感動・泣き

目のクマの種類と知っておきたいクマ対策・ケア方法!

投稿日:

目の下にできるクマ。誰もが経験し、身近に感じるものなのではないでしょうか。あたながクマを作っている人を見かけたら、どのような印象を持ちますか?「睡眠不足」「疲労困憊」「ストレス」など、ちょっと心配になってしまう印象ばかりですね。

身近にありながら、クマについてそこまで知らない方も多いと思います。今回は、そんな目の下にできてしまうクマについて、皆さんに知っておいて欲しいことをお話ししたいと思います。

クマの種類

クマとは、目の周辺の血行不良によって現れます。目の下にクマができると、なんとなく疲れているように見えたり、老けた印象を与えてしまいます。では、クマができてしまう原因とは何なのでしょうか。

例えば、代表的なのが睡眠不足。もちろんこれが理由でクマができてしまうのは正解なのですが、実はこれだけが原因ではありません。クマにもさまざまな種類があり、その種類によって原因もそれぞれ異なります。

では、一体どのような種類があるのでしょうか。種類は大きく分けて4種類あり、青クマ・茶クマ・赤クマ・黒クマと分けられます。それでは、種類別にその特徴と原因を見ていきましょう。

青クマ

青クマは、主に睡眠不足などによる目の周辺の血行不良によって起こります。また、パソコンやスマートフォンなど、ブルーライトを長時間浴びることによって起こる、眼精疲労や冷え性なども原因の1つです。目尻を引っ張り、色が薄くなるようであれば、青クマの可能性があります。

目の下の皮膚は非常に繊細で薄く、たくさんの毛細血管が走っています。この毛細血管が血行不良を起こすと青くなり、それが薄い皮膚から透けて見えてしまうのです。血行不良が原因なのであれば、青クマを解消するには目元を温めたり、軽いマッサージが好ましいでしょう。

ホットタオルやホットアイマスクなどで目元を温め、力のかかりにくい薬指などを使って、軽くマッサージすると効果があります。また、睡眠時間をしっかり確保することで、血行不良になることを防ぐと良いでしょう。

茶クマ

茶クマは、目の下に小さいしみが連なるように現れます。メラニンの過剰分泌や色素沈着、角質肥厚が主な原因でできやすくなります。試しに目尻を引っ張てみて下さい。引っ張ても色が変わらなければ、茶クマの可能性が高いです。では、ここでメラニンがなぜ過剰に生成されてしまうのかについて、お話ししたいと思います。

メラニンは、紫外線対策を怠ってしまったり、基礎ケア(クレンジングや洗顔)をする際に起こる摩擦(目の周りを強くこするなど)で肌が刺激を受け、過剰に生成されます。その為、メラニンを排出するターンオーバーが追い付けず、色素沈着や角質肥厚を引き起こしてしまうのです。

目の下は紫外線を浴びやすい部分です。日焼け止めや日傘、サングラスなどで、しっかり紫外線対策を行ってください。また、基礎ケアをする際には、ゴシゴシこすらず、優しくお肌に触れることを心がけると良いでしょう。

赤クマ

赤クマも青クマと同様、血行不良によりできるクマです。ただ、青クマの静脈(毛細血管から血液を心臓に送り返す血管)の血行不良に対し、赤クマは静脈・動脈(心臓から出た血液を抹消に運ぶ血管)の両方が血行不良になった状態です。

赤クマが現れている場合は、目の下だけでなく、顔全体が血行不良になっていると考えた方が良いでしょう。ですので、赤クマを解消するには、顔全体の血行促進を促す必要があるのです。頬の上の方を下に引っ張ると赤みが増すようであれば、それは赤クマの証拠です。

血行不良が原因となれば、やはり血行を促進させることが必要となります。ホットタオルなどで顔全体を温め、オイルなどを使いフェイシャルマッサージをしてあげると、顔全体に血の巡りが帰ってきます。必ず優しいタッチで触れることを、心がけましょう。

黒クマ

目の下のたるみによって黒い影ができ、色が変化して見えるクマを黒クマといいます。目の下の皮膚は元々薄くできています。それが年齢と共にさらに薄く弱くなり、ハリや弾力が低下すると、黒クマができてしまう原因となるのです。

