感動・泣き

頬の毛穴が気になってしまう!毛穴開きに効果的なトレーニング!?

投稿日:

鏡で自分の顔を見た時に、気付かないうちに頬の毛穴が目立ってきて焦ったという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか?知らず知らずのうちに開いてしまった毛穴は、メイクで必死に隠そうとしてもどうしても気になってしまいます。人間の顔にある毛穴の数は20万個にも及ぶと言われています。そして、その数は生まれたときからほぼ変わることはありません。

毛穴は汗や老廃物を排出するだけでなく、皮膚の潤いを保ったり、外側からの刺激から肌を守るなどの役割も果たしています。しかし、頬にブツブツと大きく開いてしまった毛穴はできるだけ目立たなくしたいものです。頬の毛穴が開いてしまう原因や、どうしたら毛穴の開きを抑えられるのかその対処法について紹介します。

いつの間にか気がついたら開いてしまった頬の毛穴。実は、毛穴が開いてしまう原因は1つだけではありません。様々な理由が重なり合って毛穴の開きが起きていることもあるため、毛穴の開きで悩んでいるという人は今一度自分の肌や毎日のスキンケアの方法を見つめ直してみる必要がありそうです。

肌のたるみ

鏡で頬の毛穴を見て、穴の形が縦に伸びていたり滴形になっている人は、加齢などが原因で肌がたるんでしまったため毛穴が目立ってきたと考えられます。加齢と共にコラーゲンなどが減少することで肌のハリが失われてしまいます。ハリを失った肌は重力によって垂れ下がり、その結果本来は丸い形をしているはずの毛穴が縦に伸びて開いてしまい、目立つようになります。

毛穴の詰まり

毛穴が詰まると、指で触ったときにザラザラとした感触がしたり、黒ずんでボツボツと目立つようになります。特に頬は顔の中でも面積が広い部分なので毛穴の詰まりを気にする人も多いでしょう。頬の毛穴を詰まらせている原因の1つが角栓です。角栓の元になっているのは皮脂や古い角質、ホコリやファンデーションなどです。

毛穴から分泌される皮脂には、肌の表面に膜を作ることで潤いを保つ役割があります。そして角質はたんぱく質で出来ており、古くなると周期的に剥がれ落ちるようになっています。しかし、何らかの原因で毛穴の中に溜まった皮脂や古い角質が上手く排出されなくなってしまった場合、それらが角栓となって毛穴を塞いでしまいます。

肌の乾燥

毛穴が開いてしまう原因のうち、もっとも大きな原因は乾燥によるものです。乾燥よりもオイリーな肌のほうが皮脂の分泌も多く毛穴が開きそうなイメージがあるかもしれませんが、肌の水分量が少ないほど毛穴はかえって目立ってしまいます。赤ちゃんや小さな子供の肌を見ると、ぷるぷるとした瑞々しさがあり、きめが細かいため毛穴はほとんど目立ちません。肌には外部の刺激からダメージを受けないよう保護したり、水分を逃さないように保湿成分を整えたバリア機能が働いています。

このバリア機能が正常に働いていると肌のきめの細かさを保つことができますが、何かの原因でバリア機能が上手く働かない状態になると肌の水分量が不足してきめが粗くなります。肌のかさつきが気になり、毛穴も開き気味という人の場合は肌の潤いが不足しているという可能性が高いでしょう。

紫外線

紫外線は肌に様々な影響を起こします。頬の毛穴が目立ってしまう原因に肌のたるみなどを挙げてきましたが、実は紫外線を浴びることで肌のたるみや皮脂の分泌量の増加を引き起こしてしまいます。紫外線は肌の奥深いところにある真皮層まで届き、コラーゲンやエラスチン繊維などを壊してしまいます。

肌のハリを保つ為に必要なこれらが破壊されてしまうことでたるみを引き起こしやすくなってしまいます。また、紫外線によって肌のバリア機能が破壊されると肌が乾燥しやすくなり、毛穴が開いてしまいます。

