感動・泣き

しみやそばかす、何故できるの?どうしたら消えてくれる?

投稿日:

しみやそばかすを消したいと思ったら、まずはしみやそばかすがどうしてできるのかという事をしっかりと知る必要があります。しみやそばかすのメカニズムを理解さえすれば、しみやそばかすができるのを効果的に防いだり、しみやそばかすをしっかりと消す事も効果的に行えるからです。こちらのページでは、しみやそばかすができる原因と効果的な消し方についての情報をご紹介します。

しみの原因(種類別)

しみは、一見すると同じように思われるかもしれませんが、いくつかの種類にカテゴライズされます。まずはしみの種類を簡単にですがご紹介しますので、しみとはいったいどのような物なのかという事を理解していきましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑は、色々とあるしみの種類の中でも最も多いしみになります。老人性色素斑は、日光性黒子とも言われており、顔以外にも腕や手の甲、肩、首など紫外線が良く当たる部分にできる傾向があります。

また、老人性色素斑という名の通り、若年層の方にはあまり見られず、中年以降の方に良く見られるしみです。原因として最も多いのが紫外線によるものです。

肝斑

肝斑はかんぱんと読みます。この肝斑は、女性の顔によくみられるしみの種類です。女性ホルモンが関係していると言われており、妊娠中や経口避妊薬などが原因となって現れたり、悪化すると言われています。大きさ的にはやや大き目で現れる傾向があり、頬骨にそって左右対称で現れるのが特徴です。先ほどの老人性色素斑とは違い、高齢者にはほとんど見られないという特徴があったり、レーザー治療を行うと悪化する可能性があるなどしみの中でも特徴的な症状があります。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、ニキビであったり化粧品が合わなかった時に現れる化粧品かぶれなどが原因の炎症が治った際に出来るしみになります。この炎症後色素沈着は、年齢や場所に関係なくあらわれるのが特徴となっており、多くの炎症後色素沈着が一過性のものとなっております。

しみそばかすの予防

しみやそばかすの予防をする際には、やみくもに努力してみ意味がありません。しっかりと症状に合わせた効果的な予防を行わないとはっきりとした効果が現れないからです。こちらでは、しみやそばかすを予防するさいに、特に重要視して欲しいポイントについてご紹介します。どうしてもしみやそばかすができやすいという方は、ぜひ参考にしてください。

紫外線対策をしっかりする

しみやそばかすの原因の大半が、こちらの紫外線になります。紫外線によってメラニン色素が大量に作られてしまうとしみやそばかすが生成されます。

その為、紫外線が皮膚にあたらないようなケアをする事がしみやそばかすを予防する重要なポイントになるのです。具体的にはつばの大きな帽子をかぶったり、肌の露出を控えたり、日焼け止めを塗布するなどによって紫外線の影響を少なくするのがポイントになります。

食生活に気を付ける

食生活の乱れはしみやそばかすを誘発します。その為、食生活の改善はとても重要なポイントになってきます。メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCを始め、活性酸素を無害化してくれるビタミンEやお肌のトラブルを回避しメラニンの生成を抑えてくれるビタミンB2、強い抗酸化作用により過剰な活性酸素を無害化してくれるβ-カロテンなどがキチンと含まれた食生活を送るようにしてください。

ストレスをためない

ストレスを溜めこんでしまうと、体内のビタミンCを多く消費してしまいます。その為、メラニン色素が作られやすくなってしまいますのでしみやそばかすが出来やすくなってしまいます。ストレスを溜めこまないようにする事もしみやそばかすの対策としてはとても重要なポイントになってきます。半身浴やかるい運動などを心がけてください。

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠は、健康的なお肌を作るのにとても重要なポイントになります。その為、質の良い睡眠をしっかりととれるようなライフスタイルに改善する必要があります。夜型の方は特にしみやそばかすが出来やすくなっておりますので、しっかと意識して睡眠をとるようにしましょう。

適切なスキンケアをする

スキンケアの方法によっては、逆にしみやそばかすが出来やすくなってしまう恐れがあります。特にはやくしみやそばかすを除去しようとゴシゴシと洗顔をしてしまうような方の場合には、どうしても肌にダメージが蓄積されやすくしみやそばかすができやすくなってしまいますので適切なスキンケアはとても重要なポイントだと言えます。

しみそばかすの消し方

しみやそばかすの消し方というのは、いかに正しい方法で行うかによって効果が全く異なります。しみやそばかすを消す方法の大半が時間がかかるものですので、どうしても成果を急いでしまいがちですが、強くし過ぎてしまったり、多くし過ぎてしまう事で逆効果になるリスクもありますので注意が必要になります。ここでは正しく効果的なしみやそばかすを消す方法についてご紹介します。

