドしないためにはあまりにも極端すぎるダイエットはしないことでしょう。気持ちに余裕を持ってダイエットに励んでください。

最低でも1食で2個以上のリンゴを食べる

最低でも1食で2個以上のリンゴを食べるのが基本となります。1食で2個は多いと感じるかもしれませんが、意外とできます。しかも断食も並行して行っているのですから食べられないことはないでしょう。

リンゴダイエットを成功させるポイント

リンゴダイエットは難易度もそれほど高くないダイエット方法なのですが、それでも失敗してしまう方はいます。そこで、ここではリンゴダイエットを成功させるポイントについてお話しますからぜひ今後の参考にしてください。

ストレスを溜めこまないようにコントロールする

ストレスをため込まないことは大切です。リンゴダイエットに限らずダイエットではストレスをため込んでしまいがちですし、ストレスが原因でリバウンドしてしまうこともあります。ストレスが溜まりすぎないようにコントロールする必要がありますから覚えておきましょう。適度にストレスを発散したほうが良いですし、軽めの運動をするのもおススメです。

野菜専用の洗剤などで洗って残留農薬を除去しよう

リンゴには残留農薬が付着している可能性もありますから、できるだけキレイにして口にするべきです。野菜専用の洗剤なども販売されていますから、こうした洗剤で洗ってあげれば残留農薬を除去することが可能です。

まれにリンゴでアレルギー反応が出る場合もあります

リンゴダイエットで気を付けなくてはいけないポイントの一つとして、まれにリンゴでアレルギーが出てしまう方もいます。ほとんどいないとは思いますが、稀にこのような方もいますから、アレルギーが出た場合には速やかにダイエットはやめましょう。アレルギーかどうかを自分で判断するのは難しいでしょうから、必要に応じて病院で検査を受ける必要があります。少しでも違和感を感じたときには注意してください。

3日間プチ断食リンゴダイエットで身体に異変がでたらすぐに中止する

異変を感じたときもすぐに中止するべきです。せっかくダイエットの途中なのに、と無理して続けてもイイことは何一つありません。体を壊してしまってはダイエットどころではありませんし、深刻な健康被害を招くような恐れもあります。実践中に少しでも異変を感じたときにはすぐに中止しましょう。

1食置き換えリンゴダイエットを続けるなら栄養バランスに注目する

1食をリンゴに置き換えるダイエットを実践するときには栄養バランスに注目しましょう。どうしても1食をリンゴにする場合だと栄養バランスが偏りがちになってしまいますし、不足した分はほかの食事で補ってあげる必要があります。

最新のリンゴダイエット「焼きリンゴダイエット」の正しいやり方

リンゴダイエットが一世を風靡してしばらくたちますが、そのあいだにもリンゴダイエットはどんどん進化を遂げてきました。現在最新と言われているリンゴダイエットは焼きリンゴダイエットと呼ばれる方法なのですが、ここでは最新の焼きリンゴダイエットの正しいやり方についてご紹介しましょう。

リンゴを焼く事でペクチンが急増します

そもそもどうしてリンゴを焼く必要があるのかということですが、リンゴを焼くことによってペクチンが急増します。リンゴの皮には大量のペクチンが含まれていますが、ペクチンとは水溶性食物繊維のことです。腸内にある不要なものをとりこんでスムーズに体外へ排出してくれようとする作用があり、ダイエットには欠かせない成分なのです。

焼きリンゴの簡単な作り方

焼きリンゴを簡単に作る方法として代表的なのはレンジを使う方法です。リンゴの芯の部分をくりぬき、ラップをかけて加熱すれば焼きリンゴができます。500ワットだとだいたい7分程度で大丈夫でしょう。

焼きリンゴダイエットのダイエット以外の効果

焼きリンゴダイエットはダイエット効果が高いのはもちろんですが、ほかにもさまざまな効果があるといわれています。抗酸化作用もあるためアンチエイジングに効果的といわれていますし、いつまでも若くいたいと考える女性にとって嬉しい効果と言えるのではないでしょうか。エイジングケアの大敵といわれる活性酵素を除去するには加熱した焼きリンゴがベストだと言われています。

ダイエット初心者は3日間プチ断食よりも1食置き換えがおすすめです

ダイエットの初心者がいきなりプチ断食を交えたダイエットを行うより、1食を置き換えたほうがおススメです。このほうが結果的に長続きしやすいですし、まずは置き換えるダイエットで継続してみてはいかがでしょうか。おいおいタイミングを見てプチ断食も含めたダイエットに移行すると良いかもしれません。

食事前に焼きリンゴを食べて食欲を抑える

食事前に焼きリンゴを食べることで食欲を抑えることも可能です。焼きリンゴは普通に美味しいですし、食前に食べることで食欲を抑えてくれます。

まとめ

リンゴダイエットの効果や最新の方法などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。リンゴダイエットを正しく行えば高いダイエット効果を得られるのはもちろん、さまざまな美容効果も得ることができます。女性にとって嬉しい効果もたくさんありますから、ほかのダイエットにチャレンジするよりもリンゴダイエットに集中したほうが良いかもしれません。少しでも興味を持った方はさっそくチャレンジしてみましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.