頬の毛穴を目立たなくするポイント

一度気付いてしまったら鏡を見るたびにどうしても気になってしまう頬の毛穴開きですが、毎日行っている洗顔やスキンケアを見直すことで改善に繋がります。また、スキンケア以外にも生活習慣の改善や簡単にできる表情筋トレーニングについても紹介します。

しっかり泡立てて洗顔する

毛穴の黒ずみや詰まり、たるみが原因で毛穴が開いてしまっているという人は一度洗顔について見直しを行ってみると良いでしょう。また、毛穴の状態によって選ぶ洗顔料の種類を変えることも重要です。毛穴が黒ずんでいる、詰まっているという人は毛穴に皮脂や古い角質が残ってしまっているためです。それらを取り除く為に、洗浄力がある洗顔料やたんぱく質を溶かす効果のある酵素洗顔・クレイパックなどを利用してみることをお勧めします。

たるみが原因で毛穴が開いている人は、美容成分や保湿成分が入った洗顔料を選び、肌を乾燥から守り潤いを保つことがポイントです。肌のハリや弾力を保つケアを行うことがたるみ毛穴改善の近道になります。

保湿効果がある洗顔料にする

適度に水分を含んだ肌にはプルンとしたハリやツヤがあります。しかし、乾燥して水分量が少なくなってしまうと肌にたるみが出て年齢よりも老けて見られたり、毛穴の開きが目立ってきてしまいます。洗顔の目的は、肌に溜まった老廃物や外からついたホコリなどの汚れ、メイクなどを肌に残さないためです。

現代の洗顔料は洗浄成分も強く、洗いあがりがサッパリしたものも多いですが、肌のために必要な皮脂を落としすぎてしまい乾燥を招くこともあります。乾燥が気になる人は、洗いあがりがしっとりとする保湿成分や美容成分の入ったタイプの物を使うことをお勧めします。

ヒアルロン酸・コラーゲン配合化粧水を選ぶ

頬の毛穴がしずく型や縦に長く開いてしまっているという人は、肌のたるみが原因で毛穴が開いてしまってします。年齢を重ねると共に、肌のハリが無くなりたるんできたと感じている人も多いでしょう。肌がたるんでしまう原因は、真皮と呼ばれる部分にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌にハリを与える成分が減少したり、これらを作る繊維芽細胞が衰えてしまうことで起こります。

こうした真皮の衰えをカバーするためには保湿対策をしっかりと行い、肌のバリア機能とターンオーバーが正常になるようにケアする必要があります。年齢を重ねた肌をケアできるヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を含んだエイジングケア化粧品を利用することで、肌のたるみ対策ができます。

自分の肌に合ったクレンジングにする

メイクをした日には必ず行ってもらいたいのがクレンジングです。帰宅が遅くなったり、疲れているとつい面倒くさくなってメイクを落とさずに寝てしまいたくなりますが、毛穴に入り込んだファンデーションや皮脂をクレンジングと洗顔できちんと落とさないと肌トラブルに発展してしまうこともあります。クレンジングにはしっかりメイクを落とせるタイプのものや、手軽に使えるシートタイプのものもあります。しかしこれらは肌の乾燥を招くことがあるため、自分の肌に合うクレンジング剤を見つけてケアすることが大切です。

生活習慣を見直す

きれいな肌を作るには日々の生活そのものが重要になります。特に食生活や睡眠は美肌作りには欠かせません。食事で気をつける点は、たんぱく質とビタミン・ミネラルなどをバランスよく摂ることです。

肉や魚に含まれるたんぱく質と野菜などから摂取できるビタミンを同時に取り込むことで、肌の潤いを保ってくれるコラーゲンを作り出してくれます。野菜では特に新陳代謝を活発にし、肌の調子を整えてくれるβカロテンを多く含んだ緑黄色野菜を積極的に摂取すると良いでしょう。甘い物や脂肪分の多い食べ物はできるだけ避けることをお勧めします。

十分な睡眠時間を確保できていないと免疫力や代謝が下がってしまいます。肌や体調を整えるためにも、最低6時間は睡眠時間を確保し、できるだけ日付が変わる前には寝るようにすると良いでしょう。