内服薬を服用

しみやそばかすに効果のある内服薬を服用するのはとてもスタンダードなしみやそばかすを消す方法になります。食事などでは補いきれないしみやそばかすに効果のある栄養素を内服薬によって効果的に体内に吸収することができますので非常に効果的にしみやそばかすを消す事が出きます。市販されている物もありますが、皮膚科で処方してもらう内服薬の方が強い効果がありますので、中々しみやそばかすが消えないという方は、皮膚科で処方してもらうようにしてください。

外用薬を塗布

皮膚の上から塗布し、肌の深層部にビタミンCなどの栄養素を効果的に浸透させる外用薬なども非常に効果のあるしみやそばかすを消す方法になります。即効性はありませんので時間をかけて徐々に消していく必要がありますので、焦らないように対応するのがポイントになります。また、早く消そうとしみやそばかすの部分をこするように塗布してしまうとメラニンが出来やすくなってしまい逆効果になりますので要注意です。

IPL光治療

IPL光治療は、非常に弱い光の力でしみやそばかすの原因になるメラニン色素にダメージを与える治療法になります。IPL光治療の光は肌へのダメージが少ないので、敏感肌の方でもチャレンジする事が出来る可能性が高くなっております。ただし、その分、一度で完治するという事はありませんので、何度か皮膚科や美容クリニックに足を運ぶ必要があります。

レーザー治療

レーザー治療は、IPL光治療よりも強い光によってしみやそばかすの原因となるメラニン色素を攻撃するタイプの治療法です。大抵は一度のレーザーの治療で完治する事ができますが、その分お肌へのダメージは深刻ですので施術後から数日は肌に赤みが現れる可能性があります。また、IPL光治療よりもお値段は高目の設定になっている所が一般的です。

ピーリング治療

ピーリング治療は、薬剤を皮膚に塗布することによってターンオーバーを促し、古い角質を除去する事ができる治療法です。はだのくすみを除去する事ができるのですが、その際に古い表皮にあるしみやそばかすも一緒に除去する事ができます。しみやそばかす対策としも有能ですが、美白効果が非常に高い方法となっております。

イオン導入

イオン導入は、効果的に肌の深層部にしみやそばかすを消す効果のあるビタミンCなどの栄養素を浸透させる方法になります。内服薬や外用薬と同様に即効性がある治療法ではありませんが、肌に負担をかけずにしみやそばかすを除去する事ができますので非常に人気のある治療法になります。

お勧めのケア用品

しみやそばかすは、市販されてうるしみやそばかすに効果のあるグッズであったり、美白効果のあるグッズでも十分に対応する事ができます。色々なしみやそばかすを消す事が出来るグッズがありますのでお気に入りをみつけて予防、対策してください。こちらでは、色々とあるしみやそばかすに対応するグッズの中から、特に効果のあるグッズをご紹介します。

ソンバーユ 無香料 70ml

ソンバーユ 無香料 70ml

ソンバーユ 無香料は、馬の油だけで作られた皮膚保護用化粧品になります。赤ちゃんにも安心して使えますので敏感肌の方にもぴったりのアイテムです。洗顔後の肌に薄く延ばしながら塗布する事でしっかりと肌荒れを防いでくれます。

ソンバーユには新陳代謝を高める効果やオレイン酸、リノール酸、α-リノレン酸などの抗酸化作用などがありますので、しみや「そばかす対策として十分な効果があります。

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム

プラセホワイター 薬用美白エッセンスクリーム

プラセホワイターから発売されている薬用美白エッセンスクリームは、シミ対策に特化され開発されたクリームになります。しみやそばかすに効果のあるプラセンタをたっぷりと配合しておりますので、美白効果だけでなくアンチエイジングにも効果的です。毎日定期的に利用する事によって効果的にしみやそばかすを防ぐ事ができます。

水の天使 スキントリートメントゲル 250g

水の天使 スキントリートメントゲル 250g

水の天使から発売されているスキントリートメントゲルは、水が主成分の薬用美白ジェルですのでお肌への浸透率が非常に高く、他のスキンケアアイテムでは届かないような深層部までしっかりと浸透し、肌の内側からしみやそばかすを無くす効果が期待できます。あわせて保湿成分がありますのでしみやそばかす対策をしながらもお肌を透明感のあるしっとりとした肌に仕上げる事ができます。

まとめ

しみやそばかすは、紫外線を防ぎつつ皮膚の外と中から効果的にビタミンCなどの栄養素を補充する事がとても重要になります。皮膚科などでも色々な治療法が確立されておりますので、あまりにしみやそばかすが出来やすいような場合には、ぜひ一度相談してみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.