感動・泣き

肌のシミを消す方法は?種類別の対策やよく効く美容成分をご紹介

投稿日:

年齢を重ねていくにつれて徐々に肌のトラブルで悩むようになってしまいます。いろんなトラブルが肌には発生してしまうものですが、その中でも目立ってしまったり肌の透明感に悪影響を及ぼすため気になってしまうのがシミです。シミは一度できてしまったらなかなか改善していくことは難しいものです。そのため日ごろから適切なケアをコツコツと行っていく必要があります。

シミはできる原因というものがあり、それを知っておくことで対策を講じていくことができます。また適切な対策方法も理解しておくとケアがしやすくなるものです。そこでシミにならないために、こういった点について説明をしていきたいと思います。

肌にできるシミの原因は

肌にはいつの間にかシミができてしまうものです。大きさや色も異なっていますが、ただ顔に出来やすいため、できてしまうと悩んでしまいますし、気になってしまうものでもあります。シミは多くは加齢によって生じると思われていますが、ただそれだけではなく、いろんな原因が重なり合ってできてしまうものなのです。それではシミができてしまう原因とはどういったものがあるのでしょうか。

紫外線による「日光黒子」

シミができてしまう最も大きな原因として挙げられるのが、日光によって生じてしまうもので、日光黒子とも呼ばれるシミです。これは日航に含まれる紫外線によってシミが顔に出来るというものです。紫外線は年間を通して地上に降り注いでいますが、実は人体に対してとても有害なものなのです。体内で活性酸素も発生させてしまうため、できるだけ浴びないようにしていくことが大切です。

紫外線を浴びるとブラインドの役割を持っているメラニンができ、このメラニンが紫外線を体内に入れないようにしてくれます。このメラニンはいずれなくなってしまうものですが、残ってしまいシミとなる場合もあるのです。

加齢による「肝斑」

シミの一種としては肝斑がありますが、これは30代から40代の女性が多くできる傾向にあるものです。原因としてはホルモンバランスの崩れや、ピルの使用などがあります。また紫外線を浴びることで症状が悪化してしまうことが多くあります。

肝斑については加齢が大きな原因にもなっており、そのため30代と40代の女性は特に注意をしなければなりません。また紫外線対策も必要となります。

色素沈着による「炎症後色素沈着」

吹き出物などによって肌に炎症を生じてしまうことがあります。この炎症は時間の経過とともになくなっていきますが、その際に色素沈着が起こる場合があります。また炎症を起こすとかゆみが発生する場合がありますが、その際につい掻き毟ってしまい、それによって色素沈着が起こる場合もあります。

炎症によって色素沈着が起こると、なかなかきれいになくならない場合もあります。色素沈着によってシミのような状態になると目立ってしまいますし、またメイクによって隠すことが難しい場合もあります。そのため炎症を起こさないようにしたり、またかゆみなどが生じてもできるだけ触らないようにすることも大切です。

遺伝性のある「そばかす」

そばかすは加齢によってできる場合もありますが、人によっては遺伝によってそばかすができてしまうことがあります。そばかす自体は小さく、シミよりも目立ちにくいと思われていますが、ただそばかすは広範囲にわたって生じてしまうため、実際には目立つことが多いものです。

遺伝によるそばかすは予防することが難しいものでもあります。そのためメイクによって隠したり、またそばかすがより濃くならないようにケアを施していったりすることが重要です。

種類別シミ対策

シミができてしまうと悩むものですし、また肌の美しさが失われてしまうため、常に予防と対策を行っていかなければなりません。シミの予防と対策に関しては、いろんな点に対して行っていかなければなりません。

シミの原因としては紫外線がよく知られており、紫外線対策はとても重要なものではあります。しかし対策はこれで十分ではなく、他の点での予防も欠かせないものです。それではどういった対策が必要になってくるのでしょうか。

日光黒子はUVケアが大事

日光黒子に関しては紫外線対策が重要になります。体内でメラニンを作らないようにすれば、シミを発生させることを防止することができるものです。紫外線対策として最も適切なのは衣類です。衣類は肌を紫外線から物理的に守ってくれるため、とても有効な対策法です。また肌に悪影響を与えないため、誰でも安心して実行できる方法でもあります。

衣類の他にはUVカット機能に優れているファンデーションやクリームなどを使用する方法があります。肌に優しいタイプのコスメを使用すればアレルギーを起こすことなく、安全に紫外線対策ができます。

