感動・泣き

黄ニキビの正体は?知っておくべき上手な潰し方を伝授!

投稿日:

ニキビができるとやはり気になるモノですが、黄ニキビができると潰した方がいという人もいれば、そのまま触らない方がいいという人もいて、どっちが正しいの?と困惑する方もいるでしょう。

潰した方が治りもいいのか?早く改善するためにはつぶすのもありなのか、リスクがないのかなど、黄ニキビについて理解しましょう。

黄ニキビは潰すべき?


黄ニキビは中心に芯のようなものがあり、ちょっと膨らんだ状態のニキビのことを言いますが、つい潰してしまいたくなります。早く治るから潰した方がいいよという人もいますが、本当に潰すと早くなるのでしょうか。

黄ニキビのこの芯は角栓、コメドと呼ばれるもので、微小面皰と呼ばれるものです。メイク汚れや古い角質が毛穴に詰まっている状態ということなら洗顔などでも治るようですが、この黄ニキビとなっているということは進行したニキビということです。

白ニキビという初期段階のニキビは毛穴の中に古い角質と皮脂が詰まっている状態で、角栓、コメドの状態で、角栓が酸化した状態が黒ニキビ、ここにアクネ菌が増殖して黄色ブドウ球菌という菌類が繁殖したものが黄ニキビです。

ニキビは潰さないのが懸命

黄ニキビはすでに炎症が始まり、黄色ブドウ球菌が繁殖した状態となっているので、膿がある状態で、押してみるとちょっと痛みを感じるという人もいると思います。黄色で肌から黄色く盛り上がっている状態、ニキビそのものの皮膚が薄くなっていて、硬さがないものを黄ニキビといい、白ニキビとは違い、黄色ブドウ球菌は繁殖した状態です。

膿を持っている黄ニキビはですでに炎症が治まっている状態なので、潰してもいいといわれていますが、失敗すると傷がついてさらに真皮にまで炎症が広がる可能性があります。そのため潰してもいいニキビがありますが、潰さない方がいいといわれています。

下手に潰すと痕に残ることも

すでに黄色ブドウ球菌が繁殖しそこに白血球が集まり、外部からの敵を攻撃した残骸が膿で、その状態が黄ニキビなので、白血球による攻撃が終了し炎症が終わっている状態ですが、ニキビに白血球が動員されたということは、皮膚の炎症があったから食い止めるべきと判断し、体が送り込んだものです。ということは真皮にまですでに傷が広がっていて、潰してしまうことで、ニキビ跡に発展してしまう可能性を持っています。

刺激を与えないことが大事

白血球の攻撃が終わり、炎症が治まっている状態なのですから、刺激を与えずに肌を清潔に保つことが先決です。黄ニキビが硬い場合には、戦いが継続していて炎症が治まっていないこともあり、この場合、黄ニキビに移行している状態です。

こういう時に潰してしまうと、結果、皮膚表面が硬い黄ニキビができ、肌がそのまま硬くなってしまうこともあります。

潰れてしまったら清潔に保つ

潰すつもりがなくても朝起きたら勝手につぶれていたということもあるので、この場合、つぶれたニキビをぬるま湯で洗い、清潔を保つことが大切です。そこでまたいじってしまうと指先についている雑菌が繁殖し、さらにひどいニキビに移行する可能性があります。

黄ニキビの芯を無くす方法


黄ニキビがある時、その芯を取るのが楽しくてやめられないという人もいて、それが返って治りを悪くしてしまうこともあるようです。黄ニキビの芯を取り除くことで、痛みやかゆみ、違和感をなくすことができますが、正しくとらないとトラブルのもとになります。

消毒液をひたしたコットンで黄ニキビを十分消毒し、針で黄ニキビをゆっくりさし、ここでぷちっと感触があるようならストップし、血液がでてきたらそこでやめます。針をさしてぷちっという感触が無いようならその後、ニキビの周囲を優しく押して中に入っている膿をだし、最後に流水で顔を洗います。

黄ニキビの芯とは

黄ニキビの芯というのは、角栓やコメドと呼ばれるもので、メイク汚れなどとは違い、古い角質や汚れなどがつまり、それが酸化し黒ニキビとなっている状態のところにアクネ菌が増殖、さらに進行し黄色ブドウ球菌が繁殖している状態が黄ニキビで、黄ニキビでも米粒のような固形で硬い芯が見える場合もあります。

黄ニキビの膿と芯は色がよく似ていて、区別しにくいので、わかりにくい場合が多いのですが、硬く完全に芯のようになったものもあります。

膿のたまったもののみ無くす

 

黄ニキビは膿がたまっている状態ですが、その膿だけをだし、そのほかの部分に傷をつけないように、丁寧に潰すということなら問題は少ないです。でもぎゅっと力を込めて潰してしまうと、膿の周囲に傷がついて、ニキビの範囲が深くなることもあります。

治りかけているニキビは触れない

治りかけているニキビというのは膿が自然と少なくなり、場合によってはニキビの上がかさぶたのような状態になっている時です。黄色いかさぶたのようなものがあるとつい剝したくなりますが、ここで触ってしまい指の菌が繁殖すると、より一層炎症が広がる可能性もあり、ニキビをひどくしニキビ跡が残ってしまう要因になります。

固くなっているものは潰さない

硬くなっている場合、ニキビの炎症が終わっているように見えても、まだ内部で白血球が戦っているかもしれないので、炎症が治まっていない状態と考えられます。ここでいじったり、潰したりすることで炎症が悪化しニキビ跡につながることも多くなるので、触らないようにすべきです。

黄ニキビを潰した後は


黄ニキビを潰した、またつぶれてしまったという場合には、とにかく清潔を保ち、内部にさらに別の菌類が繁殖しないようにしておくことが求められます。黄ニキビがまた炎症を起こしてしまうと、クレーター状のニキビ跡が残ってしまうこともあります。

消毒液を使用

膿が表面に出ているようならティッシュでぬぐって、それから消毒液を利用し黄ニキビを消毒します。コットンに消毒液を十分浸し、ポンポンと押さえるようにすると刺激も少なく安心です。顔を洗ったらまた消毒しておき、翌日起きたときにも顔を丁寧に洗って、その後消毒する方がいいでしょう。

絆創膏を張る

つぶれて膿がでている状態で、指が触れてしまうことが最も炎症を広げる要因となるので、触れないように絆創膏を貼っておいてもいいと思います。絆創膏を貼ることで指先などがが直接触ることがなく、寝ている時でも布団を汚すことがありません。

ワセリンとラップを使用

黄ニキビの膿をきれいにふいて消毒してから、ラップにワセリンを塗って患部に塗布し、ラップが外れないように絆創膏などで止めておきます。ワセリンによって湿度を保つという方法で、1日に2回から3回程度張り替えるといいようです。

黄ニキビを増やさないように栄養補給

黄ニキビがこれ以上多くならないように、肌の新陳代謝を向上させることが必要となります。そのため、肌のターンオーバーにいいとされるたんぱく質、ビタミンA、ビタミンC、それに亜鉛や抗酸化作用のあるビタミンEなどを摂取するといいでしょう。

まとめ


黄ニキビは脂質の多い食事をされている方にできやすく、また悪化しやすいとも言われているので、ジャンクフードなどはなるべくとらない方がいいようです。潰したい・・という場合も、なるべく我慢し、つぶれてしまった場合には清潔な状態を保つように心がけましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.