感動・泣き

毛穴ケアのための洗顔方法!気になる毛穴を目立たなくするコツとは?

投稿日:

女性にとって、洗顔はとても大切なものですが洗顔をすることで毛穴が気になると悩む女性が増えています。洗顔をしても毛穴の問題がなくつるつるなお肌になりたいと誰もが考えてしまいます。そこで洗顔と毛穴の関係について考えてみましょう。

毛穴開きの原因

毛穴が開いてしまう原因は、女性のお肌により異なりますが、大まかに数種類の原因があると言われています。この原因により毛穴が目立ってしまい洗顔をしてもお肌の状態に悩まされてしまいます。毛穴の黒ずみや瘢痕の症状以外にも、毛穴の黒ずみで悩まされる人もいます。表皮メラノサイトで作られるメラニンが過酸化されたことで、毛穴が黒ずんで見える状態になります。毛穴の原因に悩まされている人は、自分のお肌の原因をよく分析してみましょう。

肌の乾燥

お肌の乾燥は、女性にとって大きな悩みになっており最近では男性でも乾燥肌は、改善したい肌のトラブルになっています。それだけ乾燥肌になっていることは、毛穴の問題やつるつるすべすべのお肌とは異なり改善したい大きな悩みです。乾燥肌の人は水分と毛穴の形に関係があると言われています。自分自身の毛穴の形を理解しないと正しいお肌対策ができません。

乾燥肌の毛穴では、たるみ毛穴や帯状毛穴と呼ばれるものがあります。お肌のハリがなくなってしまいゆるんだ状態になると重力に負けてしまうことでお肌のたるみが生じてしまい乾燥肌で言われる毛穴の原因の症状です。このたるみが生じる事は、お肌だけでなく毛穴が真下に伸びた状態になります。

この状態になるとアンチエイジングが必要な世代にとっては早急に対応しなければいけないお肌になるでしょう。このようなお肌の状態になっている人は、お肌のハリを改善してたるみのケアを行いましょう。この改善により乾燥した毛穴が目立たなくなるでしょう。

皮脂や汚れが毛穴に詰まる

脂性の肌の人は乾燥肌と異なり、お肌の皮脂分泌が過剰になっていることで、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすい状態になっています。この状態が続くと毛穴自体が黒ずんで見えてしまいます。

複数の毛穴がこの状態になることで肌の状態が全体的に黒ずんでしまうことになります。そしてこの状態が続いてしまうと角栓が詰まるようになってしまい毛穴が目立ってしまいます。このような定着した角質細胞の層が積み重なることで毛穴が硬くなってしまいます。

そして毛穴の角化が進行してしまうのでどうしても毛穴が目立ってしまうことになります。乾燥肌と異なりますが毛穴のトラブルとしてこのような症状は多く悩まされる原因になっています。毛穴に皮脂が多く集まってしまうとニキビの原因にもなります。早急に対応をしなければいけません。

ニキビの炎症により肌が傷つく

毛穴のトラブルでは、瘢痕の症状がトラブルの原因になっています。この瘢痕の症状は、最初ニキビの炎症に悩まされる問題です。ニキビの炎症が続いていくことで皮膚の組織が破壊されてしまいます。

ニキビの炎症により皮膚の再生が正しく行われないことでお肌の状態が悪くなってしまいます。ニキビの炎症が継続される状態になると皮膚組織の修復が不完全な状態になります。この状態が続くと瘢痕の形として残ってしまいます。

この瘢痕の形となってしまった毛穴は、常時とじることなく開いたままの状態になります。お肌全体から見ると非常に毛穴が目立ってしまう状態になります。そのため瘢痕の症状が出ないようにニキビのケアは的確に行わなければいけません。

最初にできたニキビを軽視してしまうと連続してニキビの炎症に悩まされてしまい最終的には毛穴の問題まで発展します。正しい対応を最初に行いましょう。ニキビの症状は、若い10代のときには多く見られる症状ですが、適切に対応しないと傷痕が残ってしまうニキビもあります。早めに対策を行いましょう。

毛穴をきれいにする洗顔方法

毛穴は、きれいな状態で維持しなければ黒ずんだり炎症したりして肌の状態が悪くなってしまいます。この状態が続くとシミやそばかすの症状が現れたりして毛穴が大変気になる存在になります。そこで毛穴対策を万全に行いましょう。

毛穴対策では洗顔を正しく行うことで、きれいな毛穴を維持することが可能です。毎日行わなければいけない洗顔なので正しいやり方を理解して実践してみましょう。毛穴に悩まされている人であれば早めに行いきれいな毛穴に改善しましょう。

しっかりと泡立てる

ケアのための洗顔では、洗顔料を必ず使いましょう。そして洗顔料は必ず泡立てることがポイントです。洗顔料をしっかりと泡立てることができれば洗顔料の洗浄効果を飛躍的に高めることが可能です。力を入れてこする洗顔をするよりも優しく洗うことに心がけましょう。力を入れない洗顔は毛穴のダメージも軽減できる方法です。

手でゴシゴシ触り過ぎない

 

洗顔は、お肌にある余分な皮脂やゴミを洗い流すために行うものですが、毛穴にとってはあまり刺激が強くならないようにしましょう。毛穴の気になる人は、洗顔をするときに力を入れて手でゴシゴシとこする人がいますが、刺激を与えてしまうことになり、お肌のダメージが残ってしまいます。

優しくいたわるように洗顔をしないと、毛穴対策の洗顔が毛穴のダメージの洗顔になってしまいます。そしてできるだけ肌に触らないように洗顔を行いましょう。手の皮脂や汚れを肌につかないように洗わなければいけません。

