感動・泣き

しみ・そばかすに効く化粧品の選び方!予防にはどれを使えばいい?

投稿日:

化粧品でシミ・そばかす対策をしたくても、これだけ沢山の商品が出回っている現代において、自分に合った化粧品を選び出すことは容易ではありません。まずはシミやそばかすのメカニズムを知り、根本的な予防方法と、改善方法について考えてみる必要があります。

人気の美白化粧品や、効果がある化粧品を選ぶときのポイントもあわせてご紹介したいと思います。化粧品選びに毎回悩むという方は、ぜひ参考にしてください。

シミのタイプ

シミは、肌にメラニン色素が過剰に蓄積することで発生し、部分的に茶色に見える状態になります。シミがあることで、肌がくすんで見えたり、老けて見えるため、アンチエイジングの代表格ともされています。シミにもいろいろなタイプがありますので、発生するメカニズムを知っておくと良いでしょう。

老人性色素斑

シミの中で、最も多いタイプとされる「老人性色素斑」。日光性黒子とも呼ばれ、浴び続けてきた紫外線の積み重ねによって発生するため、老人性という名前ではありますが、紫外線を多く浴びる機会がある場合には、若い年代の人でもできてしまう恐れがあります。主に目の周りや頬、デコルテ、手の甲や腕の表側など、紫外線が当たりやすい部分に発生するシミになります。

色は薄茶色から濃褐色をしており、サイズは5ミリ程度から大きいものだと2センチ以上になることもあります。数にも個人差があり、数個の場合もあれば十数個発生してしまうこともあります。

はっきりとして目立ちやすいシミで、形も丸いもの、丸に近いいびつなものがあります。40歳代から目立ち始めるシミですが、色白の人、若い頃から紫外線を浴びている人の場合、20代からでも発生することがあります。

炎症性色素沈着

肌は強い刺激を受けることで、皮膚に炎症が起こり、表皮のメラノサイトが活性化することでシミ(色素沈着)が発生することがあります。刺激の種類には、ニキビや傷、虫刺され、湿疹、やけどなどがあり、生成された黒色メラニンが正常に排出されないために、肌に残ってしまったものがシミとなって発生します。一般的に、肌の炎症が収まり赤みがひいた後にシミが現れます。

特に、ニキビを潰した痕に発生することが多く、紫外線を浴びることで色素沈着が起こりやすくなります。また、洗顔やクレンジング、フェイスマッサージなどで過度にこすり過ぎても炎症を起こし、シミとなる危険性がありますので、十分に注意が必要です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、早くて30代から、通常40代から発生するシミで、加齢とともに増加する皮膚の良性腫瘍です。老人性イボとも呼ばれ、皮膚の老化現象の1つとして知られています。

かなり濃い褐色から肌色をしており、少し隆起するざらざらしており、1~5ミリ程度の大きさが一般的ですが、1センチを超える大きなものが発生することもあります。手の平・足の裏を除いてどこにでも発生します。紫外線を浴びやすい部位によく見られますが、脇の下や腹部にもできることがあります。

シミ・そばかすに効く化粧品の目的

本来、化粧品は失われた水分や保湿成分を補い、お肌に潤いを与えることを目的としていますが、シミ・そばかすに効く化粧品とはどのようなものがあるのでしょうか。それは、保湿はもちろんですが、美白を目的とした有効成分が含まれる化粧品になりますが、シミを「予防」したいのか、シミを「薄く」したいのかによって、おすすめの美白成分は異なります。

シミの予防

シミの予防を目的とした場合、シミの原因となるメラニンの生成を抑える成分を含む化粧品を選ぶ必要があります。有効成分で見ていきますとビタミンC誘導体やアルブチン、¥やプラセンタエキスやトラネキサム酸などがあります。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが改良されたものであり、マグネシウムなどで包むことで、肌への浸透力を高め、肌の中でビタミンCとしての効果を発揮します。このビタミンC誘導体は、シミを薄くする作用もありますので、どちらにも有効なおすすめの成分です。

シミを薄くする

シミを薄くすることを目的とした場合には、生成されてしまったメラニンの排出を促進する成分を含む化粧品を選びましょう。有効成分を分析するとエナジーシグナルAMPやビタミンCやビタミンC誘導体などがあります。

人気の美白化粧品ランキング

数ある美白化粧品の中から、ランキングの上位に入る、人気の美白化粧品を紹介します。

アスタリフトホワイト

アスタリフト ホワイト クリーム 30g 【医薬部外品】

アスタリフトホワイトは、富士フィルムが展開する、化粧品ブランド・アスタリフトの美白ケアラインです。化粧水、美白美容液、美白クリームなど多くの種類があり、シミ・そばかすに対してトータルケアが可能です。スペシャルケアの美白シートマスクは、気になる部分を集中ケアし、透明感のある輝きの美肌効果。大変おすすめの人気商品です。

HANAオーガニック

ユースキン ハナ ハンドクリーム 無香料 50g (高保湿 低刺激 ハンドクリーム)

HANAオーガニックは、自律神経の乱れ、酸化によるダメージ、常在菌のバランスの乱れ、この肌の再生力と免疫力を弱める3つの原因に着目しており花精油とオーガニックハーブと高機能が期待できる植物抽出成分を上手く混合させて浄化や還元のステップで働きかけることを目的とした化粧品です。

HANAオーガニックの洗顔料、化粧水、乳液、美容液UVは、シミ環境を改善するための化粧品となっており、石油由来成分を含まない天然由来成分100パーセント。そのため、シミのできやすい炎症を抱えた肌環境を改善し、肌自らの力でシミを追い出し、透明感のあるお肌へ変化していきます。

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

ディセンシア サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

DECENCIA(ディセンシア)サエル ホワイトニング ローション クリアリストは、シミやそばかすやくすみなどに働きかけて、透明感のある肌へと導くアドバンス ホワイトニングケアシリーズです。

特に、敏感肌特有のシミ・くすみのサイクルに対応した独自の敏感肌美白となっており、敏感肌用化粧水、敏感肌用美容液、敏感肌用クリーム、ベースメーク、またはセット商品などがあります。

美白化粧品を選ぶポイント

次に、美白化粧品を選ぶ際の2つのポイントについて見てみましょう。このポイントに注目して選ぶようにすると良いでしょう。

ビタミンC誘導体が配合されている

美白化粧品を選ぶ際には、有効成分としてビタミンC誘導体が配合されているものを選びましょう。ビタミンC誘導体は、シミの予防だけではなく、シミを薄くする効果も期待できます。抗酸化作用、チロシナーゼの抑制作用があり、シミ・そばかす予防、改善に高い効果を発揮します。

自分のシミタイプに合っているか

美白化粧品を選ぶ際のポイントとして、自分のシミのタイプに合ったものを選ぶことが大切です。紫外線の蓄積による老人性色素斑のタイプの場合、初期の薄いシミには美白成分が有効ですが、真皮まで定着してしまったものについてはレーザー治療などの検討が必要です。炎症性色素沈着のタイプの場合は、ビタミンC誘導体配合のものが有効で、ツヤのある肌へと導いてくれます。ただし、脂漏性角化症のタイプには美白化粧品は効果が期待できません。美容皮膚科やクリニックで相談されることをおすすめします。

まとめ

アンチエイジングの代表格ともいえるシミ・そばかすの悩みには、様々なアプローチがあります。まずは自分のシミのタイプを知ることで、最も適した対策を考えることができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.