表情筋トレーニングをする

頬のたるみが原因で毛穴が開いている人の場合、表情筋トレーニングで顔の筋肉を鍛えると改善される可能性があります。腹筋や背筋などと同じように、顔の筋肉も鍛えなければ衰えていく一方です。口元や頬、眉などのパーツを動かすときに使われる顔の筋肉は約30種類あると言われます。筋トレと聞くと腹筋のように筋肉が割れてムキムキになるのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、表情筋をトレーニングしても腹筋のように割れることはありません。

口や目を大きく開いたり動かしたりするだけでも表情筋が伸び縮みしてストレッチの効果が期待できます。少し大袈裟なくらいに口を開けたり目を動かすだけでも効果があるので空いている時間に実践できる手軽さもポイントです。

毛穴の開きに関係している筋肉

20代前半の頃は気にならなかったけれど、最近になって頬の毛穴の開きが気になってきたという人もいるのではないでしょうか?毛穴を目立たなくさせようと必死に引き締めタイプの化粧品を使おうとする人もいますが、年齢と共にできる毛穴の開きは化粧品だけでは大きな効果が望めません。毛穴の開きの原因に肌のたるみが挙げられます。最近肌のハリが無くなってきたという人は、顔の筋肉を鍛えることで開いてしまった毛穴を目立たなくさせることもできます。

表情筋

表情筋は目や鼻、口などのパーツを動かす時に使われる筋肉です。表情筋を鍛えることで、たるみの改善やシワ予防に効果があるだけでなく、血行が良くなることで肌のトーンが明るくなったり小顔効果も見込めます。表情筋のストレッチは口を大きく開いて「あいうえお」と動かしたり舌を突き出して上下左右に動かすだけでも効果があるため手軽に実践できます。

深層筋

深層筋という名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、「インナーマッスル」という言葉なら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?インナーマッスルトレーニングとしても有名になった深層筋は、体の表面にある筋肉より更に奥にある筋肉で、普段はその動きを自分で知ることはあまりない部分です。腹筋のイメージが強い深層筋ですが、実は顔にもあり表情筋を支える役割を担っています。体の奥にある深層筋が衰えてしまうと表情筋をうまく支えられなくなってしまい、たるみの原因になります。

顔筋トレーニングの効果

頬の毛穴の開きやたるみが気になってきたという人は、顔の筋肉をトレーニングしてあげることでハリが戻り、毛穴開きが改善される可能性があります。その具体的な効果について紹介します。

皮膚が垂れるのを防ぐ

顔の筋肉が衰えてしまうと、皮膚が重力によって垂れ下がり、ほうれい線や目元のたるみなど顔が老けた印象になりがちになってしまいます。表情筋と深層筋の2つの筋肉を鍛えることによって皮膚のたるみを防ぎ、ハリのある肌を保つことができます。

血行が良くなる

顔の中にもある深層筋にはポンプのような役割もあり、血液中の栄養分を運んだり老廃物を除去したりします。表情筋を支えている深層筋は、鍛えることによって肌のたるみやシワが改善されるだけでなく、血行が良くなることで肌に栄養が行き渡り肌のトーンアップやくすみの改善も期待できます。顔の深層筋にはこめかみのあたりにある側頭筋と、口周りにあり物を噛むための咬筋の2種類があります。

代謝がアップする

顔の筋肉も体の他の筋肉と同じように、使いすぎたりまったく使わなかったりすると硬く凝ってしまいます。筋肉が凝ると血行が悪くなり、むくみの原因にもつながります。顔の筋肉を意識して解すことで滞っていた血流や水分代謝が良くなるため、むくみの改善や小顔効果も期待できます。

表情が豊かになる

顔の筋肉の中でも喜怒哀楽を表す表情筋が硬くなると、思うように表情を作れなくなってしまいます。日頃から意識して顔の筋肉を動かすと、表情が豊かになるだけでなくほうれい線や肌のたるみの改善に繋がります。空いた時間で口や目を大きく開けたり閉じたりする簡単なストレッチをしてみると良いでしょう。

まとめ

頬の毛穴が開いてしまう原因には様々なものが考えられます。しかし諦めずに適した方法でケアを続けることで改善される見込みもあります。毎日鏡を見ながらチェックし、自分の肌と向き合って行きましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.