目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉が緩んでいくことで、その下にへこみができます。その影が黒く見えているのです。黒クマは上を向いた時に薄く見えるのが特徴です。クマがあるなと気づいたら、上を向いて黒クマかどうか確かめてみましょう。

黒クマには、目元専用のアイクリームなど、エイジングケア用のものを使用し、ハリをアップさせることで改善できます。さらに、顔の筋肉を鍛えたり、目のまわりのツボを刺激するのもおすすめです。

クマを予防するスキンケアのポイント

それでは次に、クマができるのを未然に防ぐ方法について考えていきましょう。目の下は薄く繊細である為、ちょっとしたことですぐクマを作ってしまいます。日常からクマの予防策を万全にしておくことで、クマのない明るい素肌を作れるのです。

クマ予防で実践していただきたいことを、次に3つほど挙げてみましたので、ぜひやってみてください。決して難しいものではなく、簡単に普段から取り組めるようなことばかりです。では、1つずつ見ていきましょう!

目の周りを保湿する

目の周りの皮膚は薄く作られているので、保湿をしてもすぐに水分が逃げてしまいます。朝晩のスキンケア時以外にも、乾燥してきたと感じたら保湿してあげると良いでしょう。少し面倒だと思うかもしれませんが、この保湿がクマを防ぐ為には大いに役立ちます。

また、今日には目元に特化したアイテムがたくさんあります。目元専用のアイクリームや美容液、パックなど、専用のアイテムは弱い皮膚でも優しく使える為、1日に何度も使いたい場合にでも低刺激で目元を傷つけません。

同じ目元専用アイテムにも様々な種類があります。自分が必要とする(保湿力重視やハリを取り戻すなど)成分が配合されたものを選び、理想の目元へと誘いましょう。

クレンジングを正しく行う

化粧品は油分を含んでおり、簡単に落ちず、手強い汚れの代表です。その中でも、アイメイクは特に頑固で、ウォータープルーフなどメイク崩れしにくいアイテムが流行っています。だからこそクレンジング剤も、根こそぎ落としてしまうような、強いものが多く出回っています。

何度も言うように、目の周りは非常に薄く、繊細にできています。なかなか落ちないアイメイクをごっそり落としたくなる気持ちはわかりますが、そんな繊細な部分に刺激の強いクレンジング剤を使うとどうなるか…お分かりですよね?

目元に使用するクレンジングは、できるだけ低刺激のクリームやミルク系のものを使いましょう。落ちにくい場合は、綿棒やコットンをうまく折り曲げて、優しく丁寧に落としていきます。メイク残りがあると、それもまた刺激を与える原因となってしまいますので、注意が必要です。

年齢に合ったスキンケアを行う

10代のお肌は、何もしなくてもハリがあり、みずみずしく見えます。コラーゲンの分泌量も多く、メイクをすることもほとんどない(最近は若い子でもしていますね)ので、肌ストレスも少なく済みます。

20代になると生活が大きく変わり、コラーゲンの分泌も徐々に低下してくるので、お肌が荒れたり乾燥したりするようになります。保湿力を上げた、スキンケアが必要になってくる時期です。10代の頃に使っていたケア用品が突然合わなくなったり、荒れてしまったりと、全く違ったお肌へと変化していきます。

30代以降は、これまで蓄積してきた紫外線や肌のダメージが浮き出てきます。美肌成分や保湿成分が著しく低下してくるので、アンチエイジングを考えたスキンケアが重要になってきます。新陳代謝を良くし、体が自ら再生してくれるよう促していくことが大切です。

このように年齢によって、お肌が必要としているものが徐々に変化していきます。今の自分のお肌が何を必要としているのか、しっかり考え適切なものを使用することによって、お肌の状態も良い状態へと保たれるのです。

クマを改善する食べ物

クマを改善する方法はスキンケアだけではありません。毎日行う食事からも、少し見直すだけで改善できるのです。クマによく効くのはビタミンやアントシアニンと呼ばれる栄養素。一体どんな効果があって、どんな食べ物に含まれているのでしょうか。大きく4つに分け、その効果を見ていきましょう。

