感動・泣き

小顔効果が絶大なマッサージのやり方とポイントを合わせてご紹介

投稿日:

美人の条件になっている小顔は、小顔になるだけで美人度が上昇してしまうものです。だれでも小顔美人になりたいと努力していることでしょう。小顔マッサージの方法により小顔に近づく方法があります。小顔のためのマッサージについて紹介していきます。

目指せ小顔!効果的なケアとは

小顔ではなく反対に大きな顔になってしまう原因は、顔のむくみや頭部のコリが原因と言われています。これらのむくみやコリの症状が改善されることで顔のサイズもダウンすると言われています。顔のサイズが1ミリ違うだけでも見た目の体重の印象は5キロ程度痩せて見えるほど大きな改善になるでしょう。そのためには効果的なマッサージケアをしなければいけません。

たるみ解消なら表情筋のエクササイズがおすすめ

顔の気になるたるみを解消するためには表情筋のマッサージとなるエクササイズを行いましょう。顔を引き締めるためには適度な運動を行わなければいけません。表情筋は、皮膚の真後ろにある筋肉で、普段の生活を中でこの表情筋の7割から8割は使われていない状態です。

筋肉は使わないと固く縮んでしまいその状態が継続されることで重みとなりたるみが出てきます。このたるみを解消するために表情筋のマッサージを行いましょう。毎日簡単に続けられる表情筋のトレーニングで、頬やあごのたるみを解消しましょう。

マッサージはむくみ顔に効果絶大

マッサージを組み解消でするときには、頭部も一緒に行いましょう。顔がコリやすい状態は頭皮のコリが原因かもしれません。頭皮のコリを放置しておくと顔のコリやすくなってしまうものです。おでこの生え際サイドからマッサージを進めていきましょう。マッサージをすることで顔のむくみを解消することができます。このむくみの解消により小顔に近づけることができるでしょう。

鍛えすぎは逆効果になるので注意

小顔のためのマッサージは、普段使用していない表情筋などの筋肉を鍛えるために動かすことになりますが、やりすぎには注意しましょう。筋肉を増やすためのマッサージではなく使っていない部分の筋肉を動かすためのマッサージになるので、筋肉が余分につくほどのマッサージをしてしまうと小顔に近づくどころか大きな顔になってしまいます。普段使用していない筋肉を使うようにするマッサージを行いましょう。

小顔フェイスヨガのやり方

小顔のためのヨガは、顔の筋トレと呼ばれており短い時間で行えるものです。複数のヨガの組み合わせを数分行うことでたるみやシワの防止ができるのが小顔のヨガの特徴です。

表情筋を刺激する「唇を突き出すポーズ」

唇を突き出すポーズは、ひょっとこ口をイメージするとやりやすいでしょう。唇を突き出すポーズになりますが隙間ができないようにすぼめるのがコツです。数秒のキープで行うことができる簡単なエクササイズになるでしょう。

ぱっちり目元をつくる「目を見開くポーズ」

瞼がたるんでくると顔老けた印象になってしまい小顔からほど遠くなってしまいます。目を見開くポーズとなるこちらのエクササイズでは、眼をパッチリと開けてエクササイズを行いましょう。目の間ありの筋肉を鍛えることになり、普段使っていない表情筋のこの筋肉を使うことでより小顔に近づくことになるでしょう。

あご周りをスッキリさせる「舌出しポーズ」

この舌出しのポーズは、ほうれい線を改善させるためのヨガのポーズです。ほうれい線は、見た目の年齢を引き上げてしまうことになるのでほうれい線を作らないようにしましょう。ほうれい線が、しわだと考えている人は大きな間違いです。こちらも筋肉のたるみによりできてしまうので、筋肉を鍛えることが改善の第一歩です。

舌べらを使って行うヨガですが、口を左右に伸ばすときに、唇が見えないようにしましょう。大変きつい動作になりますが鍛えられていることが実感できるでしょう。このヨガによりほうれい線を解消して小顔にすることが可能です。

