感動・泣き

【納得】幼稚園生の心理「一生懸命さが可愛くても笑ってはいけない理由」

投稿日:

幼稚園生が一生懸命に何かをしているのを見て、可愛らしさについつい笑ってしまうことってありますよね。

でも、そんな大人の心理に注意を呼びかけるようなツイートが話題になっています。

笑わせようと思ってない場面で笑われるのは恥ずかしい

そうなのですね…

幼稚園生は幼稚園生なりに一生懸命演技をしているので、笑われると傷つくんですね。

我々大人であれば当然感じる心理かもしれませんが、幼稚園生でもやはり同じように感じるとは驚きです。

逆に、「笑わせたい」と思っている時に笑ってやると、子供は満足感を抱くそうです。

これは「達成感」の一種として、幼稚園生にも備わっていると言われても不思議はありませんね。

こうしたツイートに対し、賛同の声が上がっています。

 

自身の子供の頃の思い出を振り返って共感の声をあげている人も見られます。

私たちが幼稚園生と接する時、幼稚園生の考えていることはこちらは分かるが、こちらの考えていることは向こうには分からないだろうというような感覚に陥りがちになります。

それはある程度まで正しいことなのかもしれませんが、やはり幼稚園生には彼らなりの心理感覚があり、大人がそれを思いやらずに振舞ってしまうこともあるのだということは意識しておいた方がいいのかもしれません。

元の記事を見る

-感動・泣き
-,

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.