肝斑は食事や生活習慣の見直しを

肝斑に対しては日々の食事と生活習慣の見直しが重要となります。食事では健康的な献立を考え、食事を通して必要な栄養素を万遍なく摂取できるように工夫することが大切です。また生活習慣では、ストレスを体内に溜めない、また運動を取り入れる、さらに睡眠時間を十分に確保するなどが大切になります。

炎症後色素沈着はターンオーバーを促すケアを

炎症後色素沈着ができてしまった場合、ターンオーバーが正常に行われ、新しい肌細胞がきちんと作られるようにケアをしていく必要があります。ターンオーバーを促すためには保湿を中心としたケアが必要です。毎日きちんとスキンケアを行い、適量の水分と油分を補い、肌にしっかりと保湿をすることで炎症後色素沈着の改善を図っていくことができます。

そばかすは濃くしないよう紫外線対策を

そばかすはできてしまった場合、まずは濃くしないような対策が必要になります。そばかすが濃くなってしまう原因は紫外線です。そのため年間を通して紫外線対策を行っていかなければなりません。衣類やUVカット効果のあるコスメなどを使用していくことが必要です。

肌のシミにいい美容成分は?

肌に出来てしまったシミに対しては、改善を図っていくためにコスメを活用するのもいい方法です。毎日きちんとスキンケアを行っていけばシミを少しずつ改善していくことができます。シミに対しては有効な美容成分というものがあります。そのためそういった美容成分が多く含まれているコスメを特に選んで使用していくことが重要です。

くすみケアにもおすすめ「ビタミンC・E」

体にとって必要なビタミンの中でもビタミンCとビタミンEは特にシミに対して有効です。ビタミンCは美白効果があり、肌全体を白くする効果に優れています。そのためシミを薄くする効果を期待することができます。

ビタミンEはできてしまったメラニンの排泄を促す効果を持っており、そのためシミを焼失させる効果を期待することができます。こういった栄養素を含むコスメを使用するのもいいでしょう。

シミ取りといえば「レチノール」

ビタミンAであるレチノールは肌の基底層に働きかけ、シミの改善に役立たせることができます。レチノール自体は天然にも存在している栄養素のため、安心してコスメとして使用することができます。またしわ改善にも有効なため、肌に透明感をもたらし、シミが目立たないようにする効果も期待できます。

ドラッグストアでも買える「ハイドロキノン」

シミに対して効果があると注目されているのがハイドロキノンです。ハイドロキノンにはシミの原因となるメラニンに直接働きかける効果があるため、シミを改善していくことが可能となっています。ハイドロキノンにはメラニンそのものを作り出すのを抑制する効果があり、またメラニンを作る細胞を減少させる効果もあります。これらの効果によってシミを作りにくくしてくれます。

高いシミ消し効果が欲しいなら

シミができてしまったので強い効果のあるコスメなどを使用したいと思っている方もいることでしょう。一般的なコスメでは効果がなかったという方もいるのではないでしょうか。こういった場合には違った方法を選択する必要があります。

一般的なコスメではなく、どういった方法を選択すればしつこいシミに対して有効なのでしょうか。その方法をご紹介したいと思います。

シミを消したいなら美容クリニックがおすすめ

一般的なコスメではあまり強い効果のある成分を配合するとトラブルを起こすため、一般的にはそういった成分は配合されていません。そのため美容クリニックなどで扱っているコスメを使用するとシミの改善を図っていくことができます。

美容クリニックではコスメに合わせて施術によってシミ対策を行っていくことができます。複数の選択肢があり、費用や肌の状態に合わせて選択が自由にできます。

レーザーやお薬で治療できます

美容クリニックではレーザー治療によってシミそのものを消す施術を行っています。このレーザーによる治療ではかさぶたができてその後に剥がれおちます。その際に気になるシミも落としてしまうことができます。

クリニックでは薬によってシミの治療を行っていくことができます。サプリ等よりも強い効果のある成分を使用しているため、より強い効果を期待する方には有効な方法です。

費用は全額自己負担になるので注意

美容クリニックではいろんな施術を選択することができます。しかしこれらは治療ではないため、基本的に全額自己負担となります。シミのための施術では費用が多くかかるため、この点についてはしっかりと確認することが必要になります。

まとめ

シミはできてしまうととても嫌なものですし、消してしまいたいと思うものです。そのため日常的にシミができないように予防をしっかりと行わなければなりません。またできてしまった場合には早期にケアをすることも大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.