感動・泣き

しみ・そばかすができる原因と一般的な皮膚科での治療方法とは?

投稿日:

お肌の大敵、しみ・そばかす。メイクでどうにかしようと思っても、なかなか消えてくれなくて困っている…なんで女性が多いのではないでしょうか。「そもそも、しみ・そばかすって何でできるの?」「できてしまった場合、どうすれば治るの?」など、様々な疑問を解き明かしていきましょう。

そばかすとは?

そばかすとは、お肌にできる茶色の斑点のことで、多くの場合は鼻や左右の頬に現れます。顔以外にもデコルテや肩など、紫外線を浴びやすい場所を中心にできやすいという特徴があります。また、そばかすが現れる時期は主に幼少期からで、思春期をピークに徐々に薄くなっていくこともあります。

雀卵斑(じゃくらんはん)

その名の通り、スズメの卵殻に似ていることから付けられ、遺伝的な要因で発生するとも言われています。また、色白の人にできやすいのも特徴です。春から夏にかけて特に目立ち、秋から冬になると薄くなっていく傾向があります。

炎症が少ない

先にも述べたように、そばかすは遺伝的に現れることが多く、ニキビなどの炎症や紫外線を浴びることが原因となっているしみとは異なります。ですので炎症も少なく、痛みやかゆみはありません。

左右対称にできる

一般的にそばかすは左右対称にはできません。左右対称にできるものは、そばかすに似ていますが全く別のもので「肝斑(かんぱん)」と呼ばれます。

シミ・そばかすができる理由

しみは、ニキビなどの炎症でできる「炎症後色素沈着」や、年齢を重ねていくに従ってできる「老人性色素斑」、また強い紫外線を浴び続けることによって現れます。一方そばかすは、遺伝的でしみとは逆に加齢と共に薄くなることもあります。しかし、紫外線を浴びることで濃くなってしまう可能性があります。

メラノサイトが活性化する

お肌が紫外線を浴びることにより、メラノサイトが活性化し、それに含まれているチロシンがどんどんメラニン色素に変化していきます。メラニン色素が細胞に運ばれいくと、お肌は着色し始めるのです。紫外線を浴びる量が多ければ多い程、色素は濃くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは”細胞が生まれ変わるサイクル”のことです。お肌は”角質層、顆粒層、有棘層、基底層”の4つの層からできています。角質層はお肌に必要な水分を逃さないように保護しており、28日周期でその役目を終え、剥がれ落ちることにより細胞が入れ替わります。

ターンオーバーが乱れると、各層に入り込んだメラニン色素がうまく排出されず、しみの増加につながってしまうのです。

遺伝性

しみ・そばかすができやすい原因として、遺伝性という問題をこれまで何度も発言しました。これには「紫外線高感受性症候群」という原因遺伝子が関与しています。お肌の細胞には本来、紫外線で壊れてしまったDNAを修復する作用があるのですが、『UVSSA』という遺伝子に異常があると、紫外線で損傷してしまったDNAを治す物質が分解されてしまうのです。

よってDNAが修復されないまま受け継がれるため、しみ・そばかすが遺伝性として現れてしまうのです。

シミ・そばかすの皮膚科の治療方法

では、ここからは具体的にしみ・そばかすをどのようにして治していくのかを考えてみましょう。現在は低価格でしみ・そばかすを治療できる時代になりました。主にレーザー治療と光治療があり、それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

レーザー

レーザーは、お肌の深部にある真皮まで届くので、特に大きなしみ・そばかすの治療に適しています。メラニン色素を的確に狙い撃ちできるため、正常な皮膚細胞にはダメージを与えることなく、治療が行えます。ただ深部まで一気に届くため、少し痛みを伴ったり、炎症後色素沈着が生じることもあります。

光治療

光はレーザーとは違い、広範囲に穏やかな光を照射していくため、レーザーでは除去が難しい薄いしみ・そばかすに効きます。また複数の異なる波長の光を使用するため、しみ・そばかす以外にもニキビ跡や赤みを改善してくれます。ですが、広範囲に光を当てるため、正常な細胞にまで照射されるほか、深いしみ・そばかすには届きません。

しみ・そばかすを薄くするケア

以上のように皮膚科で治療するほかにも、しっかりホームケアをすることでしみ・そばかすを薄くすることが可能です。その方法は難しいことはなく、ちょっとした習慣付けだけでクリアできちゃいます。ぜひその方法を頭に入れて、進行をストップさせていきましょう!

日傘を使う

初めは薄くても、紫外線を浴びれば浴びるほど、しみ・そばかすは濃くなっていきます。特に季節柄、濃くなりやすい春から夏にかけては、日焼け止めクリームや日傘を使用し、紫外線カットを目指しましょう。

また、秋から冬にかけては誰もが油断しがちです。秋は気温が下がり始めるので紫外線があまり気にならなくなりますが、春と紫外線の量は変わりません。冬も特に雪が積もる地域では要注意です。太陽から直接届く紫外線のほか、雪に反射している紫外線も浴びてしまいます。ですので、紫外線対策は1年中心掛けておくと良いでしょう。

クレンジングは強く擦らない

普段のスキンケアには注意しておきましょう。特にクレンジング剤というのは、化粧品という手ごわい汚れを落とすくらい刺激が強いものです。自分の肌に合わないクレンジング剤の使用は、お肌への多大なるストレスとなります。

しっかり落とそうと、クレンジングの際にゴシゴシ擦ってしまう方もいらっしゃいますが、その行為がしみ・そばかすに繋がるかもしれません!擦ることによって起こる摩擦や刺激によっても、メラニン色素が生成されてしまうのです。お肌をケアする時は、必ず優しく扱うようにしましょう。

積極的にビタミンCを摂る

日々摂取する栄養素も、しみ・そばかすを薄くするのに大きく関係してきます。お肌といえばやはりビタミンCでしょう。ビタミンCの摂取は、仮に紫外線を浴びてもお肌に影響しにくくなるといいます。更に、ビタミンCと一緒に摂取すると良いのが、ビタミンEです。老化の原因となる酸化を防いでくれるので、一石二鳥です。

まとめ

今回は、しみ・そばかすについてお話してきましたが、いかがでしたか?遺伝性という避けては通れない原因もありましたが、今では医療も進歩し、誰でも簡単にしみ・そばかすへの治療が受けられるようになりました。

また、何度も治療を受けなくてもいいよう、自分でできるケアについてもお話してきました。どれも少し意識するだけで簡単にできるものですので、しっかり習慣化させ、『脱!しみ・そばかす』を目指してみて下さい。

人間、何歳になっても若々しくキレイでいたいものです。生活習慣を見直すことは、しみ・そばかすにだけでなく、生涯健康でいられることにも繋がります。ぜひ心に留めて、自信に満ち溢れた素敵な人生を過ごして下さいね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.