ビタミンA

主に、目の健康維持や皮膚・粘膜の免疫力の向上に役立ちます。私たちが目を使ってものを認識する時には、ある物質によって脳へと伝えられます。その物質を作り出すのに必要となるのがこのビタミンAなのです。

ビタミンAが多く含まれている食べ物は、鶏や豚のレバー、あんこうの肝、うなぎ、とうがらし、しそ、モロヘイヤ、にんじん、抹茶、バターなどです。免疫力を上げることにより、傷つきにくい強い目元を作ることができます。

さらに、ビタミンAは眼精疲労やドライアイを防いだり、新陳代謝を促す効果に加え、老化を防ぎ、肌を若返らせる効果もある万能ビタミンです。

ビタミンE

ビタミンEには、血管や肌、細胞などの老化を防止したり、血行促進を促してくれる力があります。主に、植物油やあんこうの肝、すじこ、とうがらし、モロヘイヤ、大根、カボチャ、アーモンド、煎茶などに含まれています。

また、活性酸素を無害化させることができるのですが、その後ビタミンEは、活性酸素を消す力がなくなってしまいます。そこで一役買って出るのがビタミンCです。無力化してしまったビタミンEを元に戻し、復活させることができます。ビタミンE単体よりも、ビタミンCと共存させることにより、さらに力を発揮します。

ビタミンC

美肌ビタミンと言われるビタミンCは、お肌にハリを与え、しみを予防する効果があります。ピーマン、パセリ、アセロラ、レモン、いちご、緑茶などに含まれます。就寝30分前に摂取すると、たんぱく質と合体し、よりその効果を発揮してくれます。

これ以外にも、コラーゲンを作るのに役立ったり、先に述べたようにビタミンEを復活させたりするほか、免疫力のアップ、アンチエイジング効果、ストレスを受けにくくなるなど、様々な美肌効果を生み出してくれるのです。

アントシアニン

アントシアニンは、目の疲れを回復させる効果があります。その中でも、カシスから摂取するアントシアニンには、目の血行促進を促してくれる作用があります。また、錆びつきをブロックしてくれる成分の割合が、ブルーベリーやビルベリーよりも非常に多い為、クマを治すのにたくさんの話題を集めています。

さらに、カシスにはポリフェノール色素というものが含まれており、これもまた、目の血流を良くするのに最適です。

簡単にできるクマのケア

ここからは、お家で簡単にできちゃうクマのケア方法について触れてみたいと思います。お金がかかりすぎたり、時間を取られてしまうケアはなかなか続かないもの。「毎日続けること」が大切です。これまでに出てきたキーワードもいくつか出てきますので、復習しながら、クマ対策を練っていきましょう!

目元マッサージ

目元の血行を促進させるには、一番手っ取り早いマッサージ。ただ、マッサージをすると摩擦が起こりやすく、皮膚を傷つけてしまいやすいので、マッサージオイルなどを適量とり、薬指などの力がかかりにくい指で優しくマッサージしましょう。

上まぶた・下まぶた共に、目頭から目尻にかけて弧を描くようにマッサージしていきます。これを1日3セットしてあげるだけで、血行促進につながり、目元がいきいきしてきますよ。

ホットタオルなどで目を温める

目元は意外に冷えやすいものです。ホットタオルやホットアイマスクなどでじっくり目元を温めることで、血液が流れ出し、クマ予防になります。ホットタオルを作る際には、温度が高くなりすぎないよう、十分に注意しましょう。

目元専用の美容液やパックを使う

顔用のパックでは、目元が空いているためきちんとケアできません。ですので、顔のスキンケアとは別に、目元に集中したケアをすると良いでしょう。

パックは目尻に合わせたカーブでしっかり美容成分を補ってくれますが、部分的に使用するものがほとんどです。それに比べ、美容液は自分で添付するので、目頭や目尻など、気になる部分に使えます。ただ、目に入りやすいので気を付けて使用しましょう。