小顔マッサージのやり方

顔の筋肉は、体の筋肉と同じようにつかれてしまうことで凝って固くなってしまいます。その状態が続くと体の中の老廃物が流れにくくなると同じように顔の老廃物も流れにくくなってしまいます。この状態を放置しておくとむくみの状態が続くことで顔が太ってしまいます。

この状態により小顔ではなく大きな顔が完成してしまうことになるので、フェイスマッサージを行って不要な老廃物を流すようにしましょう。フェイスラインをすっきりさせることで小顔に近づけることができます。

リンパの流れを意識するのがやり方のコツ

フェイスマッサージで注意したいのが顔の中にある老廃物を効率よく排出させることです。そのためには老廃物が流れるようにマッサージをしてあげなければいけません。顔の老廃物を流すためには、リンパ線に沿ってマッサージを行いましょう。老廃物はリンパの流れにより押し流すことができます。この自然の流れを利用しなければ効率よく老廃物を排出することができないでしょう。

顔の中心からこめかみに向かってマッサージ

老廃物を排出させるためのマッサージでは、顔の中心から徐々に広げてマッサージをおこなっていきましょう。反対の方法の場合には老廃物を顔の中心に集めてしまうマッサージになります。注意しなければいけません。顔の中心から徐々に広げていきおでこや輪郭などのマッサージをおこなっていきましょう。

デリケートな部分もマッサージを行うことになりますが、力を入れずにソフトな力で行いましょう。デリケートな部分となる目の周りは、力を入れることなく慣れるように行うだけでも効果を得ることができるでしょう。

こめかみから耳の下を通って鎖骨に流す

老廃物を顔の中心から顔の輪郭までマッサージをしたら、顔全体から老廃物を鎖骨に流すようにマッサージを行いましょう。こめかみから耳の裏を通るようにマッサージを続けます。このやり方を続ければ自然とこめかみから耳の裏最後に鎖骨までマッサージを続けることができます。この自然の流れを最後まで維持することが、顔の不要な老廃物を顔の部分から排出する流れを作り出すことになります。

意識をしながらマッサージをしないといけないのが顔のマッサージになります。 凝っている部分については念入りに何度も繰り返すことがマッサージのコツになるでしょう。

小顔に効くツボ押しのやり方

小顔のためにマッサージやヨガを行っていくと次に行うのが小顔に効くツボ押しになるでしょう。マッサージをしながら必要なツボを押すことで、小顔に近づけることができますね。小顔に必要なツボ押しについて紹介していきます。

筋肉をリラックスさせる「四白(しはく)」

マッサージ効果のある四白のツボは、筋肉をリラックスさせる効果があります。このツボの効果では頬の血行をよくする、顔全体の筋肉を和らげる効果と顔のむくみを解消させる効果があります。これらの効果全てが小顔のために必要な効果になるので、小顔に効くツボになるでしょう。

むくみやたるみに「頬車(きょうしゃ)」

頬車のツボは、顔のむくみや二重あごの解消とフェイスラインのたるみと贅肉の解消に効果のあるツボです。これらの効果は小顔に効果があるので、小顔のためにしっかり押しましょう。

頬の血行刺激に「顴りょう(ケンリョウ)」

顴りょうのツボは、小顔に効果のあるツボと言われており、年齢を重ねた女性にとって大変気になるほうれい線を薄くする効果や顔のむくみやたるみの解消に役立つツボです。血行を良くする効果もあるので、マッサージの時に併用して行いたいツボの1つになるでしょう。

まとめ

マッサージを行う小顔は、老廃物を排出するマッサージや顔ヨガを行い普段使わない筋肉を動かしてあげましょう。やりすぎると筋肉が余分に付いてしまい小顔になりませんが適度に動かす事は小顔のために必要なことです。また、マッサージの時に併用して行うことでより効果のあるツボを刺激することも小顔のためには必要なことになるでしょう。

無理なマッサージをしないように注意しなければいけませんが、毎日継続しなければマッサージによる小顔は作ることが難しいでしょう。また、効果が出るためには時間が必要となるので、長期間の予定でマッサージを続けなければいけません。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.