感動・泣き

別居したいと思ったらまずやる事。お金がない時の対処法もご紹介

投稿日:

誰もが羨む恋愛をし、お互いの気持ちを確認した上で、同居したのは良いものの、人間であれば、感情のすれ違いで、別居したいと思うことは誰にでもあります。そんなときはどうしたら良いのでしょうか。

妻が別居をしたくなる理由


別居をしたくなるときは、忍耐することが不可能となったときです。そうなってしまえば、元の状態に戻ることはほぼ、不可能となります。妻が別居をしたくなる理由を知ると、納得してしまう部分が存在します。

性格の不一致

お互い、そもそも、生まれも育ちも違うわけですから、生活習慣、金銭感覚はもちろん、性格も異なるのは当然です。恋愛中はそれが新鮮に映りますが、一緒に住むとなると、お互いに隠していた本性が目立ってきたりします。それが嫌悪感に変化してしまうと、同居していくことが無理という事態に陥ります。

こうなってしまっては、別居をしたくなってしまうのは当然です。お互いの性格の違いを認識し、新たなふたりの価値観を作るということが解決策ですが、共有した価値観の下で、どう、ふたりが進展していくかが大切です。性格の違いを認めた上で、冷静に話し合うことが必要です。

浮気をされた

浮気をされることは自分の気持ちを逆撫でされ、自分だけ、惨めになるわけですから、浮気をきっかけに別居したくなってしまうケースは多いと言えるでしょう。浮気をした方が別居を言い出すと、この行動はもう、浮気という種類のものではなく、本気の可能性が強まります。こうなると、別居を回避するにはかなりの体力が必要となります。

浮気をされた側が別居を申し出たならば、ショックや怒りなど感情的な部分が優先してしまいます。なるべく、冷静さを保ち、長期的な視点を持ち、自分自身の本音と対峙し、結論を導くことが大切です。

金銭トラブル

家族として生活していくためにも、金銭問題は非常に重要です。金銭にルーズである、細かくてケチである、浪費が激しいなど、金銭感覚が違えば、生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。こうなっては、別居もしたくなるのは当然です。よく「何とかなる」といった言葉が使われますが、それは土台があってからこその言葉です。

後先を考えずに経済的に追い詰められるのであれば、それは悲劇としか言いようがありません。家族という単位の国の経済改革を修復するか、破綻させるかはその夫婦にしか出来ないことです。金銭トラブルは家族を崩壊させてしまいます。

別居するためにしておくこと


別居することを決めると、やっておかなければならないことが案外、多いことに気付きます。これからは自分の力で生きていかなければなりませんから、最低限、仕事と住居は決めておくべきでしょう。

仕事を探しておく

別居という意志を固めたのであれば、相手からのお金は当然、受け取れないものと考えることが必要です。自分だけの収入で生活していけるだけの収入を得られる仕事を見つけましょう。もちろん、新住居を考慮しての仕事を探すことが大切となります。貯金を持って出ることも可能ですが、法的に全額を持ち出すことはほぼ、不可能と言えます。

感情的になり、別居を選択するのは構わないのですが、自分の生活費は自分で捻出するという覚悟が存在しなければ、別居という行動が無意味となってしまいます。最低限の生活を送っていくためにも新しい仕事を探すことは重要です。

別居後の生活が軌道に乗るか乗らないかのボーダーラインは経済的自立が可能かどうかです。現代は、再就職が難しい時期となっていますが、別居の第一歩として、収入先は自分の手で確保しましょう。

住むところを確保する


少ない収入で生活していくことが可能な安いアパートでも構いませんので、住居を探すことは大切です。もし、無理であるならば、実家に帰るということも検討してみる価値はあります。

家賃も最小限で抑えることも可能ですし、新生活が軌道に乗るまでは心強い味方になってくれるかもしれません。もし、賃貸住宅に住むことを考えているのであれば、自身の社会的信用は低いと考えておくべきでしょう。

入居する際には、そのため、現役であり、安定収入がある整然とした保証人を要求されます。ただ、不動産会社が提携している保証会社を通すことで、賃貸契約が可能な場合もあります。そして、不動産会社に事情を包み隠さず説明し、協力を依頼すると、協力を得られる場合もありますので、住居を確保する上では、様々な工夫が必要となってきます。経済面で大きな負担とならないように住居を探していくことが大切です。