半身浴

半身浴とは、みぞおち位のお湯に下半身だけ浸かる入浴方法です。下半身だけ、ややぬるめのお湯でゆっくりと浸かることで、下半身で温められた血液が全身を循環し血行促進につながります。また、リラックス効果も同時に得られる為、安眠を促し、寝不足も解消してくれます。

クマだけでなく、半身浴をすることでデトックス効果が得られます。半身浴で血行が良くなると、質の良い汗がかけるようになります。そうすることにより、体内の老廃物や毒素などの除去、脂肪分を排出しやすい体にしてくれます。

また、普通の入浴と違い、心臓に負担をかけずに体を芯から温めることができる為、自律神経のバランスも整えてくれます。寝る前に半身浴をすると、副交感神経が優位になり、眠気を誘ってくれます。その結果、良い睡眠がとれるようになるのです。

適度に運動する

血行を促進させるには、やはり適度な運動でしょう。軽いウォーキングなどを取り入れ、体中の血の巡りを良くしましょう!黒クマの人は、同時に顔の筋力トレーニングを組み合わせると、さらに効果絶大ですよ。

目のクマに効くツボ

人間の体には360穴前後もツボがあるのをご存知ですか?ツボを押すと、悪い箇所がわかってしまうほど、ツボは各箇所につながっています。もちろん、クマに効くツボもあるんです!最後に目のクマに効くツボを3つご紹介しましょう。

球後(きゅうご)

この球後は、目の周りの肌や筋肉を鍛え、引き締めてくれる効果があります。肝心なツボの場所ですが、黒目の真下あたりにある骨のキワに沿って、目の真ん中から約指1本分、外側に位置します。

ここに筋肉がつくことにより、目の下のたるみを改善し、血流も良くなるので、ワントーン明るい目元が戻ってきます。クマだけでなく、まぶたが腫れぼったいという時にも、ぜひ試してみて下さい。

ツボを押すときに気を付けたいのが、やはり力加減問題。薬指などを使い、優しく回すように押してあげると良いでしょう。ぐいぐいと力任せに押してしまうと、余計にクマがひどくなってしまいますので、注意が必要です。

四白(しはく)

四白の場所は、正面を向き黒目の中心から真下、下まぶたの骨の淵から1cm下。つまりだいたい小鼻のまっすぐ横の少し窪んだ部分です。このツボの効果は、ハリが出る、たるみの改善、血行促進、目の疲れの改善です。

押し方ですが、指の腹で5ミリくらいの小さな円を描くようにくるくると5秒くらい、痛くない程度に優しく押して下さい。特に、顔がむくんでいる時、朝起きた時などに行うと効果的です。また、お風呂上りや就寝前などに行うと、翌朝むくみが改善されて、すっきり起きれますよ。

瞳子膠(どうしりょう)

瞳子膠は、目尻から親指半分外側の、小さなくぼみにあるツボです。体液の流れを良くし、目の周りの血行を促してくれるので、これまた目の下のたるみやクマにとても効果的です。たるみだけでなく、目尻のしわや目の周りのむくみ、眼精疲労にも効果を発揮してくれます。

押し方も他のツボと同じです。指の腹で左右同時に5秒押して離すのを3回ほど繰り返してみて下さい。

まとめ

私たちをいつも悩ませるクマについて、様々な視点からお話してきました。クマにはたくさんの種類があり、その種類によって原因や改善方法が違うこと、クマを作ってしまう前にできる効果的なケアなど、クマとは関わらずに過ごせる方法をいくつかご紹介させていただきました。

大人になると、これまでの蓄積や日々の生活からくる疲労など、いろいろなストレスを肌は受けてしまいます。エステや美容クリニックなど、特別なケアをする時間もないのが現実です。

だからこそ、毎日のケアでできることを続けていくことが大切です。小さなことでも、少しずつ習慣化されてくると、しっかり効果を生み出してくれます。お肌のケアも、チリも積もれば山となるのです。

今回は目のクマについてお話しましたが、以上のことは全身のお肌というお肌すべてに言えることです。肌表面だけでなく、体の内側から労り、悩み知らずのお肌を手に入れて下さいね!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.