感動・泣き

小鼻の毛穴にできる黒ずみを何とかしたい!予防方法・治療法はあるの?

投稿日:

洗顔をする際やメイクの時に鏡を見ると、つい気になってしまうのが小鼻の黒ずみです。しっかりケアをしているつもりでも、いつの間にか気がついたら鼻の頭に黒い粒がポツポツできてしまい悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?女性が気になる小鼻の黒ずみ、その原因や予防法について紹介します。

小鼻の黒ずみ原因

小鼻の周りにできる黒いポツポツした黒ずみは、それがイチゴの種のように見えることから「イチゴ鼻」とも呼ばれています。普段はファンデーションで誤魔化しているけれど、できればスッピンでも自信を持てるようなスベスベ小鼻を目指したいと思う人は多いでしょう。まずは、どうして小鼻に黒ずみができるのかその原因について知りましょう。

角栓の詰まり

小鼻の黒ずみの原因で考えられるものの1つに角栓の詰まりがあります。指で小鼻を触ってみて、ざらざらとした手触りがある場合には、毛穴に角栓が詰まっているかもしれません。角栓は古い角質や皮脂、ファンデーションなどのメイク用品がホコリなどと混ざってできます。毎日しっかり洗顔をして洗い流しているつもりでも、洗い残しがあったり肌の調子が悪いと古い角質が肌に残り、角栓ができやすくなってしまいます。角栓は毛穴に詰まったまま時間が経過すると徐々に酸化して黒くなり、これが小鼻の黒ずみとして目立つようになってしまいます。

うぶ毛の詰まり

毛穴の黒ずみの原因には、実は意外と見落としがちになってしまうものもあります。それがうぶ毛です。毛穴という名前のため、当然そこからは毛が生えてきます。日本人の多くの人は体毛が黒いため、うぶ毛も処理をしないまま濃くなるとそれなりに目立ってしまいます。顔周りの産毛をそのままにしておくと顔色をくすませるだけでなく、黒いポツポツとした黒ずみのようにも見えてきます。うぶ毛なので上からファンデーションを塗っても隠し切ることは難しいです。

うぶ毛は洗顔や肌のケアに力を入れても、定期的に顔を剃るなどしないと新しく生えてきてしまいます。自分で処理をする自信がないという人は国家資格を持った理容師さんがいる理容室やシェービングサロンなどで顔剃りを行ってもらったり、エステで脱毛をすることもできます。

メラニン色素

メラニン色素はシミの原因になる物質なので、肌のケアを熱心に行っている人なら日頃から日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行っていると思います。しかし、メラニン色素ができる原因は紫外線だけではありません。肌の乾燥や刺激もメラニン色素ができる原因になってしまいます。洗顔後の保湿をしっかりと行っていなかったり、タオルでゴシゴシと顔を拭いたり、また頻繁にピーリングを行うなど肌に過剰な刺激を与えているとメラニン色素が発生し、小鼻の周りの黒ずみになってしまうことがあります。

小鼻黒ずみを解消する洗顔方法

小鼻の黒ずみを解消しようと思ったら、毎日の肌ケアが重要です。特にメイクを落とさないまま寝てしまったり、きちんと洗顔で肌の汚れを落としていないとそれらが角質になり小鼻の毛穴を塞いでしまいます。簡単にできて続けやすい小鼻の黒ずみケアができる洗顔法を紹介します。

洗顔前に手を洗う

多くの人が毎日顔を洗います。しかし、洗顔の前にわざわざ手を洗ってから顔を洗うという人は少ないのではないでしょうか?できれば石鹸やハンドソープを使って先に手に付着している汚れを落としてから、きれいな手で泡立てることをお勧めします。洗顔料や洗顔石鹸を泡立てないまま顔にこすり付けると肌への負担が大きくなります。

洗顔ネットや泡立て用の器具を使うと手で泡立てるより短時間でキメの細かい泡ができるためお勧めです。洗う時も泡の上からそっと指をのせ、指が直接肌に触れないようにします。泡で肌を包む感じでやさしく洗ってあげましょう。

ぬるま湯で洗う

入浴時に顔を洗う時に、面倒だからとシャワーのお湯を直接顔に浴びせてしまう人がいます。しかし、お湯の温度が高すぎると肌のために必要な皮脂や角質が落ちすぎてしまい、乾燥などの原因になってしまいます。また、冷水で顔を洗うのも、毛穴が開ききらず汚れを落としにくくなるのでお勧めできません。