別居したいと言われたら


別居したいと言われたら、感情的になるのではなく、別居がふたりにとって、本当に正当な行動であるのかを冷静に判断してみることが大切です。よく話し合うことで別居を回避することも可能です。生活費について、取り決めを交わすことは別居をする上では欠かせないものです。

よく話し合う

別居と離婚は間違いなく、違うものですが、同じ道程に存在するものです。ひとつの気持ちを分け合い、一緒に暮らしていたわけですから、情は残っていると思われますし、別居せずにこの事態を解決したいという気持ちは少なからず、心中にあると思われます。

感情というものはそのときのシーンによって、常々、簡単に変化します。面と向かって話をすると、相手を許そうという感情が芽生えてくる場合もありますので、よく話し合うことが必要です。

感情のもつれからこうなってしまったことは事実ですし、売り言葉に買い言葉でまた、複雑に感情が絡んでしまうこともありますから、ふたりのことをよく知っている方やあるいは、弁護士に同席してもらい、話し合いをすることも必要となってくるでしょう。自分だけの主張をするのではなく、進展する可能性を模索することが大切です。

生活費について取り決める

感情的な部分に任せて、別居を切り出すのは構いませんが、婚姻しているのであれば、夫婦は、双方の収入に応じて、生活費を分担する義務が生じます。試算に応じた割合を定めることも可能です。そうしなければ、不公平となってしまいます。

低収入の方が経済的余裕を感じない生活を送り、高収入の方が経済的余裕を感じる生活を送ってしまうという格差が生じてしまえば、極めて不公平な生活状況が起きてしまいます。夫婦には、生活保護義務という義務があります。この義務は、互いに同等水準の生活を送るという権利義務となり、離婚が成立するまで負うこととなります。

別居後の生活費をどうするのかという取り決めを決めておくことが大切です。大事な取り決めを合意書として、書面に残しておく方法が良いでしょう。住居費、養育費など細部に亘って、取り決めをし、深刻な事態にならないように備えておくことが必要です。

お金がないけど別居したい場合


別居するには当然、様々な費用が発生します。お金が無いと、別居することが不可能というわけではありません。弁護士事務所や公的機関の補助や手当も存在します。これらの手段をうまく利用し、窮地に陥らないようにすることが大切です。

補助・手当について調べる

別居後も夫に生活費の負担を求めることが可能です。法律上、夫婦は互いの生活費を支える義務が生じており、この義務に基づき、夫から婚姻費用を得ることが可能です。別居した後に婚姻費用分担を調停の場に申し立てれば、申し立てをした月の分から、婚姻費用を受け取ることが出来るようになります。

別居をするならば、その月のうちに婚姻費用の分担を請求する調停を申し立てるようにしましょう。この点については、法律に精通している弁護士の手を借りることが大切です。

児童扶養手当も該当します。法律もしくは施行令で定められた児童を見る母親もしくは父親、父母が見ていない場合の養育者に支給されるものであり、かつては母子手当と呼称されていたものです。この資格に少しでも該当しているのであれば、市区町村役場での確認が必要です。

相談する先を見つける


別居する際には、感情的になっていることもあり、お互いの利益ばかりを考慮してしまいがちですが、現実的なことを考えると、まだまだ、未知な部分も存在します。そう考慮してみると、自身が不利な対場に追い込まれないようにすることが大切です。

弁護士に相談することは大切です。費用を心配しているのであれば、無料相談を受け付けていますから、そちらを利用してみても良いでしょう。

各都道府県に最低1つは設置が義務づけられている「婦人相談所」、もしくは各都道府県や各市町村が自主的に設置している総合施設である「女性センター」を利用しても構いません。公的機関が相談先を準備していますから、困窮した際には相談先として利用を検討してみましょう。

まとめ


別居を決断する際には、事前準備が必要です。新たな仕事先、住居などを決めておくことが大切です。性格の不一致、浮気、金銭トラブルなど様々な要因が重なりますが、よく話し合い、時には、弁護士などの手を借り、自身の立場を進展させていくことが大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.