すすぎ残しがないようにする

洗顔の最後は必ず洗い残しがないようにお肌のすすぎを行いましょう。すすぎ残しがないようしっかりすすぐことがポイントです。完璧に洗い流すために長時間すすぐことや何度も洗顔することは過剰なすすぎになってしまいます。このような洗顔を行うと毛穴が目立ってしまいます。そして最悪の場合には毛穴の状態を悪化させてしまう原因になるので、注意しましょう。

何度も洗顔しない

毛穴のトラブルに悩まされている人は、毎日毛穴洗顔を何回行えばよいか悩む人も多いです。洗顔を行う肌の状態により1日に行う洗顔の回数は限られています。健康な肌の状態であれば1日2回程度行うのが肌に良い洗顔回数です。

洗顔をする時間も長く行ってしまうと肌の摩擦をしてしまう原因になるので注意しましょう。ニキビに悩まされている人やオイリー肌の洗顔回数は、毎日何回も洗顔してしまうと思いますが基本的には毎日2回程度の洗顔で十分対応できます。

乾燥肌の人は、洗顔回数は変わりませんが洗顔方法を朝と夜では異なる方法を採用しましょう。乾燥肌の朝の洗顔では洗顔料を使わずにお肌の皮脂をキープして肌の乾燥を改善しましょう。夜の洗顔では、簡単な洗顔で終了させましょう。しっかり洗い流すと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

毛穴洗顔料の選び方

毛穴のトラブルを改善させるための洗顔料は、毛穴対応した洗顔料を選びましょう。お肌がどの状態であっても毛穴に対応した洗顔料を利用すれば、毛穴対策には効果のある洗顔ができます。一緒にクレンジングも毛穴対策に対応したものを利用しましょう。

自分の毛穴のタイプに合ったものを選ぶ

毛穴のための洗顔料は、自分自身の毛穴の状態やお肌のタイプにより購入しましょう。人気のある洗顔料であっても自分のお肌に対応していないものであれば購入は控えなければいけません。

黒ずみタイプの毛穴に悩まされている人は、毛穴の奥まで入り込んで汚れを掻き出してくれる洗顔料を利用しましょう。スクラブ洗顔や酵素洗顔のタイプが効果があります。 毛穴が縦に広がっているタイプは、保湿成分を美容成分が多く配合されているタイプを購入しましょう。肌のたるみやはりの予防効果のある洗顔料もあります。

オイリー気味の肌タイプの人は、さっぱりした洗顔料を利用しましょう。お肌の余分な皮脂や汚れを落としてくれるだけでなく毛穴を引き締めてくれるタイプが1番良い洗顔料です。

刺激が少ないもの

お肌の刺激が少ない洗顔料は、洗顔をした後のお肌の刺激が少ない洗顔料になります。お肌のつっぱり感やピリピリした感じ、チクチクするような痛みを感じてしまう洗顔料は刺激が強い洗顔料になります。

肌質に合っているものを選ぶ

毛穴のための洗顔では、肌質に適したものを選びましょう。最近では洗顔ブームになっておりいろんな洗顔料が販売されています。その中には美肌効果を伴う洗顔料が数多く販売されており、洗顔本来の目的のために利用する洗顔料を購入しない人が増えています。洗顔の目的は皮脂汚れを洗い流すことになり、そのときに使う洗顔料は肌質に対応したものを選ばなければお肌に刺激を与えることや毛穴対策で十分効果を発揮してくれません。

洗顔料では、石けんなどの固形タイプ、クリーニングやペーストなどのフォームタイプ、固形粉末の洗顔パウダーなどに分類されます。これらの洗顔料は肌質により使い分けることが正しい洗顔になるでしょう。

固形タイプの洗顔料は、脂肪酸と油脂の原料で作られており泡立ちを高めるために高級脂肪酸を多く含んだ洗顔料が販売されています。この光景タイプは健康肌とオイリー肌が目立つ人にとってはとても良い効果を与えてくれる洗顔料となります。乾燥肌や敏感肌そしてこれらのお肌の混合肌でも良い影響を与えてくれるものです。最近の固形タイプの洗顔料は、弱酸性の物や消炎作用があるものが発売されており肌に優しい洗顔料が増えています。

クリームやペーストタイプの洗顔フォームに該当するフォームタイプの洗顔料は、固形タイプと比較すると酸化が少ないのが特徴で保存状態も良く長く使える洗顔料です。乾燥肌の人が利用するのに最適な洗顔料で、健康肌の人も利用できるタイプです。洗顔した後のしっとりとする洗顔料からさらっとする洗顔料まで幅広く種類があります。

固形粉末タイプの洗顔パウダーの洗顔料は、パパインなどの酵素を含んだものが販売されています。肥厚となってしまった古い角質を除去するのに適した洗顔料です。こちらのタイプは、健康肌やオイリー肌の人が利用するのに適しています。

まとめ

毛穴対策の洗顔は、対応を誤らないようにしなければいけません。そのためには現在の肌質を理解することが第一の条件となります。自分の肌質に適した洗顔料を選ばないとせっかく洗顔をしてお肌対策を行っているのが、お肌にとって悪い洗顔になってしまいます。洗顔の方法も必ず正しい方法を行いましょう。

肌質によっては洗顔の方法も異なってきます。特に乾燥肌の人は、1日2回洗顔をする場合でも異なる洗顔方法を実践しましょう。多くの人が利用する人気の洗顔料であっても自分のお肌に対応していなければ利用しないようにしましょう。お肌対策は毎日行うものですが、正しい方法で実践しないとお肌は悪くなる一方です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.