感動・泣き

NHK高瀬アナ、センター試験受験者に注意喚起「辛い記憶です」

投稿日:

いよいよこの時が来た――。
13日から始まる大学入試センター試験にため、クリスマスもお正月もなく、勉強を頑張ってきた受験の方にとって、今までの努力を最大限に答案に反映させたいのは全受験生の願いですが・・・だからこそ、受験の際に注意していただきたいことがあります。それは・・・

ズレてない??

解答欄のズレ」。

NHK・高瀬耕造アナウンサーは12日の「おはよう日本」で、受験生に以下のようなメッセージを送っていました。

(画像はNHKオンラインから)

「私の経験をもとに言わせてもらいますと、解答欄、間違えないように、ズレないようにしてください。辛い記憶です」

意外とやらかす人多数

緊張と興奮が入り乱れる試験ではよく起こってしまうことなのです。たとえば少々解答に迷う問題を一時的にスキップした際、そのスキップを忘れて次の問題の解答を先ほどの問題の解答欄に記入してしまう・・・などがその代表例でしょうか。

このように、「解答欄のズレ」は受験生ならば絶対に注意しておかなければならない点なのです。

今回の高瀬アナのエピソードは「受験生にとっての大切な注意事項」として早速話題になりました。アナウンサーが全国に放映される番組で話したのですから、非常に良い注意喚起となったわけです。その一方で、ツイッター上では高瀬アナの「辛い記憶です」の締めの言葉にも注目が集まったようです。

「高瀬アナ、何があった??」


大体察しがつきますが、それから月日が経った現在までも辛い思い出だと語るところ、当時はきっと青ざめたどころではなく・・・。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.