洗顔に最適なお湯の温度は体温よりもやや低い32度くらいが良いと言われています。触れてみると温かくはなく、かといって冷たすぎるというわけでもない程度の温度にあたります。乾燥肌や脂性肌など個人の肌の状態によっても適した温度が前後するため、肌の調子を見ながら自分にあった温度に調節してみると良いでしょう。

水分をタオルで押さえてふき取る

洗顔で皮膚についた汚れやホコリを落としたら、正しい方法で水分を拭き取りましょう。顔を拭くタオルは使い回しをしないで毎回洗い立てのものを使うことをお勧めします。一度使ったタオルは水分を含み、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖したタオルで顔を拭いてしまうとそこから肌トラブルの原因になることがあります。

拭く時にも、力を入れてゴシゴシと拭くと肌が傷ついてしまいます。肌へのダメージを少なくするには、タオルをポンポンと押し当てるようにして優しく拭くのがポイントです。

黒ずみを予防する生活習慣

小鼻の黒ずみを予防するには、毎日のスキンケアや洗顔だけでなく生活習慣も重要になります。肌の調子はちょっとしたことで変わります。特にTゾーンは顔の中でも他の部分に比べて毛穴が多い場所になります。そのためトラブルが起きやすい場所とも言えるでしょう。小鼻の黒ずみ予防のために気をつけておきたい生活習慣について紹介します。

脂肪・糖質の高い食事を避ける

仕事などで毎日帰宅が遅かったり疲れていたりすると、ついコンビニのお弁当やインスタント食品などで済ませてしまいたくなりますが、過剰に糖質や脂質を摂ることは肌にとっては良いものではありません。肌のことを考えると、毎日の食事は栄養のバランスを考えて食べ物を選ぶことをお勧めします。揚げ物や甘いデザートばかりではなく、ビタミンやミネラルを摂取できる野菜や果物、海藻などの他、肉や魚に含まれるたんぱく質も必要な栄養素です。食生活が偏りがちな人は自分の食べているものを今一度注意して見てみましょう。

ストレスを減らす

過度なストレスを溜め込み過ぎると体には様々な影響が現れます。緊張やプレッシャーなど様々なことで気持ちが不安定になったり、人間関係の悩みを抱えたりと現代社会に生きる上で私たちがストレスを完全に無くしてしまうことは難しいでしょう。ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、血行が悪くなり肌のターンオーバーも乱れて毛穴が開きやすくなってしまいます。

また、小鼻の周りは特に皮脂の分泌が多い場所ですが、ストレスによって更に皮脂が分泌されやすくなってしまいます。ストレスを避けることが難しくても、気分転換や運動などを取り入れて上手く付き合うことが大切です。

皮膚科での小鼻の毛穴治療方法

毎日のケアを頑張ったり、生活の改善に力を入れてもどうしても頑固な小鼻の黒ずみが取れないという場合、肌の専門家である皮膚科で治療を行うという方法があります。レーザー治療やIPLは小鼻の黒ずみだけでなく、様々な肌質の改善にも役立つ効果が見込めるため、どうしても悩んでいるという人にお勧めです。

レーザー

美容皮膚科で行われるレーザー治療にはいくつかの種類があります。種類によって得られる効果に若干の違いはありますが、レーザー治療では主に小鼻の毛穴に詰まった角栓の除去やメラニンによる色素沈着、大きくクレーター状に開いてしまった毛穴やたるみの改善などが期待されます。ほとんどの場合保険が適応されない自由診療での治療になるため費用が高額になるケースが多いです。

IPL

IPLとは光治療とも呼ばれ、レーザー治療では除去が難しかった色が薄いシミにも効果が期待でき、肌の色合いを明るくしたり肌質を改善するという効果もあります。レーザー治療よりも効果はマイルドですが、その分痛みが少なくダウンタイムも短くなります。

まとめ

小鼻の黒ずみ、イチゴ鼻に悩んでいる女性は多いでしょう。しかし、黒ずみができる原因を知り、適切なケアや生活改善に努めることで小鼻の黒ずみが解消されるかもしれません。毎日のお手入れで黒ずみのないツルツル小鼻を目指しましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.